スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニティカレッジの底力

部下思いのボスのおかげで火曜日から6連休のサンクスギビング・ホリデーを迎えることになりました。久しぶりにのんびりと家で過ごそうと思っていたのですが、せっかくの平日休みなので母校のバンカーヒル・コミュニティカレッジへ遊びに行くことに。

関連ブログエントリー:
ちょっと早めのサンクスギビング


    

大学のキャンパスに到着したのはお昼ちょっと前だったのですが、キャンパスのどこもかしこも学生でいっぱい。私が通学していた5年ほど前に比べて学生数が激増していたのでびっくりです。

  bhcc02.jpg
  深夜から始まる大学の講義に関するニュースを報じる
  The New York Times の記事


バンカーヒル・コミュニティカレッジは1年ほど前から夜 11:45 から始まる深夜コースを開講して全米のニュースでも取り上げられたりしたのですが、この深夜コースも需要が多いようで徐々にその数が増えているよう。

深夜コースに関する記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ:
"New Meaning of Night Class at 2-Year Colleges"

コミュニティカレッジへ進学する人の数が増加しているのはやはり景気が不安定なため、ファイナンシャル・エイドで大きな借金を抱えてまで4年制の私立大学へ進学することを疑問視する人たちが増えてきているのが理由の1つにあげられると思います。他には社会人の人たちがスキルアップや新しいキャリアへ移行するのを目的としている場合もあるでしょう。

深夜コースに受講者が集まるのは社会人や家族の世話をしなければいけない人たちが、自分たちに都合の良い時間に少しずつでも大学の講義を受講しようというやる気の表れだと思います。日本は「学歴社会」だと言われるけれど、アメリカの「学歴社会」は実にシビアですからね(アメリカの学歴社会についてはそのうちお伝えします)。

学生の需要を察して深夜コースを始めるところが、やはり幅広い年齢層やバックグラウンドの学生を抱えるコミュニティカレッジならではだなぁと、思いました diary43.gif




人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コミュニティ・カレッジについて読んでみる:

  




    
スポンサーサイト

旅立ちの日

5月になると全米のあちらこちらの大学では卒業式があります。実は私の大学でも今週末に卒業式がありました。でも、およそ半年前に卒業して既に働き始めてしまった私は今頃になって「あぁ、やっと卒業できた♪」といった達成感もすっかり薄れてしまったので、卒業関連の行事には一切参加しないで終ってしまいました。


graduation.jpg


自分の卒業式の日だったというのに、普通の週末を過ごした我が家。ちょっと用があったので、日曜日のお昼過ぎにボストン大学の近くを通りがかったら、卒業のガウンに身を包んで嬉しそうに家族や友達とキャンパスを歩いたり記念写真を撮ったりしている卒業生たちの姿を目撃しました。

嬉しそうな卒業生たちの姿を見て、こちらまで嬉しい気分に。

大学や大学院を卒業された(またはこれから卒業式がある)皆さん、卒業おめでとうございます!


関連記事:
卒業シーズン到来

1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary24.gif  人気ブログランキングへ


Tシャツ・コレクション

マサチューセッツ州ではこの1~2日のうちにまた雪が降るようですが、3月に入るとそろそろ暖かい日も増えてきます。気温が上昇し始めるとTシャツとジーンズで外出するのが楽しくなりますね。

以前にこのブログで大学の書店には教科書以外にその大学のロゴなどを使ったTシャツやトレーナーなどのカジュアル・ウェアが売られているとお伝えしましたが、実は大学にはキャンパスの書店では売られていないTシャツやトレーナーもあるんですよ♪

関連エントリー:
大学の書店

chem01.jpg
バイオケミストリーの学部設立50周年を記念して造られたTシャツ。背中の部分に有害廃棄物のラベルをベースにしたプリントがある。内輪ネタが解る人には面白いTシャツです。


キャンパスの書店では売られていないTシャツは、たいてい学部の特製Tシャツだったり学生が運営するクラブが運営資金を得るために売られるTシャツなどですが、大学に在学中は面白いTシャツが期間限定で売られるので私も気に入ったデザインのものがあれば時々購入していました。


tshirt01.jpg


紺色のTシャツは大学4年生のための特製Tシャツ。背中の部分に"After three years of exciting positions, we're finally on top" とあって3年後にとうとう頂点(=4年生)にたどり付いたことを示しています。

私が気に入ってるのはスクービードゥーのキャラクターを使ったTシャツ。

それぞれのキャラクターの頭の後方に私が行っていた大学を含めた5つの大学(Amherst Collete, Hampshire College, Mt. Holyoke College, Smith College, University of Massachusetts Amherst)の校章があしらわれています。なぜ校章があしらわれているかというと、ウエスタン・マサチューセッツにある大学5校の特徴はスクービードゥのキャラクターを使って説明することが出来ると言われているから。

これらのTシャツは学生がデザインを手掛けるのですが、楽しいアイディアがいっぱいです!


1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary22.gif  人気ブログランキングへ



1876年から続く行事

スミスカレッジでは2月18日に Rally Day というイベントがあったので参加してきました。 1876年から続いているイベントで、昔はワシントン大統領の誕生日(2月22日)を祝うためのイベントだったようです。

今では毎年2月の第3水曜日にこのイベントが催されて、この日には社会的な功績を残したこの大学の出身者にメダルが与えられます。またその年の卒業式のゲスト・スピーカーが誰か発表される日でもあるので、大学卒業が近づきつつある4年生にとっては気になるところです。



Photo by Smith College


ラリー・デーには大学4年生は卒業の時に着用するガウンと面白い帽子をかぶって参加するという風習があるので、今年もいろいろと凝ったデザインの帽子が登場!

虹の帽子やジュリアス・シーザーもどきのものからウサギの耳、そして鍋をかぶった学生もいましたよ
face04.gif


redFeather.jpg
Photo by Smith College


今年のメダル受賞者はサラブレッドのオーナー(馬主さん)の Helen Bates Chenery、医師&科学者のNaomi Lynn Hurwitz Gerber、ボストンにある Museum of African American Historyの館長を務める Beverly Morgan-Welch、ブロードウェイ・ミュージカルの振り付け師&ディレクターとして知られる Kathleen Marshall、そして環境ジャーナリストとして雑誌やテレビに登場する Preeti Simran Sethi の5名でした diary39.gif



rallyday02.jpg


今回の受賞者の中で最年長の Helen Bates Cheneryさんは1943年にスミスカレッジを卒業した女性ですが、彼女のお母さん、妹、従姉妹2名もこの大学の出身者。その後、父親が病で倒れたのを機に馬主業を受け継いだそうです。

「男性社会の競馬の世界で成功した秘訣は何ですか?」との問いに「女だから馬主として成功出来ないとは思わなかった。そして(成功出来たのは)周りの男の人たちが言うことに耳を貸さなかったから。周りが何を言おうと、サラブレッドを所有しているのは私なんだから!」と茶目っ気たっぷりに答えて、観衆から声援が沸き上がりました。

その他の受賞者も皆さんユーモラスで魅力的な女性ばかり。 友達と一緒にこんな楽しいイベントに参加出来て良かったです
face02.gif

Rally Dayのビデオクリップ



1クリックで当ブログの応援おねがいしま~すdiary35.gif  人気ブログランキングへ



やられたっ!

大学も無事に卒業したので久しぶりにスミスカレッジへ編入するまで通っていた、バンカーヒル・コミュニティカレッジへ遊びに行きました。 ボストンにあるこのコミュニティカレッジはマサチューセッツ州にいくつもあるコミュニティカレッジの中でも一番生徒が多くて活気があります。 大統領就任式の翌日でみんな疲れてお休みしていたのか、ウエスタン・マサチューセッツからボストンまでは交通量もとても少なくスムーズに行くことが出来ました。

いざバンカーヒル・コミュニティカレッジに到着してメインのロビーに入ってみると、以前にも増す混み具合。 もうどこもかしこも人、人、人! ロビーで早速お世話になったことがある教授に遭遇したので手短に挨拶と近況報告を済ませて、理系の教授のオフィスがあるエリアへ移動。 


boston04.jpg
写真:ボストンの中心地へ向かう


再会を楽しみにしていた化学の教授がオフィスで待っていてくれました。 この教授にはスミスへ編入してからも化学の授業で解らないところがあると質問したりして、ずーっとお世話になっています。 卒業の報告と今後どんな仕事に就きたいかを話すと、「あ、そういう理系の仕事に就きたいなら僕が以前勤めていたバイオテック企業にまだ同僚たちがいるから、レジュメかCVとカバーレターを送ってくれれば同僚たちに渡すよ」と、企業との橋渡しを買って出てくれました。 どこまでも面倒見の良い教授です。 それに、やっぱりネットワークは大切ですね。 スミスに編入してからもメールしたり、ときどき直接会いに行ったりしておいて良かった diary43.gif その後あまり長居しては教授のご迷惑になるので(と言ってもその時点で既に30分以上経過していたと思う)、別の教授陣に会いに行きました。

この教授たちからは授業があるので授業の途中で取る15分の休憩に合わせて訪ねて来るようにと、予め言われていました。 いざその時間に合わせて教室へ行ってみると、休憩を取っている様子はなく生徒達でいっぱいでした。 それで教室の外から授業の様子を伺っていると、教授に教室の中に入るようにと勧めるので授業中の教室に入って行くと、教授が生徒達に「今日はこのカレッジの卒業生でその後スミスカレッジに進学した elle さんが来てくれました」と、紹介するではありませんか。 この段階になってもともと教授は授業に参加している生徒たちに私を紹介するつもりだったことにやっと気付きました。 「やられたっ!」と思った時には既に生徒たちの注目がこっちに向けられていたので、進学する時のポイントやコミュニティカレッジに在学中にどのようなことをしておくと良いかなどをアドバイス。 これから4年制大学へ進もうとしている生徒たちの役に立つことが出来たのだろうか。

後日、新聞で読んだのですがアメリカの景気が悪くなって以来コミュニティカレッジで単位を取れるだけ取っておいてから4年制大学へ編入する学生の割合が増えたようです。 さらには失業した人たちや失業を心配する社会人の間ではキャリアの変更や新たな知識を身につけるために、学費が手頃なコミュニティカレッジで受講するケースも増加しているみたい。 どうりで私がコミュニティカレッジへ遊びに行った時も人が多いはずです。 


diary16.gifいつも応援ありがとうございま~す   人気ブログランキングへ


Ivy Day

卒業式関連の行事の一つとして毎年卒業式前日にある Ivy Day。スミスカレッジの卒業生たち(今年卒業する大学4年生も含めて)は全員が、スミスカレッジのオフィシャルカラーとなっている白の服を着て参加します。


(写真:1983年に卒業した人たち。)

すでに卒業して何年も経ち社会で活躍している先輩たちの行進に続いて、今年卒業する学生たちが行進で Ivy Day の会場となる場所まで移動したあと、大学と卒業生たちのつながりを象徴するアイビーを新卒生たちがキャンパスの一画に植えることで一連の卒業行事の幕開けとなります。


(写真:今年卒業する学生たち。)

大学を巣立ってから何十年経ってもこうして大学へもどってきて行事に参加する諸先輩の姿を目にすると、新卒生や在校生にとってはなんとも心強いものです。


1クリックで今日も応援おねがいしま~すdiary22.gif  人気ブログランキングへ


気になる英語2

2008.05.15 英語学習
アメリカの高校3年生たちはこの時期になると、出願した大学から何らかの通知を受け取っていて、そろそろどの大学へ進学するかが決まる頃です。

めでたく希望する大学へ進学する学生、仕方なく第一希望校以外の大学へ進む学生とそれぞれですが、9月の新学期に向けて準備を進めなくてはいけません。

そんな大学新入生に関する英語表現に "the freshman 15 (fifteen)" というのがあります。アメリカと異なり、大学寮にあまり馴染みのない日本ではピンとこないこの表現。




実は「大学1年生の間に体重がおよそ15パウンド(約7キロ) 増える」という意味で使われている表現です。大学進学を機に親元を離れて、大学寮や大学の近辺のアパートを他の学生たちとシェアして新たな生活を始める学生たちは食事の内容が変わるので、体重が増えるというわけ。

最近の寮の食事は大学生の多様なライフスタイルに対応していて、バラエティに富んでいます。例えばベジタリアンのためのメニューあり、ユダヤ教の学生のためのコーシャー (Kosher) メニューあり。さらにはイスラム教徒のためのメニュー (Halal) もあったりします。 私も寮で暮らしている時はユダヤ教徒のためのコーシャーのメニューを良く利用していました。決まりが多いだけあって、食材が新鮮で美味しいのです。イスラム教徒のメニューも同じような理由で好きです。

初めての寮生活によって新入生たちの体重が本当に増えるかどうかは意見が分かれるところですが、こんな表現からもアメリカの大学生の姿をちょっとだけ知る事が出来ます。

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気Blog Rankingへ
1クリックでこのサイトの応援をお願いしま~すdiary02.gif

初夏の大移動

毎年この季節になると全米中のキャンパスで繰り広げられる、初夏の大移動。

期末試験を終えた学生たちは、寮の部屋を空けてそれぞれ夏の目的地へ出発です。





故郷へ帰ってのんびりする学生、

発展途上国でボランティア活動をする学生、

海外で働く学生、

インターンシップとしてNY などの企業で仕事の経験を積む学生など、夏休みの過ごし方は様々。


campus04.jpg


学生が旅立ったあとのキャンパスは、人影がまばらです。


1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary18.gif  人気ブログランキングへ


北と南の文化の違い

スミスカレッジに編入してから気付いたことが一つ。

このカレッジの教授たちの多くは、学生たちがファーストネームで呼ぶのを全く気にしていないようです。新学期の最初のクラスではどのクラスでも教授が簡単な自己紹介などを行いますが、その時に"I am John London (仮名). Just call me John." と言います。編入当初はそんなこと言われても、なんとなく教授をファーストネームでは呼びにくいので Professor ○○ と呼んでいました。

さすがに何セメスターも続くと私もこの習慣に慣れて、今ではすっかり教授をファーストネームで呼んでいます。これはうちのカレッジ特有の習慣だと思っていたら、どうやらアメリカ北部の大学には多いらしい。特に大学院レベルになると教授と学生の差がますます縮むらしく、お互いにファーストネームで呼び合う傾向にあります。

rain

ただしアメリカ南部では教授同士であっても Professor ○○と呼び合うのが普通となっているので、北部の大学教授が南部の大学へ出かけていった時に、南部の大学教授をファーストネームで呼ぶと「常識のない人」と思われてしまうのだとか (おぉ怖っ)。

こんなところにも北部と南部の違いがあるのですね diary43.gif


1クリックで当ブログの応援おねがいしますdiary17.gif 人気ブログランキングへ


南部について知ってみよう
    


ボストンの学費事情

2007年の12月にハーバード大学 (Harvard University) が 「今後ファイナンシャルエイドで生徒の学費をカバーする金額を大幅に増やす」と発表したので、家族の収入が$120,000~$180,000だとすると家族の収入の10%に相当する金額を支払えば、残りの学費は大学側がファイナンシャルエイドでまかなってくれるようです (注:このシステムが留学生に適用されるかは不明)。しかも家族の収入が$60,000以下だと、ファイナンシャルエイドで全額カバーしてくれます。

それでは気になる来年度(2008ー2009)のハーバード大学の学費ですが、授業料、寮費などを含めて$47,215。ここに本代だとか健康保険料などを含めると結局$50,000程度。親にとっては4年間で約2000万円の投資です diary41.gif




ハーバードの約$47,000は高額だけど、実はボストンとその周りにある私学はどこも同じような金額で、2007-2008年度の学費は以下の通り:

ボストン大学 (Boston University) $46,368
ボストンカレッジ (Boston College) $47,394
タフツ大学 (Tufts University) $46,860
マサチューセッツ工科大学 (MIT) $45,386
ノースイースタン大学 (Northeastern University) $44,159

公立のマサチューセッツ州立大学 (University of Massachusetts) はというと、マサチューセッツ州出身の生徒の場合で$17,195、その他の生徒は$25,418。私学の学費を見た後にこの金額を見ると、安く感じてしまう・・・

ところで、カリフォルニア州立大学はその昔、授業料がタダだった時代もあるようです。古き良き時代だったのですね diary43.gif


今日も1クリックで応援おねがいしますdiary02.gif 人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。