スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Julie & Julia

久しぶりに時間があったので(というか、どうにか時間を捻出して机の上にしばらく置いたままになっていた) DVD を観ました。今回観たのは Julie & Julia。

アメリカのテレビ・シェフの先駆けだったジュリア・チャイルドが料理を習い始めて、後にアメリカでフランス料理の本を出版するまでの物語と、彼女の料理本に納められている全レシピを1年かけて実際に調理したジュリー・パウエルという女性が調理の記録を The Julie/Julia Project としてブログで綴ったのをきっかけに、本を出版する機会を得るまでの物語が描かれています。


    


ジュリア・チャイルドはカリフォルニアの裕福な家庭の生まれ育ちで、スミス・カレッジ出身(1934年)。スミス・カレッジのキャンパスセンターは彼女が晩年に大学に寄付したマサチューセッツ州ケンブリッジの自宅をもとに建てられたので、スミス・カレッジでは毎年11月になると Julia Child Day としてキャンパスセンターでフード・フェスティバルが開催されます。大学生の時は彼女の名前を何度も耳にしていたので、Julie & Julia は公開になったときから観たいと思っていた映画でした。


 campusCenter05.jpg
       スミス・カレッジのキャンパスセンター


ジュリア・チャイルドがフランスの料理学校 Le Cordon Bleu に通い始めのころ、玉葱を手早くスライス出来ないことからシェフを目指す男性のクラスメートに冷ややかな目で見られたのを悔しく思って、家のキッチンで玉葱のスライスをとことん練習する姿を見て「負けず嫌いなところが、やっぱりスミス出身だなぁ・・・」と思いながら笑ってしまいました。

他にはとても良き理解者で彼女を常に思いやっているご主人のポール・チャイルドがとても印象に残る映画でした。我が家も今月に結婚8周年目を迎えたところですが、私たちもジュリアとポールのようにいつまでも仲の良い夫婦でいたいと思いました。

今日も応援おねがいしま~す 人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

近ごろの学費

出勤途中に駅の構内でピックアップした Boston Metro。 この新聞はフリーペーパーで、しかもある程度のニュースはカバー出来てしまう便利な新聞です。

 
 フリーペーパーの Boston Metro

11月4日付けの Boston Metro のトップニュースはボストン市長のメニーノが5回連続の当選を果たしたというニュースだったのですが、そんな市長のニュースよりも気になったのは以下の記事。

 metro.gif

マサチューセッツ州の大学費用が高額に達したことを報じています("Bay State" はマサチューセッツ州の愛称)。大学関係者のための情報誌、the Chronicle of Higher Education によると、マサチューセッツ州にある私立校9校の年間の学費(寮費や諸経費含む)が $50,000 (およそ¥500万)に達したというのですdiary41.gif

その中でも一番高額なのはボストンの郊外にあるタフツ大学で何と $51,088 (約¥510万) 。全米でも20番目に高額な大学に輝いたようです。

そして学費がおよそ年間¥500万になるマサチューセッツ州の大学残り8校は、Boston College、Mount Holyoke College、 Hampshire College、Smith College、Bard College、 Babson College、 Boston University、 Franklin W. Olin College of Engineering 。さりげなく私の母校も名を連ねていました(笑)。どうりで近ごろ母校から頻繁に「大学に寄付を・・・」という手紙が届くはずです。中流家庭でも子供の教育に4年間で¥2000万もポンっと払うのは難しいでしょうからね(我が家には無理な金額です)。



 chapin
     今回の記事で学費が高い大学の一つとして取り上げられたスミス・カレッジ

こういった学費が高い大学は卒業生などから集められた寄付金の一部が助成金に使われるので、大学に合格していざフタを開けてみると政府からの助成金や大学からの助成金のおかげで生徒が実際に負担しなければいけない学費は半減またはそれ以上に軽減されることがよくあります。そういったアメリカの大学のシステムのおかげで、あまり裕福ではない家庭の生徒でも高い私立校に行くことが可能になっているのですよね(→ 該当者談)。


1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary32.gif  人気ブログランキングへ



 



Smith College と読書

先週の日曜日からプロ・フットボールのシーズンが始まったため、今週は生活のリズムが狂ったまま。金曜日の夕方に「おぉ、やっと週末だ!」と思いつつ家に辿り着くと、家では大学から送られて来た同窓誌が待っていました。


写真:スミス・カレッジの同窓誌、Smith Alumnae Quarterly

スミス・カレッジの同窓誌は年に4回発刊されていて、今回送られて来たのは秋の号。今回の号ではスミスの卒業生が出版した本や、スミスの卒業生が中心人物として登場する本の紹介があったのは、やっぱり読書の秋だからでしょうか。

smith06.jpg
写真:スミス・カレッジのキャンパス

同窓誌の中で紹介されていた本は "Julie & Julia" や "Commencement" など。Julie & Julia は今年の夏にアメリカで公開となった同タイトルの映画の原作本。タイトルの一部になっている Julia Child (ジュリア・チャイルド)はスミス・カレッジの卒業生で、アメリカ初のセレブリティ・シェフとして長年アメリカ人の間で愛された人として知られています。

Commencement はスミス・カレッジの卒業生コートニー・サリバンのデビュー作で、スミス・カレッジが舞台になっているので、実際にこの大学へ行った人は違った楽しみ方が出来そうな本。早速、図書館で借りて読んでみようとチェックしてみましたが、ボストン私立図書館では100人以上の人がこの本の予約をしていることが判りましたdiary36.gif

いずれにしてもこの秋と冬は「スミス・カレッジ」をテーマに色々なジャンルの本を読んでみたいと思います。


1クリックで今日も応援おねがいしますdiary21.gif  人気ブログランキングへ



"Smith College" をキーワードに選んだ本いろいろ

  

  

 
人気ブログランキングへ diary25.gif クリックしていってね!




1876年から続く行事

スミスカレッジでは2月18日に Rally Day というイベントがあったので参加してきました。 1876年から続いているイベントで、昔はワシントン大統領の誕生日(2月22日)を祝うためのイベントだったようです。

今では毎年2月の第3水曜日にこのイベントが催されて、この日には社会的な功績を残したこの大学の出身者にメダルが与えられます。またその年の卒業式のゲスト・スピーカーが誰か発表される日でもあるので、大学卒業が近づきつつある4年生にとっては気になるところです。



Photo by Smith College


ラリー・デーには大学4年生は卒業の時に着用するガウンと面白い帽子をかぶって参加するという風習があるので、今年もいろいろと凝ったデザインの帽子が登場!

虹の帽子やジュリアス・シーザーもどきのものからウサギの耳、そして鍋をかぶった学生もいましたよ
face04.gif


redFeather.jpg
Photo by Smith College


今年のメダル受賞者はサラブレッドのオーナー(馬主さん)の Helen Bates Chenery、医師&科学者のNaomi Lynn Hurwitz Gerber、ボストンにある Museum of African American Historyの館長を務める Beverly Morgan-Welch、ブロードウェイ・ミュージカルの振り付け師&ディレクターとして知られる Kathleen Marshall、そして環境ジャーナリストとして雑誌やテレビに登場する Preeti Simran Sethi の5名でした diary39.gif



rallyday02.jpg


今回の受賞者の中で最年長の Helen Bates Cheneryさんは1943年にスミスカレッジを卒業した女性ですが、彼女のお母さん、妹、従姉妹2名もこの大学の出身者。その後、父親が病で倒れたのを機に馬主業を受け継いだそうです。

「男性社会の競馬の世界で成功した秘訣は何ですか?」との問いに「女だから馬主として成功出来ないとは思わなかった。そして(成功出来たのは)周りの男の人たちが言うことに耳を貸さなかったから。周りが何を言おうと、サラブレッドを所有しているのは私なんだから!」と茶目っ気たっぷりに答えて、観衆から声援が沸き上がりました。

その他の受賞者も皆さんユーモラスで魅力的な女性ばかり。 友達と一緒にこんな楽しいイベントに参加出来て良かったです
face02.gif

Rally Dayのビデオクリップ



1クリックで当ブログの応援おねがいしま~すdiary35.gif  人気ブログランキングへ



訪れてみたいキャンパス -Bowdoin College 編-

2009年2月7日のエントリーで AAAが選んだ「観光で訪れる価値がある東海岸の大学ベスト5」についてちょっとだけふれましたが、ボストンから気軽に車で行ける距離にある大学が多いのでここに詳細をのせておきたいと思います。
diary07.gif 関連記事:大学の書店


観光で訪れる価値がある東海岸の大学ベスト5:

第1位 Bowdoin College, Brunswick, Maine
第2位 Harvard University, Cambridge, MA
第3位 Princeton University, Princeton, NJ
第4位 Salve Regina University, Newport, RI
第5位 Smith College, Northampton, MA

ハーバード大学とプリンストン大学は日本人にも知名度が高い大学ですよね。第5位にランクインしているスミスカレッジは私の母校ということで今までに何度も当ブログのエントリーで登場しているので、今回はBowdoin College について紹介しますdiary43.gif



Bowdoin College, Brunswick, Maine

ボウディンカレッジはリベラルアーツの名門校の1つ。メイン州ブランズウィックにあるこの大学は、その昔まだメイン州がマサチューセッツ州の一部だった1794年にマサチューセッツ州知事だったサミュエル・アダムス(ただのビールの銘柄ではないのです)によって設立されました。


bowdoinChapel.jpg
ロマネスク・リバイバル様式の美しいチャペルが建つボウドィン・カレッジのキャンパス (Photo by Bowdoin College)

1971年に男女共学となった(それまでは男子校)この大学では現在は1700名ほどの生徒が在校。U.S. News & World Report ではリベラルアーツカレッジの部門で第6位にランキングするほどの名門校です diary40.gif それに Newsweek でも New Ivies の一つとして取り上げられているのですね。いやー、アメリカには日本ではあまり名前を耳にしない名門校がまだまだ沢山ありそうです。


卒業生には北極探検家の Robert Peary と Donald MacMillan(この2人のおかげで大学のマスコットは北極グマ)、Mayo Clinic の創設者の一人として名をつらねる Augustus Stinchfield医師。他にも政治家や企業のエグゼクティブなどが多く輩出されています。

この大学のキャンパスから L.L. Bean の本店がある Freeport までは車で20分ほどの距離なので、キャンパスを見学した後に Freeport のアウトレットでショッピングを楽しむこともできますね!

bowdoin.jpg


この大学の見学をオンラインで楽しんでみたい方はこちらから
Tour Stops としてリストアップされているリンク名をクリックすると、関連の建物などをビデオクリップで見ることができます。



1クリックでこのブログの応援をお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ

お嬢様大学のなごり

1871年にソファイア・スミスによって設立されたスミスカレッジは、アメリカ東北部にあるリベラルアーツの女子大7校で構成される Seven Sisters の1校に含まれていて、歴史ある大学として知られています。

1800年後半や1900年前半に私立女子大学へ進学する女子といえば自然と良家の出身になるので、スミスカレッジはその昔はお嬢様学校だったのだと思います(もちろん今でもときどき良家出身の学生はいますよ)。



写真:スミスカレッジの寮のひとつ。このカレッジでは寮を "dorm" とは呼ばず "house" と呼んでいる。


キャンパスには「お嬢様学校だったんだなぁ」と思わせるものが今でもちょっとだけ残っていますが、何だと思います?

その1:どの寮の居間にもたいてい暖炉がある。寮によっては築100年以上のものもありますが、ほとんどの寮(もしかしたら全ての寮かも)に暖炉があります。

その2:午後の紅茶の習慣がある。これは100年以上この大学で続いている習慣で、毎週金曜日の午後は寮の居間に紅茶とスナックが用意されるので、みんなで紅茶を飲みながらちょっとだけのんびり過ごします。

その3:学生寮の一部は以前、メイド部屋だったらしい。1900年前後に建てられた寮の部屋は大きい部屋から小さい部屋まで色々あるのですが、今では学生の部屋として使っている屋根裏の小さい部屋は昔は学生の身の回りのお世話をするメイドさん達の部屋だったようです diary41.gif それに古い寮の部屋にはウォークイン・クローゼットもあって、昔この大学で勉強していた学生たちの豊かな生活が想像出来ますよ。



1クリックでこのブログの応援をお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ

スミス・カレッジの書店

AAA (American Automobile Association: 日本のJAFのような団体で、トリプルエーと呼ばれている) が選んだ「観光で訪れる価値がある東海岸の大学ベスト5」の第5位にランキングしているからか、スミスカレッジのキャンパスはノースハンプトンにあるというのに春から秋にかけては観光で来ている人たちをよく見かけます。



写真:近代的なデザインのキャンパスセンター。1階にカフェ、地下に大学の書店がある。


そうやってわざわざ観光で来た人たちは何かカレッジのグッズをお土産として買って帰りたい気持ちになるらしく、学生生活を送っていた時はそういう人たちに 「大学の書店はどこにありますか?」 と聞かれることもしばしば。 たしかにスミスカレッジの書店ってキャンパスセンターと呼ばれる白い建物の地下にあるので見つけにくいんですよね。


smithBook01.jpg smithBook04.jpg


大学の書店なのでもちろん大学のコースで使用する教科書などが売られていますが、一般書籍や雑誌、お菓子だとかシャンプーや携帯サイズの医薬品、大学のオリジナル・グッズなども揃っています。アメリカの大学のオリジナル・グッズって本当に種類が豊富で、ポストカード、マグカップ、水筒、T シャツやトレーナー、ポロシャツ、ビーチサンダルまで色々。おまけにベビー服や子供服そしてここに通っている学生の両親のために"Smith Dad" や "Smith Mom" とプリントされたトレーナーも売られていますよ。オリジナルのトレーナーやTシャツはデザインもシーズンによって入れ替わるので、気に入ったデザインのものは見つけた時に購入しないと、次のシーズンには手に入らないことも。


smithBook05.jpg
写真:大学名がプリントされたカジュアル・ウェア。お土産にいかが?


smithBook03.jpg smithBook02.jpg
写真:大学のロゴ入りベビー服や、手頃なお土産になりそうなぬいぐるみ。


マサチューセッツ州(特にボストンとその近郊)は大学が多いからか、大学のロゴ入りの T シャツやトレーナーを着ている人たちをよく見かける気がします。それに社会人になっても出身校のトレーナーをはじめとするグッズを愛用している人が意外に多いです。

大学のトレーナーや T シャツを着ていると、思わぬ場所で「おっ、○○大学の卒業生? 実は私も○○大学出身なんです。」 なーんて具合に知らない人から声を掛けられる場合もあって、ネットワークを広げる道具にもなっていますdiary43.gif



1クリックでこのブログの応援をお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ

スミスカレッジの冬景色

アメリカでは子供が高校生くらいになると、家族でいろいろな大学を訪れるケースが少なくありません。 学生にとっては、そこが自分に合った大学かどうかは、その大学を訪れてみて初めてわかる場合もしばしば。 大学選びは大学の知名度やランクなども重要ですが、進学を希望する学生に合った大学かどうかというのも実はとても大切なポイントだと思います。 進学先の大学が合わない場合は、学生が鬱になってしまったり、途中で他の大学に編入することにもなりかねません。

私もコミュニティカレッジを卒業する1年以上前から、その後の進学先をどうするかということで、何校もの大学を訪れました。 ボストン界隈ではボストン大学、ボストン・カレッジ、タフツ大学、ウェルズリー・カレッジ、マサチューセッツ州立大学ボストン校。そしてウエスタン・マサチューセッツのエリアではマサチューセッツ州立大学アムハースト校とスミスカレッジ。


smithWinter03.jpg
(写真:ノースハンプトンのダウンタウンからちょっとゆるやかな坂道を歩いてくると目に入る、スミスカレッジの門。)


スミスカレッジを見学のために訪れたのは、3年前の1月中旬ごろ。雪に覆われたキャンパスを見学したのでした。 コミュニティカレッジの教授から強く薦められるまでは、出願する予定は全くなかったスミスカレッジ。見学に訪れてみてはじめてどうして教授が薦めたのかが解った気がしました。


smithWinter04.jpg

  
smithWinter02.jpg
(写真:寮の中庭。)

綺麗なレンガ造りの校舎、セントラル・パークをデザインしたので有名なオームステッド (Frederick Law Olmsted) が手掛けた校庭、学生から親しまれているパラダイス・ポンドなどを見て回っているうちに、私にはボストン大学やボストン・カレッジのような大きな大学よりスミスのような小規模な大学の方が向いていると実感。その後、スミスで勉強する自分を思い描きながら、何度も出願用のエッセイを書き直したのを覚えています。 そんな訳で、スミス・カレッジの冬景色には特別な思い入れがあります。


smithWinter05.jpg  smithWinter06.jpg

iceskate02.jpg  smithWinter01.jpg
(写真:左上から時計回りに、ニールソン図書館から見たキャンパス、雪に覆われた木、パラダイス・ポンドから見た冬の空、パラダイス・ポンドでスケートを楽しむ学生たち)


1クリックでこのブログの応援おねがいしますdiary01.gif  人気ブログランキングへ


ウィンドウショッピング @ FACES

2009.01.09 Nohoエリア
今日はそれほど寒くもなく(・・・と言っても摂氏2度ですが)穏やかな天気だったので、ノースハンプトンのダウンタウンを散歩。

久しぶりにノースハンプトンの雑貨店、 Faces にふらっと立ち寄ってみました。



(写真:一番右端の1階建ての建物が Faces。)

大学の授業がある時期ならスミス・カレッジの学生がよく利用するお店の一つ。手頃な価格の衣類やファッション小物から、お値段ちょっと高めの家具や雑貨類まで扱っています。ボストンから友達が遊びにくると私が案内するお店の一つですが、いつも30分~1時間近くここで過ごす事に。なかなか面白い品揃えのおかげで見ていて飽きません。それに結構まめに商品が入れ替わるので、定期的にお店に足を運ぶと新しいグッズがちらほら。雑貨店はいつ行っても同じ商品ばかりだと、あまり行かなくなってしまいますよね。


faces05.jpg
(写真:衣類のコーナー。カジュアルな衣類は$10前後~)



faces04.jpg
(写真:このクッション、ちゃんとFMラジオとして機能するようです。)


faces03.jpg
(写真:不思議なキャラのキーチェーン)


ここはいつ行っても色々な柄のTシャツが充実していますが、今回はバラック・オバマのTシャツが何種類かあったうえ、ミッシェル・オバマのTシャツまでありました。他にはレッドソックス・ファンが喜びそうなアンチ・ヤンキーズのTシャツがいつも何種類かあります balloon_23.gif


faces02.jpg
(写真:ミッシェル・オバマのこんなTシャツを発見。)
    
   

weCanDoIt.jpg
(写真:こちらが上のTシャツのデザインのベースとなっている有名なポスター)


Faces
175 Main St
Northampton, MA 01060
オフィシャルサイトはこちらから

Store hours:
Mon-Wed 10am to 6pm
Thu-Sat 10am to 9pm
Sun noon-5pm

1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary22.gif  人気ブログランキングへ


Ivy Day

卒業式関連の行事の一つとして毎年卒業式前日にある Ivy Day。スミスカレッジの卒業生たち(今年卒業する大学4年生も含めて)は全員が、スミスカレッジのオフィシャルカラーとなっている白の服を着て参加します。


(写真:1983年に卒業した人たち。)

すでに卒業して何年も経ち社会で活躍している先輩たちの行進に続いて、今年卒業する学生たちが行進で Ivy Day の会場となる場所まで移動したあと、大学と卒業生たちのつながりを象徴するアイビーを新卒生たちがキャンパスの一画に植えることで一連の卒業行事の幕開けとなります。


(写真:今年卒業する学生たち。)

大学を巣立ってから何十年経ってもこうして大学へもどってきて行事に参加する諸先輩の姿を目にすると、新卒生や在校生にとってはなんとも心強いものです。


1クリックで今日も応援おねがいしま~すdiary22.gif  人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。