スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式@コロンバス

2014.08.29 イベント
前日は雨が降ったり止んだりとぐずついたお天気だったコロンバス。同僚の結婚式の当日はとても良いお天気に恵まれました。

  
    コロンバス郊外のカントリークラブで行われた結婚式

とても手入れの行き届いたゴルフ場を背景に行われた結婚式は夕方の4時頃から始まって、その後のパーティはクラブハウスへ移動。


 wedding1403.jpg wedding1406.jpg


パーティでは新郎新婦の両親と親友からのスピーチの後、新郎新婦によるケーキカット。ウエディングケーキは新郎の妹さんの手作りで、ケーキの上にはタキシードとドレスを着た可愛らしい猫の置物が飾られていました。


         wedding1404.jpg 


ケーキカットが無事に終了した後はビュッフェスタイルのディナー、そしてアメリカのウエディングパーティではお馴染みのダンスタイム!

           wedding1405.jpg


エレクトリック・スライドやキューピッド・シャッフルを新郎新婦と一緒に踊ったりして楽しい夜を過ごしました。アメリカの結婚式ではエレクトリック・スライドとキューピッド・シャッフルは踊ることが多いので、ステップを知っていると便利です。


関連エントリー:
車でコロンバス

キング・ジェームスの街 -オハイオ州、クリーブランド-
Rock and Roll Hall of Fame and Museum -オハイオ州-
Pro Football Hall of Fame -オハイオ州、カントン-




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

ヘンリー・ルイス・ゲイツ Jr

2010.10.11 イベント
週末の夜に Harvard Bookstore で Henry Louis Gates Jr. 氏のトークがあったので hubby と一緒にお出掛け。ヘンリー・ゲイツはハーバード大学の W. E. B. Du Bois Institute for African and African American Research のディレクターを務めている教授で、African American Lives や Faces of America などのドキュメンタリー番組の他、メディアにも多く登場しているのでアメリカではよく知られている教授です。

    crimson01.jpg
           ハーバード大学のキャンパス

トークまでに暫く時間があったので、まずはハーバード大学のキャンパスを散歩。この日は天気も良く暖かかったからかハーバード大学のキャンパスの芝には椅子が置かれていて、学生や地元の人たちがのんびり腰掛けて本を読んだりお喋りしていました。

    crimson03.jpg
           ヘンリー・ゲイツ Jr 氏

今回のヘンリー・ゲイツ Jr 氏のトークは新著 "Faces of America: How 12 Extraordinary People Discovered Their Pasts" の出版にあたって開催されたのでゲイツ氏は「どうして系図学に興味を持つようになったか」や「どのような経緯で PBS で放映された著書と同名のドキュメンタリーを制作することになったか」などについて楽しく語ってくれました。

"Faces of America" はアカデミー女優のメリル・ストリープの系図やチェリストのヨーヨー・マ、そして日系アメリカ人のクリスティ・ヤマグチほか多数の著名人の系図をたどっていくドキュメンタリーを本にしたものなのでその昔にアメリカへ渡って来た人たちの物語を知ることが出来て面白いです。

トーク後に参加者から「オバマ大統領の系図をたどる機会があると思いますか?」と質問されたゲイツ氏は「逮捕される前だったらその可能性もあっただろうけど、逮捕されちゃった僕にオバマ大統領が系図をたどる機会を与えてくれるとは思えないね。」と答えたので、参加者は爆笑。
*ゲイツ氏は今年の夏にマサチューセッツ州ケンブリッジの自宅で泥棒と間違われて逮捕されてしまったことから、事態がオバマ大統領まで巻き込む人種差別問題へと発展してしまった。

テレビで見るゲイツ氏とは違って実際のゲイツ氏はとてもウィットに富んだ魅力的な人。今回のイベントに参加できて良かったです。

おまけ:こうしてメディアに頻繁に登場するような人物のトークに気軽に参加できるのもやっぱりハーバード大学や MIT をはじめとする大学が多く集まっているこのエリアならでは。ボストンではサイエンスから政治、経済までアカデミックな著名人に会う機会はふんだんにあるので、そういう分野に興味がある人には便利な街です。


Henry Gates Jr 氏のサイトへはこちらから
PBS で放映されたドキュメンタリー、"Faces of America with Henry Louis Gates, Jr" のサイトへはこちらから


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


Henry Louis Gates Jr. 氏の著書とDVD:

      



アリアーナ・ハフィントン

2010.09.19 イベント
ボストンの隣街ケンブリッジでアリアーナ・ハフィントン (Arianna Huffington) が新著 "Third World America: How Our Politicians Are Abandoning the Middle Class and Betraying the American Dream" について語るというイベントが催されたので、平日の夜に hubby と一緒に出かけました。


    arhu01.jpg
         観衆から質問を受けるハフィントン氏
    

彼女が共同創立者となっている The Huffington Post は Time Magazine が 2009年度のベスト・ブログの1つとして挙げるほどアメリカでは有名なブログ。そして彼女自身もアメリカで政治に関心がある人ならば、共和党か民主党かを問わず誰でも1度くらいは彼女の名前を耳にしたことがあるほど有名です。さすがに彼女は人気があるので今回のイベントも満席で会場に入れなかった人もいたよう。

The Huffington Post をご覧になりたい方はこちらから
Time Magazine が選んだ2009年度ベスト・ブログ25をご覧になりたい方はこちらから


    huf.jpg
   政治から芸能ニュースまで幅広くカバーしている The Huffington Post


トークでは多くの政治家はロビイストから受け取る多額のお金によって操られてしまっている現状や、国民よりも企業を優先している政府に対して中流階級以下の人々が出来ることなど率直に語ってくれました。


     arhu02.jpg

トークの後でサイン会もあったのですが、写真撮影にも快く応じてくれたハフィントン氏。Hubby が大学院でお世話になった教授が The Huffington Post に時々コラムニストとして登場していることを伝えると「あぁ、彼女を知ってるの?あなたもコラムを投稿したらいいのに。」と言いながら、The Huffington Post のエディターの名刺を hubby に手渡してくれるほど気さくな人でした。


クリックして頂けると嬉しいです
   にほんブログ村 海外生活ブログへ




アリアーナ・ハフィントンを読む:



ミュージアム・デー

2010.09.13 イベント
何となく読んでいた雑誌の中で Museum Day の記事を発見! "Free" という言葉につられてその記事を読んでみると、9月25日(土曜日)に Smithsonian Magazine 主催の Museum Day が全米で展開されて、参加している美術館や博物館へ一世帯2人まで無料で行くことができるということのよう。

注:このブログ・エントリーは2010年の秋のものです。


早速 Smithsonian Magazine のサイトへ行ってみました diary37.gif ←「無料」という言葉に弱い


    


Smithsonian Magazine のサイトからは住所、氏名、メールアドレス、行きたい美術館または博物館を入力することで無料入場券がリクエスト出来るようになっています。


    mos1.jpg


このミュージアム・デーに参加しているボストンとその近郊にある美術館・博物館には、お馴染みの Museum of Fine Arts, Boston(ボストン美術館)、Museum of Science(科学館)、Boston Children's Museum (こども博物館)のほか、ハーバード大学の美術館など。


      fogg6.jpg


このイベントはマサチューセッツ州限定ではないので、他の州にお住まいの方もこの機会に地元の美術館や博物館で芸術の秋を楽しんでみてくださいね。


    にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


The Charles Hotel でスケート

2009.12.17 イベント
     

ハーバード・スクエア駅から徒歩5分ほどの場所にある The Charles Hotelで、週末にスケートリンクのオープニング・イベントが開催されました。 この日はスケートリンクが無料開放になっていた他、ハーバード大学の学部生によるフィギュア・スケートのパフォーマンスがあったり、訪れた人たちのためにホット・チョコレートやクッキーが用意されていたりしたので、子供から大人まで多くの人が集合。


 charles02_20091216111440.jpg
         ハーバードの学生によるパフォーマンス


スケートリンクのオープニング・イベントは12月の上旬の週末に毎年開催されているようで、このホテルに宿泊している人のためだけでなく、地元の人たちにも楽しんでもらえるようなイベントになっている点が良いですよね。イベント会場にはツリーや星などの形のクッキーと一緒にカラフルな色のアイシングやトッピングが用意されていて、子供たちが自分のクッキーを好きなようにデコレーションできるようになっていました。


 charles03_20091216111433.jpg
     オープンしたばかりのリンクで楽しく滑る子供たち


このホテルを訪れたのは今回が初めてですが、このホテルにあるRegattabarはボストンのエリアにあるジャズバーとして評判が高いんですよ。ホテルの中も少しだけ歩き回ってみたのですが、シックでなかなか良い雰囲気でした。ハーバード大学の卒業式がある週はきっと卒業生の家族で満室になるのでしょうね。


The Charles Hotel
One Bennett Street
Cambridge, MA 02138
Tel: 800.882.1818

The Charles Hotel のサイトへはこちらから


1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary33.gif  人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。