スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョギングの時の必需品 -その2-

2014.08.21 アメリカ生活
先日のエントリーで週に数回ジョギングをしているとお知らせしましたが、RockMyRun の他にジョギングの時に使用しているアプリがもう一つあります。

10K Runner というアプリで、こちらは徐々に10キロまで走行距離を伸ばすのを手伝ってくれるというもの。以前はネットで検索したトレーニング・メニュー (C25K) を参考に走っていたのですが、私は5キロどころか3キロも走ったことがないほどの初心者なので、走っている途中でタイマーを見ながら「2分走って、その後は3分歩く」などとやっていると、走ることに集中出来ません。

     

10K Runner と同じようなアプリは沢山あって5Kを目標としたものもあるのですが、せっかく走るんだったら10K まで走れるようになれたら良いな・・・と思ってこのアプリにしました。

この類いのアプリは、声で"Start running."とキュー出しをしてくれるので走りながらタイマーをチェックする必要がありません。また 10K Runner は RockMyRun や iTune で音楽を聴きながら使うことができます。

無事に5キロ完走出来るようになったらまたこのブログでお知らせしますね。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ジョギングの時の必需品 -その1-

2014.08.20 アメリカ生活
この秋にラボの仲間と一緒にランニングのイベントに参加することになったので、週に数回ジョギングをするようになりました。参加するイベントの走行距離は5キロ。

普段からジョギングをしている人たちにしてみたらたったの5キロなのでしょうけれど、距離にかかわらず走るのが今まで大嫌いだった私には5キロは結構な距離です。ちなみに歩くのは苦にならずに、10キロくらいまでなら歩けてしまいます diary37.gif


     

それにしてもジョギングってどうしてこんなに退屈なんでしょう?しかも音楽を聴きながらじゃないと、走るテンポもつかみにくい・・・ そこで運動する時の音楽を無料で提供してくれる iPhone 用のアプリケーションはないものかとインターネットを検索してみたら、やっぱりありました diary52.gif

     RockMyRun.png

RockMyRun というアプリなのですが、色々なDJ がリミックスした音楽を提供しています。ヒップホップからカントリー・ミュージックまでと幅広いジャンルのリミックスをRockMyRun のアプリからダウンロードできるようになっていて、リミックスの長さも15分くらいのものから60分以上までと豊富。

注:60分以下の一部のリミックスと60分以上のリミックスは有料サービスとなっています。

曲はとても上手くリミックスされているので、ジョギングの時だけでなくパーティの時にも活用できそう。また毎週のように新しいリミックスがアップされているので、飽きることがありません。音楽を無料で聴くことができる Pandora とは異なり、アプリを使って音楽をダウンロードしてしまえば、接続データを使用しないで音楽を聴きながら運動をすることができます。 おかげで音楽にも接続データにも極力お金を使いたくない私にぴったり。

ワークアウトする時に音楽がないと・・・という方は試してみてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ

全米に広がる氷水の輪

2014.08.18 アメリカ生活
この夏のアメリカはバケツに入った氷水を頭からかぶる人たちが続出しています。もともとは一般の人たちから始まった "#IceBucketChallenge" ですが、瞬く間に全米に広がって今ではプロスポーツ選手から芸能人、さらには大企業のCEOや大統領をはじめとする政治家にまで広がって、今度は誰がチャレンジを受けるのか目が離せません。

 

このチャレンジは筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病を多くの人たちに知ってもらおうという目的で筋萎縮性側索硬化症患者の家族や友人が始めたもので、この夏に入ってからソーシャルメディアを通して広がった運動です。

iceBucket02.png
USA Today のサイトに掲載された記事。チャレンジを受けて氷水をかぶっているのは、FacebookのMark Zuckerberg

ルールは簡単で、誰かからこのチャレンジを受けた人は24時間以内にバケツに入った氷水を頭からかぶるか、または$100(およそ1万円)を ALS Association に寄付することになっています。そしてこのチャレンジを受けた人はチャレンジ達成後、他の人にこのチャレンジを送ることができます。

チャレンジを受ける人たちの中には氷水をかぶって、さらに寄付する人たちも多く、おかげで ALS Association のサイトでは8月16日付けで 寄付が1千万ドル(およそ10億円)を超えたと報じています。

今のところチャレンジを受けた人たちの中で、まさかここまで輪が広がってしまうとは・・・と思ったのは、マイクロソフト社の Bill Gates氏(チャレンジしたのは Facebook の Mark Zuckerberg氏)。Gates氏は氷水をかぶる装置まで作って参加。

チャレンジを受けた色々な有名人のビデオをまとめて掲載しているサイトがあるので、興味のある方はそちらへどうぞ→ The Best Ice Bucket Challenge Videos (The Verge)

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ

Holiday Season とチップ

2010.12.08 アメリカ生活
10月下旬からはハロウィン→サンクスギビング→クリスマス→新年と大きな行事が続くので、アメリカで生活しているとこの季節は本当にあっという間に時間が過ぎていきます diary51.gif

我が家は日曜の新聞だけ定期購読しているのですが、この前の日曜日は新聞と一緒に白い封筒が配達されてきました。毎年ホリーデーシーズンになると新聞と一緒に配達されるこの封筒。

アメリカでは新聞を配達してくれる人やアパートメントのドアマンなど、日頃お世話になっている人たちにホリデーシーズンにチップを渡す習慣があります。だからこの季節になると新聞と一緒に新聞を配達してくれている人の宛先が書かれた封筒が届けられるんですよね。さりげなくチップを請求されているわけです diary37.gif

    shinbun.jpg

おかげで街のクリスマスのイルミネーションもさることながら、こうやって新聞と一緒に白い封筒が同封されてくるとホリーデーシーズンだなぁ・・・と思うのです。

ちなみにドアマンが居るアパートに住んでいる人たちはそれぞれのドアマンにもチップを渡すみたいですが、CNN によるとドアマンに渡すチップの相場は $25 - $100。

大学時代に社会学の教授がニューヨークのマンハッタンでアパートのドアマンをしている人たちの年収が平均で $50.000 だと聞いてびっくりしたことがあるけれど、ホリデーシーズンのチップだけで一世帯から $25 - $100 (特にマンハッタンでは $75 - $150)ももらえるのなら、その平均年収も不思議じゃないのかも知れません。しかもチップなので税金はかからないし・・・

当然のことながらマンハッタンの高級アパートのドアマンは学歴がなくてもそれなりの収入が得られる仕事なので、人脈がないとその職には就けないそうです。


CNN のサイトにはホリデーシーズンのチップのガイドラインが掲載されているので、興味のある方は下のリンクからどうぞ:
Ultimate Holiday Tipping Guide

Examiner.com に掲載されている "Manhattan Holiday Tipping Guide" ではマンハッタンの相場を知ることができて面白いですよ:
Manhattan Holiday Tipping Guide


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ


ブラック・フライデーにお買い物

2010.11.28 アメリカ生活
サンクスギビングの翌日は恒例のブラック・フライデーで、いよいよアメリカではクリスマス商戦の始まり。我が家もいつものごとくレンサム・プレミアム・アウトレットへ買い物に出掛けました。

この日はレンサム・プレミアム・アウトレットのお店のほとんどが特別に午前0時にオープンするので、私たちはサンクスギビング・ディナーの後にでかけて25日の夜9時にアウトレットに到着。なぜ開店3時間前にアウトレットへ来たかというと、開店2時間前にはアウトレットの近くの自動車専用道路までずーっと車が並んで渋滞するので、スムースにアウトレットの駐車場まで入るには開店3時間前を狙うのが無難だから。お店の開店1時間ちょっと前までは駐車場にとめた車の中で待ちました。

    
        開店1時間前にはこんなに人が並んでいます


その後は残りの1時間ほどお目当てのお店の前で並んで待つことに。今年もまだ景気が悪いのでそんなに人は並ばないだろうと思っていたら大間違いで、コーチのお店にはもの凄い数の人たちが並んでいました。開店1時間前にはおよそ100メートルほどの長い列ができてしまったので、地元の警察官が混雑の整理をするくらい。

    outlet01.jpg
            コーチのお店に並ぶ人たち


ブランドものに興味がない我が家はコーチの向かい側のお店に並びながら「コーチは大変だねぇ・・・」と他のお客さんたちとのんびり立ち話 diary37.gif

こういうセールの時にも拘らず、目に留まったデザインの衣類をちゃっかり試着して似合うかどうか確認してからでないと買いません。そうやって選んだ商品は、職場へ着て行かれるトップス4点と大きめのハンドバック1点で $70 diary52.gif そのほか冬用の下着など必要なものだけ購入してあっさりと帰宅しました。

2年前のブラック・フライデーに比べて今年はお客さんが多かった感じがするので、やはり少しは景気が回復してきているのかも知れませんね diary43.gif


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。