スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スミス・カレッジの書店

AAA (American Automobile Association: 日本のJAFのような団体で、トリプルエーと呼ばれている) が選んだ「観光で訪れる価値がある東海岸の大学ベスト5」の第5位にランキングしているからか、スミスカレッジのキャンパスはノースハンプトンにあるというのに春から秋にかけては観光で来ている人たちをよく見かけます。



写真:近代的なデザインのキャンパスセンター。1階にカフェ、地下に大学の書店がある。


そうやってわざわざ観光で来た人たちは何かカレッジのグッズをお土産として買って帰りたい気持ちになるらしく、学生生活を送っていた時はそういう人たちに 「大学の書店はどこにありますか?」 と聞かれることもしばしば。 たしかにスミスカレッジの書店ってキャンパスセンターと呼ばれる白い建物の地下にあるので見つけにくいんですよね。


smithBook01.jpg smithBook04.jpg


大学の書店なのでもちろん大学のコースで使用する教科書などが売られていますが、一般書籍や雑誌、お菓子だとかシャンプーや携帯サイズの医薬品、大学のオリジナル・グッズなども揃っています。アメリカの大学のオリジナル・グッズって本当に種類が豊富で、ポストカード、マグカップ、水筒、T シャツやトレーナー、ポロシャツ、ビーチサンダルまで色々。おまけにベビー服や子供服そしてここに通っている学生の両親のために"Smith Dad" や "Smith Mom" とプリントされたトレーナーも売られていますよ。オリジナルのトレーナーやTシャツはデザインもシーズンによって入れ替わるので、気に入ったデザインのものは見つけた時に購入しないと、次のシーズンには手に入らないことも。


smithBook05.jpg
写真:大学名がプリントされたカジュアル・ウェア。お土産にいかが?


smithBook03.jpg smithBook02.jpg
写真:大学のロゴ入りベビー服や、手頃なお土産になりそうなぬいぐるみ。


マサチューセッツ州(特にボストンとその近郊)は大学が多いからか、大学のロゴ入りの T シャツやトレーナーを着ている人たちをよく見かける気がします。それに社会人になっても出身校のトレーナーをはじめとするグッズを愛用している人が意外に多いです。

大学のトレーナーや T シャツを着ていると、思わぬ場所で「おっ、○○大学の卒業生? 実は私も○○大学出身なんです。」 なーんて具合に知らない人から声を掛けられる場合もあって、ネットワークを広げる道具にもなっていますdiary43.gif



1クリックでこのブログの応援をお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

スミスカレッジの冬景色

アメリカでは子供が高校生くらいになると、家族でいろいろな大学を訪れるケースが少なくありません。 学生にとっては、そこが自分に合った大学かどうかは、その大学を訪れてみて初めてわかる場合もしばしば。 大学選びは大学の知名度やランクなども重要ですが、進学を希望する学生に合った大学かどうかというのも実はとても大切なポイントだと思います。 進学先の大学が合わない場合は、学生が鬱になってしまったり、途中で他の大学に編入することにもなりかねません。

私もコミュニティカレッジを卒業する1年以上前から、その後の進学先をどうするかということで、何校もの大学を訪れました。 ボストン界隈ではボストン大学、ボストン・カレッジ、タフツ大学、ウェルズリー・カレッジ、マサチューセッツ州立大学ボストン校。そしてウエスタン・マサチューセッツのエリアではマサチューセッツ州立大学アムハースト校とスミスカレッジ。


smithWinter03.jpg
(写真:ノースハンプトンのダウンタウンからちょっとゆるやかな坂道を歩いてくると目に入る、スミスカレッジの門。)


スミスカレッジを見学のために訪れたのは、3年前の1月中旬ごろ。雪に覆われたキャンパスを見学したのでした。 コミュニティカレッジの教授から強く薦められるまでは、出願する予定は全くなかったスミスカレッジ。見学に訪れてみてはじめてどうして教授が薦めたのかが解った気がしました。


smithWinter04.jpg

  
smithWinter02.jpg
(写真:寮の中庭。)

綺麗なレンガ造りの校舎、セントラル・パークをデザインしたので有名なオームステッド (Frederick Law Olmsted) が手掛けた校庭、学生から親しまれているパラダイス・ポンドなどを見て回っているうちに、私にはボストン大学やボストン・カレッジのような大きな大学よりスミスのような小規模な大学の方が向いていると実感。その後、スミスで勉強する自分を思い描きながら、何度も出願用のエッセイを書き直したのを覚えています。 そんな訳で、スミス・カレッジの冬景色には特別な思い入れがあります。


smithWinter05.jpg  smithWinter06.jpg

iceskate02.jpg  smithWinter01.jpg
(写真:左上から時計回りに、ニールソン図書館から見たキャンパス、雪に覆われた木、パラダイス・ポンドから見た冬の空、パラダイス・ポンドでスケートを楽しむ学生たち)


1クリックでこのブログの応援おねがいしますdiary01.gif  人気ブログランキングへ


ウィンドウショッピング @ FACES

2009.01.09 Nohoエリア
今日はそれほど寒くもなく(・・・と言っても摂氏2度ですが)穏やかな天気だったので、ノースハンプトンのダウンタウンを散歩。

久しぶりにノースハンプトンの雑貨店、 Faces にふらっと立ち寄ってみました。



(写真:一番右端の1階建ての建物が Faces。)

大学の授業がある時期ならスミス・カレッジの学生がよく利用するお店の一つ。手頃な価格の衣類やファッション小物から、お値段ちょっと高めの家具や雑貨類まで扱っています。ボストンから友達が遊びにくると私が案内するお店の一つですが、いつも30分~1時間近くここで過ごす事に。なかなか面白い品揃えのおかげで見ていて飽きません。それに結構まめに商品が入れ替わるので、定期的にお店に足を運ぶと新しいグッズがちらほら。雑貨店はいつ行っても同じ商品ばかりだと、あまり行かなくなってしまいますよね。


faces05.jpg
(写真:衣類のコーナー。カジュアルな衣類は$10前後~)



faces04.jpg
(写真:このクッション、ちゃんとFMラジオとして機能するようです。)


faces03.jpg
(写真:不思議なキャラのキーチェーン)


ここはいつ行っても色々な柄のTシャツが充実していますが、今回はバラック・オバマのTシャツが何種類かあったうえ、ミッシェル・オバマのTシャツまでありました。他にはレッドソックス・ファンが喜びそうなアンチ・ヤンキーズのTシャツがいつも何種類かあります balloon_23.gif


faces02.jpg
(写真:ミッシェル・オバマのこんなTシャツを発見。)
    
   

weCanDoIt.jpg
(写真:こちらが上のTシャツのデザインのベースとなっている有名なポスター)


Faces
175 Main St
Northampton, MA 01060
オフィシャルサイトはこちらから

Store hours:
Mon-Wed 10am to 6pm
Thu-Sat 10am to 9pm
Sun noon-5pm

1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary22.gif  人気ブログランキングへ


Woodstar Cafe - ノースハンプトンのカフェ -

2009.01.07 Nohoエリア
ノースハンプトンのダウンタウンは小さいわりにカフェが点在しています。

しかもお店によって客層が変わるので、そこがなかなか面白い。


(写真:ウッドスター・カフェの外観。暖かい日なら屋外での飲食も楽しめます。)


ノースハンプトンのダウンタウンの少し外れにある Woodstar Cafe はいつも常連客で賑わっているお店。ここはお店で焼いているパンやスコーン、ケーキが充実しています。

私は昨年の夏にここのイチジクのスコーンにすっかりハマって、毎朝ラボへ行く前にスコーンを買うためにこのカフェに寄っていました。


woodStar_20090107052500.jpg
(写真:明るい店内はこんな感じ。)


あまり広いお店ではない上、いつも混んでいるので 「カフェでじっくり本を読んで過ごしたい・・・」 という時には向いていませんが、明るくて清潔感のある店内にはお洒落な風景写真がさりげなく飾られていて良い雰囲気です。

Woodstar Cafe
60 Masonic St
Northampton, MA 01060
(413) 585-9777

1クリックでこのブログの応援おねがいしますdiary01.gif  人気ブログランキングへ

ウエスタン・マサチューセッツの大晦日速報

2009.01.01 イベント
Happy New Year!

明けましておめでとうございます~balloon_92.gif


にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気Blog Rankingへ 
               
1クリックで 2009年もこのサイトの応援をお願いしますdiary02.gif


でも時差のおかげでアメリカではまだ年明けしていませんが・・・

2009年も宜しくお願いいたします。


30日の夜に突然どうしてもトルティーア・チップスが食べたくなって閉店間際のスーパーへとお出掛けした時は、ちょっと曇り空の寒い夜でした。


(写真:12月30日深夜の閑散としたスーパーの駐車場。)




それが大晦日の朝に外へ出てみると、何とこんな状態!

             ↓       ↓

eve05.jpg
(写真:いい感じの勢いで雪が降っている大晦日。)


eve03.jpg
(写真: UMass Amherst の高層ビル、 W.E.B. Du Bois Library が雪でかすんで見える。)


eve04.jpg
(写真:大晦日だというのに皆さん、除雪作業で忙しい。)


ノースハンプトンでもボストンと同じように First Night があって、大晦日の朝から2009年のカウントダウンまで色々なイベントが催されるのですが、こんなに雪が降っていては移動が大変でしょうね。


ノースハンプトンの First Night は田舎の小さな町なのでボストンのそれと比べて規模は小さいですが、小さなお子さん連れの家族にはノースハンプトンのような場所で行われる First Night の方が便利でしょう。ちなみにカウントダウンと同時に花火もちゃんと打ち上げられます。


我が家はのんびりと家で新年を迎える予定。


追記:
ウエスタンマサチューセッツでは大晦日の午後には雪は止みましたが、大晦日と新年をまたぐ時間帯には摂氏 マイナス13 度 (華氏8度) と過去10年の中で一番の寒さだったようです。ボストンやニューヨークも例年になく極寒のカウントダウンとなったようなので、カウントダウンに参加されていた皆さん(特にその地域の寒さを体験したことがなかった方たち)はこの寒さに驚いたでしょうね。



ノースハンプトンの First Night のオフィシャルサイトへはこちらから

ボストンの First Night のオフィシャルサイトへはこちらから


East Heaven Hot Tub - ノースハンプトンのお風呂屋さん -

2008.06.15 Nohoエリア
アメリカで暮らし始めてからもう何年も経ちますが、いつまでたっても慣れないのがアメリカ式のお風呂。特に忙しくてストレスが溜まりがちな時期になると、「あぁ、たまにはゆっくりお風呂に浸かりたい・・・」と思うのです。

そこで以前から気になっていたノースハンプトンにあるお風呂屋さん、East Heaven Hot Tubs へ行ってきました。ここはアムハーストの地域にお住まいの日本人の方からも薦められていたお店なので、それなりに期待していました。

spa01.jpg


温泉好きな hubby の誕生日プレゼントということで今回は、貸し切り風呂30分とマッサージ30分のパッケージを体験。

お店に入ると、バスローブとバスタオル、そしてスリッパが入ったトートバックを渡されて、それを持ってお風呂へ。お風呂は屋内のお風呂と露天風呂がありますが、我が家は露天風呂を予約。通されたお風呂は木の桶で、いい感じ。お風呂はジャグジーバスのようなノリで日本のお風呂に比べて深いですが、桶の中に備えられているベンチに腰掛けてのんびりとお風呂に入る事が出来ます。貸し切り時間終了5分前になるとチャイムを鳴らして知らせてくれるので、時間を気にせずのんびり。



お風呂の後はバスローブ姿でマッサージをしてもらいに、併設されている Paradise Spa へ。マッサージルームはリラックスできるように、部屋の明かりも暗め。何種類か用意されたマッサージオイルの中から自分の好みの香りのオイルを選んで、マッサージしてもらいました。30分間、頭から足の先まで丁寧にマッサージしてもらって、私も hubby も大満足♪


East Heaven Hot Tub & Paradise Spa
33 West Street
Northampton, MA 01060
(413) 587-0000

年中無休
平日 11am - 12am
週末 11am - 1am

East Heaven Hot Tub & Paradise Spa の
オフィシャルサイトへはこちらから

1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary18.gif  人気ブログランキングへ


マッサージ関連の本

Sophia Smith Collection -アメリカ女性史の資料館-

2008.03.30 Nohoエリア
スミス・カレッジのキャンパスの一画にひっそりとたたずむレンガ造りの建物の中には、Sophia Smith Collection という女性史資料館があります。

この資料館は意外と知られていませんが、実はアメリカ最古/最大の女性史資料館で、アメリカ全土どころか世界中から研究者などが訪れます。


smithArchive01.jpg
(写真:スミス・カレッジ設立初期には体育館だった建物。ここは初めて女子バスケットボールの試合が行われた体育館としても有名。今では Sophia Smith Collection として資料館になっている。)


ここに収容されている資料はスミスの卒業生でフェミニストとして活躍しているグロリア・スタイナム(Gloria Steinem) から女性運動に関する写真、はたまたマーティン・ルーサー・キング牧師(Martin Luther King Jr)の手紙まで女性史に関連するものがいろいろあります。

女性史の中には女性と政治とか、女性と雇用などテーマは様々ですが、最近では女性と科学を題材とした研究がなぜだか盛んなようです。


smithArchive02.jpg
(写真:Sophia Smith Collection の入り口。)


スミスカレッジのクラスの中には、生徒がこの資料館を活用できるようなレポート課題を設定するクラスも少なくありません。私も今学期受講しているクラスのレポート課題でこの資料館を利用することになったので、今学期は何度か足を運んでプライマリー・ソースとにらめっこです。

基本的には平日しかこの資料館は開いていませんが、女性史に興味のある方は一度足を運んでみると面白いかもしれません。


資料館の開館時間:
月・火・木・金曜日:午前 10時~午後5時
水曜日: 午後1時~午後9時

Sophia Smith Collectionオフィシャルサイトへ


1クリックで今日も応援おねがいしま~すdiary19.gif  人気ブログランキングへ


美術館で過ごす午後 -Smith College Museum of Arts-

2008.03.28 Nohoエリア
スミス・カレッジには大学が所有する美術品が展示されている Smith College Museum of Art があって、地元の小中学生が遠足でやってきたり、地元の人たちや観光客が訪れたりしています。スミス・カレッジの生徒は無料で入場できるので、スミスの学生たちも時々のんびりと過ごしたい時にこの美術館を訪れて美術鑑賞 diary40.gif



(写真:古代の美術品)

以前は6000点ほどだった美術品も現在では25000点くらい所有しています。しかも展示品の詳細を見ているとこの大学の卒業生が寄贈したものがたくさんあるので、この大学の卒業生たちの裕福さが何となく想像できたりします。


smithArt03.jpg


ボストン美術館などと比べれば当然のことながら規模が小さいですが、ウエスタン・マサチューセッツ(マサチューセッツ州西部)にあるということもあっていつでものんびり美術鑑賞が楽しめるところが良い点でしょう。入館料は大人$5で学生は$3。ボストンから日帰りのドライブでこちらの方へ遊びに来た時にはおすすめです。


smithArt09.jpg

美術館の開館時間:
火曜日から土曜日:午前 10時~午後4時
日曜日: 正午~午後4時

毎月第2金曜日:午前10時~午後8時(午後4時以降は入館無料)

スミス・カレッジ美術館オフィシャルサイトへ


1クリックで当ブログの応援おねがいしま~すdiary19.gif  人気ブログランキングへ


Cedar Chest -ノースハンプトンの雑貨店-

2008.03.18 Nohoエリア
テストやレポートの波を無事に乗り越えて、やっと春休みに突入。一週間だけ、ちょっとのんびり出来そうballoon_06.gif なぜ控え目に「ちょっと」なのかというと、春休み明けにいきなりテストがあるから。どっぷりと春休みに寛げないところがちょっと悲しい。

それでも来週にはイースターということもあって、Noho (ノースハンプトンのことを略して地元の人たちはこう呼ぶ)もすっかり春らしくなってまいりました。春らしい天気につられて、午前中にダウンタウンをお散歩。

まずはダンキン・ドーナッツでヘーゼルナッツ・コーヒーを購入した後、コーヒー片手に街をぶらぶら。

Noho は小さな街ですが、意外と感じのいい商品を扱うお店が沢山です。散歩の途中でもうすぐ誕生日を迎えるhubbyの誕生日カードを買いに Cedar Chest へ。Thornes Marketplace の中にあるこのお店、雑貨や化粧品を扱っています。

bag


やはり春だからか、花のプリントの可愛いバッグなどが売られていいたり、イースターだからうさぎのグッズや卵のグッズが売られていたりで、見ているだけでも楽しめます。

dish


そして、キッチンに飾ったら可愛いようなお皿も発見!

最後に誕生日カードも無事購入してお店を後にしました。

Thornes Marketplace のサイトはこちら

Ceder Chest
150 Main St.
Northampton, MA

Store Hours:
M-W: 10am-7pm
Th-Sat: 10am-9pm
Sun: 12pm-5pm

今日も1クリックで応援おねがいしますdiary32.gif 人気ブログランキングへ


季節の風物詩 ーNorthampton 冬編ー

2007.02.12 Nohoエリア
2月に入ってからノースハンプトン(Northampton)では最高気温が氷点下の日が続いています。おかげで、恐ろしい事に最高気温が2℃だったりする日には「今日は比較的暖かい」と思ってしまうほどです。どうやらこの地域の冬は毎年これくらい寒いらしく、大学の敷地内にある池(Paradise Pond)が今週末からスケートリンクとして解放されました。


(写真:寒さでしっかり凍ってしまった大学の池 - パラダイスポンド)

初夏から晩秋まではカヤックなどを楽しめるこの池が、冬にはスケートリンクと化してしまうとは・・・ 残念ながらスケート靴を貸してもらえる場所はないので、スケート靴を持っていないとここでのアイススケートは楽しめないようですが、地元の人たちや大学の在校生の中にはこの季節のためにスケート靴を持っている人たちも多いらしく、週末には大学生や親子連れでスケートリンクは賑わっていました。


iceskate02.jpg
(写真:アイスホッケーやアイススケートを楽しむ学生達)

ノースハンプトンは都会のボストンとは異なり、自然に囲まれた小さな町なのでのんびりと過ごすには良い環境です。ボストンからも車で約2時間程度なので、ボストニアンが週末にこの地域を訪れることもしばしばあるようです。ボストンに暮らしているなら、一度くらいこの地域に足を伸ばしてみるのもいいかも。

1クリックで今日も応援おねがいしますdiary33.gif  人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。