スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ER 体験記 -骨折の巻-

2008.05.08 アメリカ生活
もう何年も前の話になりますが、まだ雪が残るボストンの歩道で足首を骨折しました。雪解け水が氷になって歩道の一部に張り付いているところへ、足をとられて転倒。あまりの痛さに歩道に座り込んでいると偶然にも通りがかった人が、「大丈夫?救急車を呼びましょうか?」と声を掛けてくれました。一瞬 「ここはアメリカだから救急車がタダとも思えない。幾らかかるんだろう?」 と思ったものの、あまりにも痛かったので救急車を呼んでもらいました。

ボストンでは救急車を呼ぶともれなく消防自動車とパトカーもやって来ます。野次馬の人たちに見守られながら、無事にストレッチャーに載せられて救急車の中へ。救急員の人は私の足首を見るなり「あ、これは完全に骨折してるわ」と一言。鎮痛剤として「モルヒネを投薬しましょうか?」と言われましたが、モルヒネと聞いてちょっと引いてしまった私は「病院に着くまで我慢します」と断ってしまいました。

それが大きな間違いであるとは知らずに diary41.gif




病院のER で無事にチェックインを救急員の方に済ませてもらい、あとは待つことに。それにしても救急員の人に「早く見てもらいたかったら、大袈裟に泣きなさいね」と言われたのが気にかかる。

この日は私のように氷に足を取られて転倒した人が20人前後も同じ ER に運び込まれていた上、似たような理由で自動車事故が起って運び込まれた人も多かったらしく、ER は満員状態。私はストレッチャーに載せられたまま、ER の通路に置かれたままでした。看護婦さんにはじめて声をかけてもらうまでに待つことおよそ2時間。血圧が低いので血圧を点滴で上げてからじゃないと、鎮痛剤は投薬できないと言われました。

そして血圧を上げるための点滴を持って来てもらうのに更に待つことに (ここまでで既に病院に到着してから3時間以上が経過です)。その頃やっと病院へ駆けつけてくれた hubby が到着。通路に置かれたままの私の手を握って、心配そう。

やっと研修医がやって来て足首のレントゲンを取ってもらい、「骨折しています」と言われたのは通路に置かれたまま6時間が経過した頃です。そんなの6時間前から判ってるゾ!と思ったのは、言うまでもありません。その後やっと鎮痛剤投薬。

そうです。骨折した時点から約6時間も痛みに対する処置は何もなし(ストレッチャーで通路に置かれたまま)。こんなことになると知っていたら、救急車の中で鎮痛剤を投薬してもらってたのに・・・鎮痛剤で痛みをコントロールしてもらうまで、あまりの痛みにどうリアクションしていいのかすっかり判らなくなった私は、笑ってみたり泣いてみたりの意味不明なリアクションを hubby の前で繰り返していました。

再び研修医が表れてストレッチャーに乗った私を個室に運び、足首を固定してくれたのはその3時間後。ここまでの所要時間は9時間以上。あと数時間の我慢が出来るのなら、日本へ帰れてしまいます。


この経験から学んだこと
1- 救急車で病院に運び込まれる場合に、救急員に「どこの病院へ搬送したら良いですか?」と聞かれることがあるので、万一に備えて予め病院を家族で決めておいた方が良い。

2- 転倒して骨折した時に ER で早く診てもらいたかったら「転倒のさいに頭を打った」というと、診察が優先されるようです。

3- 救急車の中で鎮痛剤を投薬してもらったり点滴を打ってもらったりすると、その代金が追加されるので救急車の代金が更に高くなります。(救急車を呼ぶだけで約7万円程度は覚悟しましょう。しかも保険によっては救急車代はカバーされないものがあります。)

4- 怪我や病気で病院にお世話になる前に、保険でどこまでカバーされるか予め把握しておきましょう。アメリカの医療費は日本では考えられないほど高いです。

1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary22.gif  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

節約の知恵 - 歯の治療編 -

2008.04.08 アメリカ生活
アメリカの医療費が高額だというのは以前にも当ブログで何度か触れてきましたが、当然のことながら歯の治療費も例外ではありません。おまけにアメリカの大学から強制的に加入させられる健康保険は歯の治療は対象外だったりすることもあるので、健康保険に入っているから安心・・・と油断していると、いざ歯が痛くなった時に高い治療費を払うか、歯が痛いのを日本へ帰るまで我慢するかという選択を強いられる場合もあるでしょう。

注:マサチューセッツ州ではフルタイムの大学生は健康保険への加入が義務づけられています。ただし、留学生の場合は既に留学生用の保険に母国(例えば日本の留学生なら日本)で加入してきた場合は免除。私立大学でオファーされる保険は1年で20万円前後。

cloud.jpg


歯の健康診断や治療をしたいけど費用が高くて普通の歯科医へ行くのが不安な時は、Bostonにある有名大学の歯学部で治療をしてもらえばコストが抑えられるかもしれません。 私が先日診察してもらった歯科医によると、タフツとボストン大学の方がハーバード大学に比べて治療費が低めだそうです。さらに友人の話によると、Dental School で治療するということは歯科医の卵の練習台になるということかというと必ずしもそうではないらしく、日本から留学してきている歯科医だったりするようです。

タフツ大学歯学部の Patient Care のページへはこちらから

ボストン大学歯学部の Patient Care Center のページへはこちらから

ハーバード大学歯学部の Harvard Dental Center のページへはこちらから





1クリックでこのサイトの応援をお願いしま~すdiary02.gif
   ↓
人気ブログランキングへ

アメリカへ来る前に・・・

2008.01.06 アメリカ生活
年末に手に比較的ひどい火傷を負ってしまったため、地元の病院のER を訪れました。火傷からくる痛みに耐えながら待たされること2時間半。無事にお医者さんに診てもらうことができました。

いつもアメリカの病院に掛かる時には健康保険の有り難みを痛感します。マサチューセッツ州は州法でフルタイムの大学生は強制的に健康保険に加入させられます。私が通う大学から加入させられる健康保険は年に20万円以上もして高いのですが、病気になった時にはこれが決して高いものではないことが良くわかります。例えば、救急車で最寄りの病院に搬送してもらっただけでも、約700ドル。病院でレントゲンを撮ってもらっただけでも約200~300ドル。以前にもブログで触れましたが、簡単な血液検査で数百ドルの請求がきます。アメリカの病院で1日~2日入院した場合、入院費は軽く10000ドル(約100万円)以上。

columbus


旅行者保険に入らないままアメリカに数週間旅行でやって来た日本人が旅の途中で急病になり数日間アメリカの病院に入院したあと、病院からの請求書を見て青ざめたという話や、アメリカの大学へ研究者としてやって来た日本人が大学がオファーした保険加入を断って保険に未加入のままアメリカで生活していたら、ある日突然一緒に赴任していた家族が急病になって大変な思いをした、というような話をたびたび耳にします。

保険だけは病気になってしまってから「保険に入っておけばよかった」と後悔しても遅すぎるので、短期旅行であれ長期滞在であれアメリカへ来る前には健康保険の確保だけはきちんとしておきましょう。

1クリックで今日も応援おねがいしますdiary33.gif  人気ブログランキングへ

ボストンの病院での一コマ

2007.01.21 Bostonあれこれ
冬休みに入ったためボストンへ久しぶりに帰ってみると、掛かりつけの病院から1通の手紙が届いていました。封を開けてみると差出人は私の primary care doctor (プライマリー・ケア・ドクター) で、何でも定期健診で行った血液検査の結果に気になる箇所があるから一度病院に来て欲しいとの事。 結局、病院で primary care doctor と話をした結果、 Boston Medical Center で更に検査をすることに。 でも、アメリカでは他の病院で検査となると1ヶ月以上待たされることもあるので、primary doctor に私はあと2週間でボストンを離れてしまい、次回ボストンに戻ってくるのは5ヶ月以上先だと告げたところ、2日後の検査予約を Boston Medical Center で取り付けてくれました。そうやって偶然にも、アメリカでも短期予約が可能な場合があることを知ったのでした。



アメリカの医療システムは日本のそれとは異なり、何でも一旦 primary care doctor を通さなければいけないので、余分な時間が掛かります。 例えば、腰痛で悩む時でも直接外科を訪ねる訳にはいかず、primary care doctor に見てもらってその医師が外科医に見てもらう必要があると判断するとそこで初めて外科医に予約を入れてもらったり、紹介状を書いてもらうことが出来るのです。 もしもこの手順を踏まないとどうなるかというと、医療費が保険でカバーされなかったりします。アメリカの医療費は高いので保険でカバーされないとなると大変です。 以前に骨折で手術を受けましたが、手術 + 入院2日間で軽~く ¥200万 を超えました balloon_78.gif ちょっとした血液検査でも、さりげなく¥50,000 以上の請求が来たりします。

さて2日後に Boston Medical Center へと出掛けて行き、診察室で本を読みながら今回の予約を受け付けてくれた先生を待っていると、まずはその先生のアシスタントの先生が自己紹介をしながら診察室に入ってきました。 アメリカの先生たちは診察室に入ってくるとまずは挨拶をしながら患者と握手をするので、この日の診察も握手で始まりました。 そのあと簡単な健康に関する質問があり、なぜか話は「日本のどこ出身ですか?」に移っていき、最後は「大学では何を勉強しているの?」というので、「生物学です」と答えると、なぜか私のカルテに「生物学」と書き込んでいました(それって私の健康に何か関係があるのだろうか?)。 私のカルテを手にアシスタントの先生が診察室を出て行って数分後、今度はメインの先生とアシスタントの先生が診察室に入ってきました。

そこで再び席を立って、メインの先生と握手。 メインの先生からどのような検査をするか簡単に説明があったあと、なぜか再び話は大学の話へと移行。

先生-「ノースハンプトンに住んでいるって聞いたけど、スミス・カレッジの学生? 僕はアムハースト・カレッジへ行ったんだよ。で、専攻は何?」 (アムハースト・カレッジとスミス・カレッジは提携しているので、生徒はどちらのキャンパスでも授業を受けることができる。)

私-「生物学です。」

先生-「医者を目指しているの?」

私-「いや、いや。」

最後は何故か二人の先生から「それじゃぁ、勉強がんばってくださいね。」と励まされて、診察室をあとにしたのでした。

1クリックで今日も応援おねがいしますdiary32.gif  人気ブログランキングへ




アメリカのお医者さん

2003.06.18 アメリカ生活
月曜日に骨折の経過を見せに再び病院へ行ってきました。

普段は病院のお世話になることが少ないのでアメリカではこれが一般的なのかどうかは判りませんが、私の担当医は会うたびにいつも私を握手で迎えてくれます。しかも今回は出勤前ということもあり、私が珍しく化粧をしていたうえにスカートをはいて女の子らしい服装をしていたので先生は私を見るなり"Oh~♪"という言葉に続いて"You look nice in that dress!"と言って褒めてくれました。

今まで日本でも色々なお医者さんに患者としてお会いしてきましたが、服装を褒められたのは今回が初めてです。さすがアメリカの医師!
20050123004209.gif


にほんブログ村 海外生活ブログへ

人気Blog Rankingへ
1クリックでこのサイトの応援をお願いしま~すdiary02.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。