スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告 その1

south.jpg

こんにちは。大変ご無沙汰致しております。ブログの更新をしなければと思いつつ、気付けば数週間が経過してしまいました。

この数週間の間、何をしていたかというと、研究発表会の準備に追われておりました(汗)。今週の月曜日にやっとその研究発表会も終わったのですが、カレンダーを見てみると何と後2週間で今学期も終わり!それなのにレポート3本を抱えております(滝汗)。そして微分積分のクラスのテストがまだ3回も残っています(ひえー)。

以上のような理由であと2週間はまともに更新できそうもありません。5月14日頃には再びアップが出来るようになると思います。

それと、以前にも少しこのブログで触れましたが、5月22日から6月上旬まではコスタリカへ出掛けるので、その間もブログの更新が出来なくなります。熱帯雨林でコウモリやカエルなどの観察をしてきます(昔の私では考えられないけれど、最近はこういう動物もすっかり平気になりました)。

暫くは定期的にアップできなくなりますが、今後とも宜しくお願いいたします。


1クリックでこのブログの応援をお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Trinity Church -トリニティ教会-

tri1.jpg
(写真:トリニティ教会とその隣にそびえ立つハンコック・タワーは対照的)

ニュー・イングランド地方で1番(全米で43番)の高層ビル、John Hancock Tower(ジョン・ハンコック・タワー)の隣に建つ Trinity Church (トリニティ教会)は、Henry Hobson Richardson (ヘンリー・ホブソン・リチャードソン)の設計で1877年に完成した、米国聖公会に所属する教会です。教会としては1733年から存在していたのですが、最初の教会の建物は1872年の Great Boston Fire (ボストン大火災)の時に焼けてしまい、現在のトリニティ教会はその後建てられたものです。

tri.jpg

アメリカの建築家の中で最も影響の大きい建築家の一人に挙げられるヘンリー・ホブソン・リチャードソンはボストンとシカゴを中心に活動した建築家として知られています。彼は南フランスのロマネスク様式に通じる " Richardsonian Romanesque " (リチャードソニアン・ロマネスク)様式を確立しました。ボストンのトリニティ教会もリチャードソニアン・ロマネスク様式で、彼の代表作として知られています。

マサチューセッツ州では、トリニティ教会の他に Quincy(クインシー)にある Crane Library(クレーン図書館)や、Harvard Law School (ハーバード・ロー・スクール)の建物として知られる Austin Hall (オースティン・ホール)も彼の作品です。

トリニティ教会は毎日午前8時から午後6時まで開いていて、観光の場合は入館料$5です。 特別な行事(冠婚葬祭)がある時には入館できません。日曜日には午前の礼拝の後に無料の館内ツアーが行われています。

Trinity Church
206 Clarendon Street
Boston, MA 02116
617-536-0944

オフィシャルサイトはこちらから

Tを利用する場合は、グリーン・ラインのCopley (コープリー)駅下車。


diary16.gif下のボタンをポチッと押して当ブログの応援をお願いします!
  ↓
人気ブログランキングへ


Jake's Dog House

2005.04.13 お店紹介
我が家は大の犬好きです。 また、犬を街で見かけようものなら触らずにはいられないのです! そんな我が家の犬好き度に勝るとも劣らない、犬好きの方たちにお薦めのお店をニュージャージーで見つけました。場所はもちろんアトランティック・シティ(先週末にお出掛けした場所)にあるトロピカーナ・ホテル&カジノの中。お店の名前は Jake's Dog House です。


nchc7.jpg


このお店には、まるでケーキのお店に並んでいそうな美味しそうな犬用のおやつが銀のトレイにディスプレイされて売られていたり、犬の模様の靴下や、写真立て。そして色々な犬種のマウス・パッドやオーナメントなどが売られていました。

oes.jpg

私がお土産に購入したのは、オールド・イングリッシュ・シープドッグ (スターウォーズに登場するチューバッカではありません) の天使のオーナメント。もちろんカラーやリーシュ、犬用のおもちゃなどもありましたよ。

アメリカ国内なら通販も行っているようなので、犬好きの方はこのお店のサイトへ遊びに行ってみてください。
Jake's Dog House のOfficial Site

diary16.gif下のボタンをポチッと押して当ブログの応援をお願いします!
  ↓
人気ブログランキングへ


研究発表会 in NJ  その2

4月9日の土曜日は、自分達の研究を発表した後は殆どが自由行動だったので、他の学生の研究発表を聴いたり、ホテルの部屋で寛いだりしました。そして夕方、再び私の大学の教授や生徒と一緒に外出することに。

で、どこへ行ったかというと、カジノ

nchc5.jpg


今回の研究発表会が開催された場所は、ニュージャージー州、アトランティック・シティ近郊でした。 アトランティック・シティと言ったら、そりゃぁカジノへ行くしかないでしょう。 教授自らが「ここまで来ておいて、アトランティック・シティのカジノを見ないのも何だか不自然だから。」と訳のわからない理由をつけて、カジノへ行く気満々だったので、カジノがあるホテルへ夕食を食べに行きました。


nchc6.jpg


アトランティック・シティは「海沿いのラスベガス」と呼ばれるだけあって、カジノがある大きくて派手なホテルが海沿いに幾つも並んでいます。私達は海岸とホテルの間に作られているboardwalk (左の写真参照) を歩いて、 Tropicana Hotel & Casino へ向かいました。外出する前に私たちの教授はアトランティック・シティの情報を、ニュージャージー州から今回の研究発表会に参加している教授や生徒から収集したらしく、その結果カジノで賭け事をしないならトロピカーナ・ホテル&カジノが一番楽しいらしいという結論に辿り着いたようです。


nchc4.jpg


トロピカーナは噂通り、ホテルの中のカジノ場を抜けてショッピング・アーケードへ行くと、南米のような雰囲気のアーケードにブティック、レストラン、デリが立ち並んでいて、カジノ場の喧騒とは対照的でした。 キューバ料理のレストランで美味しい夕食を頂いた後、デリで買ったピスタチオのジェラートに舌鼓を打ちながらブティックや犬の雑貨店などを見て歩いて、ウィンドウ・ショッピングを楽しみました。


nchc3.jpg
(写真:ショッピング・アーケードの天井の一部は青空になっていて、本当の空ではないのについつい空を眺めてしまう。)

nchc2.jpg
(写真:アーケード内のデリで見つけた美味しそうなケーキ。ピスタチオのジェラートを食べた後だったので、ケーキの購入は諦めましたballoon_72.gif


diary16.gif下のボタンをポチッと押して当ブログの応援をお願いします!
  ↓
人気ブログランキングへ



研究発表会 in NJ  その1

nchc.jpg 

4月8日(金)から North East National Collegiate Honors Council (全米大学オーナーズ協議会の北東支部)主催の研究発表会に参加するためにニュージャージー州まで行ってきました。私の大学からは、教授1名と私を含む生徒3名がこの研究発表会へ行くことになり、教授の運転で350マイル (約560キロ) の道のりを車で移動。行きは途中で渋滞にハマってしまい、ボストンを出発してから8時間後に目的地へ到着しました。

研究発表会が開催されるホテルへ到着したときにはメンバー全員がお疲れモードでしたが、私達が翌日の研究発表の第1組目なのでホテルの近所からテイク・アウトした中華料理を食べながら、ホテルの部屋でコンピュータやスクリーンをセットしてリハーサルと発表の準備に追われること数時間。深夜になってやっと準備も終わり、不安を抱きながら各自部屋で休むことに。

nchc1.jpg

私達の研究テーマは「自然が生み出す芸術」で、自然に関するデータをグラフやチャートではなくて絵画で表現したり、風や太陽を利用して描いた絵を発表しましたが、発表してみると予想以上に反響が大きく、他の大学の学生や教授から色々な質問やコメントをいただきました。この研究発表会の良いのは、参加している学生全員が夫々の大学のオーナーズ・プログラム (成績優秀者の特別プログラム。一般の生徒とは別の授業を受講したり、研究を行うことができる。オーナズ・プログラムは、オーナーズ・ソサエティとは異なります。) の下で勉強しているため、とても充実した意見交換が出来るところ。 こういう場へ来ると、「上には上がいる」というのを実感します。 今月下旬に今度はマサチューセッツ州の研究発表会があるので、このニュージャージーで行われた研究発表会は良い経験になりました。

写真は、この研究発表会のポスター発表の模様。 発表の形式は、円卓で少人数の人たちに対して発表を行う、テーブル発表と、研究の概要をポスターの形式で発表する、ポスター発表(写真参照)。 そして多くの人を前に研究を発表するパネル発表の3種類。 私達が行ったのは、パネル発表です。


diary16.gif下のボタンをポチッと押して当ブログの応援をお願いします!
  ↓
人気ブログランキングへ


The 100 Scariest Movie Moments

先日、アメリカのケーブル・チャンネルの一つである Bravo! で、 The 100 Scariest Movie Moments (映画の怖いシーン100選) を5時間にわたって放送していました。 100位の 28 Days Later (28日後)から始まって、71位に The Sixth Sense (シックス・センス)、59位に Fatal Attraction (危険な情事)、34位に The Hitcher (ヒッチャー)などが登場。

そして気になるトップ10の結果は以下の通り:
10. Wait Until Dark (暗くなるまで待って)
9.  Night of the Living Dead (ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド 死霊創世記)
8.  Carrie (キャリー)

lamb.jpg

7. Silence of the Lambs (羊たちの沈黙)
6. Shining (シャイニング)
5. Texas Chainsaw Massacre (テキサス・チェーンソー 注:リメイク版ではなくて、オリジナルの方)
4. Psyco (サイコ)
3. Exorcist (エクソシスト)
2. Alien (エイリアン)

jaws.jpg

1. Jaws (ジョーズ)
これから夏へ向けて怖い映画が見たくなったら
Bravo の怖い映画100選 を参考にしてみてはいかがでしょうか。

ちなみにこの番組、1時間も見ないうちに Hubby も私もすっかり気分が悪くなり、見るのを止めました(泣)。


diary16.gif下のボタンをポチッと押して当ブログの応援をお願いします!
  ↓
人気ブログランキングへ


Brookline -ブルックラインの風景-

2005.04.04 Bostonあれこれ
土曜日から降り続いた雨も止んだので、今朝はBrookline (ブルックライン) のBeacon Street (ビーコン通り) 沿いを散歩しました。 左の写真の駅はビーコン通りとハーバード通り(Harvard Street)が交差する場所に位置する Coolidge Corner (クーリッジ・コーナー)駅です。 この周辺は、銀行、輸入食品なども扱う Trader's Joeという食材店や、ワイン店、映画館、レストラン、カフェ、書店、雑貨店などがほどよくあって便利です。


coolidge.jpg
(写真:地下鉄グリーン・ラインのクーリッジ・コーナー駅)


前回 「ブルックラインで朝ごはん」のエントリーでも触れましたが、ブルックラインはボストンに隣接する高級住宅地です。この地域出身の著名人は、35代目のアメリカ大統領、John F Kennedy (ジョン・F・ケネディ ) をはじめ、前マサチューセッツ州知事で大統領選にも出馬した(相手はジョージ・H・ブッシュだった) Michael Dukakis (マイケル・デュカキス)、ニューイングランド・パトリオットのオーナーとして知られる Robert Kraft (ロバート・クラフト) 、ボストン・レッド・ソックスの若きゼネラル・マネージャー、 Theo Epstein (シオ・エプスタイン) 、そしてアメリカでは夜のトーク番組の顔としてお馴染みの Conan O'Brien (コナン・オブライエン)など。


coolidge3.jpg


ビーコン通りに沿って歩いていると、ユダヤ教の寺院、Kosher のお店やロシアのお店を目にするので、ユダヤ人とロシアからの移民がこの地域に多く住んでいるということも簡単に想像できます。 街全体がどことなくのんびりとした雰囲気で、朝からジョギングする人たちや犬を散歩させている人を良く見かけるのもこの地域の特徴。 日曜の朝のまだ人が少ない街の中を散歩すると良い気分転換になります。


brookline.jpg

Coolidge Corner駅へはTのグリーン・ライン(C)で行くことができます。


diary16.gif下のボタンをポチッと押して当ブログの応援をお願いします!
  ↓
人気ブログランキングへ


ボストン大学の新しいフィットネス・センター

2005年4月1日から Boston University (ボストン大学)の新しいフィットネス&レクリエーション・センターがオープンです。 昨年のサンクスギビングから先日のイースターまで、ご馳走を頂く機会が多かったので、今まで蓄積された皮下脂肪を燃やしに行ってきました。 それにしても、さすがは高い授業料をぼったくる請求する大学だけあって、このフィットネス・センターの設備は充実しています。

brock.jpg

エアロビ・マシンや筋力トレーニング用のマシンが100以上あるフィットネス・エリアの他、ロック・クライミング用の壁、競泳用プール、レクリエーション・プール、ダンス・スタジオ、ラケットボールのコート(4面)、ジョギング・トラック、バスケットボールのコート(4面)、そして多目的コート(バスケットボール・コート3面分ある)。

bcafe.jpg

ストレッチをしたあと、ステップ・マシンを10分、エアロ・バイクを10分で身体を温め、Hubby とラケット・ボールをしましたが30分で二人ともバテ気味。 夫婦揃って完全に運動不足です。

何だかんだ言いながら、フィットネス・センターで2時間過ごしました。 夏休み中も色々な講座がここで開講されるので、機会があれば講座もとってみようと思います。 それにしても、明日は確実に筋肉痛でしょうね(汗)。

bcourt.jpg

写真は1番上から、センター入り口近くにあるロック・クライミング用の壁。次は、センターの中にあるヘルシー・バー。スムージーやその他の飲み物、スナックなどが売られています。3つ目はバスケットボール・コート。コートの上階は、コートの周りを走るような感じでジョギング・トラックになっています。

Boston University Fitness & Recreation Center公式サイト

PS:4月3日の日曜からアメリカではデーライト・セービング(夏時間)が始まりますね。アメリカにお住まいの皆様、土曜の夜は寝る前に時計を1時間進めることをお忘れなく。


diary16.gif下のボタンをポチッと押して応援して頂くと、励みになります
  ↓
人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。