スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたニューベリー・ストリートのヘアサロン

2009.10.21 お店紹介
近ごろ仕事をしている時にどうも髪が邪魔になるので「そろそろ髪を切りに行かないとダメかなぁ・・・」と思っていたら、ボストンのお得情報満載のサイト Buy With Me でニューベリー・ストリートのヘアサロンでヘアカットが$35というクーポンの販売を見つけたので即購入。予約をして久しぶりにヘアサロンへ行きました。

関連ブログ・エントリー:
髪を切ってリフレッシュ
ニューベリー通りでヘア・モデル体験


nbsalon01.jpg
The Salon の入り口

今回のヘアサロンは The Salon at 10 Newbury というお店で、名前のとおり 10 Newbury St. にあるビルの2階にあります。土曜日の午前中だというのに私が到着した時にはお店は既に満員。前に行ったことがある Will Charles Salon と比べてちょっとお店が小さめで混み合っています。


boston27.jpg

私のカットを担当してくれたのは Christopher というスタイリストさんで、何人ものスタイリストの見習いを抱えている人。Christopher さんとは会ってすぐに波長が合う気がしたので、「必要な時に束ねられるだけの長さを残してくれたら後はお任せします」と注文しました。乾いた髪を切ってヘアスタイルを完成させて行くドライ・カッティングのスペシャリストなので、ローブに着替えて鏡の前の席に着いたら、そのまま髪をぬらすことなくヘアカット開始。

Christopherさんのドライ・カッティングはストレート・アイロンで髪をまっすぐに伸ばしながらヘアカットを進めて行くというテクニックですが、濡れた髪を正確にカットするのが上手くなってからでないとドライ・カッティングは出来ないのだそうです。

アイルランドの珍道中の話を聞きながらおよそ30分でヘアカット完了。髪の量が多いので髪をすくだろうと思っていたら、何と髪のボリュームを長所として生かすために毛先をストレートにカットして、厚みをもたせた秋らしいスタイルにしてくれました。

今回のカットはかなり満足なので、暫くはこのサロンへ通うことになりそうです。

The Salon at 10 Newbury
10 Newbury Street
Boston, MA 02116
Phone: 617-247-4900
お店のサイトへはこちらから

私のヘアを担当してくれた Christopher さんのサイトへはこちらから

1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary33.gif  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

髪を切ってリフレッシュ

2009.05.25 お店紹介
しばらく髪を切っていなかったため毛先の痛みも気になりはじめたので、ニューベリー・ストリートにある美容室へ行ってきました。美容院へ行くのはボストンへ戻ってきてから初めて diary43.gif さらにボストンへ戻ってきてから、ニューベリー・ストリートへ行くのも久しぶりでした。

ニューベリー・ストリートには何件もの美容室があって美容室の競争が激しいエリアなのですが、ファッションブランドのお店やお洒落なカフェ、そしてレストランが並ぶファッショナブルなエリアということで、ここにある美容室の値段は高めです。

でも今回は偶然にも値打ちな値段でヘア・カットとトリートメントのサービスが受けられる機会があると知って、Will Charles Salon へ行ってきました。特別オファーは、カットとスタイリングの他にトリートメントと髪のツヤを出すグロス・シャインのサービスが込みで$65。通常価格ならばカット、スタイリング、トリートメントとグロス・シャインのコースは$145なのだそう。



お洒落なブティックが溢れる、ニューベリー・ストリート


お店は白を基調としたシンプルなデザインで、店内に入った瞬間に「あれ?ここ来たことある気がする・・・」と思っていたのですが、後で以前にこのブログで紹介した Runway Salon が閉店になって Will Charles Salon になったことを知りました(どうりでお店のインテリアを覚えている訳だ!)。

関連記事:
ニューベリー通りでヘア・モデル体験

newbury01.jpg
Will Charles Salon はこのビルの3階


受付の女性からはじまって、スタッフの方は皆さんとても感じの良い方ばかりでした。さらに印象的だったのは、グロス・シャインをしている時に待ち時間があったのでシャンプー台から立ち上がって移動しようとしていたところ、お店のオーナーの1人だという Billy さんがわざわざ私の所までやってきて自己紹介をしてくれた点です。

私のカットを担当してくれたのは Diane という可愛らしい女性でしたが、彼女がカットとスタイリングをほぼ完成させた時にも、Billy さんがやってきて私がそのヘアスタイルを気に入ったかどうかチェックしに来てくれました。ニューベリー・ストリートの美容室はリッチなお客さんに馴れているお店も多いので、常連のお客さん以外にはあまり対応が良くないお店も多いのですが、Will Charles Salon は初めてのお客さんも大切にするというのが伝わってきて、とても感じの良いお店でした。

肝心のヘアスタイルですが、「こんな感じがいいな・・・」というヘアスタイルの写真を2点見せた後、あとは私の顔の輪郭やら頭の型を考慮して一番会うスタイルに調整してもらうように注文。Diane さんは手際よく私の髪を切った後、丁寧にヘアスタイリングしてくれて、出来上がったスタイルはとってもゴージャスでしたよ♪ おかげでその日はとても気分よく1日を過ごすことができました。

ただいまプロモーションで Will Charles Salon のサイトにはカットまたはカラーリングが20%オフになるクーポンがあるので、試してみたい方はそちらを利用するといいと思います。

Will Charles Salon
11 Newbury Street, 3rd floor
Boston, MA
617-375-0002
営業時間:火曜 - 土曜 9am - 7pm
お店のオフィシャルサイトはこちら
お店のクーポンはこちらから
*割引は初めての方のみ有効のようです


1クリックで今日も応援おねがいしま~す diary08.gif  人気ブログランキングへ



先週は雪、今週は雨

2008.12.28 お店紹介
先週末は雪だったのに、今週末はザーザーと雨が降り続いています。





ニューイングランドの気候はものすごく寒い日があったかと思うと数日後には暖かい日があったり、雪がどかっと降ったかと思えば今度は雨が降ったりして、気候の変化が激しいのが特徴。 そんなニューイングランドに暮らすようになってからはレインブーツが大活躍です。

子供のころ以来、初めて購入したレインブーツの便利なこと! 雨の日はもちろんのこと、まとまって雪が降った時にも雪の深さをあまり気にせずに歩き回ることができます。

とくに最近では女性用のレインブーツは可愛らしいデザインのものも多いので、雨の日に女性たち足下を観察すると色々なデザインのレインブーツに出会えて楽しい。
rainboots.jpg
(写真:愛用している L.L. Bean のレインブーツ。雪の日の散歩にも便利!)


rainboots01.jpg rainboots02.jpg
(写真:こちらの2点は UrbanOutfitters で扱われている商品。)


L.L. Bean と UrbanOutfitters はネット通販も行っていますが、ボストン地域のお店に行ってみたい方は以下の直営店が便利だと思います:

L.L. Bean
Wayside Commons
6 Wayside Rd., Space T
Burlington, MA 01803
781-505-1460

UrbanOutfitters
361 Newbury Street
Boston, MA 02115-2738
617-236-0088
(他にCambridge とFaneuil Hall Marketplaceにもお店あり。)

1クリックで今日も応援おねがいしますdiary21.gif  人気ブログランキングへ


ニューベリー・ストリートを久々に散歩してみました

2006.12.31 お店紹介
冬休みにボストンへ帰ってきて普段よりも時間にゆとりがあるので、ニューベリー・ストリートでウィンドウ・ショッピングをすることにしました。数ヶ月ぶりのニューベリー・ストリートには Borders (ボーダーズ)というアメリカ各地に展開する書店が新しくオープンしたので、本に誘われて店内に入ってみると、カラフルなギフト用の手提げ袋やグリーティング・カードなど私好みのデザインのものが一杯!



しばし書店である事を忘れて、グリーティング・カードや可愛い小物が並ぶセクションを見て楽しみました。このセクションで扱われている商品は主にイギリスの Paperchase (ペーパーチェイス)というブランドの物のようですがカラフルでしかも甘すぎないデザインの物が多く、ついつい iPod Nano 用のケースとペンケースを購入。

borders3.jpg
(写真:ニューベリー・ストリート側の入り口を入ると、目にするカラフルな手提げ袋)

borders4.jpg
(写真:思わず買ってしまった2品。iPod Nano用のケースとペンケース。)

このニューベリー・ストリートの Borders はダウンタウン・クロッシングにある Borders に比べて売り場面積が小さいですが、2階にはDVD や CD も売られているしカフェのコーナーもあるので、ちょっと休憩したい時や待ち合わせに便利かも。

最近のニューベリー・ストリートは、バーゲンのお店として知られる Filene's Basement (ファイリーンズ・ベースメント) や ファッショナブルかつ手頃な価格で人気の H&M なども新たにオープンしたので、ますますダウンタウン・クロッシングへ行く必要がなくなります (ボーダーズ、ファイリーンズ・ベースメント、H&M の3店ともダウンタウン・クロッシングにもお店がある)。

Borders
511 Boylston Street
Boston, MA 02116
Phone: 617.236.1444
最寄り駅はグリーン・ラインの Arlington


1クリックで今日も応援おねがいしますdiary22.gif  人気ブログランキングへ


紅茶といえば、TEALUXE

2006.12.30 食関連のお店
ボストンは紅茶事件があった土地柄だけあって、紅茶のお店を時々見かけます。そんな紅茶のお店の中でも有名なのが、 TEALUXE (ティーラックス)。

高級ショッピング・エリアとして知られるニューベリー・ストリートへ行くと、スタバのカップよりここのカップを手にしてショッピングを楽しむ人たちの方が多いくらい。暖かい季節になるとニューベリー・ストリート沿いの屋外にテーブルが置かれて、屋外で美味しいアイスティーやバブル・ティーを楽しむ人たちの姿が見られます。


tealuxe1


1階はテイクアウトと紅茶関連のグッズが売られているフロアになっていますが、地下はゆったりと紅茶を楽しみたい人たちのためのフロアになっています。可愛い缶の容器に入ったギフト用の紅茶なども売られているので、ちょっとしたギフトやお土産を探している時にも便利。季節限定のフレーバー・ティーも充実しているので、ニューベリー・ストリートでのショッピングに疲れたらここで一息入れてみては?

tealuxe2
(写真:入り口の棚にはアンティークのケトルが飾ってあったりする)

tealuxe3
(写真:テイクアウト用のカップ。紅茶は1杯、 $2.50 前後)

TEALUXE
108 Newbury Street
Boston, MA
Official Site はこちら
地図はこちら


1クリックで今日も応援おねがいしますdiary13.gif  人気ブログランキングへ



ニューベリー通りでヘア・モデル体験

2005.03.30 お店紹介
そろそろボストンも春らしくなって来たので、そよ風に揺れるような軽い感じのヘア・スタイルに変えたいと、ここ1週間ほど考えていました。

でも、そこで一つ大きな問題が・・・ 私の知る限りではアメリカの美容院って、手頃な金額だと満足出来ないヘア・スタイルになってしまうし、満足の行くヘア・スタイルにしてもらおうと思うと高級な美容院へ行かなくてはいけません。 例えば高級ヘア・サロンの場合カットでいくらくらいするかというと、下は$60前後から上は$100以上 (滝汗)。しかもここにチップが加わるので、最終的には約7千円は覚悟しなくてはいけません。 お金を取るか、満足を取るかで悩むところです (貧乏学生の私にははっきり言って NO CHOICE )。しかも最悪の事態として、高い金額を払ったにもかかわらず気に入らないヘア・スタイルになる、ということも起こりかねません。 こんな悩みを抱えながらネットでボストンの美容院情報を収集していたところ、CityStylistというサイトを発見。

注:2009年に City Stylist のサイトを確認しましたが、ここで紹介したシステムは中止されてしまったようですballoon_09.gif


このサイトに登録しておくと、ボストンの中心にある高級ファッション街、Newbury Street(ニューベリー通り)にお店を構える Runway Salon でヘア・モデルの募集があった時に、希望すればヘア・モデルとして$15でカットまたは$20でカラーリングをしてもらえるのです。 美容院の激戦区であるニューベリー通りだから、見習いの美容師さんがカットするにしてもそんなに格好悪いヘア・スタイルにはならないだろうし、そこがどんな美容院なのかを破格で体験できるので、早速ヘア・モデルとして予約を入れてランウェイ・サロンへ行ってきました。


nb.jpg
(写真:おしゃれなブティックとヘアサロンが立ち並ぶニューベリー・ストリート)

お店はリッツ・カールトン・ホテルの数件隣のビルの3階にあり、黒のフローリングに真っ白い壁の店内には窓から自然光が降り注いでいて、清潔感と高級感が漂っています。 今回私のカットをしてくれた見習いの美容師さんは、Carla (カーラ)さんというとてもスレンダーな女性。 ウェブの募集事項には「ボブ・カット」となっていたので、てっきり彼女が練習したいヘア・スタイルは既に決まっていて、私の希望はあまり主張出来ないだろう (なんせ$15) と想像していたのですが、実際には私がどんなヘア・スタイルにしたいのかとても細かく聞いてくれて、長さもスタイルも自由に選ぶことができました。

そして彼女とのカウンセリングが終わってヘア・スタイルが決まると、今度はこのお店のオーナーの Nino さん(この方は、もの凄くカットが上手です。手際よく、一人一人のクライアントに合ったヘア・スタイルに仕上げていきます)が彼女から私の希望するヘア・スタイルを確認。その後、まずはニノさんが私の髪を切りながらカーラさんにどうやってカットして行くか次々に指示を出します。 そして、カーラさんによるカットが始まってからも、1段階ごとにニノさんが必ず確認に来て、最終的に良いヘア・スタイルが完成するように手を加えるので、変なヘア・スタイルになってしまう怖れなしっ! 一番最後の調整もニノさん自ら鋏を手に、丁寧に仕上げてくれたので、とっても好みのヘア・スタイルにしてもらえました。

主なカットの作業は見習いの美容師さんの手によって行われるのでカットに掛かる時間は少し長めですが、時間が気にならなければ$15で高級サロンが体験できます。


Runway Salon
11 Newbury Street,
Boston, MA 02116
TEL: 617-375-0002

Official Site


diary16.gif1クリックでこのサイトの応援をお願いします   人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。