スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の図書館

2009.11.18 アメリカ生活
以前にもこのブログに書いたことがありますが、今セメスターは理系のクラスを受講しています。せっかく受講しているのだから本来なら真面目に勉強したいところですが、仕事を終えてから予習や復習をしようとすると家では「あ、ちょっとリビングの片付けをしなきゃ・・・」とか「夕飯の支度をしなきゃ・・・」とか勉強以外のことに目が行ってしまって集中出来ません。

そんなある日、たまたま hubby が仕事で遅くなる日があったので、仕事の後にボストン大学の図書館へ行って勉強することにしました。職場を後にして大学の図書館に到着したのは午後6時ちょっと前。夕食の時間帯だからそんなには混んでいないだろうと思っていたのですが、図書館の中は1階も上の階も学生でいっぱい。

 


図書館のフロアを奥へと進んであまり人が居ない場所に席を見つけて早速勉強を始めたのですが、睡魔が襲ってきて全然集中できません。サンクス・ギビングが近づいて来ているのでこのところ仕事が忙しいからなのか、テキストを読み始めて1ページも読み終えないうちに zzzz...  睡魔と格闘すること数時間。けっきょく勉強はあまり進まないまま・・・diary36.gif


でも多くの学生に囲まれて過ごした図書館での数時間に、久しぶりに学生気分が味わえた気がします。図書館の1階のフロアのグループ勉強が出来るようになっている場所に設置されているホワイトボードにはクエン酸回路が書いてあって、それを見ながらクラスメイトと一緒に細胞学を勉強した時のことを思い出しましたdiary43.gif


1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary32.gif  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

近ごろの学費

出勤途中に駅の構内でピックアップした Boston Metro。 この新聞はフリーペーパーで、しかもある程度のニュースはカバー出来てしまう便利な新聞です。

 
 フリーペーパーの Boston Metro

11月4日付けの Boston Metro のトップニュースはボストン市長のメニーノが5回連続の当選を果たしたというニュースだったのですが、そんな市長のニュースよりも気になったのは以下の記事。

 metro.gif

マサチューセッツ州の大学費用が高額に達したことを報じています("Bay State" はマサチューセッツ州の愛称)。大学関係者のための情報誌、the Chronicle of Higher Education によると、マサチューセッツ州にある私立校9校の年間の学費(寮費や諸経費含む)が $50,000 (およそ¥500万)に達したというのですdiary41.gif

その中でも一番高額なのはボストンの郊外にあるタフツ大学で何と $51,088 (約¥510万) 。全米でも20番目に高額な大学に輝いたようです。

そして学費がおよそ年間¥500万になるマサチューセッツ州の大学残り8校は、Boston College、Mount Holyoke College、 Hampshire College、Smith College、Bard College、 Babson College、 Boston University、 Franklin W. Olin College of Engineering 。さりげなく私の母校も名を連ねていました(笑)。どうりで近ごろ母校から頻繁に「大学に寄付を・・・」という手紙が届くはずです。中流家庭でも子供の教育に4年間で¥2000万もポンっと払うのは難しいでしょうからね(我が家には無理な金額です)。



 chapin
     今回の記事で学費が高い大学の一つとして取り上げられたスミス・カレッジ

こういった学費が高い大学は卒業生などから集められた寄付金の一部が助成金に使われるので、大学に合格していざフタを開けてみると政府からの助成金や大学からの助成金のおかげで生徒が実際に負担しなければいけない学費は半減またはそれ以上に軽減されることがよくあります。そういったアメリカの大学のシステムのおかげで、あまり裕福ではない家庭の生徒でも高い私立校に行くことが可能になっているのですよね(→ 該当者談)。


1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary32.gif  人気ブログランキングへ



 



気になる英語7

2009.09.10 英語学習
最近ではアメリカでも atheist (無神論者) の増加が顕著なようですが、我が家は夫婦揃ってクリスチャン。特に hubby はぐーたらな私とは異なり、聖書の色々な句をスラスラと言えるくらい。それなので我が家は時々ボストン大学のキャンパスの近くへ行くことがあると、ボストン大学のチャペルへ立ち寄って二人でお祈りをすることがあります。ボストン大学の神学部といえば、キング牧師が博士号を取ったことで有名なだけあってチャペルもとても綺麗です。



写真:ボストン大学のチャペルのステンドグラス


さて、アメリカではクリスチャンだけでなく、一般的にも知られている略語に" WWJD" というのがあります。これは "What would Jesus do?" (キリストならどうする/したか?) という文句の頭文字をとったもの。ニュースの見出し(例:WWJD on health care )として登場したり、テレビドラマや映画の中でも登場することがあるくらい。クリスチャンの人たちが色々な場面に遭遇した時に、キリストの教えに従った行動を取ることが出来るように注意を促す言葉が一般にも広まった結果なのでしょう。

1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary32.gif  人気ブログランキングへ


ボストン大学の書店

大学の書店で売られているTシャツ類はデザインが頻繁に替わるので、セールになる商品も豊富です。今回はジムで着るTシャツやショーツを手に入れるために、ボストン大学の書店へ行ってきました。ボストン大学の書店は、グリーンラインのケンモア駅 (Kenmore) を出て直ぐのところにあります。

citgo.jpg
Citgo の看板を目指して行くと、ボストン大学の書店は簡単に見つかります

最近はアメリカでも環境に優しいライフスタイルが浸透してきたので、大学のTシャツのデザインにもリサイクルマークをあしらって環境保護を意識したものも。他には大学のロゴが入ったものや、マスコットのボストンテリアのキャラクターがプリントされたりと色々。

buBookstore.jpg

今回はラルフ・ローレン製の大学のロゴ入りのポロシャツまで売られていました。ボストン大学の書店で売られている大学関連の衣類は、ハーバード大学や MIT (マサチューセッツ工科大学)の書店で売られている衣類よりもおしゃれ度が高い気がします。だからボストン大学の出身でもないのに、ついついボストン大学のTシャツとかを買ってしまうんですよね(笑)。

ralph.jpg
ボストン大学のロゴが袖の部分に入った、ラルフ・ローレンのポロシャツ


以前にイェール大学へ立ち寄った時には、 Tommy Hilfiger製の大学のロゴ入りシャツも見ました。そういう点ではアメリカの大学は上手にファッション・ブランドと提携していますね。

関連記事:
大学の書店

1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary22.gif  人気ブログランキングへ



旅立ちの日

5月になると全米のあちらこちらの大学では卒業式があります。実は私の大学でも今週末に卒業式がありました。でも、およそ半年前に卒業して既に働き始めてしまった私は今頃になって「あぁ、やっと卒業できた♪」といった達成感もすっかり薄れてしまったので、卒業関連の行事には一切参加しないで終ってしまいました。


graduation.jpg


自分の卒業式の日だったというのに、普通の週末を過ごした我が家。ちょっと用があったので、日曜日のお昼過ぎにボストン大学の近くを通りがかったら、卒業のガウンに身を包んで嬉しそうに家族や友達とキャンパスを歩いたり記念写真を撮ったりしている卒業生たちの姿を目撃しました。

嬉しそうな卒業生たちの姿を見て、こちらまで嬉しい気分に。

大学や大学院を卒業された(またはこれから卒業式がある)皆さん、卒業おめでとうございます!


関連記事:
卒業シーズン到来

1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary24.gif  人気ブログランキングへ


Steven Chu - エネルギー省長官 -

2009.01.23 アメリカ生活
オバマ大統領に指名されてアメリカ合衆国エネルギー省長官となったスティーブン・チュー博士は、1997年にノーベル物理学賞を受賞した物理学者として有名。 2007年の初夏にボストン大学の卒業式に出席したのですが、その時のゲスト・スピーカーがこのチュー博士でした。 その当時は物理学に全く興味のない私はチュー博士の存在を知らず、彼が壇上に立ってスピーチを始める前までは「つまらないスピーチだったらどうしよう・・・」と不安でした。 で、いざスピーチが始まってみると実はとても謙虚で気さくな博士だということが判明。 スピーチの内容は彼がノーベル物理賞を受賞するまで、成績優秀な家族に囲まれて肩身の狭い思いをしたという彼の苦労話を面白おかしく語ったものでした。



チュー博士が地球温暖化について語るビデオ。チュー博士の英語はとても聞き取りやすいので、英語の勉強にも使えます。


2007年のボストン大学の卒業式でチュー博士は名誉博士号を与えられたのですが、「ボストン大学から名誉博士号を授与されたのは嬉しいけれど、これから頻繁にボストン大学から同窓生として寄付をお願いしますという手紙が届くようになったらどうしよう」とコメントして、卒業式に出席した人たちを笑わせたりしてとても面白い博士というイメージがあります。

その卒業式でのスピーチ以来、新聞の記事などでチュー博士の名前を見かけるたびに記事に目を通したりしていましたが、2008年末にオバマ氏がエネルギー長官としてチュー博士を指名するというニュースを聞いた時にはびっくり。 やっぱり機会がある時はつべこべ言わず、色々なところに顔を出してスピーチを聴いたりするのは大切ですね。

diary19.gif1クリックでブログの応援をおねがいします   人気ブログランキングへ


卒業シーズン到来

アメリカは卒業式のシーズンです。この時期になるとボストン・コモンにも突如卒業式のための白いテントが出没したりして、ボストニアンは 「あぁ、今年も卒業の季節かぁ」 なーんて思ったりするのです。

lawn02.jpg

卒業式といえばどこの大学でもその年のゲスト・スピーカーが気になるところ。ここでちょっとだけ、今年の卒業式の日にちとゲスト・スピーカーのラインアップをご紹介。

5月18日
ボストン大学:ボストン・レッドソックス CEO、 Larry Lucchino (ラリー・ルッチーノ)
        ↑ 去年はノーベル賞を受賞した物理学者、
           Steven Chu (スティーブン・チュウ) で、とても楽しい
           トークだった。

5月19日
ボストン・カレッジ:歴史学者の David McCullough (デイヴィッド・マックロー)

エマソン・カレッジ:MTV社長の Doug Herzog (ダグ・ハーゾッグ)

6月3日
プリンストン大学:医師/人類学者の Paul Farmer (ポール・ファーマー)

6月5日 
ハーバード大学:ハリーポッターの著者、JK Rowling (JK ロウリング)

6月6日
マサチューセッツ工科大学:ノーベル平和賞受賞者、Muhammad Yunus (ムハマド・ユヌス)

6月15日
スタンフォード大学:タレントの Oprah Winfrey (オプラ・ウィンフリィ)


こうやってゲスト・スピーカーを比べてみるとその年のそれぞれの大学のトレンドのようなものが感じられます。ちなみに有名校は卒業式に参加する人たちの人数が半端ではないため、チケットがなければ参加できないようになっています。


2008年のゲスト・スピーカー関連の本



1クリックで今日も応援おねがいしますdiary16.gif  人気ブログランキングへ


季節の風物詩 - ボストン大学 春編 -

ちょっと用があって今週末はボストンで過ごすことに。ノースハンプトンから車で約1時間30分で無事到着。でも学期末のため完全に勉強から逃れる訳にもいかず、ボストン大学で勉強していました(笑)。

ボストンマラソンが開催される頃になるとボストンも春らしい日が多くなるのですが、この週末は良い天気で気温もそれなりの暖かさ。やっぱり春ですね。

bu02.jpg
写真:チャールス川沿いでジョギングやローラーブレイドを楽しむ人々

一年を通してチャールス川沿いではジョギングやサイクリングを楽しむ人たちを見かけますが、やはり春から秋にかけてはもっと多くの人たちで賑わいます。でも、チャールス川沿いには自動車専用道路のストロー・ドライブが川と平行して伸びているので、チャールス川沿いでのジョギングが健康に良いかどうかはわかりません。


写真:チャールス川 (左端) に沿って伸びている ボストン市内の自動車専用道路 (中央)、ストロー・ドライブ

マーティン・ルーサー・キング牧師の出身校として有名なボストン大学のキャンパスは、このストロー・ドライブ (Storrow Dr.) に沿って広がっています。上の写真の右側に芝で覆われた土手が見えますが、この土手の向こう側がボストン大学の敷地の一部。暖かくて天気の良い日には学生たちが日光浴を楽しむ姿を見かけます。

bu01_20080421104201.jpg
写真:ボストン大学の敷地の芝で日光浴を楽しむ学生たち。芝の向こう側にはストロー・ドライブとチャールス川を眺めることができる。

bu05_20080421113940.jpg
写真:どこもかしこも日光浴をする学生たちでいっぱい

ボストン大学は2005年にアメリカで最も健康的な大学として第3位に選ばれたこともあるので、この大学の学生たちはスタイルの良い学生が多い。しかもここの大学のジムでは学生たちがせっせと運動に励んでいます。そんな彼らの姿を見ていると「あ、私もジムにもっと通わなくちゃ」と焦ってしまう。




にほんブログ村 海外生活ブログへ

人気Blog Rankingへ
1クリックでこのサイトの応援をお願いしま~すdiary02.gif

ボストンの学費事情

2007年の12月にハーバード大学 (Harvard University) が 「今後ファイナンシャルエイドで生徒の学費をカバーする金額を大幅に増やす」と発表したので、家族の収入が$120,000~$180,000だとすると家族の収入の10%に相当する金額を支払えば、残りの学費は大学側がファイナンシャルエイドでまかなってくれるようです (注:このシステムが留学生に適用されるかは不明)。しかも家族の収入が$60,000以下だと、ファイナンシャルエイドで全額カバーしてくれます。

それでは気になる来年度(2008ー2009)のハーバード大学の学費ですが、授業料、寮費などを含めて$47,215。ここに本代だとか健康保険料などを含めると結局$50,000程度。親にとっては4年間で約2000万円の投資です diary41.gif




ハーバードの約$47,000は高額だけど、実はボストンとその周りにある私学はどこも同じような金額で、2007-2008年度の学費は以下の通り:

ボストン大学 (Boston University) $46,368
ボストンカレッジ (Boston College) $47,394
タフツ大学 (Tufts University) $46,860
マサチューセッツ工科大学 (MIT) $45,386
ノースイースタン大学 (Northeastern University) $44,159

公立のマサチューセッツ州立大学 (University of Massachusetts) はというと、マサチューセッツ州出身の生徒の場合で$17,195、その他の生徒は$25,418。私学の学費を見た後にこの金額を見ると、安く感じてしまう・・・

ところで、カリフォルニア州立大学はその昔、授業料がタダだった時代もあるようです。古き良き時代だったのですね diary43.gif


今日も1クリックで応援おねがいしますdiary02.gif 人気ブログランキングへ


ボストン大学の新しいフィットネス・センター

2005年4月1日から Boston University (ボストン大学)の新しいフィットネス&レクリエーション・センターがオープンです。 昨年のサンクスギビングから先日のイースターまで、ご馳走を頂く機会が多かったので、今まで蓄積された皮下脂肪を燃やしに行ってきました。 それにしても、さすがは高い授業料をぼったくる請求する大学だけあって、このフィットネス・センターの設備は充実しています。

brock.jpg

エアロビ・マシンや筋力トレーニング用のマシンが100以上あるフィットネス・エリアの他、ロック・クライミング用の壁、競泳用プール、レクリエーション・プール、ダンス・スタジオ、ラケットボールのコート(4面)、ジョギング・トラック、バスケットボールのコート(4面)、そして多目的コート(バスケットボール・コート3面分ある)。

bcafe.jpg

ストレッチをしたあと、ステップ・マシンを10分、エアロ・バイクを10分で身体を温め、Hubby とラケット・ボールをしましたが30分で二人ともバテ気味。 夫婦揃って完全に運動不足です。

何だかんだ言いながら、フィットネス・センターで2時間過ごしました。 夏休み中も色々な講座がここで開講されるので、機会があれば講座もとってみようと思います。 それにしても、明日は確実に筋肉痛でしょうね(汗)。

bcourt.jpg

写真は1番上から、センター入り口近くにあるロック・クライミング用の壁。次は、センターの中にあるヘルシー・バー。スムージーやその他の飲み物、スナックなどが売られています。3つ目はバスケットボール・コート。コートの上階は、コートの周りを走るような感じでジョギング・トラックになっています。

Boston University Fitness & Recreation Center公式サイト

PS:4月3日の日曜からアメリカではデーライト・セービング(夏時間)が始まりますね。アメリカにお住まいの皆様、土曜の夜は寝る前に時計を1時間進めることをお忘れなく。


diary16.gif下のボタンをポチッと押して応援して頂くと、励みになります
  ↓
人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。