スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game of Thrones

アメリカでは人気ケーブル・チャンネルの HBO で2011年の4月から放映されている、George R.R. Martin 原作の長編小説をドラマ化した Game of Thrones (小説の邦題は「七王国の玉座」)。日本でも2013年の1月からスター・チャンネルで放映されるようですね。

gt01.jpg

Game of Thrones のシーズン1は原作本の第1部がドラマ化されたもので、アメリカでは予想以上の大ヒットになりました。おかげでシーズン1がアメリカで放映される前後には原作本を読む人が増えて、ボストンの図書館でもこの本の貸し出しは50人以上待ちの状態だったり、私のように原作本を購入する人も続出したようで本の売り上げも再び伸びたりして話題になりました。

原作がどれほど長編かというと、小さいフォントにも関わらずおよそ800頁!
ハリーポッターが長編だと思ったら大間違いです。設定はロード・オブ・ザ・リングをもっとダークにした大人のためのお伽話とでも言った感じ。George R. R. Martin は表現がゆたかで、森の風景やそれぞれのキャラクターの風貌などを簡単に想像することができます。また小説自体はそれぞれのキャラクターで章が分かれていて話が進んで行くようになっていて、キャラクターの思いや考えに結構な頁が割かれています。もちろんファンタジーものには欠かせないドラゴンも登場しますよ!

ドラマだけでもじゅうぶん面白いですが、個人的には原作本はもっと面白いと思います。日本では字幕や吹き替え版に頼らなくてはいけなくなってしまうので、はたしてヒットするでしょうか。


Winter is coming!:

  
  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

The Hobbit

hobbit03.jpg

先日の金曜日(12月21日)で仕事納めだったので、この週末はのんびりと映画を観に行きました。今回観たのは日本でも同時公開となった "The Hobbit: An unexpected journey" diary48.gif  J.R.R. Tolkien 原作のファンタジーは大人のファンが多いので、予想通り子供よりも大人の観客の方がずーっと多かったです。

「ロード・オブ・ザ・リング」のシリーズを観た時な原作本を読まないで映画だけ観てしまったので、「ホビット」は原作を読めるところまで読んでから観ることにしました。おかげで映画館で「ホビット」の上映を待つ間も原作を読み続けるはめに・・・

       hobbit01.jpg


  


原作は子供のためのファンタジーなので戦いのシーンなどは詳細には語られていないのですが、映画はどちらかといえば大人向けに作られているので「ロード・オブ・ザ・リング」のシリーズ同様、戦いのシーンに時間が割かれています。
そもそも原作の「ホビット」は「指輪物語」と異なり、ストーリーが短いので、原作の中では詳細に語られていない部分を映画の中ではある程度詳しく触れないと3部作ではなくて、1作で終わってしまいますからね。

魔法使いやドラゴン、妖精などが登場するファンタジーが好きな人には楽しい映画だと思います。また「ロード・オブ・ザ・リング」のファンならお馴染みのキャラクターが登場するので、やはり見逃せない映画です。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ



The Girl with the Dragon Tattoo -ミレニアム・シリーズ-

読書の秋だから・・・という訳ではないのですがラボ仲間が貸してくれた小説を読み始めました。

The Girl with the Dragon Tattoo という名の小説で、アメリカでベストセラーになっているのでご存知の方も多いと思います。日本でもミレニアム ドラゴンタトゥーの女というタイトルで翻訳本が出版されているよう。

"It happened every year, was almost a ritual. And this was his eighty-second birthday. When, as usual, the flower was delivered, he took off the wrapping paper and then picked up the telephone to call Detective Superintendent Morell who, when he retired, had moved to Lake Siljan in Dalarna..."
(The Girl with the Dragon Tattoo)

というプロローグでゆっくりと物語が始まって行くのですが、そのうちどんどんと思わぬ方向へとストーリーが展開して行くので、気付けば読むのを止められないくらい面白いdiary50.gif





ヨーロッパでは既に映画化までされているくらい人気の作品で、ハリウッド版もダニエル・クレイグがジャーナリストの Mikael Blomkvist 役で映画化の話が進んでいるようで楽しみ。

こういう読むのが止められないくらい面白い本のことを英語で page-turner というけれど、まさにその表現がぴったりな本です。ただどんどん先へと読み進めたくなる page-turner には1つだけ大きな問題が・・・話の行方が気になって他のことに集中できません diary51.gif

もうすぐ中間試験があるのだけれど大丈夫だろうか。


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ





The Girl with the Dragon Tattoo -ミレニアム・シリーズ-... 続きを読む

ヘンリー・ルイス・ゲイツ Jr

2010.10.11 イベント
週末の夜に Harvard Bookstore で Henry Louis Gates Jr. 氏のトークがあったので hubby と一緒にお出掛け。ヘンリー・ゲイツはハーバード大学の W. E. B. Du Bois Institute for African and African American Research のディレクターを務めている教授で、African American Lives や Faces of America などのドキュメンタリー番組の他、メディアにも多く登場しているのでアメリカではよく知られている教授です。

    crimson01.jpg
           ハーバード大学のキャンパス

トークまでに暫く時間があったので、まずはハーバード大学のキャンパスを散歩。この日は天気も良く暖かかったからかハーバード大学のキャンパスの芝には椅子が置かれていて、学生や地元の人たちがのんびり腰掛けて本を読んだりお喋りしていました。

    crimson03.jpg
           ヘンリー・ゲイツ Jr 氏

今回のヘンリー・ゲイツ Jr 氏のトークは新著 "Faces of America: How 12 Extraordinary People Discovered Their Pasts" の出版にあたって開催されたのでゲイツ氏は「どうして系図学に興味を持つようになったか」や「どのような経緯で PBS で放映された著書と同名のドキュメンタリーを制作することになったか」などについて楽しく語ってくれました。

"Faces of America" はアカデミー女優のメリル・ストリープの系図やチェリストのヨーヨー・マ、そして日系アメリカ人のクリスティ・ヤマグチほか多数の著名人の系図をたどっていくドキュメンタリーを本にしたものなのでその昔にアメリカへ渡って来た人たちの物語を知ることが出来て面白いです。

トーク後に参加者から「オバマ大統領の系図をたどる機会があると思いますか?」と質問されたゲイツ氏は「逮捕される前だったらその可能性もあっただろうけど、逮捕されちゃった僕にオバマ大統領が系図をたどる機会を与えてくれるとは思えないね。」と答えたので、参加者は爆笑。
*ゲイツ氏は今年の夏にマサチューセッツ州ケンブリッジの自宅で泥棒と間違われて逮捕されてしまったことから、事態がオバマ大統領まで巻き込む人種差別問題へと発展してしまった。

テレビで見るゲイツ氏とは違って実際のゲイツ氏はとてもウィットに富んだ魅力的な人。今回のイベントに参加できて良かったです。

おまけ:こうしてメディアに頻繁に登場するような人物のトークに気軽に参加できるのもやっぱりハーバード大学や MIT をはじめとする大学が多く集まっているこのエリアならでは。ボストンではサイエンスから政治、経済までアカデミックな著名人に会う機会はふんだんにあるので、そういう分野に興味がある人には便利な街です。


Henry Gates Jr 氏のサイトへはこちらから
PBS で放映されたドキュメンタリー、"Faces of America with Henry Louis Gates, Jr" のサイトへはこちらから


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


Henry Louis Gates Jr. 氏の著書とDVD:

      



The Town

2010.10.04 Bostonと映画
2010年秋の話題作となっているベン・アフレック監督/主演の映画 "The Town" を観に行ってきました。この映画はボストンが舞台となっていて実際に撮影もボストン・エリアで行われていたので、ずーっと気になっていた映画だったんですよ。

関連ブログ・エントリー:
映画撮影ラッシュ

       

あらすじ:ボストンの Charlestown というエリアで生まれ育った主人公、ダグは銀行強盗団のリーダー。彼が率いる銀行強盗団は鮮やかな手口で強盗を繰り返していた。しかしある強盗がきっかけでダグは銀行のマネージャーとして働くクレアと出会い銀行強盗団から足を洗おうと決心するが・・・


    taun02.jpg
       この映画の原作者、チャック・ホーガン氏


ベン・アフレックの初監督作品 "Gone Baby Gone" と同様にボストンの労働者階級を主人公にしているこの映画、とても良い作品に仕上がっています。それにボストンで暮らしている(または暮らしたことがある)人なら映画の色々なシーンで「あっ、これノース・エンドだ!」とか「おっ、ケンブリッジ」などといった楽しみ方もできます。

この映画の原作となっている "Prince of Thieves" の著者、チャック・ホーガン氏もマサチューセッツ州 Canton 出身でボストン・カレッジ卒というローカルな方なのでボストンが舞台となっているのも納得。

チャック・ホーガン氏のオフィシャルサイトへはこちらからどうぞ

    taun03.jpg
        Charlestown Navy Yard からの眺め

おまけ:映画の中でベン・アフレック演じるダグと彼の幼馴染み役を演じるジェレミー・レナー(アカデミー賞作品 "The Hurt Locker" で主役を演じた俳優)が喧嘩をするシーンがあったのですが、そのシーンで登場する墓地がボストンのどこにあるか解ってしまった hubby と私は、自分たちのローカルさに笑ってしまいました。


diary14.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ  人気ブログランキングへ



Chuck Hogan の本:
   


アリアーナ・ハフィントン

2010.09.19 イベント
ボストンの隣街ケンブリッジでアリアーナ・ハフィントン (Arianna Huffington) が新著 "Third World America: How Our Politicians Are Abandoning the Middle Class and Betraying the American Dream" について語るというイベントが催されたので、平日の夜に hubby と一緒に出かけました。


    arhu01.jpg
         観衆から質問を受けるハフィントン氏
    

彼女が共同創立者となっている The Huffington Post は Time Magazine が 2009年度のベスト・ブログの1つとして挙げるほどアメリカでは有名なブログ。そして彼女自身もアメリカで政治に関心がある人ならば、共和党か民主党かを問わず誰でも1度くらいは彼女の名前を耳にしたことがあるほど有名です。さすがに彼女は人気があるので今回のイベントも満席で会場に入れなかった人もいたよう。

The Huffington Post をご覧になりたい方はこちらから
Time Magazine が選んだ2009年度ベスト・ブログ25をご覧になりたい方はこちらから


    huf.jpg
   政治から芸能ニュースまで幅広くカバーしている The Huffington Post


トークでは多くの政治家はロビイストから受け取る多額のお金によって操られてしまっている現状や、国民よりも企業を優先している政府に対して中流階級以下の人々が出来ることなど率直に語ってくれました。


     arhu02.jpg

トークの後でサイン会もあったのですが、写真撮影にも快く応じてくれたハフィントン氏。Hubby が大学院でお世話になった教授が The Huffington Post に時々コラムニストとして登場していることを伝えると「あぁ、彼女を知ってるの?あなたもコラムを投稿したらいいのに。」と言いながら、The Huffington Post のエディターの名刺を hubby に手渡してくれるほど気さくな人でした。


クリックして頂けると嬉しいです
   にほんブログ村 海外生活ブログへ




アリアーナ・ハフィントンを読む:



こんな日もある

私のラボでは今年は1月4日が仕事始めでした。2010年の最初の週はそんなにやることもないだろうと高を括っていたら大間違いで、2日目から本格的な実験開始。

実は1月7日の午後6時にケンブリッジで Atul Gawande医師の新著の出版を記念してのサイン会があったので、1ヶ月前からこのサイン会へ行く予定をしていました。ずいぶん前にこのブログでも紹介した通り Atul Gawande医師は Brigham and Women's Hospital で働く外科医で、医師としての自らの体験を綴った "Complications" と "Better" という本を出版しています。読みやすい文体で淡々と体験を通して自身が感じたことを語った前著を読んでから、どんな人なのだろう?と興味があったので、このサイン会はとても楽しみでした。

関連ブログ・エントリー:
Complications -ボストン関連の一冊-


 


木曜日も2日目から始まった実験が続いていたので、実験を予定の時間に終了させるために早朝から出勤して実験の準備も早々に済ませてお昼休みの直後から実験の続きを開始するつもりでした。しかーし!お昼休み直前になって実験に必要な培地が予定通りに配達されないことが発覚。この培地がないと実験が進められないのと実験を明日に持ち越すことができないため、急きょお昼休みを返上して培地が借りられないか他のラボを当たることに。

なんとか培地を調達して無事に実験を開始したのは予定の30分遅れ。時間の遅れを取り戻そうと必死に実験を進めましたが、実験が終ってラボを後にしたのはやはり予定より30分遅い午後5時半過ぎでしたdiary36.gif

おかげで楽しみにしていたサイン会の会場へ遅れて到着したので、会場は既に満員で中に入ることも出来ないまま帰宅することに。ちょっとへこみましたが、こんな日もあります。


Atul Gawande医師の本:

 





クリック1つでブログの応援おねがいしま~すdiary31.gif 人気ブログランキングへ


ハーバード大学の書店

Harvard Square にある The Harvard Coop Bookstore はハーバード大学のグッズやテキスト、一般書籍などを扱うお店で、入り口の赤い看板が目印。このハーバード大学の書店は2館あって、一般書籍の館とグッズやテキストなどを扱う館に分かれています。


 
Palmer Streetを挟んでグッズを扱う館と一般書籍の館が建っています


ハーバード大学のグッズを扱う建物には以前にこのブログで紹介したボストン大学の書店と同様に大学のロゴや大学のカラーになっている深紅色(crimson)のシャツや帽子、トレーナーやネクタイまで売られています。中にはRalph Lauren のポロシャツやTommy Hilfigerのポロシャツにハーバードのロゴが刺繍されているものまであるんですよdiary40.gif 大学のグッズの他にはボストンやケンブリッジのポストカードやお土産なども売られているので、大学のグッズ以外にもお土産として使えそうなものが色々と揃っています。

関連ブログ・エントリー:
ボストン大学の書店
スミス・カレッジの書店



 hshoten03.jpg hshoten04.jpg
やはりハーバード大学のカラーに指定されている深紅色(クリムゾン)を使ったグッズが豊富

 hshoten02.jpg
      大学のロゴが入った色々なデザインのマグカップ


そして一般書籍の館は1階から3階までフロアがあって、いつも人で一杯。2階のカフェではコーヒーを飲んだりサンドウィッチを食べながらラップトップでレポートを書いたり本を読んだりしている学生を見かけます。3階は理系の図書や医学書、GREなどの試験対策の本が置かれていますが、このフロアにはじっくりと本が読めるように所々に机や椅子が置かれているのでここでも学生らしき人たちが勉強するのに利用しています。



 hshoten05.jpg
          一般書籍のフロアはこんな感じ

       hshoten06.jpg
        一般書籍を扱う館の3階にある窓際の机


ハーバード大学の書店は一般書籍の品揃えも豊富でお目当ての本が探しやすいレイアウトなので気に入っています。


The Harvard Coop Bookstore のサイトへはこちらから


今日も応援おねがいしま~すdiary21.gif  人気ブログランキングへ

Smith College と読書

先週の日曜日からプロ・フットボールのシーズンが始まったため、今週は生活のリズムが狂ったまま。金曜日の夕方に「おぉ、やっと週末だ!」と思いつつ家に辿り着くと、家では大学から送られて来た同窓誌が待っていました。


写真:スミス・カレッジの同窓誌、Smith Alumnae Quarterly

スミス・カレッジの同窓誌は年に4回発刊されていて、今回送られて来たのは秋の号。今回の号ではスミスの卒業生が出版した本や、スミスの卒業生が中心人物として登場する本の紹介があったのは、やっぱり読書の秋だからでしょうか。

smith06.jpg
写真:スミス・カレッジのキャンパス

同窓誌の中で紹介されていた本は "Julie & Julia" や "Commencement" など。Julie & Julia は今年の夏にアメリカで公開となった同タイトルの映画の原作本。タイトルの一部になっている Julia Child (ジュリア・チャイルド)はスミス・カレッジの卒業生で、アメリカ初のセレブリティ・シェフとして長年アメリカ人の間で愛された人として知られています。

Commencement はスミス・カレッジの卒業生コートニー・サリバンのデビュー作で、スミス・カレッジが舞台になっているので、実際にこの大学へ行った人は違った楽しみ方が出来そうな本。早速、図書館で借りて読んでみようとチェックしてみましたが、ボストン私立図書館では100人以上の人がこの本の予約をしていることが判りましたdiary36.gif

いずれにしてもこの秋と冬は「スミス・カレッジ」をテーマに色々なジャンルの本を読んでみたいと思います。


1クリックで今日も応援おねがいしますdiary21.gif  人気ブログランキングへ



"Smith College" をキーワードに選んだ本いろいろ

  

  

 
人気ブログランキングへ diary25.gif クリックしていってね!




Gifted Hands

こんにちは♪ 

アメリカでは2月はアフリカ系アメリカ人の歴史月間 (African-American History month) に指定されています。 それだからかどうなのかは判りませんが、先日アフリカ系アメリカ人の医師、Ben Carson の自伝をベースにしたドラマ "Gifted Hands" が放映されました。 Ben Carson医師の役をキューバグッディングJr が演じたとても良いドラマだったので、早速同じタイトルの自伝を購入して一気に読みました diary43.gif



アメリカ在住でドラマをご覧になりたい方はこちらから次回の放映日時をチェック: 
Gifted Hands -Ben Carson Story- オフィシャルサイト


GiftedHands.jpg


デトロイトの貧しい地区で母親と兄との3人暮らしをするベニーは、学校では落第生で他の生徒に「勉強ができない」とからかわれる日々を送ります。そんなベニーの真の才能を信じて支え続ける母親のおかげで落第生のベニーが優秀な成績で高校を卒業し、その後イェール大学そしてミシガン大学の医学部へと進学した後、ジョンズホプキンス病院で小児神経外科医として数々の難しい手術を手掛ける名医になるまでを描いた物語。

ジョンズホプキンス病院はメリーランド州ボルティモアにある病院で、全米でもトップクラスの病院の一つとして有名。


カールソン医師の母親は小学3年生までの教育しか受けていなかったため読み書きもほとんど出来なかったにも関わらず、息子2人には「テレビは週に3番組まで。1週間に2冊は本を読むこと」というルールを作ってそれを徹底した芯の強い女性です。カールソン医師の自伝によるとジョンズホプキンス病院があるボルティモアの学校には今では Ben Carson Club があって、そのクラブの会員になった生徒は「テレビは週に3番組まで。1週間に2冊は本を読む。」というルールに従っているのだそう。


ベン・カールソン医師がどれくらい優秀かというと、33歳でジョンズホプキンス病院の小児神経外科部長、1987年(当時カールソン医師は36歳)には結合体双生児の分離手術で初めて無事に双生児を分離することに成功(それまではどちらかの双生児が亡くなるケースばかりだったようです)、2008年6月にはブッシュ大統領から民間人が大統領から受賞する賞の中では最高とされる、 Presidential Medal of Freedom を受け取っています diary40.gif


ジョンズホプキンス病院のサイトではカールソン医師のCV(経歴書)がダウンロードできるのですが、70頁にわたるCVには今まで受賞した賞の名前や彼が発表した研究などがずらーっと記載されていて、「目的をもって人生を歩んだ人はこれだけ色んなことが出来るんだなぁ」と感心してしまいました。

この自伝はアメリカ人なら小学校の高学年でも読めてしまえるくらいにシンプルな文体で書かれています。日本語訳本は出ていないようですが、あまり難しい単語や言い回しもないうえ読みやすい(1日で読めてしまいました)ので洋書でチャレンジしてみたい方はどうぞ。

1クリックでこのブログの応援をお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。