スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンリー・ルイス・ゲイツ Jr

2010.10.11 イベント
週末の夜に Harvard Bookstore で Henry Louis Gates Jr. 氏のトークがあったので hubby と一緒にお出掛け。ヘンリー・ゲイツはハーバード大学の W. E. B. Du Bois Institute for African and African American Research のディレクターを務めている教授で、African American Lives や Faces of America などのドキュメンタリー番組の他、メディアにも多く登場しているのでアメリカではよく知られている教授です。

    crimson01.jpg
           ハーバード大学のキャンパス

トークまでに暫く時間があったので、まずはハーバード大学のキャンパスを散歩。この日は天気も良く暖かかったからかハーバード大学のキャンパスの芝には椅子が置かれていて、学生や地元の人たちがのんびり腰掛けて本を読んだりお喋りしていました。

    crimson03.jpg
           ヘンリー・ゲイツ Jr 氏

今回のヘンリー・ゲイツ Jr 氏のトークは新著 "Faces of America: How 12 Extraordinary People Discovered Their Pasts" の出版にあたって開催されたのでゲイツ氏は「どうして系図学に興味を持つようになったか」や「どのような経緯で PBS で放映された著書と同名のドキュメンタリーを制作することになったか」などについて楽しく語ってくれました。

"Faces of America" はアカデミー女優のメリル・ストリープの系図やチェリストのヨーヨー・マ、そして日系アメリカ人のクリスティ・ヤマグチほか多数の著名人の系図をたどっていくドキュメンタリーを本にしたものなのでその昔にアメリカへ渡って来た人たちの物語を知ることが出来て面白いです。

トーク後に参加者から「オバマ大統領の系図をたどる機会があると思いますか?」と質問されたゲイツ氏は「逮捕される前だったらその可能性もあっただろうけど、逮捕されちゃった僕にオバマ大統領が系図をたどる機会を与えてくれるとは思えないね。」と答えたので、参加者は爆笑。
*ゲイツ氏は今年の夏にマサチューセッツ州ケンブリッジの自宅で泥棒と間違われて逮捕されてしまったことから、事態がオバマ大統領まで巻き込む人種差別問題へと発展してしまった。

テレビで見るゲイツ氏とは違って実際のゲイツ氏はとてもウィットに富んだ魅力的な人。今回のイベントに参加できて良かったです。

おまけ:こうしてメディアに頻繁に登場するような人物のトークに気軽に参加できるのもやっぱりハーバード大学や MIT をはじめとする大学が多く集まっているこのエリアならでは。ボストンではサイエンスから政治、経済までアカデミックな著名人に会う機会はふんだんにあるので、そういう分野に興味がある人には便利な街です。


Henry Gates Jr 氏のサイトへはこちらから
PBS で放映されたドキュメンタリー、"Faces of America with Henry Louis Gates, Jr" のサイトへはこちらから


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


Henry Louis Gates Jr. 氏の著書とDVD:

      



スポンサーサイト

大統領も好きなハンバーガー店

2009.08.26 食関連のお店
先日 New England Patriots の練習を見学するためにジレット・スタジアムへ出掛けた時に、ランチで Five Guys というハンバーガー・ショップへ立ち寄りました。ニュースでワシントンDCにあるお店にオバマ大統領がランチを買いに行ったことが報道されて以来、Five Guys はすっかり有名に。おかげでジレット・スタジアムに併設されたショッピング・モールの中にある Five Guys も人気があるようです。

関連英文記事:
Obama makes another cheeseburger run

関連ブログエントリー:
トレーニング・キャンプ見学
1ランク上の映画鑑賞
Gillette Stadium -ニューイングランドのフットボール・ファンが集う場所-




今回は普通サイズのベーコン・チーズ・バーガー (hubby)、小さいサイズのチーズ・バーガー(私)、と大きいサイズのフライド・ポテトを注文。ここは注文を受けてからハンバーガーの調理を始めるので、いつでも出来立てが出てきます。

出て来たハンバーガーですが、小さいサイズでも食べきれないほどのボリュームでした。フライド・ポテトもカップから溢れるほどの量をポテト用のカップを紙袋に入れてから更に足してくれるので、大きいサイズのポテトは二人で半分食べるのがやっと。

トッピングが自由なため、グリルしたマッシュルームやタマネギ、新鮮なレタスやトマトを入れてもらったハンバーガーは、とても美味しかったです。さすがに大統領がわざわざ買いに出掛けるだけのことはあります(笑)。Five Guys はマサチューセッツ州だけでなく他の州にもお店があるので、大統領が好きなバーガーを試してみたい方はオフィシャル・サイトからお店を探して行ってみて下さい。

Five Guys のオフィシャル・サイトへはこちらから

応援よろしくお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ

オバマ大統領のミュージックビデオ

アメリカの芸能ニュース番組、Entertainment Tonight でも紹介されたオバマ大統領のミュージックビデオ - といってももちろん大統領が歌っているのではありません。 オハイオ州出身の Iman Crosson (芸名 Alphacat) がオバマ大統領に扮して歌っているビデオが YouTube でブレーク中なのです balloon_06.gif


ビヨンセのヒット曲 "Single Ladies (Put a ring on it)" の曲に乗って軽快に踊り歌うオバマ大統領のビデオや、 T.I. のヒット曲 "Whatever You Like" でラップを披露するオバマ大統領など、楽しい物まねを見せてくれています。中でも "Whatever You Like" の替え歌はこの数ヶ月で300万アクセスを突破したりして、注目の的。



こちらはビヨンセの "Single Ladies" のパロディ


First black prez
Aint that nice,
Im in the highest office thats right!
Now I can do whatever I like
Now I can do whatever I like
yeahhhh
という歌いだしで始まるこのパロディ曲。ビデオでは歌詞が表示されているので英語の聞き取りに少々自身がなくても大丈夫です。曲調がキャッチーなので歌詞を覚えてしまえば簡単に口ずさんでしまえそう。





雑誌 New York のオンラインの記事によると、Iman はマンハッタンでウェイターとして働きながらオバマ大統領の物まねの練習を積んだそう。その甲斐あってインターネット上ではサタデーナイトライブや Mad TV で他のコメディアン達がするオバマ大統領の物まねよりも Iman の物まねの方が似ていると評判になり、メディアも彼の物まねを取り上げ始めましたballoon_90.gif


ETonline.jpg  NYmag.jpg
写真:サイトに掲載されている Iman の記事


ET Online に掲載されている関連記事はこちらから
New York に掲載されている関連記事はこちらから


メディアが取り上げたことでまたまた Iman の知名度は上がるでしょうね。また新しいオバマ大統領ネタを企画しているとテレビで本人が言っていたので、近いうちにYouTube で新作が見られるかも。



こちらがベースとなっている T.I. のWhatever You Like


応援よろしくお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ

何やってんだか・・・

2009.01.24 アメリカ生活
メリルリンチの元最高経営責任者 (CEO) だった John Thain 氏は、メリルリンチがバンク・オブ・アメリカ (BofA) に吸収合併された後、BofA でグローバル・バンキングなどの責任者として働く予定だったのですが、どうやら BofA を退職したクビになったようです。

クビになった理由としては、第四半期にメリルリンチが154億ドルの損益になったことや社員数を削減する傍ら会社の資金を使って、自分のオフィスを新装したことなどが挙っています。 2008年後半に損益が膨れ上がったメリルリンチを救うためにアメリカ政府が資金(つまり国民から徴収した税金)を投入したというのに、個人のオフィスを新装している場合じゃないですよね。

しかも新装に費やしたお金は何と120万ドル(日本円でおよそ1億2000万円)です balloon_78.gif 倫理観が欠落してる気が・・・ どうやったら個人のオフィスの内装に120万ドルもかかるのか不思議だったのでちょっと詳細を調べてみました。

Bloomberg.com によると、この巨額な内装費には以下のような物が含まれています:

オバマ大統領の就任後、ホワイトハウスの内装を手掛けることでも有名なインテリア・デザイナー、Michael Smith 氏にデザイン料として837,000ドル(同デザイナーはホワイトハウスの内装は100,000ドルで請け負っているらしい)

絨毯に87,000ドル

テーブルに68,000ドル

呆れて何も言えません。



写真:バンク・オブ・アメリカを退職することになったセイン氏(Photo by ロイター)。


セイン氏は2008年の暮れにも「私のおかげでメリルリンチが BofA に吸収合併されることで、メリルリンチの株主への損失を食い止めた」という理由で1000万ドルのボーナスも請求していましたが、その時も国民や政治家などの間からはブーイングがあがっていました。

いつになったらセイン氏は自分の金銭感覚と世間の金銭感覚にはグランドキャニオン規模のギャップがあると気付くのでしょう。→ 「一生気付かない」 に一票


diary19.gif1クリックでブログの応援をおねがいします   人気ブログランキングへ

Steven Chu - エネルギー省長官 -

2009.01.23 アメリカ生活
オバマ大統領に指名されてアメリカ合衆国エネルギー省長官となったスティーブン・チュー博士は、1997年にノーベル物理学賞を受賞した物理学者として有名。 2007年の初夏にボストン大学の卒業式に出席したのですが、その時のゲスト・スピーカーがこのチュー博士でした。 その当時は物理学に全く興味のない私はチュー博士の存在を知らず、彼が壇上に立ってスピーチを始める前までは「つまらないスピーチだったらどうしよう・・・」と不安でした。 で、いざスピーチが始まってみると実はとても謙虚で気さくな博士だということが判明。 スピーチの内容は彼がノーベル物理賞を受賞するまで、成績優秀な家族に囲まれて肩身の狭い思いをしたという彼の苦労話を面白おかしく語ったものでした。



チュー博士が地球温暖化について語るビデオ。チュー博士の英語はとても聞き取りやすいので、英語の勉強にも使えます。


2007年のボストン大学の卒業式でチュー博士は名誉博士号を与えられたのですが、「ボストン大学から名誉博士号を授与されたのは嬉しいけれど、これから頻繁にボストン大学から同窓生として寄付をお願いしますという手紙が届くようになったらどうしよう」とコメントして、卒業式に出席した人たちを笑わせたりしてとても面白い博士というイメージがあります。

その卒業式でのスピーチ以来、新聞の記事などでチュー博士の名前を見かけるたびに記事に目を通したりしていましたが、2008年末にオバマ氏がエネルギー長官としてチュー博士を指名するというニュースを聞いた時にはびっくり。 やっぱり機会がある時はつべこべ言わず、色々なところに顔を出してスピーチを聴いたりするのは大切ですね。

diary19.gif1クリックでブログの応援をおねがいします   人気ブログランキングへ


Moving Moment

2009.01.21 アメリカ生活
20日は多くのアメリカ国民が待ちに待った新大統領就任式。 

先週の土曜日あたりからワシントンDCはすでにお祭りムードだったのですが、今日の就任式でいよいよお祭りムードもクライマックスを迎えたと言った感じ。 20日の午前11時頃から始まった大統領就任式には推定で200万人の観衆が集ったと言われていますが、全米のあちらこちらで自宅や勤務先、または学校で就任式の中継を見た人たちを合わせると記録的な人数になると思います。

ちなみに過去の大統領就任式の中で観衆が一番多かったのはリンデン・ジョンソン大統領の就任式で120万人、ブッシュ前大統領が2001年に大統領に就任した時には50万人でした。 


inauguration04.jpg
(写真:ノースハンプトンのダウンタウンも新大統領就任でお祝いムード)


我が家も午前中にやらなくてはいけない用事をさっさと済ませて帰宅したあと、オバマ新大統領の宣誓やスピーチ、パレードまでしっかり見ました(こんなにテレビを見たのは久しぶり)。 オバマ大統領は国民の心をつかむスピーチを行うことで有名なので、就任式でのスピーチにも期待していましたが、やはり期待を裏切らない良いスピーチだったと思います。 特にオバマ大統領のスピーチの中でほんの60年ほど前なら一般のレストランで飲食もままならなかった父親を持つ一人の人間が、今日アメリカ大統領として人々の前に立っていることを喚起させる部分(”why a man whose father less than 60 years ago might not have been served at a local restaurant can now stand before you to take a most sacred oath”)では、就任式のためにDCの中心部に集まった人たちから歓声が沸き上がっていました。


inauguration01_20090121084117.jpg
(写真:DC中心部に集まった人たち。 Photo by The Boston Globe)


就任式の後でブッシュ前大統領がヘリコプターでDCの中心地から飛び立ったのですが、ブッシュ前大統領を乗せたヘリコプターに気付いた観衆が "na na na na, na na na na, hey hey hey, good-bye" と大合唱を始めたのには笑ってしまいました。 この大合唱は野球やバスケットボールの試合の時に相手チームがボロ負けしていてそのチームのファンが落胆して帰り始めると、勝っているチームのファンがよく歌い始めるフレーズなので聞いたことがある人ならすぐ解るはず。 ここまで嫌われた大統領というのも珍しいですよね。


inauguration02_20090121084131.jpg
(写真:ホワイトハウスへ移動する途中で車から降りて観衆に手を振る新大統領とファーストレディ。 Photo by The Boston Globe)


夜は大統領就任式の一連のイベントとして開催される舞踏会がありましたが、史上初の一般市民も招いての舞踏会となりました。バラック・オバマとミッシェル・オバマが大統領と大統領夫人として初めて踊るダンスの曲をビヨンセが歌ったり、メリー・J・ブライジやマルーン5、アリシア・キース、マライア・キャリーなど豪華メンバーが出演。

アメリカの新しい時代の幕開けを感じることの出来る、一日となりました。



バラック・オバマ大統領、就任式のスピーチを聞きたい方はこちら


応援よろしくお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ



オバマ大統領のスピーチを読みたい方は下のリンクからこのエントリーの続きをご覧下さい
Moving Moment... 続きを読む

Atkins Farmsでお買い物

2009.01.20 Nohoエリア
18日は雪が降っていたので家でのんびり過ごしましたが、家にばかりいると身体がなまってしまうので今日(19日)は運動不足解消のためにジムへ。 しかし先週サボったのがいけなかったようで、ちょっと運動しただけですぐクタクタになってしまいました。 なんとか頑張って elliptical を20分、筋肉トレーニングとストレッチをしましたが、もっとまめにジムへ通います(反省)。

elliptical.jpg
(写真:ジムへ行くと必ず利用するマシン、elliptical)


ちょうどサラダや他の食材を切らしてしまったので、ジムの帰り道に新鮮な食材が揃う Atkins Farms へ寄ることに。 アトキンス・ファームズはボストンの近郊にある Wilson Farms (関連記事はこちら) や Russo's のような感じのお店です。 アトキンス・ファームはウエスタン・マサチューセッツで100年以上リンゴ園を運営しているということで、お店のロゴにはリンゴが使われています。




さすがにリンゴがロゴに使われているだけあって、いつ行ってもリンゴが売られています。

atkins04.jpg
(写真:可愛らしいバスケットに入ったリンゴ。)

このお店は飲食コーナーがあるので、ここのサラダバーやデリ、ベーカリーなどで買ったものを直ぐに食べることも出来ます。ちなみにここのデリのサンドウィッチは美味しいですよballoon_06.gif


atkins02.jpg
(写真:ナチュラルな雰囲気の店内。)


ここのベーカリーのコーナーはいつ行っても美味しそうなケーキやクッキーなどが並んでいて、誘惑に負けそうになるのですが、今日はデコレーションケーキのケースを覗いてみたらなんと以下の写真のようなケーキがありました。


             ↓




             ↓




             ↓


atkins03.jpg
(写真:今が旬のオバマ・ケーキ。 Yes we can! )

いよいよ明日に控えた大統領就任式を祝うのにもってこいのケーキです。 でもなんだか新大統領の顔にナイフを入れるのには抵抗があるなぁ・・・ Hubby は「マケインを支持していた共和党の人たちなら何の抵抗もなくナイフを入れられるんじゃない?」と言っています。


Atkins Farms のサイトへはこちらから


ワンクリックでこのブログを応援して頂けると、と~っても嬉しいですdiary11.gif 人気ブログランキングへ

新しい時代の到来

2009.01.17 イベント
1月20日はバラック・オバマ新大統領の就任式。悪夢のような8年間だったブッシュ政権ともこれでお別れ balloon_92.gif "Hey, hey, hey, good bye ♪"とつい歌ってしまうほどこの日を楽しみにしていました。

以前のエントリー(そのエントリーへはこちらからどうぞ)でワシントンDCで行われる就任式についてふれましたが、実は就任式にちなんだイベントはワシントンDCだけでなく至る所であるようで、もちろんボストンでもたくさんのイベントが催されます。

capital

それではここで、ボストンのローカル紙 (Boston Globe) でも取り上げられているイベントをいくつか紹介しますね。

その1: リーガル・シーフードでは44代大統領にちなんで、20日はクラムチャウダーが何と44セントで食べられるそうです(注:アントレを注文した場合に限るらしい)。
詳細をリーガル・シーフードのサイトで確認したい方はこちらから。

その2: ケンブリッジの UpStairs on the Squareでは朝の8時から閉店までイベントがいっぱい!午前8時から10時まではコーヒーとスウィーツが無料でふるまわれるほか、ランチタイムには "Inaugural bailout luncheon special"というコース・メニューが楽しめたり、夜にも特別コース・メニューが用意されています。
イベントの詳細はこちらから

boston3


その3: Harvard Book Store では午前11時30分から就任式の中継を約60人収容可能な "Inauguration Room" で見ることができます。さらにシャンパンとミモザが無料で配られる予定。
イベントの詳細はこちらから

番外編: ケンブリッジにあるレストラン dante は就任式の前夜(つまり19日の夜)に"Arrivederci Bush!" (イタリア語で「さらばブッシュ!」)というイベントがあって、"bailout punch" と"Yes we can punch"という2種類のドリンクが特別メニューとして登場します。
dante のサイトへはこちらから


私も就任式当日は大学の大きなスクリーンで就任式を見る予定。余談ですが、先日大学の書店に立ち寄ったら、マケイン人形がセールのコーナーに置かれていました。オバマ人形は売り切れたようです。売れ残ったマケイン人形、いつになったら売れることやら・・・


1クリックでこのブログの応援をおねがいしますdiary18.gif 人気ブログランキングへ


今月の大イベントといえば・・・

2009.01.02 イベント
今年アメリカで行われる大イベントの1つといえば、今月20日に行われる 「バラック・オバマ大統領就任式」 balloon_90.gif

世界中が注目する大統領就任式のための準備はワシントンDCで着々と進んでいるようです。


(写真:オバマ氏が宣誓を行う開場の準備風景。Photo by Presidential Inaugural Committee


inauguration02.jpg
(写真:全体の開場の準備風景はこんな感じ。Photo by Presidential Inaugural Committee)

Presidential Inaugural Committee のサイトで発表されている大統領就任式および関連行事のスケジュールによると、オバマ氏は17日(土)にフィラデルフィア市から列車に乗りワシントンDCへ移動します (フィラデルフィア市はアメリカ民主主義発祥の地とされているので、そこからワシントンDC入りするということらしい) 。

そして18日(日)と19日(月)にワシントンDCのエリアでの色々なイベントに参加したあと、就任式当日を迎える予定。

就任式は現地時間の午前10時頃から始まるようですが、宣誓の時にはリンカーン大統領が就任式宣誓で使用した聖書を使用(日本語の関連記事はこちら)。

lincolnBible.jpg
(写真:リンカーンが宣誓の時に使用した聖書。Photo by Presidential Inaugural Committee


式で演奏される音楽はアメリカ軍のバンドの他、スターウォーズのテーマ曲などの作曲で有名なジョン・ウィリアムス氏、チェロ奏者のヨーヨーマ、歌手のアレサ・フランクリンなどが担当します。

かなり豪華な顔ぶれが揃うことまちがいなしの今回の就任式ですが、ワシントンDCではそろそろ就任式ムードも高まってきているようで、公共交通機関の記念パスの発売も開始されました(記念パスのサイトはこちらから)。← ブッシュ大統領就任式の時にこのようなパスが発行されなかった気がする・・・

metroCard.jpg
(写真:公共交通機関の記念パス。オンラインでも購入可能。)


2004年にボストンで行われた民主党大会の時に初めてオバマ氏の存在を知った時、彼のスピーチを聴いて思わず 「あっ、将来のアメリカ大統領だよ」 と言ったのを今でも鮮明に覚えていますが、まさか4年後に本当に大統領になってしまうとは! 正直、かなりびっくりです。

オバマ氏は数々の名演説で知られているので、就任式での演説もかなり期待してしまいます balloon_01.gif

1クリックで今日も応援おねがいしますdiary21.gif  人気ブログランキングへ


Yes we can!

2008.11.06 アメリカ生活
11月4日は大統領選だったので、何とも緊張感漂う1日でした。何と言っても今回はアメリカ史上初のアフリカン・アメリカンの大統領が誕生するかもしれないという、歴史的な大統領選となったので通常の大統領選以上にアメリカ中が注目する選挙となりました。

私も朝からニュース番組でアメリカ各地の投票状況を時おり確認しながら過ごして、夜はテレビの前で投票結果をじっと待つ事に。もう、選挙でこんなに緊張したのは初めてです(しかも日本人の私にはアメリカでの投票権はない)。

私が一番心配したのは、選挙当日になって多くの投票者が「やっぱりオバマはアフリカン・アメリカンだから」という理由でマケインに投票したらどうしよう、という点。アメリカでは人種差別は遠い過去の出来事ではなくて、今でも根強く残っているのです。


(写真:大統領選の翌日、ふと空を見上げたらとても綺麗な夕焼けでした。)

で、結果はというと・・・オバマ氏当選!
オバマ氏の当選が確実になったというニュースを聞いて、hubby と一緒に大喜び。まるでクリスマスとお正月が一気にやって来たような気分でした。興味深かったのは、「候補者の人種は投票をするかしないかを決めるのに重要だ」と答えた投票者の 50% 以上がそれでもアフリカン・アメリカンのオバマ氏に投票したということ。アメリカの今の経済状況を考えると「候補者が白人かどうか」と言ってる場合ではない、といったところでしょうか。

obama.jpg
(写真:大統領選翌日の新聞。)

大統領選直前の週末には大学のキャンパスで学生ボランティアを動員して、各候補者のために電話でキャンペーンをするイベントがあったり、大統領選の当日には大学のキャンパスからは投票所へ行くシャトル・バスが運行されたり、夜には大統領選の開票結果を見るイベントが開催されて、学生たちも積極的に参加した大統領選となったので、翌日は多くの学生が寝不足に。

オバマ氏が44代目のアメリカ大統領として活動を開始するのは来年の1月20日です。新しい大統領のもと、アメリカではどんな出来事が起こるのか楽しみです。

1クリックで今日も応援おねがいしますdiary21.gif  人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。