スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yes we can!

2008.11.06 アメリカ生活
11月4日は大統領選だったので、何とも緊張感漂う1日でした。何と言っても今回はアメリカ史上初のアフリカン・アメリカンの大統領が誕生するかもしれないという、歴史的な大統領選となったので通常の大統領選以上にアメリカ中が注目する選挙となりました。

私も朝からニュース番組でアメリカ各地の投票状況を時おり確認しながら過ごして、夜はテレビの前で投票結果をじっと待つ事に。もう、選挙でこんなに緊張したのは初めてです(しかも日本人の私にはアメリカでの投票権はない)。

私が一番心配したのは、選挙当日になって多くの投票者が「やっぱりオバマはアフリカン・アメリカンだから」という理由でマケインに投票したらどうしよう、という点。アメリカでは人種差別は遠い過去の出来事ではなくて、今でも根強く残っているのです。


(写真:大統領選の翌日、ふと空を見上げたらとても綺麗な夕焼けでした。)

で、結果はというと・・・オバマ氏当選!
オバマ氏の当選が確実になったというニュースを聞いて、hubby と一緒に大喜び。まるでクリスマスとお正月が一気にやって来たような気分でした。興味深かったのは、「候補者の人種は投票をするかしないかを決めるのに重要だ」と答えた投票者の 50% 以上がそれでもアフリカン・アメリカンのオバマ氏に投票したということ。アメリカの今の経済状況を考えると「候補者が白人かどうか」と言ってる場合ではない、といったところでしょうか。

obama.jpg
(写真:大統領選翌日の新聞。)

大統領選直前の週末には大学のキャンパスで学生ボランティアを動員して、各候補者のために電話でキャンペーンをするイベントがあったり、大統領選の当日には大学のキャンパスからは投票所へ行くシャトル・バスが運行されたり、夜には大統領選の開票結果を見るイベントが開催されて、学生たちも積極的に参加した大統領選となったので、翌日は多くの学生が寝不足に。

オバマ氏が44代目のアメリカ大統領として活動を開始するのは来年の1月20日です。新しい大統領のもと、アメリカではどんな出来事が起こるのか楽しみです。

1クリックで今日も応援おねがいしますdiary21.gif  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

ハロウィーン

2008.11.02 イベント
10月31日はハロウィーンだったので、大学の授業に仮装して出席する教授や学生たち、キャンパス内で行われるハロウィーンにちなんだイベント、ダウンタウンを仮装して歩く大人や子供たちでどこもかしこもお祭り気分♪

家の近所には子供たちがたくさんいるので、我が家もこの日のためにお菓子をたくさん買い込んでおきました。日本でもハロウィーンは普及してきているのでご存知の方も多いと思いますが、ハロウィーンの夜には仮装した子供たちが "Trick or treat! (お菓子をくれなきゃ悪戯するよ)" と言いながら近所の家を訪ね歩きます。


halloween01.jpg
(写真:我が家のハロウィーングッズ。Jack-O'-lantern のデザインのお菓子入れとお化けのデザインのキャンドル。)

ハロウィーンの当日はちょっと遅めに帰宅したので、子供たちが訪ねてくるか心配しましたが、帰宅後10分も経たないうちに沢山の子供たちがお菓子を集めにやって来ました。小さな子供たちは両親と一緒に、大きな子供たちは友達と一緒に。おかげでスーパーマン、バットマン、スパイダーマン、忍者、ゾンビ、お姫様、妖精、ゴミ箱など色々なキャラクターを見る事ができました。

halloween.jpg
(写真:お母さんと一緒にお菓子を集めに訪ねて来た子供。可愛い♪)


おまけ
その1
ニューイングランド・パトリオッツのホーム・スタジアムがあるフォックスボローの地域には自宅をかまえるパトリオッツの選手も多いらしく、そういった選手の家に仮装して子供たちが訪ねると、お菓子の代わりに商品券とかをくれるらしいです(クラスメイト談)。

その2
ハロウィーンの日は帰宅前に飲物を購入するためにマクドナルドへ行きましたが、ドライブ・スルーではジョーカーが働いていました!かなりリアルなメイクで怖かった!!

Joker.png


1クリックでこのブログの応援おねがいしますdiary16.gif  人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。