スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Town

2010.10.04 Bostonと映画
2010年秋の話題作となっているベン・アフレック監督/主演の映画 "The Town" を観に行ってきました。この映画はボストンが舞台となっていて実際に撮影もボストン・エリアで行われていたので、ずーっと気になっていた映画だったんですよ。

関連ブログ・エントリー:
映画撮影ラッシュ

       

あらすじ:ボストンの Charlestown というエリアで生まれ育った主人公、ダグは銀行強盗団のリーダー。彼が率いる銀行強盗団は鮮やかな手口で強盗を繰り返していた。しかしある強盗がきっかけでダグは銀行のマネージャーとして働くクレアと出会い銀行強盗団から足を洗おうと決心するが・・・


    taun02.jpg
       この映画の原作者、チャック・ホーガン氏


ベン・アフレックの初監督作品 "Gone Baby Gone" と同様にボストンの労働者階級を主人公にしているこの映画、とても良い作品に仕上がっています。それにボストンで暮らしている(または暮らしたことがある)人なら映画の色々なシーンで「あっ、これノース・エンドだ!」とか「おっ、ケンブリッジ」などといった楽しみ方もできます。

この映画の原作となっている "Prince of Thieves" の著者、チャック・ホーガン氏もマサチューセッツ州 Canton 出身でボストン・カレッジ卒というローカルな方なのでボストンが舞台となっているのも納得。

チャック・ホーガン氏のオフィシャルサイトへはこちらからどうぞ

    taun03.jpg
        Charlestown Navy Yard からの眺め

おまけ:映画の中でベン・アフレック演じるダグと彼の幼馴染み役を演じるジェレミー・レナー(アカデミー賞作品 "The Hurt Locker" で主役を演じた俳優)が喧嘩をするシーンがあったのですが、そのシーンで登場する墓地がボストンのどこにあるか解ってしまった hubby と私は、自分たちのローカルさに笑ってしまいました。


diary14.gif  にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ  人気ブログランキングへ



Chuck Hogan の本:
   


スポンサーサイト

The Proposal -あなたは私の婿になる-

2009.11.15 Bostonと映画
金曜日はHubby も私も仕事を早く終えて家に帰ることができたので、久しぶりに家でのんびりと映画を観ました。観たのはアメリカで最近DVDがリリースされた The Proposal。スピードで一躍有名になったサンドラ・ブロックと、 X-Men Origins: Wolverine でDeadpool役を演じたライアン・レイノルズのラブ・コメディdiary53.gif

ニューヨークの出版会社でアシスタントとして働くアンドリュー(ライアン・レイノルズ)は、会社の嫌われ者の編集者マーガレット(サンドラ・ブロック)のもとで3年間バケーションもなしで働いている。そんなアンドリューは鬼上司でカナダ人のマーガレットを強制送還から救うために彼女と偽装結婚をすることに合意するが・・・といったあらすじの映画でしたが、笑えるシーンあり、ホロッとするシーンありでなかなか良い映画でした。

 eiga01.jpg
 The Proposal (邦題:あなたは私の婿になる)のポスター。タイトルのすぐ下にある"Here comes the bride(花嫁)"を文字った "Here comes the bribe(買収)"というコメントから二人の関係を知ることができる。


この映画は主人公2人が暮らすニューヨークと、アンドリューの実家があるアラスカが舞台となっているのですが、実際に撮影が行われたのはニューヨークでもアラスカでもなく、何とマサチューセッツ(ボストン、セーラム、そしてロックポート)diary50.gif


The Proposal の撮影関連リンク:
Disney begins filming on "The Proposal"
'The Proposal' wraps first day of filming in Rockport (ロックポートでの撮影風景)
Proposal pictures! (ボストンでの撮影風景)

アンドリューとマーガレットが働く出版会社があるビルとして使われたのは、ボストンのファイナンシャル・ディストリクトにある State Street Bank Building だったようです(Wikipediaでビルの詳細を知りたい方はこちらから)。

ボストンとその近郊で撮影された映画ということで、ボストンで暮らす Hubby と私にとってはさらに愛着が湧いてしまう作品。それに映画の中に登場するアメリカン・エスキモー犬のケビンはとっても可愛くて要チェックですよ!


1クリックでこのブログの応援をおねがいします diary14.gif  人気ブログランキングへ


サンドラ・ブロックとライアン・レイノルズの映画:
 

映画撮影ラッシュ

2009.09.06 Bostonと映画
夏休みを終えて大学生たちが一気に戻って来たので、ボストンは最近になって急に人が多く感じられます。そんな人口が多くなった秋のボストンとその近郊の町ではハリウッド映画の撮影があちらこちらで進行中。

先ずはケンブリッジ出身のスター、ベン・アフレックが The Town (英文関連記事はこちら)という映画の撮影のためにボストンの隣町の Charlestown に出没しているよう。それに伴ってベン・アフレック夫人として知られるジェニファー・ガーナーも子供と一緒にボストンで散歩している姿を地元紙の Boston Globe が報じていました。

現在撮影中の The Town は4人の銀行強盗を中心に展開する物語のようで、ベン・アフレックが監督。彼の前回の監督作、Gone Baby Gone は映画評論家からの評価も高かったサスペンス作品だったので、今度の映画も楽しみです。

 movietours01

そして Worcester と Bridgewater にはトム・クルーズとキャメロン・ディアスがスパイ映画 Knight & Day のロケのために訪れています。この映画の撮影でボストンに滞在している間、トム・クルーズはケイティ・ホームスと一緒に Back Bay のエリアをジョギングしている姿も目撃されています。

Knight & Day の関連リンク:
Tom Cruise Spy Flick (英文記事)
トム・クルーズとキャメロン・ディアスのインタビュー(ビデオ・クリップ)

Kevin James 主演のコメディ作品、The Zookeeper の撮影(関連英文記事はこちら)はボストンの動物園として知られる Franklin Park Zoo で10月まで続きます。こちらは動物園の外からも撮影現場が見えますよ。





ここで紹介したハリウッド・スター出演の映画いろいろ:
    

1ランク上の映画鑑賞

2009.05.11 Bostonと映画
今年の夏の話題作、スター・トレックを観に行こうという計画が我が家で持ち上がった時に、ひとつ問題がありました。それは・・・ スター・トレックをどこの映画館で観るか? T (ボストンの公共交通機関の呼び名)を使うならボストン・コモンの近くにある映画館が比較的新しいため、スクリーンも大きいし座席もスタジアム・シートになっていて前に座っている人の頭を気にしないで映画を鑑賞することができます。でも車で行くとなると駐車料金を$20前後払うはめに。

ボストン近郊の駐車場付きの映画館だと、比較的古い映画館が多いのでスクリーンが小さかったり座席がスタジアム・シートじゃないので前の席に背の高いお兄さんが座ってしまうと、私はずーっと首をかしげた状態で映画を観なければいけませんdiary42.gif





どうしてもスター・トレックを状態のいい映画館で観たかった我が家は、思い切ってジレット・スタジアムの隣にある Showcase Cinema De Luxへ行ってみました。ジレット・スタジアムは Foxborough にあるので、家からは車でおよそ30分。 T を利用してボストンのダウンタウンにある映画館へ行くことを思えば、車で行くなら Foxborough の映画館の方が行くまでの時間が短くて済んでしまいました。

関連記事:Bostonで映画を観るといえば、ここ
Gillette Stadium -ニューイングランドのフットボール・ファンが集う場所-


showcase02.jpg
広々とした館内のチケット売り場

さてどうしてこの映画館は Showcase Cinema De Lux という名前なのかというと、ここには普通の席の他にデラックス席があるからなんですね diary50.gifデラックス席は一般席の料金+$10のサービス料金が追加された値段です。

ちなみに我が家は昼間割引料金の時間帯に映画を観たので、一般席の料金($8)+$10で1人$18でした。最初に金額を聞いた時には、$10も追加料金を払うのはちょっと・・・と思ったのですが、スタッフの人の説明でこの料金の中には売店で利用出来る$5分のクーポンが含まれていることを知ったので、デラックス席を試してみました。

showcase04.jpg
ゆったりとしたデラックス席のシート


デラックス席はの売店ではお酒が販売されているからか、この席は21歳以上でないと購入出来ないようになっています。デラックス席専用の入り口でチケットを見せて2階へ上がると、専用の売店とラウンジが。その売店で早速飲物を買おうとしたら映画館のスタッフが「デラックス席の人はウェイターに飲物を注文すればいい」と教えてくれたので、そのまま座席に着きました。

普通席の1.5倍ほどのサイズのソファ・シートは木製のテーブル付き。アームレストの部分にウェイターを呼ぶことができるように、ボタンが付いていました。ここでは映画を見ながら食事も出来るようになっているので、飲物の他に食べ物を注文する人もちらほら。デラックス席のエリアと一般席のエリアは隔離されていて、一般席からはデラックス席のエリアが見えないようになっています。それにデラックス席はスタジアム・スタンドの一番高い部分に位置しているので、スクリーンがちょうど良い高さで観られるようになっていました。

映画館だというのに周りの人たちを気にせず、映画を楽しむことができましたよ♪それにウェイターさんに映画の途中で飲物のお替わりまで持ってきてもらいました(ソフト・ドリンクはお替わり自由)。

Showcase Cinema のデラックス席は「この映画だけはじっくりと観たい」という時にはお薦めですよ!

Showcase Cinema De Lux Foxboro
Two Patriot Place
Foxborough, MA 02035
(508) 543-1450

Showcase Cinema で上映されている映画の上映時間および料金を知りたい方はこちらから

1クリックでこのブログの応援をおねがいします diary14.gif  人気ブログランキングへ

The Game Plan

2009.04.14 Bostonと映画
先日テレビで2007年のディズニー映画、The Game Plan を見ました。テレビで見るまで知らなかったのですが、この映画はボストンが舞台です。元プロレスラーだった Dwayne "the Rock" Johnson が主演しているこの映画、簡単なあらすじは以下のとおり:

The Boston Rebels というフットボールチームのクォーターバックとして活躍する Joe Kingman は優雅な独身生活を送っている。ある日そんなジョーのもとに、彼の娘だと名乗る可愛らしい女の子が現れます。突然の娘の訪問に自分の生活ペースを崩されてイライラしていたジョーも、次第に娘との生活も悪くないと思い始めたが・・・

gamePlan.jpg


映画の中にはボストン・セルティックスのポール・ピアース選手がゲスト出演していたり、主人公のジョーがボストンの有名なシーフード・レストラン "The Barking Crab Restaurant" で食事をしているシーンがあったりして、ボストンが楽しめるシーンが色々あります。


movietours01


簡単に予想が出来るストーリー展開の映画ですが、家族揃って楽しく観ることができる作品。特にボストンで生活している人や生活したことがある人なら、映画に登場する見慣れた景色で盛り上がることも出来ますよ♪




1クリックで今日も応援おねがいしまーす  diary25.gif 人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。