スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストンの英語

2005.02.27 Bostonあれこれ
日本のような国土の狭い国でも場所によって訛りがあるように、アメリカでも場所によって訛りがあります。 

それではボストン訛りはと言うと、まず、"R"が単語の途中、または最後にある時は、"R"を発音しない。 例ーparkはpahk、carはkah。 

そして単語の綴りの中に "R" がどこにも見当たらない時に限って、"R" を発音したりします。その典型が "idea" という単語の時の発音。これをボストニアンに発音させると、あ~ら不思議、"idear"になってしまいます。

おかげでボストンで生まれ育ってきた学生の中には "idea" という単語の綴りが "idear" だと信じて疑わない人たちも居るようです diary41.gif



まるで他人事のようにボストン訛りについて書いていますが、そういう私も気付けば日本語訛り&ボストン訛りの、何ともおかしな英語を話していたりします。 

Hubby - "Honey, where is my key?" (僕の鍵、どこにあるか知らない?) 

私 - "Right theah!" (そこにあるでしょ!)



(深夜のトークショーでボストン・アクセントを披露するベン・アフレック)

ちょっとボストニアンを気取ってみたい、という方はWicked Good Guide to Boston Englishでボストンの英語を学んでみましょう。

関連エントリー:
気になる英語3- ボストン編 -

diary30.gif1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ 


スポンサーサイト

雪の日の後によく見る光景

2005.02.27 Bostonあれこれ
24日の夜から25日の朝にかけて、ボストンではまたまた雪が降りました。今回は大した量の雪ではなかったので、大学はお休みにはなりませんでしたが、金曜日の授業に行ってみると生徒の出席数は通常の半分でした。

parking.jpg

雪の降った日の翌日によく目にするのが、この左の写真の光景です。何かと言うと、路上駐車の場所取り。雪の止んだ後に、最初に雪かきをして駐車場所を作った人が、「ここは私が雪かきした場所だから、私の車を駐車する権利がある!」と、コーンやらイスなどを置いて、主張しているのです。 

雪かきした本人以外の人がこのコーンをどけて車を止めている間に、雪かきした人が帰って来ようものなら、大騒ぎになること間違いなし。

ボストンのMenino市長は、公共の道路を私有地の如く主張するのは馬鹿げているから、場所取り合戦を止めるように市民に呼び掛けていますが、雪かきは結構な労働力を要するので、市民はなかなかこの場所取り合戦を止める気はなさそうです。


chair.jpg
場所取りのために置かれた椅子 (回収されなかった粗大ゴミではありません。)

diary30.gif1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ 

Boston Duck Tours

ボストンで最もポピュラーなツアーと言える、Boston Duck Toursが3月28日(月曜日)から再開します。 このツアーの特徴は、第2次世界大戦に使用された約30人乗りの水陸両用車に乗って市内観光するので、ボストンの市内を走るだけでなく、チャールス川の川下りもツアーに含まれている点です。

duck1.jpg

このダック・ツアーの水陸両用車は Boston Red Sox や New England Patriots の優勝パレードの時にも使用されていました。ダック・ツアーは冬の間はお休みするので、再びボストンの街中でこのダック・ツアーを見かけるようになると、ボストンにも春が来た♪という気になります。

3月28日から11月下旬までダック・ツアーは毎日行われていて、乗り場はプルデンシャル・センターとミュージアム・オブ・サイエンスの2箇所になります。 ダック・ツアーのシーズン中にボストンへ行くので、このツアーに参加してみたいという方は、以下のリンクから公式サイトへどうぞ。
Boston Duck Tours

diary30.gif1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ 

アカデミー賞の楽しみ方 - ボストン編

2005.02.24 Bostonあれこれ
2月27日にAcademy Awardがあるので映画好きの人たちは楽しみにしていると思います。 このアカデミー賞がアメリカではどれほどポピュラーであるかをうかがい知ることが出来るような記事を、隔週で発行されているボストン情報誌、The Improper Bostonianで見つけました。

oscar1.jpg 

The Improper Bostonianの記事によると、アカデミー賞の授賞式がある2月27日はボストン市内のレストランやホテルで、アカデミー賞にちなんだイベントが開催されるようです。 "Oscar Gala" や"Oscar Night"と称されるこれらのイベントでは、思いっきりお洒落をして、美味しいディナーを楽しみながら、大画面で授賞式の模様を観賞するというもの。 気になる参加費ですが、レストラン、Sister Sorel のお手頃な$45 (前売り$35)のイベントから、Four Seasons Hotel の$250のイベントまであるようです。このイベントの内容をもう少し詳しく知りたい、または参加してみたい、と思う方は "The Ellie Fund's Oscar Night America Party" のリンクを貼っておきますので、そちらへどうぞ。 http://www.elliefund.org/index-2aa05.htm

metro.jpg
ボストンのフリー・ペーパー、Boston Metro (左)と The Improper Bostonian (右)。ボストン市内の街角(特に駅の入り口付近)に設置されているディスペンサーで入手可能です。

diary30.gif1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ 

     

モーニング・コール

2005.02.23 アメリカ生活
先日、まだベッドの中で心地良く眠っていた時に突然、電話の呼び出し音が鳴りだしました。我が家の電話は呼び出し音が大きいので、無視して眠り続けるわけにも行かず、しぶしぶ 「ん、もーっ。誰よこんな朝っぱらから!?」などと思いながら電話に出ると、電話の声の主は「elleさん、いらっしゃいますか?」と言います。 「本人ですけど」 と答えると相手は 「早朝にすみません。出勤される前に連絡が取りたかったものですから。 私、移民局のものです。ご主人にかわって頂けますか?」と続けました。 時計を見ると朝の7時前です。

私は結婚と同時にグリーンカードの申請をしたので、条件付グリーンカードと言って有効期限が2年間だけのグリーンカードでした。それが昨年の上旬に期限切れとなるため、昨年の年明け早々に永住ビザの更新の手続きを取っていたのですが、この早朝の電話が更新手続きの最終段階だったようです。

移民局は私たち夫婦が偽装結婚でないことを確認するために、抜き打ちで電話をしてきたらしく、Hubbyが電話に出て1つ、2つ相手の質問に答えると、電話の相手はHubbyに 「これで、無事に確認が取れましたので新しいグリーンカードがelleさんに付与されます」と言ったそうです。 いや~、まさかこんな電話が移民局から掛かってくるなんて思ってもみませんでした。 しかも早朝。 移民局の人たちも大変ですね。

そして電話の1週間後、写真や必要書類を持って移民局のボストン支局へ来るようにという通知が移民局から届きました。 その通知を読みながら、「あー、長い道のりだったわ・・・(ここまでの所要時間、1年以上)」 と感慨にふけっていたのですが、この通知の最後の行にこう書かれていました。 

「あなたのグリーンカードは6ヶ月から8ヶ月以内に郵送されます。」 → 目が点になる私 

皆さん、永住ビザの更新は気長に待ちましょう

1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ  diary17.gif

Bostonの良いところ その①

2005.02.20 Bostonあれこれ
ボストンに暮らし始めてもうすぐ3年になるので、この街の良いところは何か、考えてみました。この街はとにかくHarvard、MITをはじめ大学が沢山あります。ボストン近郊を含めると約50校。アメリカでも屈指の学生の街だけあって、ボストン人口のおよそ33%が20代と30代前半の人で占められています。 私もそんな学生の1人なので、学生の立場からボストンについて考えてみると、この街の良いところは、 無料または手ごろな予算で参加できるイベントが多いところ。

例えばMuseum of Scienceでは毎月第1金曜日に"First Friday Lectures" というタイトルで夜7時から無料レクチャーが開催されます。他には "Frontiers on Friday" というタイトルで月に1回、金曜日の夜6時30分頃から医学に関する無料レクチャーがあります。 「無料と言われたら行くしかないでしょう」 ということで、昨夜は "Frontiers on Friday"のレクチャーへ行ってきました。このレクチャーはMuseum of Scienceの6階にあるSkyline Roomで行われました。 このSkyline Roomには以前あったイベントでも来たことがありますが、ここから眺めるボストンの景色はとても良いです (下の写真参照)。

20050219182015.jpg

今回のイベントは夜だったので、ここからの夜景がとても綺麗でした (昨夜はカメラを持ち歩いていなかったので、夜景の写真はありません... 反省)。今回参加したレクチャーのテーマは「薬が脳に与える影響」でスピーカーは、McLean Hospitalで研究を重ねるWilliam Carlezon博士でした。ここのレクチャーにはありがたいことに、レクチャーが始まる前に飲み物と軽食が出ます。 先回参加したここのレクチャーは朝から夕方まで1日中かけて行われたのですが、その時も朝食、昼食、そして夜には軽いオードブルが出ました。 そしてレクチャーの後に歓談タイムがあって、直接その日のスピーカーと意見交換したり質問したり出来る時間が設けられています。


1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ  diary17.gif

Brian McKnight

20050218232709.jpg 
9月10日(2003年)は待ちに待ったBrian McKnightのコンサートの日。学校の後に一旦帰宅し着替えや化粧をしなおして、目指すはPark Street駅から徒歩数分のOrpheum Theatre。私と結婚するまでコンサートというものに一度も行った事がなかったHubbyと2度目のコンサートです。

まだ無名なアーティスト2人によるオープニングでさんざん気分を盛り下げられた後、Brian McKnightをこの日まで知らなかったHubbyに 「この気分の盛り下がりようを回復してくれるくらい(Brian McKnightは)凄いアーティストなんだろうね!?」 とプレッシャーをかけられ、ハズレだったらどうしよう・・・と不安になり始めた頃にパッと会場の明かりが消え、ステージ中央上部にセットされたスクリーンに、カメラに背を向けてピアノの前に座る男の人の姿が映し出されました。

「Suprise♪」と言いながらカメラの方へと振り返るその人はなんと、Jamie Foxx
スクリーンの中のJamie Foxxの紹介で、ステージ奥からBrian McKnight登場。 ギターを背負い、ダーク・グレーのタンクトップとダーク・グレーのパンツ、アルバム"U Turn"のジャケットと同じようなニット帽を被って観客の方へ歩いてくる長身(6'4")のBrianは本当に格好よく、会場全体から歓声が沸き起こる。

マイクの前に立ち"Wazzuuup!"という第一声の後、ギターを弾き、歌うBrianのパフォーマンスで一気に盛り上がる私たち。 今回のコンサートのテーマはRelationshipということで、Brianが失恋し、その後また素敵な女性に出会って恋に落ちるまでの感情を歌で綴るという構成。U Turnに収録されている"Shoulda, Woulda, Coulda" や "Back Seat" をはじめ、他のアルバムに収録されている "Anytime" "Still in Love" "Love of My Life"などを歌ってくれました。

また、自らキーボードを演奏して "Unforgettable"をNat King Cole風に歌い(しかも結構似ていた)、 Stevie Wonderの"Over Joy"をStevieの振りまねつきで披露。 その後、またまた自らのキーボード演奏で"Back at One"を歌った時には観客にも歌うように呼びかけ、みんなで大合唱。

途中ステージ奥のスクリーンの裏側で彼が着替えをする一幕もあり、シルエットで浮かぶ彼がシャツを脱いだ時点で観客の女性達からはキャーキャーと声が上がっていましたが、彼がズボンを履き替える時には更に大きな歓声が。その時、観客の中から誰かが"Need some help?(手伝おうか)"とBrianに声を掛けると会場から一斉に笑いが起こったりもして、会場は終始なごやかムード。

観客を楽しませようとする彼の心くばりが随所に見られる、とても素敵なコンサートでした。


1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ  diary17.gif


アメリカの大学からCosta Rica短期留学

今年の5月に約2週間、コスタリカへ短期留学をするので、今日は大学でその留学に関する第1回目のオリエンテーションがありました。私が通う大学には毎年20人前後の生徒を短期留学させてくれる制度があります。昨年の秋に短期留学の奨学金の募集があったので私も応募してみたのですが、運良く選ばれました (^-^)。 応募の際に必要だった書類は、まず応募用紙(生徒名、生徒番号、連絡先などを記入)と成績表、そして教授の推薦状2通とエッセイ(留学したい理由、自己PR)。 

選考委員を務める大学関係者が書類選考で留学を希望する生徒を30人にまでしぼった後、第2次選考の面接で最終的に20人が選ばれるしくみになっていたようです。実はこの面接ですが、面接官を務める教授が私のことを良く知っている教授だったので、私は省略されてしまいました。選ばれた20人の生徒の留学先はスペイン、アイルランド、中国、ガーナ、イタリア、フランス、アルゼンチン、コスタリカなど色々です。

20050217232603.gif

私が行くコスタリカは、ニカラグアとパナマに挟まれた国で、首都はサンホセ。でも、留学目的が生態調査なので滞在するのはサンホセのような都会ではなくて、コスタリカの南部にある熱帯雨林です。南米も熱帯雨林も未経験の私には滞在先がどんな所なのかはっきり言って検討もつきません。

今日のオリエンテーションで分かったのは、毎日1回は必ず雨が降るということ(熱帯雨林だってば)。雨が頻繁に降るので、衣類が乾く暇が無い。電気が無い。毎日長距離を徒歩で移動する。お菓子が食べたくなっても売店も自販機も無い。シャワーは水だけらしい・・・

以下の持ち物リストからも何となくどんな場所なのか想像できます:
1.お金(US$100からUS$200で十分)
2.双眼鏡、コンパス
3.懐中電灯、ヘッド・ランプ
4.虫除け、かゆみ止め、日焼け止め、サングラス、帽子
5.ハイキング用のブーツ、サンダル、ゴム長靴
6.乾きの早いナイロン製の衣類、水着
7.シーツ
8.石鹸、洗濯用洗剤、救急キット、安全ピン
9.ポケット・ナイフ

コスタリカ滞在中はとにかく毎日熱帯雨林の中を歩き回るようなので、近日中にトレーニングを開始することになりそうです (ついでにダイエットして体を軽くしておこうっと)。

関連記事:
コスタリカ旅行記 その1
コスタリカ旅行記 その2

1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ  diary17.gif


アメリカから送って欲しいもの

2005.02.16 アメリカ生活
昨年の夏に日本へ里帰りする時に、日本に住むアメリカ人の友人に何かアメリカから欲しいものはないか尋ねました。その時に彼が欲しいと言った物は、メープル・シロップ。しかもヴァーモント産と産地まで指定していました (笑)。

私もHubbyと遠距離交際中の時に超特大サイズのケロッグ、フロステッド・フレーク(パッケージにトラのキャラクターが描かれているコーンフレーク)を頼んで送ってもらったことがあります。 アメリカに住んだことがあると、友人がアメリカに行ったときにアメリカから買ってきてもらいたい物って、免税店で売っているようなものじゃなくて、アメリカのスーパーで売られているようなものだったりするんですよね。

20050215233031.jpg

例えばもし私が今、日本に住んでいるとしたら、アメリカから送って欲しい物その①はスープ・ミックス。これさえあれば、友達が何人も我が家に集まってDVDを観る時に、サワークリームとこのスープ・ミックスを混ぜて1時間ほど冷蔵庫で冷やしておくだけで、美味しいディップが出来上がります。野菜スティックやトルティーア・チップスと一緒に出せば手軽なスナックに。日本でも粉末スープは売られていますが、ディップに応用できるものがありません。

20050215232953.jpg

アメリカから送って欲しいものその②は、Good Seasonsのサラダ・ドレッシングの素。このブランドのドレッシング専用のボトルに、水、酢をそのボトルに刻まれている目盛りまで入れて、粉末ドレッシングを1袋入れて良く混ぜ合わせた後、次の目盛りまでサラダ油を加えて再び良く混ぜ合わせれば、新鮮なドレッシングの出来上がり!このドレッシングの素はスタンダードなイタリアンからオリエンタル・セサミ、ガーリック・ハーブやシーザーまで種類が豊富で、色々な味を楽しめます。専用ボトルもハーブの模様が入っていて可愛らしいです。



1クリックでこのサイトの応援をお願いしま~すdiary02.gif
   ↓
人気ブログランキングへ



The 47th Annual Grammy Awards

先週の日曜日にSuper Bowlで騒いだばかりなのに、今週は日本でもお馴染みのグラミー賞です。勉強があるので、グラミー賞はビデオ録画して後日見るつもりでいたのですが、ちょうど放送が始まった頃に我が家では夕食だったので、夕食を食べている間ちょっとだけ見ようということになりました。

20050123004311.gifその我が家の夕食時間にラッキーにもAicia Keysが登場!今回のグラミー賞で8部門にノミネートされている彼女はホワイトのシンプルなドレスを身にまとい、真っ白なピアノを演奏しながらヒット曲の"If I Ain't Got You" を熱唱。彼女の気持ちが伝わってくるとても良いパフォーマンスに感動していると、今度は映画 "Ray"での演技が高く評価されているJamie Foxxが登場して、Alicia Keysと一緒に "Georgia on My Mind"が始まりました。Jamie Foxxはピアノや歌がそこそこいけるというのは以前から知っていたのですが、しっとりとしたムードで"Georgia on My Mind" をAlicia Keysと歌い上げる彼と、普段の コメディアンとしての彼が同一人物とはとても思えないほどハマってました。 おかげでこの二人が熱唱している間、我が家ののどかな食卓が一瞬キャンドルライト・ディナーしてるようなロマンティックな雰囲気に包まれました。

その後、キャンドルライト・ディナーは私の隣に座るパトキチを見た瞬間に、再びのどかな食卓に戻りましたけどね。

彼らのパフォーマンスの後はそそくさと、テレビを消して机に向かったのでグラミー賞のその後の部分はまだ見ていません。時間がある時に残りの部分はビデオで楽しむことにします。



おまけ :
今回のグラミー賞でのパフォーマンスの詳細は三十路過ぎのロック談義に掲載されています。

20050213235712.jpg
Hubbyが「鮫に食われたドレス」と名付けたドレスを着たSheryl Crow


1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ  diary17.gif

The Left Hand Of Darkness

今回は大学のHonors Seminarで課題図書となっている本の紹介です。

惑星Ekumenから、主人公のGenley Aiが特使として惑星Gethenに派遣されて2年が過ぎていた。彼はGethenに存在する国、Karhideとの国交を実現するためにKarhideの国王と遂に対面を果たすが、国王が国交に関心がないことを知る。

20050209220525.gif

Ursula K. Le Guin著の本書はいくつかのSF賞を受賞しています。

物語の中に登場する惑星Gethenの人々は雌雄同体で、性周期が訪れると男性または女性になり子造りを行うので、1人の人間が1児の母であり2児の父であることが可能な設定になっているのが、この作品のユニークな点。 男女の区別が無い世界で、社会や家族、恋愛がどのように存在するのかが描かれています。

SF小説を読むのは中学時代以来ですが、読み進むうちにすっかり著者の世界に引き込まれてしまいました (はじめの1、2章はキャラクターなどを把握するのにちょっと苦労しましたが・・・)。普段、SF小説には興味がない人でも退屈しない作品だと思います。


1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ  diary17.gif


英語で読んでみたい方はこちら    日本語で楽しみたい方はこちら
         


Super Bowl

2005.02.09 Bostonあれこれ
ご存知の方も多いと思いますが、2月5日の日曜日にアメリカではSuper Bowlがありました。

今回のSuper Bowlは地元チームNew England Patriots 対 Philadelphia Eagles戦。Super Bowl Sundayは家族や友達同士で集まってSuper Bowlをテレビ観戦する人たちも多く、その日曜日に向けてボストニアンは大量の食料品を買い込むため、日曜日のお昼過ぎにスーパーへ行くと、お店の陳列棚はガラガラでした。何かにつけアメリカではドカ食いに走ってしまうようです(私もその中に含まれるのは言うまでも無い) balloon_09.gif

昨年はSuper Bowlの試合後にPatriotsの優勝を喜ぶ人たち(特に大学生)が路上に溢れ出し、駐車してある車を転倒させたり、窓ガラスを割ったり、放火したりで大問題になったので、今回は大学が予め生徒に宛ててSuper Bowlの試合後に責任ある行動をとるように注意を促すメールを送ったり、大学のアリーナを使ってSuper Bowl Partyを開催したりしていました。ボストン市は万一ファンが路上に集まってきた時の事を考えて、多くの警官を路上に配置していましたが、大学でも色々と対策をとったせいか、今回は大した騒ぎも起こらなかったようです。

試合後に街の様子をニュースで中継していましたが、画面で見る限りではそんなに人が集まっている様子も無く、閑散としていました。

アメリカへ来るまでアメフトには興味がありませんでしたが、パトキチ(=Hubby)の妻とあってはPatriotsを応援しない訳に行きません。というわけで、我が家でもPatriotsがタッチダウンをするたびに夫婦でhigh fiveをしながら観戦しましたが、ハラハラさせる試合展開だったので、Patriotsの優勝が決まったときにはクタクタでした。でも優勝してくれて本当に良かった!

20050209021611.jpg
いつも感情を表に出さずに試合の行方を見守るBill Belichick監督


20050209021335.jpg
ボストン市内で行われた優勝パレードでの1コマ。Patriotsのクォーターバック、Tom Brady(左)と
今回MVPを獲得したDeion Branch (右)。DeionはMVPを受賞した際のインタビューで「神様に感謝している」と真っ先にコメントしたので、我が家での彼の高感度は一気にアップしました → 実に単純なパトキチ夫婦。


1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ  diary17.gif

Teddy Bear and Valentine's Day

2005.02.01 アメリカ生活
新年を迎えたかと思ったら、もうすぐバレンタインですね。このシーズンになるとデパートからドラッグ・ストアまで、お店にバレンタインの商品が並びます。テディ・ベアもバレンタインのギフトとしてお店で見かけることが多く、ハートの刺繍が入ったものや、真っ赤な色のものなど色々です。

テディ・ベアの名前はアメリカのTheodore Roosevelt元大統領 (愛称Teddy)、に由来しています。当時、大統領だった彼は休暇を取って、ミシシッピの山林へ熊狩りに出掛けました。しかし何日経っても熊は出てきません。ルーズベルト元大統領の狩に付き添った人たちは猟犬を使って大統領のために必死に熊を探し、ようやく一頭の熊を見つけます。彼らは逃げるのに疲れた熊を縛り付けて、その場所に大統領が到着するのを待ちました。しかし、みんなが熊と待つ場所へ到着した大統領は、傷ついた熊が縛られているのを見つけると、その熊を銃で撃つのを拒んだそうです。そのエピソードが後日、ワシントン・ポスト紙に風刺画で掲載されたのがきっかけで、ルーズベルト大統領=熊のイメージがアメリカに広がりました。そこに目をつけたブルックリン在住の夫婦が、くまのぬいぐるみに大統領の名前を付けて売り始めたのです。1904年の大統領選のキャンペーンでは大統領はテディ・ベアをマスコットとして起用し、みごとに再選を果たしたそうです。

さて、この多くの人から愛されているテディ・ベアが今年は物議を醸しています。Vermont Teddy Bear Co.がバレンタイン・ギフトとして販売している拘束服を着た"Crazy for You" テディ・ベアがその原因。

20050131204524.jpg人権保護団体やバーモント州知事は、精神病を患う人たちに対する配慮に欠けるという理由で、このくまの販売元であるVermont Teddy Bear Co.を非難していますが、そんな物議をよそに、この"Crazy for You" テディ・ベアの売れ行きは好調なようです。このくまの販売は今シーズン限りにすることをVermont Teddy Bear Co.は決定したようですが、「当社は何を販売するのは良くて、何を販売するのはいけないのか、他者から指示される立場ではない」と強気です。

この騒動で思ったのですが、映画「羊たちの沈黙」が公開された頃、その映画にに登場する人物、ハンニバル・レクターに対しても人権保護団体は難色を示したのでしょうか? もしもハンニバル・レクターはOKで、このくまはダメだと言うのなら、なんとなく納得がいかない気がします。

ワンクリックでこのブログの応援をお願いしますdiary19.gif 人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。