スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストンらしいホリデー・グッズ

2009.10.22 Wish List
ネットサーフィンをしている時に偶然見つけた The Jimmy Fund のオンラインストア。ボストンらしいデザインのホリデー・カードやホリデー・ギフトが売られているので驚きですdiary50.gif

どうやら常にアーティストの人たちからホリデー・グッズのデザインを募集しているようで、毎年異なったデザインのホリデー・グッズが登場しているよう。



グリーン・モンスターとサンタのデザインが可愛いキャンドル($20)

holidaygoods02.jpg
かなり細かいところまで再現されている、フェンウェイ・パークのグリーン・モンスターのオーナメント($20)

ホリデー・シーズンのオーナメントやキャンドルなどは、ボストンらしくてしかも可愛いデザインのものがあるのでちょっとしたギフトにも使えます。さらにグリーティング・カードもボストンらしいデザインのものがいろいろ!

私が狙っているのはボストンにちなんだキャラクター(ボストン・マラソンのランナー、セルティックスの選手、ダックツアーなど)で構成されているツリーのデザインのカード。カードの表には "On the twelfth day of Christmas, a Bostonian gave to me...12 marathoners running, 11 Pops a-playing, 10 Celtics leaping, 9 Sox a-swinging, 8 ducklings waddling, 7 Swan Boats swimming, 6 Revolutions kicking, 5 pots of baked beans, 4 quarters of Patriots, 3 speedy Bruins, 2 quacking Duck Boats, And 1 skater on the Common's Frog Pond." と書かれています。

holidaygoods03.jpg
ボストンにちなんだキャラクター満載のカード。 "Merry Christmas from Beantown (Beantown はボストンの愛称)"というメッセージも楽しい。

The Jimmy Fund は1948年に設立された財団で、ボストンにある Dana-Farber Cancer Institute をサポートしているので、このオンラインストアで売られている商品を購入することで、がん研究に貢献することができます。アメリカではホリデー・シーズンは "season of giving" と言われていて、家族や友達にプレゼントを贈るだけでなく チャリティ団体に献金したり物を寄付したりする習慣があるんですよね。

だから The Jimmy Fund のような団体からグッズを買ってプレゼントにするのって、良いアイディアでお勧めです diary43.gif

The Jimmy Fund のオフィシャル・サイトはこちらから

今日も応援おねがいしま~すdiary21.gif  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

ボストニアンが歩く理由

2009.10.04 Wish List
ボストンでは春から秋の終わりごろまでの週末に、ワークアウトの服装でグループで歩いたりしている人たちをよく見かけます。そういう人たちの多くは週末にどこかの団体が主催するウォーキングのイベントに参加している人です。


写真:グループでウォーキングンのイベントに参加する人たち

ウォーキングのイベントは殆どの場合チャリティのためで、主催する団体はがん研究の団体だったりエイズ撲滅を目的とする団体だったり、動物保護の団体だったりと色々。ウォーキングのイベントは多くの団体によって開催されているので、参加者は関心がある団体やスケジュールに合わせて参加出来るので便利です。

walk02.jpg
写真:ゴール地点に設置するゲートを運搬する人たち

walk01.jpg
写真:ウォーキングのイベントで配布されるTシャツを着た人

チャリティ目的のウォーキング・イベントに参加すれば、自分がサポートする団体を他の人たちにも知ってもらうことが出来るのと同時に運動不足も解消できるので、一石二鳥!ボストニアンと一緒にこんなウォーキング・イベントに参加するのも楽しいかもしれません。

ボストンで開催されるウォーキング・イベント:
The Walk for Hunger (Project Bread)
Jimmy Fund Walk
Walk for Animals (MSPCA)


1クリックで今日も応援おねがいしま~す diary08.gif  人気ブログランキングへ


Boys & Girls Club

2009.09.03 Wish List
今のラボで働き始めてから6ヶ月目に突入したので、毎日のリズムもすっかり出来上がりつつあります。この景気の悪い時にあっさりと就職して、しかも職場の環境にも非常に恵まれたので、ちょっとは社会の役に立とうと久しぶりにボランティアを始めることにしました。

これまでも大学生の時に Boston Cares というボランティア団体を通して単発のボランティア活動に参加したり、Big Sisters Org. を通して小学生の女の子の mentor をしましたが、今回は家の近所にある Boys & Girls Clubs of Boston で子供の宿題を手伝うことになりそうです。

関連ブログエントリー:
Big Brothers Big Sisters
Boston Cares

そんな訳で今日は仕事の後に Boys & Girls Clubs of Boston のオリエンテーションへ。今日のオリエンテーションの参加者は私も含めておよそ10名。学生や社会人とバックグラウンドも様々ですが、ボランティアとして活動する人たちが Boys & Girls Club of Boston だけでおよそ600人いるそうです。


BGC.jpg
Boys & Girls Clubs of Boston のオフィス


しかも Boys & Girls Clubs of Boston は Boys & Girls Club of America の傘下に入っているのですが、アメリカで最初に発足した Boys & Club はボストンの隣町の Charles Town にあるのだそう。さすがにアメリカで一番古い都市の一つといわれるボストン(とその近郊)だけあって、古くから続いているものが多いですね。

Boys & Girls Clubs of Boston でボランティアをしてみようかな・・・という方は、こちらからオフィシャル・サイトへどうぞ

ボストン以外のエリアにお住まいで、地元の Boys & Girls Club でのボランティア活動に興味のある方は、こちらから Boys & Girls Clubs of America のオフィシャル・サイトへどうぞ



1クリックでブログの応援おねがいしまーすdiary18.gif  人気ブログランキングへ


ボランティアの本いろいろ
    


ナンバープレートで地域に貢献

2009.03.02 Wish List
アメリカのナンバープレート(license plate)は州によってデザインが異なるので、どの州から来た車かが簡単に判るようになっています。

たとえばマサチューセッツ州のナンバープレートは上部に"Massachusetts"下部に"The spirit of America"と書かれたシンプルなデザインですが、フロリダ州のナンバープレートは中心部にオレンジの絵があったり、バーモント州のナンバープレートはグリーンのプレートに白い文字でヨーロッパ風。


maPlate.jpg    
マサチューセッツ州(左)とフロリダ州(右)のナンバープレート





さらに同じ州のナンバープレートでも特別なデザインのものがあるので、他の人とちょっと違ったデザインのプレートにしたい人は追加料金を払って特別なデザインのナンバープレートにしていますdiary40.gif


redsox.gif
レッドソックスのファンならこんなナンバープレート

マサチューセッツ州では特別なデザインのナンバープレートが10種類以上あって、普通のライセンスプレートを取得する時に掛かる手数料のおよそ倍の手数料を出せばちょっと違ったデザインのナンバープレートを手に入れることができるのですよ。 それに特別なデザインのナンバープレートの場合、取得の時の手数料の一部はチャリティに使われるようになっています。

レッドソックスのデザインのナンバープレートの手数料の一部は癌の研究に、クジラのデザインのナンバープレートの手数料の一部は自然保護に。だから人と違うプレートを取得する人はその地域に貢献もしているのですねdiary50.gif


NEplate02.jpg  cape.jpg
自然保護に関心のある人にはクジラのデザイン(左)。
ケープコッドの経済振興に関心のある人には海辺の風景のデザイン(右)。


ちょっとナンバープレートのデザインにこだわってみるのと同時に地域に貢献出来るなんて、良いアイディアだと思います。

マサチューセッツ州で特別なナンバープレートを取得したい方はこちらからどうぞ:
Massachusetts RMV- Ordering special plates


1クリックでこのブログの応援をおねがいしますdiary07.gif  人気ブログランキングへ


アメリカで車を運転する予定のある方にオススメの本


ピンクのバットと男気

2008.05.14 Wish List
先日のんびりとレッドソックス対ツインズ戦をテレビで観戦していた時のこと。

デイヴィッド・オーティズがバッターボックスに立った時に目にしたのは・・・

ピンクのバット!

どうやら2006年の母の日から恒例となっているこのバット。乳がんの研究財団への支援活動として、メジャー・リーガーたちが母の日に行われる試合の時にだけこのバットを使用するようになったようです。
pinkbat.jpg
(写真:母の日のこのシーズンに販売されるルイズヴィル・スラッガーのピンクのバット。販売金額のうち、$10が研究財団へ寄付される。)

この日の試合ではレッドソックスは惜しくも負けてしまいましたが、バッターボックスでピンクのバットを振る彼らはいつも以上に格好よかったです diary40.gif


ピンクのバットを購入したい方はこちらから

メジャー・リーガーのように、乳がんの患者さんたちをサポートしてみたい方は Avon が主催する Walk for Breast Cancer に参加してみるのも良いと思います。

1クリックでこのブログの応援をお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。