スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン美術館の Art of the Americas Wing

ボストン美術館の新館部分、Art of the Americas Wing がオープンしたことは昨日のブログエントリーでお伝えしたので、今日はそこに展示されている美術品の紹介です。

まずは1階のギャラリーに展示されている The Passage of the Delaware (Thomas Sully 作) 。ジョージ・ワシントンが白馬に乗った勇姿を描いた作品で、下の写真でも判るとおり縦およそ4m X 横およそ5m の大きな絵画です。

    

もとはノースキャロライナの州議事堂に飾る作品として描かれたのですが、作品が大きすぎて州議事堂には飾れなかったのだそう。この作品を新館のギャラリーに展示する作業行程は Boston Globe 紙のサイトで公開されているので興味のある方は見てみると面白いですよ。

Boston Globe の記事へはこちらからどうぞ:
MFA Installs 19-century Masterpiece

    mfaAmerica09.jpg

ギャラリーには銅像が所々にさりげなく置かれていて、大きなギャラリーの中心部分がガラーンとした感じにならないように配慮されています。またナイアガラの滝を描いた絵画がひとつの壁にまとめられていたり、絵画と一緒に家具と陶磁器が展示されていたり、インテリアの参考になりそうな工夫がいろいろ。


    mfaAmerica10.jpg
    絵画が生きるように額ぶちだけでなく壁紙から家具、
    陶磁器まで選んであって素敵な空間になっています


     mfaAmerica11.jpg
     ギャラリーの周りを囲む通路にも美術品が


ボストン美術館の入館料は大人$20ですがこの Art of the Americas Wing がオープンしたおかげで、$20 の入館料がますますお得になった感じがします。毎週水曜日の午後4時以降は入館料が無料なので、平日にちょっと散歩する気分でこの美術館へ遊びに行くのも良いですよね。


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

スポンサーサイト

大きくなったボストン美術館

ボストン美術館の新しいギャラリースペース、"Art of the Americas Wing"がついにオープンしたので、サンクスギビング前日に Hubby と一緒に見に行ってきました。

    
      メインエントランスと新館をつなぐギャラリー


ガラスをふんだんに使った新館部分はモダンなデザインでギャラリースペースにもところどころ自然光が入るようになっています。

    mfaAmerica01.jpg
     ブルーで表示されている部分が今回オープンした新館

新館は地下1階と地上3階の建物に53ものギャラリーを収容。地下1階は古代アメリカ、ネイティブ・アメリカンや17世紀、1階部分は18世紀から19世紀初期、2階部分のギャラリーにはジョン・シンガー・サージェントの絵画などが19世紀から20世紀初期の美術品、3階部分のギャラリーにはノーマン・ロックウェルの絵画やジョージア・オキーフの絵画を含むモダン・アートが展示されているので、上の階へと移動するにつれ時代を前進するというレイアウト。

    mfaAmerica08.jpg
 3階のギャラリーに設置されたインタラクティブパネルで遊ぶ子供たち

     mfaAmerica07.jpg
    美術館のメインの建物と新館の間には新しいカフェも登場


私たちが訪れたサンクスギビング前日の水曜日はコミュニティデーとして入館料が無料だったので、夕方近くの時間帯にもかかわらず新館部分は大人から子供まで多くの人で賑わっていました。

次回のエントリーで展示されている作品を少しだけご紹介したいと思います diary43.gif




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ



アヴェドン ファッション展

コロンバスデー(10月第2月曜日)はボストン美術館が無料開放になっていたので久しぶりに行ってみました。ボストン美術館での今回のお目当ては8月から開催されている Avedon Fashion 展。


    

アヴェドン氏は1940年後半から Harper's Bazzar や Vogue といったファッション雑誌のフォトグラファーとして活躍した人なので、彼の名前を知らなくても彼の作品を見て「あぁ、この写真どこかで見たことがある!」と思われる方も多いと思います。


    avedon01.jpg
    (C) Richard Avedon

彼の作品はエレガントなディオールのドレスを身にまとったモデルとゾウが一緒に写っている作品や、動き回るモデルの躍動感を捉えた作品など素敵な作品がいっぱい。そして1990年代からスーパーモデルとして活躍しているケイト・モスや女優のエリザベス・テイラーが被写体になっている作品からアヴェドン氏が長年に亘って活躍してきたフォトグラファーであることがわかります。

    avedon02.jpg


さすがにファッション関連の写真がたくさん展示されているだけあって見に来ているお客さんも女性が多かったですが、美しい女性の写真を楽しむ男性の姿もけっこう見かけました diary37.gif

普段はお洒落な格好をする機会が全くないのでファッションにそれほど関心がある訳ではないですが、それでもこういう素敵な写真を見ると目の保養になりますね。

この展示は2011年1月17日まで開催されているのでファッションに興味のある方や写真に興味のある方にはお薦め diary53.gif

ボストン美術館の "Avedon Fashion" のページへはこちらからどうぞ


おまけ:ボストン美術館の新館部分が2010年11月にいよいよオープン。そのオープンを記念して2010年11月20日(土曜日)はボストン美術館は入館無料になります。
新館オープン記念イベントのページへはこちらから


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ




リチャード・アヴェドンの写真集:

    


ミュージアム・デー

2010.09.13 イベント
何となく読んでいた雑誌の中で Museum Day の記事を発見! "Free" という言葉につられてその記事を読んでみると、9月25日(土曜日)に Smithsonian Magazine 主催の Museum Day が全米で展開されて、参加している美術館や博物館へ一世帯2人まで無料で行くことができるということのよう。

注:このブログ・エントリーは2010年の秋のものです。


早速 Smithsonian Magazine のサイトへ行ってみました diary37.gif ←「無料」という言葉に弱い


    


Smithsonian Magazine のサイトからは住所、氏名、メールアドレス、行きたい美術館または博物館を入力することで無料入場券がリクエスト出来るようになっています。


    mos1.jpg


このミュージアム・デーに参加しているボストンとその近郊にある美術館・博物館には、お馴染みの Museum of Fine Arts, Boston(ボストン美術館)、Museum of Science(科学館)、Boston Children's Museum (こども博物館)のほか、ハーバード大学の美術館など。


      fogg6.jpg


このイベントはマサチューセッツ州限定ではないので、他の州にお住まいの方もこの機会に地元の美術館や博物館で芸術の秋を楽しんでみてくださいね。


    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


Bowdoin College ーメイン州ー

8月後半になって雨の日が続いたニューイングランド。このまま今年の夏は終わってしまうのか・・・と残念に思っていたら、何と今週末から heat wave (3日連続 90℉以上の日が続くと heat wave になる)になる模様♪

ニューイングランドではこれが今シーズン最後の真夏らしい気候になるかも知れないので、週末を利用してメイン州まで出掛けることにしました。


    
        キャンパス内に建つ、美しいチャペル


せっかくメイン州まで出掛けるのだから・・・と、先ずは脚を伸ばして Brunswick にあるエリート校の Bowdoin College へ。ここは以前に AAA の記事に掲載されていた大学で機会があれば一度訪れてみたかった大学です(訪れてみたいキャンパス- Bowdoin College 編)。


    de03.jpg
          広々とした芝が広がるキャンパス


Bowdoin College は数々の著名人を輩出していて、知る人ぞ知る一流校の一つ。アメリカは大きいので日本では殆ど知られていない一流校が数々あります。私と同じ大学の出身で Massachusetts General Hospital で勤務しておられる医師とお話しした時に彼女の姪御さんがこの大学に在学中だと言っていたので、なおさら訪れてみたかったんですよね。


    de02.jpg
         キャンパス内にある重厚な造りの美術館


この大学がある Brunswick は人口2万人ちょっとの緑豊かな街で、とても良い環境です。キャンパスを訪れた時には大学の美術館へも行きましたが、古代ギリシャの陶器からイギリス人彫刻家のヘンリー・ムーアのデッサンや、サージェントの絵画などが展示されていて規模は小さいですが充実した美術館でした。


海岸沿いのメイン州の街へはボストンから Amtrak を利用して行くことが出来るのですが、その Amtrak の Downeaster 線が2012年頃には Brunswick まで開通するようなので、近い将来は「のんびり電車の旅」も可能になります。


Bowdoin College
5000 College Station
Brunswick, Maine
Official Website へはこちらから


1クリックでブログの応援おねがいしまーすdiary18.gif 
   人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


ニューポートの豪邸 -Marble House-

2009.12.14 アメリカ旅行
昨日紹介した The Breakers と同様、ニューポートにある豪邸で一般公開されている Marble House。この豪邸は The Breakers を建てた Cornelius Vanderbilt II の弟の William Kissam Vanderbilt が建てた夏の別荘で、1892年に完成しました。


 


この別荘は偉大なアメリカ人建築家として有名な Richard Morris Hunt が William Vanderbilt にお金で買うことができる最高の居住施設をデザインして欲しい、と依頼されて設計したものです。当時の金額で$11,000,000(およそ¥11億)をかけて建てられた別荘は外壁にも内壁にもふんだんに大理石が使われていることから Marble House(大理石の館)と名付けられました。


 marble01.jpg
     ゴシックの間に置かれたクリスマス・ツリー


この別荘の1階部分にある Gold Ballroom は名前のとおりゴールドが天井部と壁に存分に使われている広間。言葉では表現出来ないほど豪華な造りです。そしてベルサイユ宮殿のヘラクレスの間からインスピレーションを得てデザインされたというダイニング・ルームはアルジェリアから輸入された深いピンクの大理石にゴールドがあしらわれた壁で囲まれていて、こちらもため息もの。私たちが訪れた日はMarble House のゴシックの間(The Gothic Room)だけ偶然にも写真撮影が許されていたので、記念に写真を撮りましたdiary40.gif


 marble03.jpg
広い芝生の庭からの眺め。向こう岸には The Breakers (丘の上に建っている茶色い屋根の建物)が見えます。


これほどまでの贅沢な別荘を建てておきながら、Vanderbilt家の人々がここで過ごすのは1年のうちで夏の6~7週間だけだったそう。彼らが夏の別荘だった Marble House で冬を過ごすことはありませんでした。それなのでVanderbilt家がこの別荘を所有していた当時はこの別荘にクリスマスの飾り付けがされたことはなかったのですね。


 marble04.jpg
      庭の一画に建てられた Chinese Teahouse

 marble06.jpg
         庭から眺めた Marble House


このブログで紹介した The Breakersと Marble House を含む8軒の豪邸が The Preservation Society of Newport County によって保存されています。

Marble House
596 Bellevue Ave.
Newport, RI 02840

The Preservation Society of Newport Countyのサイトへ


クリック1つでブログの応援おねがいしま~すdiary31.gif 人気ブログランキングへ




ボストン美術館、秋のオープンハウス

2009.10.14 イベント



コロンバス・デーだった10月12日は、"Fall open house"ということでボストン美術館は無料開放されていました。ボストン美術館はボストンで暮らし始めてから何回も訪れていますが、展示品数が膨大な数なのでいつ訪れても楽しむことができます。


mfaopen02.jpg
ボストン美術館のメイン・エントランス

無料開放(通常は大人$20)されていたからなのか、それともいつも人気があるからなのか、午前中だというのに美術館の中は人で一杯!アフリカン・アートの展示室で展示品を見ながら絵を描く子供たちや、チャイニーズ・アートの展示室で仏像に見入るご年配の夫婦、John Singer Sargentの絵を鑑賞するバックパッカーなど、色々な人たちを引きつける美術の力って凄いdiary40.gif


mfaopen03.jpg mfaopen04.jpg

mfaopen05.jpg mfaopen07.jpg


私の今回の一番のお目当ては、特別イベントとして開催されたダンス・パフォーマンス。地元のダンサーの人たちによるラテン・ダンスは情熱的で、しばし肌寒いボストンの気温を忘れさせてくれました。


mfaopen06.jpg
地元のダンサーによるダンス・パフォーマンス


1クリックでこのブログの応援をおねがいしますdiary17.gif   人気ブログランキングへ




Peabody Essex Museum で海を楽しむ

この週末はボストンの北に位置する Salem という街にある美術館、Peabody Essex Museum へ行ってきました。ここは2003年にリニューアル・オープンした美術館で、いつもお世話になっている教授からも薦められていたので、一度行ってみたかった美術館です。


美術館の建物に入ると、吹き抜けの広場がある。


セーラムは1692年に魔女裁判があった場所なので今でも魔女の街として知られていて、Salem Witch Museum が有名ですが、今回は Salem Witch Museum へは行きませんでした。

pemMap.jpg
セーラムはボストンの北に位置しています。


この街は1800年代前半まではアメリカで最も重要な港街の一つだったようで、そのため Peabody Essex Museum には精巧に作られた船の模型や、海の風景画、船首像など海に関する美術品がいっぱい diary40.gif


pem06.jpg


海に関する美術品が集まっている展示室は、所々にカウチが置かれていたり、展示されているスケッチブックのそれぞれのページに描かれているスケッチの詳細を見ることができるように、コンピュータが置かれていたりして、来館者への配慮が見られます。


pem05.jpg
立派な船の模型。まわりは海の風景画で溢れている。

pem04.jpg
来館者のために置かれたソファとテーブル。ソファに腰掛けると、向かい側の壁の海の絵が楽しめるセッティング。

pem07.jpg
船のポスターをじっと見つめる可愛い女の子たち。


海に関する美術品に囲まれて気付いたのですが、「海」をテーマにしたコレクションで出来上がった空間は私にとってはとても気持ちいいです。寒い季節や曇り空の日なら、この美術館でいつでも海辺を散歩しているような気分が楽しめます。

Peabody Essex Museum
161 Essex Street
Salem, MA 01970-3783
Phone: 978-745-9500
開館時間:火曜から日曜の午前10時-午後5時(月曜祝日は開館)
サンクスギビング、クリスマス、元旦はお休み。
オフィシャルサイトへはこちらからどうぞ

1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary32.gif  人気ブログランキングへ



ノーマン・ロックウェル美術館

ボストンからマサチューセッツ・ターンパイク (Massachusetts Turnpike) を利用してマサチューセッツ州を西へ向かって移動すると、ニューヨーク州との境界のすぐ近くにストックブリッジという古き良きアメリカの風情を漂わせている小さな町があります。

この町をこよなく愛したのが、アメリカで最も愛されたイラストレーターとして知られるノーマン・ロックウェル。ロックウェルは50代後半から亡くなるまでこの町で過ごしました。そんなロックウェルに縁のあるこの町の中心地から2~3マイル離れた緑豊かな場所に、ノーマン・ロックウェル美術館 (The Norman Rockwell Museum) はあります。

nrm01.jpg


ノーマン・ロックウェル美術館はロックウェル自身が寄贈した原画をはじめ、彼が数々の作品を生み出したスタジオ、そして写真やファンレターなどの関連資料などを多く収蔵。5月から11月上旬までは美術館の敷地内に移築された彼のスタジオも公開されています。スタジオの中は彼が旅先で入手した品や彼が収集した美術本、そして絵筆やイーゼルなど、彼がスタジオとして使用していた時と同じ状態で保存されています。


nrm03.jpg
(写真:眺めの良い丘の上に移築されたロックウェルのスタジオ。)


ストックブリッジの辺りは自然に囲まれていて、小さな町が点在する環境の良い地域です。ロックウェルの世界を堪能するために機会があればドライブで一度は足を運んでみてください。


The Norman Rockwell Museum
9 Glendale Road, Route 183
Stockbridge, MA 01262
413-298-4100

休館日 - サンクスギビング、クリスマスと元旦

美術館のオフィシャルサイトはこちらから



応援よろしくお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ



ノーマン・ロックウェル関連の本



美術館で過ごす午後 -Smith College Museum of Arts-

2008.03.28 Nohoエリア
スミス・カレッジには大学が所有する美術品が展示されている Smith College Museum of Art があって、地元の小中学生が遠足でやってきたり、地元の人たちや観光客が訪れたりしています。スミス・カレッジの生徒は無料で入場できるので、スミスの学生たちも時々のんびりと過ごしたい時にこの美術館を訪れて美術鑑賞 diary40.gif



(写真:古代の美術品)

以前は6000点ほどだった美術品も現在では25000点くらい所有しています。しかも展示品の詳細を見ているとこの大学の卒業生が寄贈したものがたくさんあるので、この大学の卒業生たちの裕福さが何となく想像できたりします。


smithArt03.jpg


ボストン美術館などと比べれば当然のことながら規模が小さいですが、ウエスタン・マサチューセッツ(マサチューセッツ州西部)にあるということもあっていつでものんびり美術鑑賞が楽しめるところが良い点でしょう。入館料は大人$5で学生は$3。ボストンから日帰りのドライブでこちらの方へ遊びに来た時にはおすすめです。


smithArt09.jpg

美術館の開館時間:
火曜日から土曜日:午前 10時~午後4時
日曜日: 正午~午後4時

毎月第2金曜日:午前10時~午後8時(午後4時以降は入館無料)

スミス・カレッジ美術館オフィシャルサイトへ


1クリックで当ブログの応援おねがいしま~すdiary19.gif  人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。