スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニティカレッジの底力

部下思いのボスのおかげで火曜日から6連休のサンクスギビング・ホリデーを迎えることになりました。久しぶりにのんびりと家で過ごそうと思っていたのですが、せっかくの平日休みなので母校のバンカーヒル・コミュニティカレッジへ遊びに行くことに。

関連ブログエントリー:
ちょっと早めのサンクスギビング


    

大学のキャンパスに到着したのはお昼ちょっと前だったのですが、キャンパスのどこもかしこも学生でいっぱい。私が通学していた5年ほど前に比べて学生数が激増していたのでびっくりです。

  bhcc02.jpg
  深夜から始まる大学の講義に関するニュースを報じる
  The New York Times の記事


バンカーヒル・コミュニティカレッジは1年ほど前から夜 11:45 から始まる深夜コースを開講して全米のニュースでも取り上げられたりしたのですが、この深夜コースも需要が多いようで徐々にその数が増えているよう。

深夜コースに関する記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ:
"New Meaning of Night Class at 2-Year Colleges"

コミュニティカレッジへ進学する人の数が増加しているのはやはり景気が不安定なため、ファイナンシャル・エイドで大きな借金を抱えてまで4年制の私立大学へ進学することを疑問視する人たちが増えてきているのが理由の1つにあげられると思います。他には社会人の人たちがスキルアップや新しいキャリアへ移行するのを目的としている場合もあるでしょう。

深夜コースに受講者が集まるのは社会人や家族の世話をしなければいけない人たちが、自分たちに都合の良い時間に少しずつでも大学の講義を受講しようというやる気の表れだと思います。日本は「学歴社会」だと言われるけれど、アメリカの「学歴社会」は実にシビアですからね(アメリカの学歴社会についてはそのうちお伝えします)。

学生の需要を察して深夜コースを始めるところが、やはり幅広い年齢層やバックグラウンドの学生を抱えるコミュニティカレッジならではだなぁと、思いました diary43.gif




人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コミュニティ・カレッジについて読んでみる:

  




    
スポンサーサイト

Brown University -ロードアイランド州-

ボストンから車で1時間ほどの距離にあるプロビデンス(ロードアイランド州)にキャンパスがあるブラウン大学。この大学に1764年創立されたアメリカで7番目に古い大学で、アイビーリーグ校の1つとして有名です。


    
       レンガ造りの塀に囲まれたメイン・キャンパス

つい最近 U.S. News & World Report によって発表された2011年度の全米大学ランキング、総合大学の部門でブラウン大学はニューヨーク州にあるコーネル大学と共に15位にランキングされています。このランキングのチャートによると2009年度のブラウン大学の合格率は11%!さすがはアメリカの名門校の1つだけあって、競争率が高いですね。


        bru02.jpg
         大学のマスコットとなっているクマの銅像


私と Hubby が動物園へ行った帰りにこの大学へふらりと立ち寄った日は新学期が始まったばかりで天気も良かったからか、芝の上で日光浴しながら本を読んだり友達と一緒に勉強している学生の姿を見かけました。

    
    bru03.jpg
       モダンなデザインのキャンパスセンター内


後で調べてみて知ったのですが、ハリーポッターのシリーズでハーマイオニー役を演じているエマ・ワトソンが在学中。それにアメリカのドラマ "HEROES" のヒロ・ナカムラ役だったマシ・オカの出身校です。


    bru04.jpg


ハーバード大学、イェール大学、マサチューセッツ工科大学から今回訪れたブラウン大学の他にもニューイングランド地方にはまだまだ名門校があるので、訪れてみたいキャンパスが一杯。ニューイングランドの名門校めぐりはなかなか楽しいですよ。


ブラウン大学のオフィシャル・サイトへはこちらから


1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary32.gif 
    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

ボストン関連の情報を知りたい方はこちらへどうぞ! →ボストン生活情報


Bowdoin College ーメイン州ー

8月後半になって雨の日が続いたニューイングランド。このまま今年の夏は終わってしまうのか・・・と残念に思っていたら、何と今週末から heat wave (3日連続 90℉以上の日が続くと heat wave になる)になる模様♪

ニューイングランドではこれが今シーズン最後の真夏らしい気候になるかも知れないので、週末を利用してメイン州まで出掛けることにしました。


    
        キャンパス内に建つ、美しいチャペル


せっかくメイン州まで出掛けるのだから・・・と、先ずは脚を伸ばして Brunswick にあるエリート校の Bowdoin College へ。ここは以前に AAA の記事に掲載されていた大学で機会があれば一度訪れてみたかった大学です(訪れてみたいキャンパス- Bowdoin College 編)。


    de03.jpg
          広々とした芝が広がるキャンパス


Bowdoin College は数々の著名人を輩出していて、知る人ぞ知る一流校の一つ。アメリカは大きいので日本では殆ど知られていない一流校が数々あります。私と同じ大学の出身で Massachusetts General Hospital で勤務しておられる医師とお話しした時に彼女の姪御さんがこの大学に在学中だと言っていたので、なおさら訪れてみたかったんですよね。


    de02.jpg
         キャンパス内にある重厚な造りの美術館


この大学がある Brunswick は人口2万人ちょっとの緑豊かな街で、とても良い環境です。キャンパスを訪れた時には大学の美術館へも行きましたが、古代ギリシャの陶器からイギリス人彫刻家のヘンリー・ムーアのデッサンや、サージェントの絵画などが展示されていて規模は小さいですが充実した美術館でした。


海岸沿いのメイン州の街へはボストンから Amtrak を利用して行くことが出来るのですが、その Amtrak の Downeaster 線が2012年頃には Brunswick まで開通するようなので、近い将来は「のんびり電車の旅」も可能になります。


Bowdoin College
5000 College Station
Brunswick, Maine
Official Website へはこちらから


1クリックでブログの応援おねがいしまーすdiary18.gif 
   人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


ジョンス・ホプキンス大学 -メリーランド州ボルチモア-

今年の春にメリーランドに住む友人から「久しぶりにメリーランドへ遊びに来ない?」というお誘いの電話がありました。私も就職して2年目だし、Hubby も無事に修士号を取得したのでバケーションとして7月後半にメリーランドの友人宅へお邪魔することに。

前回車でメリーランドへ行った時は私が免許を持っていなかったため、Hubby が一人で運転を担当しなければいけませんでしたが、今回は私も運転を担当。メリーランドに向かう途中でニューヨークの渋滞にはまると途方も無く時間が掛かるので(詳しくはこちらへ)、渋滞を避けるために午前3時頃にボストンを出発しました。


   
            車でニューヨークを通過中


交通量が少ない夜中の時間帯の運転は私が担当。明け方近くになってコネチカットのパーキング・エリアでちょっと休憩をした後は Hubby の運転でどんどんメリーランドへ向かって進んでいきました。夜中に出発した甲斐あって、道中で3回も休憩したにも拘らず午前10時頃には友人宅に到着 diary52.gif


初日は友人宅でのんびり過ごして、メリーランド2日目はボルチモア。ボルチモアの水族館や美術館には以前に行ったことがあるので、今回は The Johns Hopkins University へ。

 jh01.jpg


水族館などがあって観光地と化している Inner Harbor から The Johns Hopkins University へと向かったのですが、途中で予想通り荒廃しているエリアを通るはめに(ボルチモアには治安の悪いエリアがちらほらある)。Hubby と一緒に「ここなんてさぁ、The Wire (HBO のドラマ・シリーズ) で登場した場所みたい。怖いよぉ・・・」と半ば本気で言いながら危ういエリアを横切って無事に目的地の The Johns Hopkins University に到着。


 jh02.jpg


広々としたキャンパスにはレンガ造りの建物が建ち並んでいて、とてもアカデミックな雰囲気が漂っています。ウエスタン・マサチューセッツにある Amherst College のキャンパスを大きくしたような感じ。


 jh03.jpg
      広々とした The Johns Hopkins University のキャンパス


この大学の名前になっている Johns Hopkins 氏はメリーランド州出身で、ボルチモアに病院と大学を設立するために巨額の資金を残した人です。彼のおかげでボルチモアには全米トップを誇る大学と病院が存在するようになったのですね。


jh04.jpg
    キャンパスの一画にたたずむ、ジョンス・ホプキンス氏の胸像



ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです diary16.gif

   人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ




The Johns Hopkins University 関連の本

  



ハーバード大学の書店

Harvard Square にある The Harvard Coop Bookstore はハーバード大学のグッズやテキスト、一般書籍などを扱うお店で、入り口の赤い看板が目印。このハーバード大学の書店は2館あって、一般書籍の館とグッズやテキストなどを扱う館に分かれています。


 
Palmer Streetを挟んでグッズを扱う館と一般書籍の館が建っています


ハーバード大学のグッズを扱う建物には以前にこのブログで紹介したボストン大学の書店と同様に大学のロゴや大学のカラーになっている深紅色(crimson)のシャツや帽子、トレーナーやネクタイまで売られています。中にはRalph Lauren のポロシャツやTommy Hilfigerのポロシャツにハーバードのロゴが刺繍されているものまであるんですよdiary40.gif 大学のグッズの他にはボストンやケンブリッジのポストカードやお土産なども売られているので、大学のグッズ以外にもお土産として使えそうなものが色々と揃っています。

関連ブログ・エントリー:
ボストン大学の書店
スミス・カレッジの書店



 hshoten03.jpg hshoten04.jpg
やはりハーバード大学のカラーに指定されている深紅色(クリムゾン)を使ったグッズが豊富

 hshoten02.jpg
      大学のロゴが入った色々なデザインのマグカップ


そして一般書籍の館は1階から3階までフロアがあって、いつも人で一杯。2階のカフェではコーヒーを飲んだりサンドウィッチを食べながらラップトップでレポートを書いたり本を読んだりしている学生を見かけます。3階は理系の図書や医学書、GREなどの試験対策の本が置かれていますが、このフロアにはじっくりと本が読めるように所々に机や椅子が置かれているのでここでも学生らしき人たちが勉強するのに利用しています。



 hshoten05.jpg
          一般書籍のフロアはこんな感じ

       hshoten06.jpg
        一般書籍を扱う館の3階にある窓際の机


ハーバード大学の書店は一般書籍の品揃えも豊富でお目当ての本が探しやすいレイアウトなので気に入っています。


The Harvard Coop Bookstore のサイトへはこちらから


今日も応援おねがいしま~すdiary21.gif  人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。