スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エーッ!デンゼル、来てたの!?

2007.07.25 Bostonと映画
昨日の朝の通勤途中で、"Boston Metro" という地元のフリー・ペーパーを読もうと、その新聞を広げてみると、どこかで見覚えのある顔が新聞の一面に・・・

新作のロケでチャールズ川を背景に演技している、デンゼル・ワシントンでした diary40.gif


エーッ! ボストンにデンゼルが来てるなら、来てるって、誰か知らせてよねぇ diary36.gif

"The Great Debaters" という映画のロケだったようです。 一目でいいから生デンゼルを見てみたかった。



以前は映画の撮影をボストンで行おうとすると、その許可を得るための費用が高額だったため、映画撮影があまり行われなかったけど、最近は市の活性化のためにその費用をボストン市が一気に値下げしたらしく、ここ数年では映画の舞台として使用される回数が大幅UP diary52.gif


ちょっと前にはケビン・スペイシーも撮影で来ていたらしい。

ボストンがハリウッド・スターで賑わうのはまだまだこれから。

The Great Debaters はテキサス州の Wiley College (アフリカン・アメリカンのために設立されたリベラルアーツ大学。アメリカでは長い間、アフリカン・アメリカンが一般の大学に進学するのは認められていなかった) のディベートチームが1935年に 弁論大会で University of South Carolina のディベートチームを下して優勝した実話を元に作られた作品。

当時の Wiley College のディベートチームは優勝したにも関わらず、(アフリカン・アメリカンの会員を第二次世界大戦後まで認めることがなかったディベート・ソサエティのおかげで)優勝のタイトルを周囲から認められることはありませんでした。← 実際のアメリカは「平等の国、アメリカ」というイメージからはほど遠いdiary05.gif


The Great Debaters official site はこちら



1クリックでこのブログの応援をお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

L Street Tavern -ハリウッド映画にも登場した居酒屋さん-

2007.07.05 食関連のお店
当ブログでも紹介した "Boston Movie Tours" というツアー(このツアーに関するブログエントリーはこちら)に先日参加した時に、案内してもらった観光名所の一つがこの "L Street Tavern"balloon_90.gif  映画「グッドウィル・ハンティング」の中でマット・デイモンが演じる主人公が、ボストンの下町で暮らす仲間たちと一緒にビールを飲みながら楽しく過ごしているシーンで登場するアイリッシュ・パブです。

tavern01
(写真:L Street Tavernの入り口。やはりアイリッシュ・パブなのでクローバーが目印。)

「グッドウィル・ハンティング」の撮影時にロビン・ウィリアムスがふらっと立ち寄ったこのお店。その際にここの店員さんからお客さんまで、ロビン・ウィリアムスに握手やサインを求めることなく最後まで普通のお客さんとしてロビン・ウィリアムスを扱ったことに当人は感激して、その後5日続けて通ったそうです。そんな出来事がきっかけで、「グッドウィル・ハンティング」のワンシーンに登場するパブとして、このパブが選ばれたのでした。

tavern03
(写真:木を基調としたカウンターメインの店内は大きすぎず、小さすぎず、いい感じです。)

映画で見た時の印象と比べて綺麗で小さい店内は、常連のお客さんたちがお昼からビール片手に寛いでいました。また、店内の壁に何気なくロビン・ウィリアムスやグッドウィル・ハンティング関連の写真が飾られています。私たち夫婦はビールとソフト・ドリンクをオーダー。合計で$5でした。

tavern02 
地ビールの"Summer Ale" 美味しかったballoon_01.gif

L Street Tavern
(617)268-4335
658A E 8th St
Boston, MA 02127 (地図をご覧になりたい方はこちら)


1クリックで今日も応援おねがいしますdiary11.gif  人気ブログランキングへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。