スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたニューベリー・ストリートのヘアサロン

2009.10.21 お店紹介
近ごろ仕事をしている時にどうも髪が邪魔になるので「そろそろ髪を切りに行かないとダメかなぁ・・・」と思っていたら、ボストンのお得情報満載のサイト Buy With Me でニューベリー・ストリートのヘアサロンでヘアカットが$35というクーポンの販売を見つけたので即購入。予約をして久しぶりにヘアサロンへ行きました。

関連ブログ・エントリー:
髪を切ってリフレッシュ
ニューベリー通りでヘア・モデル体験


nbsalon01.jpg
The Salon の入り口

今回のヘアサロンは The Salon at 10 Newbury というお店で、名前のとおり 10 Newbury St. にあるビルの2階にあります。土曜日の午前中だというのに私が到着した時にはお店は既に満員。前に行ったことがある Will Charles Salon と比べてちょっとお店が小さめで混み合っています。


boston27.jpg

私のカットを担当してくれたのは Christopher というスタイリストさんで、何人ものスタイリストの見習いを抱えている人。Christopher さんとは会ってすぐに波長が合う気がしたので、「必要な時に束ねられるだけの長さを残してくれたら後はお任せします」と注文しました。乾いた髪を切ってヘアスタイルを完成させて行くドライ・カッティングのスペシャリストなので、ローブに着替えて鏡の前の席に着いたら、そのまま髪をぬらすことなくヘアカット開始。

Christopherさんのドライ・カッティングはストレート・アイロンで髪をまっすぐに伸ばしながらヘアカットを進めて行くというテクニックですが、濡れた髪を正確にカットするのが上手くなってからでないとドライ・カッティングは出来ないのだそうです。

アイルランドの珍道中の話を聞きながらおよそ30分でヘアカット完了。髪の量が多いので髪をすくだろうと思っていたら、何と髪のボリュームを長所として生かすために毛先をストレートにカットして、厚みをもたせた秋らしいスタイルにしてくれました。

今回のカットはかなり満足なので、暫くはこのサロンへ通うことになりそうです。

The Salon at 10 Newbury
10 Newbury Street
Boston, MA 02116
Phone: 617-247-4900
お店のサイトへはこちらから

私のヘアを担当してくれた Christopher さんのサイトへはこちらから

1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary33.gif  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

スポーツファンは男性ばかりじゃない

2009.09.30 お店紹介
先日のブログ・エントリーで、友人と一緒にファニュィル・ホールへ行ってウィンドウ・ショッピングを楽しんだとお知らせしましたが、そのファニュィル・ホールで気になるお店を見つけました。

ショッピングを続ける友達を待ちながら外でのんびりと写真を撮ったりして過ごしていた時に、ふとそのお店のショー・ウィンドウを見てみるとニューイングランドの人たちにはお馴染みのロゴが・・・



ショー・ウィンドウにはレッドソックスやセルティックス、そしてパトリオッツのロゴを使った T シャツやスウェットなどのカジュアル・ウェアが並んでいたのです!・・・と、これだけなら別に他のスポーツ店などと同じなのですが、何とこのお店は女性服専門。

関連ブログ・エントリー:
週末のショッピング
フットボールのシーズン
ボストンのスポーツ・ファン -野球編-
Gillette Stadium -ニューイングランドのフットボール・ファンが集う場所-

中をのぞいてみると、レッドソックスのロゴをあしらったチョーカーや、昔のパトリオッツのロゴをあしらったヴィンテージっぽいデザインのジャケット、小さなセルティックスのロゴが胸の部分にあるスウェットの上下セットなど、他のスポーツ店では見たことがないような良いデザインの商品で一杯diary02.gif


lucy01.jpg

「他のスポーツ店や、フェンウェイやジレット・スタジアムにあるファンのお店にはどうしてもうちょっとお洒落なデザインのカジュアル・ウェアがないんだろう?」と以前から思っていたので、女性スポーツ・ファン向けのこんなお店があることが判って良かったです。スポーツ観戦が好きなのは男性だけじゃないですからね。

次回は hubby と一緒に来て、ここで何か買ってもらおうっと!

lucy02.jpg

Lucy's League
Fanuil Hall Marketplace
North Market Building 1st Floor
Tel: 617-248-3986

1クリックでこのブログの応援おねがいしますdiary16.gif  人気ブログランキングへ

楽しい Sowa Open Market

2009.06.10 お店紹介
サウスエンドの一画にある SoWa と呼ばれるエリアでアンティーク・マーケットが毎週日曜日に開催されていると前回のエントリーでお伝えしましたが、このアンティーク・マーケットが開催されているトロリー車庫の外ではオープン・マーケットも開催されています。

こちらもアンティーク・マーケット同様、毎週日曜日に開催。晴れた日には夏の青空の下、オープン・マーケットの白いテントがいくつも並びます。お店はアーティストがデザインしたTシャツのお店をはじめ、アクセサリーのお店、ハンドバッグのお店、ナチュラル・スキンケアのお店など。

sowa01.jpg


ウィンドウ・ショッピングのつもりで見て回ったのですが、アーティストがデザインしたイヤリングや使いやすいサイズのハンドバッグ、ヒップなデザインのTシャツ・・・と欲しい物が続出 diary53.gif


関連エントリー:
新しく始まったアンティーク・マーケット

sowa06.jpg
一つ一つ手でエッチング加工されたグラス類

ガラス製品を扱うお店では夏らしいカジュアルなワイン・グラスを発見。 Hubby がぶきっちょで簡単に繊細なグラス類は割ってしまうのでワイン・グラスはあきらめましたが、思わずグラスと同じパターンの花瓶をオーダーしてしまいました(笑)。このお店のデザイナーさんがこのマーケットに再び出店するのは7月だということで、7月に花瓶を受け取りにまたこのマーケットに行く予定です。

sowa04.jpg
美味しそうなパンが並ぶお店


sowa05.jpg
可愛いタンクトップが並ぶお店

sowa07.jpg
ハンドバッグも夏らしいデザインのものが色々

次回このマーケットに行くまでコツコツお小遣いを貯めておいて、欲しいバッグなども買いたいと思います。滅多にショッピングしないので、たまには良いですよね。

6月14日には Boston Handmade というイベントがこのオープンマーケットで開催されて、ボストンやボストン近郊のアーティストの方が集まって彼らのオリジナル作品が並ぶようです。お時間のある方は行ってみると楽しいかもしれません。

Sowa Open Market
540 Harrison Avenue
Boston, MA
オフィシャルサイトはこちらから

毎週日曜日、午前10時~午後4時まで開催
2009年のマーケットは10月25日が最後の開催日です。

1クリックで応援おねがいしま~すdiary21.gif  人気ブログランキングへ


新しく始まったアンティーク・マーケット

2009.06.09 お店紹介
サウスエンドを散歩していると、"SOWA" という旗が掲げられたエリアがあります。このエリアは south of Washington Street in South End (サウスエンドのワシントン・ストリートの南側)に位置するので、"south of Washington St" を略してSoWaと名付けられたようです。

sowa.jpg


このエリアはギャラリーなども多くて、ボストンの SOHO のような場所。その SoWa でこの夏から毎週日曜日にアンティーク・マーケットが開催されるようになりました。


sowa02.jpg
レンガ造りの古いトロリー車庫に掲げられたこのサインが目印

レンガ造りのレトロなトロリー車庫の中に入ると、色々なアンティーク商品を扱うお店が並んでいます。ヴィンテージ物のドレスや、手頃な値段のアンティークなアクセサリー、繊細な刺繍が施されたリネンや、古いけれど可愛らしいぬいぐるみ、そしてアンティークの食器などがあって見るだけでも楽しいです。

sowa03.jpg
高い天井のトロリー車庫。日差しが強い日でものんびりお買い物ができます。

sowa08.jpg
インテリア雑貨が並ぶお店。

アンティークにはアメリカに来るまで興味がありませんでしたが、部屋のアクセントになりそうな雑貨や、良い雰囲気のアクセサリーなど、探せば掘り出し物がたくさん見つかりそうですよね。

sowa09.jpg
公共交通機関を利用する場合は、Park Street から出ている Dudley 行きのバス、Silver Line で Union Park のバス停で下車するのが便利。


この SoWa のエリアではアンティーク・マーケットの他にもオープン・マーケットとファーマーズ・マーケットがあります。オープン・マーケットの詳細は次回のエントリーで紹介します。

SoWa Antiques Market
540 Harrison Avenue
Boston, MA
オフィシャルサイトへはこちらから

1クリックでブログの応援おねがいしまーすdiary18.gif  人気ブログランキングへ


 

髪を切ってリフレッシュ

2009.05.25 お店紹介
しばらく髪を切っていなかったため毛先の痛みも気になりはじめたので、ニューベリー・ストリートにある美容室へ行ってきました。美容院へ行くのはボストンへ戻ってきてから初めて diary43.gif さらにボストンへ戻ってきてから、ニューベリー・ストリートへ行くのも久しぶりでした。

ニューベリー・ストリートには何件もの美容室があって美容室の競争が激しいエリアなのですが、ファッションブランドのお店やお洒落なカフェ、そしてレストランが並ぶファッショナブルなエリアということで、ここにある美容室の値段は高めです。

でも今回は偶然にも値打ちな値段でヘア・カットとトリートメントのサービスが受けられる機会があると知って、Will Charles Salon へ行ってきました。特別オファーは、カットとスタイリングの他にトリートメントと髪のツヤを出すグロス・シャインのサービスが込みで$65。通常価格ならばカット、スタイリング、トリートメントとグロス・シャインのコースは$145なのだそう。



お洒落なブティックが溢れる、ニューベリー・ストリート


お店は白を基調としたシンプルなデザインで、店内に入った瞬間に「あれ?ここ来たことある気がする・・・」と思っていたのですが、後で以前にこのブログで紹介した Runway Salon が閉店になって Will Charles Salon になったことを知りました(どうりでお店のインテリアを覚えている訳だ!)。

関連記事:
ニューベリー通りでヘア・モデル体験

newbury01.jpg
Will Charles Salon はこのビルの3階


受付の女性からはじまって、スタッフの方は皆さんとても感じの良い方ばかりでした。さらに印象的だったのは、グロス・シャインをしている時に待ち時間があったのでシャンプー台から立ち上がって移動しようとしていたところ、お店のオーナーの1人だという Billy さんがわざわざ私の所までやってきて自己紹介をしてくれた点です。

私のカットを担当してくれたのは Diane という可愛らしい女性でしたが、彼女がカットとスタイリングをほぼ完成させた時にも、Billy さんがやってきて私がそのヘアスタイルを気に入ったかどうかチェックしに来てくれました。ニューベリー・ストリートの美容室はリッチなお客さんに馴れているお店も多いので、常連のお客さん以外にはあまり対応が良くないお店も多いのですが、Will Charles Salon は初めてのお客さんも大切にするというのが伝わってきて、とても感じの良いお店でした。

肝心のヘアスタイルですが、「こんな感じがいいな・・・」というヘアスタイルの写真を2点見せた後、あとは私の顔の輪郭やら頭の型を考慮して一番会うスタイルに調整してもらうように注文。Diane さんは手際よく私の髪を切った後、丁寧にヘアスタイリングしてくれて、出来上がったスタイルはとってもゴージャスでしたよ♪ おかげでその日はとても気分よく1日を過ごすことができました。

ただいまプロモーションで Will Charles Salon のサイトにはカットまたはカラーリングが20%オフになるクーポンがあるので、試してみたい方はそちらを利用するといいと思います。

Will Charles Salon
11 Newbury Street, 3rd floor
Boston, MA
617-375-0002
営業時間:火曜 - 土曜 9am - 7pm
お店のオフィシャルサイトはこちら
お店のクーポンはこちらから
*割引は初めての方のみ有効のようです


1クリックで今日も応援おねがいしま~す diary08.gif  人気ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。