スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックスベリーで朝ごはん

2009.04.30 食関連のお店
朝早くからジムでワークアウトを済ませた帰り道、突然お腹がすいたと言い出す hubby。久しぶりにパンケーキが食べたくなったようで、ロックスベリーにある Silver Slipper Restaurant へ向かうことに。



ジルバー・スリッパーの外壁にはこんなペイントが


ロックスベリーはアフリカン・アメリカンの文化が豊かなエリアで、マルコムXが住んでいたことで知られている場所。Silver Slipper Restaurant はそのロックスベリーの Dudley というバスターミナルの直ぐ近くにあって、その昔マルコムXも食事をしたとかしないとかいう伝説まであるお店です。


silverSlipper01.jpg


お洒落とは言えないお店ですが、地元の人たちに愛されているレストランで忙しい時間帯にはお店はお客さんでいっぱい。ここではパンケーキとスクランブルエッグにベーコンといったアメリカンな朝食メニューと、乾燥させたトウモロコシを粉末にしたものをお粥のように調理したグリッツ、そして歯が抜け落ちそうに甘いアイスティがあります。甘いアイスティは南部出身の人たちには懐かしい味のようで、人気があります。

そしてこのレストランはベン・アフレックが監督したサスペンス映画 "Gone Baby Gone" にも登場したことで有名なんですよ。


Silver Slipper Restaurant
2387 Washington St,
Roxbury, MA
(617) 442-4853

関連記事:
ブルックラインで朝ごはん
サウスエンドで朝ごはん
ロックスベリーやドーチェスターを知らずして・・・


1クリックで応援おねがいしま~す diary10.gif  人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

世の中って狭い

2009.04.29 ひとりごと
土曜日に MIT Museum へ出かけた我が家は思わぬ出来事に遭遇。この日は MIT Museum で Cambridge Science Festival の一環として特別なイベントのコーナーが設置されていました。その特別イベントのコーナーで羊の内蔵のサンプルを見せてその内蔵に関して説明してくれるボランティアのおじさんが居て、気付けば hubby を相手にその内蔵について説明を始めていました。




私も途中から hubby の隣でおじさんの熱心な説明を聞きながらときどき質問したりしていくうちに、話はどんどん専門的な内容に。そのうちおじさんが私たちの質問に答える時に、「それに関しては私も研究をした結果・・・」という答え方をするので、うすうすただのボランティアのおじさんではなくてどこかの教授かも知れないと感じるように。話が一段落ついたところで「専門は何ですか?」と尋ねてみたところ、偶然にも私が携わっている研究に関連があることが発覚。


mit05.jpg


それに気付いた hubby が横から「それは偶然ですね。実は彼女も似たような研究をしていますよ。」とおじさんに言ったため、おじさんは興味津々。

おじさん:「おー。君はボスドクか何かなの?」

私:「いえ。大学を卒業してつい最近、研究室で働き始めたところです。」

おじさん:「どこの研究室?」

私:「○○にある研究室です。」

おじさん:「誰の研究室?」

私:「○○(私のボスの名前)の研究室です。」

おじさん:「おぉ!彼のところで働いてるのか!彼とは彼がポスドクだった頃からの付き合いだよ。」

そうなのです。このおじさんは実は某大学の教授で、しかも私のボスのお友達でした。研究の専門も似ているので、ここからは大人3人(ボランティアをしていた教授、hubby 、私)が椅子にしっかり腰を落ち着けて研究談義になってしまいました(笑)。世の中って狭いですよね。本当にどこで誰とつながっているか判らないので、油断がなりません。

図々しくも「機会があったら、授業の聴講に行っても良いですか?」とのたまった hubby に嫌な顔もせず「おぉ、いつでも気軽に遊びに来たら良い。」と言って下さったので、 hubby は聴講に行く気満々で会場を後にしましたよ。


1クリックで当ブログの応援おねがいしま~すdiary33.gif  人気ブログランキングへ


MIT Museum

今まで気になっていながら行ったことがなかった MIT Museum (マサチューセッツ工科大学の博物館)。 Cambridge Science Festival の会場の一つとなっていたので行ってみました。普段は入館料が必要ですがScience Festival 開催期間中は無料♪

関連記事:
科学の祭典@ケンブリッジ


コミュニケーションをテーマとしたオブジェ


この博物館には MIT で研究を行っている学生の研究作品が展示されていたり、MIT が関わった過去の発明品や、科学とアートが融合した作品、そして MIT で進められているロボットの研究関連の展示品などが揃っています。


mit02.jpg
博物館は Massachusetts Avenue に面しています


MIT の歴史に関する展示では MIT がハーバード大学と合併するという話が過去に持ち上がったことなどにも触れていて、興味深い内容。

mit03.jpg
ボストンのテクノロジーの歴史に関する展示

博物館の1階は特別展示品が多く、2階は常設展示品が多いようなレイアウトになっています。規模としては小さめの博物館ですが、科学を色々な角度から見ることができるようなつくりになっているので、「サイエンスやエンジニアリングには興味がないけどアートは好き」という人でも楽しめるような展示もありますよ。

mit04.jpg
色々なホログラムの展示があることで有名

ここの2階にはレゴで DNA を組み立てさせてくれる教室があって、小中高生が DNA について楽しく学べるような工夫がされていますが、大人でも充分楽しむことが可能。

たまにはちょっと違ったタイプの博物館へ行ってみたいという方には、こんな博物館も良いかも知れません。

MIT Museum
265 Massachusetts Avenue
Cambridge, MA 02139
オフィシャルサイトはこちらから

開館時間:毎日午前10時~午後5時
主な祝日は休館

diary19.gif1クリックでこのブログの応援をおねがいします   人気ブログランキングへ



予期せぬ贈り物

2009.04.27 ひとりごと
土曜日の朝にのんびりと眠っていたら、突然大きなベルの音で起こされてしまいました。こんな朝から呼び鈴を鳴らすのは誰?エホバの証人?などと思いながらガウンを羽織って玄関を開けると、小包が置かれていました。

小包の送り主は他の州に住むお友達。アメリカで暮らすようになる前から、ずっとお世話になっている方です。目がきっちり覚めてから小包を開けてみると、中には日本の食料品やお料理の本が詰め込まれていました。今年になって就職したばかりでここ2年ほどは日本への一時帰国を完全に諦めている私にとっては、何とも嬉しい贈り物☆





どんぶり物が好きな hubby もレシピ本(丼本―3ステップで作れる簡単で旨い丼レシピ厳選50 )の中の写真を見ながら大喜び。ボストンに日本食材のお店があってもさすがに何でも揃うという訳ではないので、こういった贈り物は海外での生活が長くなるほど嬉しいです。


1クリックで今日も応援おねがいしま~す diary10.gif  人気ブログランキングへ


科学の祭典@ケンブリッジ

2009.04.26 イベント
ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT) と2つの有名大学がある他、バイオテック企業やマイクロソフトなど理系の企業の多くがオフィスやラボを構えるケンブリッジで、今年も科学の祭典 "Cambridge Science Festival" が始まりました♪



このお祭りは4月25日(土)から5月3日(日)まで MIT を中心としたケンブリッジ一帯で開催されています。今年で3年目になるお祭りですが、我が家はボストンを離れていたので2007年と2008年には参加出来ませんでした。初めて出掛けた今年は天気も良く、気温も上昇!なんと半年ぶりの83℉(摂氏28℃)。

sciFes01.jpg
天気も良いので、とっても賑わっていた MIT のキャンパス

MIT の Kresge Auditorium の付近にはテントが張られて、顔に花などの模様を描いてくれるフェイス・ペイントがあったり、ルービック・キューブ(何気に復活・・・)の解き方を教えてくれるイベントがあったり、子供たちが楽しめるイベントがいっぱいです。

sciFes05.jpg
ペットボトルで作ったロケット打ち上げのデモンストレーション

sciFes03.jpg
冷房が効いた講堂では空気の大切さを教えるレクチャー


sciFes04.jpg
バイオテック会社や自然保護団体などが科学に関することを展示しているエリア

sciFes02.jpg
昆虫の標本と昆虫の絵をマッチングさせるゲームに参加中。大人も真剣です。


マサチューセッツ州はケンブリッジに多くのバイオテック企業そしてボストンにマサチューセッツ・ゼネラル・ホスピタル (MGH) を始めとする有名な病院が集まっているので、アメリカ屈指のサイエンスのメッカとして知られています。そんな訳で科学者同士が気軽にアイディアを交換することができる、良い環境が整っているのですよ。だからこそサイエンス・フェスティバルを開催するのにぴったりの場所です。こういったイベントを通してサイエンスの面白さを知った子供たちが、将来科学者へと育って行ってくれたら良いですね。



クリックして頂くとブログ更新の励みになりますdiary22.gif  人気ブログランキングへ


電話会社のアールデコなビル

2009.04.25 Bostonあれこれ
veri01.jpg
Verizon ビルのロビー

ファイナンシャル・ディストリクトにあるポストオフィス・スクエアという公園に面して建っているビルの1つに Verizon という電話会社のニューイングランド本社があります。さすがは電話会社がオフィスを構えているビルだけあって、このオフィスビルのロビーにはテレコミュニケーションの歴史を描いた大きな絵画が展開していて、なかなかの見応え。ただ残念なことに、オフィスビルのため中に入ることが出来るのは平日のみ。それでも時間があれば一見の価値がありますよ。

veri02.jpg


このビルは前回紹介したホテルと同様にアールデコのデザインが特徴です。Verizon の前にも AT & T や Bellなどのアメリカの電話会社がこのビルを所有していました。アールデコはエンジニアリングやテクノロジーを讃えたデザインなので、電話会社がアールデコのデザインのビルを所有することは自然なことなのかも知れませんね。

関連記事:
ボストンのアールデコ

ところでこのビルの入り口の天井部分のパターンと、入り口付近に設置されている石造りのプランターの柵のデザインがとても似ています。「あぁ、柵のデザインと天井部分のパターンをマッチさせたんだなぁ」と思っていたのですが、実はこの柵は単なる飾りではなくちゃんと目的があるよう。


ver03.jpg


写真でも判る通りプランターがある付近はとても良く舗装されていいるうえプランターの高さも程よいので、スケートボードの練習にはもってこい!そこでスケートボードの技を磨くためにプランターの上にスケートボードと一緒に飛び乗られると、せっかく綺麗に磨かれた石が欠けてしまうので、柵はスケートボードの練習防止を目的としているようです。


1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary19.gif  人気ブログランキングへ



サウスエンドで朝ごはん

2009.04.24 食関連のお店
サウスエンドはバックベイの南に位置していて、様々な人種の人たちが暮らすユニークなエリアです。アフリカン・アメリカンやヒスパニック系の人たちが比較的多いからかこのエリアをあまり良く思わない人もいるようですが、実は美味しいレストランやヒップな感じのブティックなどがあります。ボストンの大学の一つとして有名なボストン・カレッジは意外にも、開校当時はこのエリアにキャンパスを構えていたのだそう。さらに、このエリアは昔はボストンのジャズのメッカでもあったようです。



レンガ造りの建物の向こうに見える、ジョンハンコック・ビル

先日のエントリー、「週末の収穫」で予告したお気に入りの食べ物も、このサウスエンドにお店を構えるベーカリーで見つけました。 Flour Bakery + Cafe という名前のベーカリーで、サウスエンドの住人を始めとするボストニアンには人気のお店。このベーカリーには犬の散歩の途中で立ち寄るお客さんも多いようで、外で飼主を待つ犬たちを良く見かけます。


southend03.jpg


先日友達のお家を訪ねた時にここのクッキーを持って行ったのですが、美味しかったのでその翌日に再びお店へ行って買ってしまいました。我が家のお気に入りはコーンミール・ライムクッキーでライムのほのかな酸味がくせになる、クッキーです。

今朝も無性にこのクッキーが食べたくなったので、通勤途中にお店に立ち寄りました。お店に着いたのは開店数分前でしたが、既に常連らしきお客さんたちが何人もドアの前で待っていました。開店と同時に入ったお店には、焼きたてのパンやスコーンなどがケースにずらり。ただ、朝だったのでお目当てのクッキーがなかったため、仕方なくレモン・ジンジャーのスコーンとコーヒーを購入 diary52.gif



southend02.jpg
飼主をおとなしく待つ犬たち


お店の小さな飲食スペースで他のお客さんに混ざって、朝の一時を過ごしました。でもやっぱりライムのクッキーが食べたいので、週末のお昼にまた行ってみます。


Flour Bakery + Cafe
1595 Washington St., Boston MA 02118
Tel: 617-267-4300
オフィシャルサイトはこちらから

関連記事:
ブルックラインで朝ごはん
ロックスベリーで朝ごはん

diary19.gif1クリックでこのブログの応援をおねがいします   人気ブログランキングへ


いろいろなお弁当

2009.04.23 アメリカ生活
このところ毎日のように雨が降っているボストン。雨降りの日は何となくランチに温かい物が食べたくなるので、しばらくサンドウィッチはお休み。代わりに今日はオムライスを持参しました。

アメリカだと日本のようにおかずが何品も入ったお弁当を持ってくる人はいないので、職場の仲間はグリル・チキンと味がついたご飯とかパスタとか至ってシンプル。今日なんて私のボスは紙皿に乗ったピザのスライスをジップロックに入れて持参。昨夜食べたテイクアウトのピザの残りなのだそう。





レンジで温めたオムライスを持って席に着くと、「それは何?」とボスその2は興味津々。オムライスについて簡単に説明すると、「すごく良い香りがする!」と私のお弁当箱をのぞき込んでいました diary43.gif
 オムライスはアメリカには存在しないので、珍しいのでしょうね。

ランチの時間は皆の持参するお弁当からお料理のアイディアをもらったり出来る、楽しい時間です。


1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary22.gif  人気ブログランキングへ




週末の収穫

2009.04.22 ひとりごと
お友達の家に遊びに行ったり家で皆を誘ってポットラック・パーティなどをすると、お気に入りの食べ物や飲物の種類が増えたりする良い機会です。今回もお友達の家にお邪魔した際に、気に入った飲物に出会うことが出来ました。

関連記事:
お家訪問

それは・・・ お友達の家で出されたスパークリング・アップルサイダー!アメリカのスーパーでアップルサイダーは良く見かけますが、炭酸の効いたスパークリングタイプのものは今回初めて飲みました。


apple02.jpg


甘さ控え目のこのアップルサイダーは Trader Joe's の商品だったので、帰りの途中で早速 Trader Joe's に立ち寄って購入。ボトルのデザインも可愛らしいので、今度また誰かの家におよばれした時はこのアップルサイダーをお土産に持って行くのも良いかもしれません。

先週末はこの飲物の他に、新しくお気に入りの食べ物も見つけました。その食べ物は次回紹介します。

1クリックで今日も応援おねがいしま~す diary13.gif 人気ブログランキングへ


春の始まりを楽しむ

2009.04.21 Bostonあれこれ
月曜日はボストン・マラソンがあったり、レッドソックスのデーゲームがあったので、街の中心部は人でいっぱい。そんな混雑を避けるために街の中心部には出掛けず、ボストンの外れにある植物園へ行きました。

関連記事:
Patriots' Day
のんびりと過ごす週末

ここは Arnold Arboretum of Harvard University という植物園で、1872年に設立された北米最古の公共の植物園です。我が家にとっては、私と hubby が結婚式の当日に記念撮影を行った思い出の場所でもあります diary53.gif






ボストンはまだまだ肌寒い日が多いので開花していない木々が多かったですが、それでもモクレンなど花が咲き始めている植物がちらほら。

arboretum05.jpg
このモクレンはあと2週間くらいが見頃なのだそう。


arboretum02.jpg
レンガ造りの建物はこの植物園のビジター・センター。植物画の講座なども開催されています。


arboretum04.jpg
可愛らしいブルーの草花。


arboretum03.jpg
こちらは韓国原産の花。


この植物園には桜の木もあるのですが、桜は満開にはもうちょっと掛かりそうでした。5月10日は Lilac Sunday というイベントが開催されて、この植物園にある180種以上のライラックを楽しむために多くの人が集まるそうです。その頃にはボストンももう少し暖かくなっているでしょうから、またこの植物園を訪れてみたいと思います diary43.gif


The Arnold Arboretum of Harvard University
125 Arborway
Boston, MA 02130
オフィシャルサイトはこちらから

1クリックで今日も応援おねがいしま~す diary08.gif  人気ブログランキングへ






お家訪問

2009.04.20 アメリカ生活
ボストンに戻ってきたことを知った友達から、彼らの家に遊びに来るように誘われたので、日曜日の午後に夫婦揃ってお邪魔してきました。今回のお家訪問は久々に友達夫婦に会うのも楽しみでしたが、彼らの赤ちゃんと初めて会うことができるのでとても楽しみにしていました。





お家のチャイムを鳴らすと、友達と赤ちゃんが登場。赤ちゃんは半年ちょっとのとっても可愛い男の子です。そろそろ人見知りをする時期に入っているようで、私が彼の方を見ながらニコニコしていると泣きそうに(笑)。それでも大人がランチを食べている間は静かに1人でおもちゃで遊んだりして、とても良い子にしていました。


boston10.jpg


自分たちの子供に赤ちゃん言葉で接することもなく、それでも細かな所にまで配慮しながら育児をしている友達夫婦を見ていて、彼らにとって新しい家族がどれほど大切な存在かをひしひしと感じることができました。それに両親の愛情を一杯受けてすくすくと育っている赤ちゃんを見ていて、こちらまで幸せになることができました。

子供が好きな hubby も赤ちゃんに向かって手を振ったり、色々しながら赤ちゃんをあやして楽しそう。天気の良い日曜日の午後に、こうやって赤ちゃんを囲んで友達夫婦と過ごす時間はとても貴重な経験になりました diary53.gif


1クリックでこのブログの応援をお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ



のんびりと過ごす週末

2009.04.19 Bostonあれこれ
4月20日の月曜日は Patriots' Day でマサチューセッツ州では祝日になっています。 おかげで私の職場も3連休 diary40.gif


関連記事:
Patriots' Day

3連休を迎える直前の金曜日は私の職場でもこの3連休を使った旅行を計画している人や、他にも楽しい予定を色々と入れている人たちが殆どで、金曜日の午後5時頃に残っていたスタッフは私とPIその1(私のラボには複数のPIがいます)の2人だけ。





私も金曜日の夕方に職場を後にしてから、hubby と一緒に連休前の買い出しに出掛けました。我が家はこの連休に何か特別なことをする予定はないのですが、のんびりと週末を過ごしたかったので買い物を済ませておきたかったのです。

お店に向かう道中はさすがに連休前の金曜日の夕方だけあって、あちらこちらで渋滞に遭遇 diary41.gif 平日の夕方でも渋滞になりますが、この日はそれ以上に道が混んでいました。


weekend02.jpg


今回はまとめ買いしたいものがあったので、ホールセールのBJ's へ。お目当てはステーキ用のお肉とオーガニックサラダなど。ボストンに戻ってきてから一般のスーパーへ買い物に行くと、大きな容器に入ったオーガニックサラダが売られていないので、小さめの容器に入ったのをいつも買います。でも BJ's だと大きいサイズのオーガニックサラダが一般のスーパーの小さいサイズのサラダと同じくらいの値段で売られています。


weekend03.jpg


他にも頻繁に使う食材なら、スーパーで買うより安いアイテムがいっぱい。それと1ヶ月ぶりに行った BJ's ではビール、ワイン、ウイスキーなどのアルコールも売られていました。お酒も値打ちに買うことができるとなると、ますます BJ's の利用度 UP です。


1クリックで今日も応援おねがいしますdiary35.gif  人気ブログランキングへ


ボストンのアール・デコ 

ボストンのビジネス街のちょっと外れに、レンガ造りのアール・デコのビルが建っています。

artdeco03.jpg

この辺りは週末ともなるとオフィスが閉まっているのでとても静か。それにここからホテルや水族館が並ぶ港までも簡単に行くことが出来ます。


およそ1ブロック先は海

この1920年代に建てられたビルにはヒルトン・ホテルが入っていますが、中に入るとロビーにはアール・デコの天井画があったり、エレベーターのドアやロビーにある郵便ポストにも当時の装飾が生かされていて良い雰囲気。

artdeco01.jpg
アール・デコはテクノロジーやエンジニアリングを讃えたデザインが多い

artdeco02.jpg
壁のライティングもアール・デコ


歴史ある建物を上手に利用したホテルで、アール・デコを楽しむことが出来るなんて良いですね diary52.gif



1クリックでこのブログの応援をおねがいしますdiary17.gif   人気ブログランキングへ




早いもので・・・

2009.04.16 アメリカ生活
ラボのノートに日付を書き込んでいて気付いたのですが、お仕事を始めてからもう2週間も経ちました diary43.gif やっぱり学生として生活していたり社会人として働いていると、時の経つのがあっという間です。 就職2日目でクビになりそうになったりして(関連記事はこちら)どうなることかと思いましたが、その後は今のところ無事に過ごしています。





うちのラボは全員が仲良く働いているのでほぼ毎日みんな一緒にランチを食べるのですが、そのランチタイムの会話で今年は理系であっても就職難だということを知りました。私が採用となったポジションにもかなりの数の応募があったそうです。それにボス曰く、職を探し始めてからけっこうな月日が経っている人たちも多かったのだそう。「必要な条件が揃っていても、さすがに今の時期は就職出来ないでいる人たちがたくさんいるからね。こうやって働いていられる僕たちはラッキーだね。」と言っていました。

バイオテックの企業も雇用を制限しているという話を耳にしたし、やっぱり今年の就職状況は厳しいのですね。


1クリックでこのブログの応援をおねがいしますdiary17.gif   人気ブログランキングへ



変わりゆく Downtown Crossing

2009.04.15 Bostonあれこれ
ボストンへ戻って来てから既に3週間が経ちました。やっと生活のリズムも整ってきたので、久しぶりにボストンの中心地であるダウンタウン・クロッシングを散歩。ここはボストン・コモン、ファニュエル・ホール、ファイナンシャル・ディストリクトにも近いうえ、以前はMacy's と Filine'sというデパートの他、色々なお店があって買い物客で賑わうエリアでした。





しかし Filine's が Macy's に吸収合併された頃にはビルの老朽化も進んで、このエリア全体が荒んだ雰囲気に。特に Filine's のビルからチャイナタウンにかけての Washington Street は荒廃していて、とてもボストンの中心地とは思えません。

crossing02.jpg


もう何年も前からこのエリアの荒廃ぶりが問題になっていたのですが、やっと再活性化に向けての動きが見られるようになりました。ダウンタウン・クロッシングのランドマークとして長いあいだ親しまれてきた Filine's の建物は、一部を残して取り壊し。


crossing03.jpg
一部を残して取り壊された、Filine's のビル


取り壊された部分は新しくコンドミニアムが建てられて、残された古い建物の部分と接続してひとつの大きなビルになるようです。景気が低迷しているのでランドマークが生まれ変わるのに何年かかるのか判りませんが、ランドマークが新しくなることでこのエリアがどのように変化するのか楽しみです。

関連記事:
ボストンの歴史を語る小径


diary19.gif1クリックでこのブログの応援をおねがいします   人気ブログランキングへ



The Game Plan

2009.04.14 Bostonと映画
先日テレビで2007年のディズニー映画、The Game Plan を見ました。テレビで見るまで知らなかったのですが、この映画はボストンが舞台です。元プロレスラーだった Dwayne "the Rock" Johnson が主演しているこの映画、簡単なあらすじは以下のとおり:

The Boston Rebels というフットボールチームのクォーターバックとして活躍する Joe Kingman は優雅な独身生活を送っている。ある日そんなジョーのもとに、彼の娘だと名乗る可愛らしい女の子が現れます。突然の娘の訪問に自分の生活ペースを崩されてイライラしていたジョーも、次第に娘との生活も悪くないと思い始めたが・・・

gamePlan.jpg


映画の中にはボストン・セルティックスのポール・ピアース選手がゲスト出演していたり、主人公のジョーがボストンの有名なシーフード・レストラン "The Barking Crab Restaurant" で食事をしているシーンがあったりして、ボストンが楽しめるシーンが色々あります。


movietours01


簡単に予想が出来るストーリー展開の映画ですが、家族揃って楽しく観ることができる作品。特にボストンで生活している人や生活したことがある人なら、映画に登場する見慣れた景色で盛り上がることも出来ますよ♪




1クリックで今日も応援おねがいしまーす  diary25.gif 人気ブログランキングへ

ボストンの歴史を語る小径

ボストンの Financial District と呼ばれるエリアは、銀行や証券会社などがボストンのメインオフィスを構える高層ビルが立ち並ぶ地域です。そんな高層ビル街の中にひっそりとたたずむ小径があります。





Winthrop Lane という名の20メートル程度の石畳の小径。このエリアで働く人たちの多くが平日はここを通っていることでしょう。

winthropLn02.jpg


一見ただの石畳の小径に見えますが足下に注意を払いながらこの小径を歩くと、石畳の所々にボストンの歴史を刻んだプレートが埋め込まれているのに気付きます diary43.gif


winthropLn04.jpg
1773年に起ったボストン紅茶事件 (Boston Tea Party)

winthropLn05.jpg
1634年に造られたボストン・コモンは、アメリカ最古の公園


winthropLn.jpg
Winthrop Lane は Downtown Crossing 駅のすぐ近く


頻繁に歩き回っているこんな地域でも改めて見てみると、新しい発見があって楽しいです。

diary21.gif1クリックでこのブログの応援をおねがいします   人気ブログランキングへ


嬉しい偶然

2009.04.10 アメリカ生活
つい何日か前に大学時代の(まだ卒業して数ヶ月ですが)友達が私の職場のすぐ近くで働いていることが判ったので、一緒にランチを食べる約束をしました。

でもランチを食べる予定だった日に、うちの職場には幾つものカフェテリアが存在していることが発覚。「じゃぁ、正午にカフェテリアで会おうね!」と気軽に約束し合ったものの、結局どのカフェテリアなのか判らず一緒にランチを食べられずに終ってしまいました。





その同じ日の夕方バス停で帰宅するためにバスを待っていたら、見覚えのある顔がこちらを見ながらニコニコしています。何とお昼時間に会う約束をしていた友達でしたdiary52.gif 約束をしていた時間には会えなかったのに、帰宅の途中に偶然会えたので話をしながらお互いのバスが来るまで過ごすことに。

大学時代の友達にこうやってばったり出会うことが出来たのが、とても嬉しかったです。


1クリックで今日も応援おねがいしま~すdiary33.gif  人気ブログランキングへ


ボストン近郊の高級住宅地

2009.04.09 アメリカ生活
数年前に新聞か雑誌の記事で裕福な住宅地として取り上げられていた街、ウェストン (Weston)。それまで裕福層が暮らす地域というと、ウェルズリー (Wellesley)、レキシントン (Lexington)、リンカーン(Lincoln)などを思い浮かべていたので、ウェストンの住宅の値段が平均で1億円(百万ドル)もすると知った時はびっくりしました。

その噂の真相をつきとめるために(大袈裟だって・・・)、ウェストンへ行ってみることに。

そこで見た家はこんな感じ!
   
       ↓      ↓


家が大きいので、ちょっと離れた所からではカメラに全部おさまりません

車でウェストンの中を走りながら色々な家を見て回りましたが、どの家も「新築!?」と言いたくなるほどきれいです。広々とした敷地に大きな家さらに夫々の家に平均して3台分のガレージがあって、ゆとりを感じさせる造り。


house02.jpg


ウィキペディアによると、ウェストンは1000世帯以上が集まって形成される町としては全米で最も裕福な地域のトップ100に入っています。そしてこの町にあるWeston High School は、全米の公立高校トップ60にランクインするほど優秀な高校なのだそう。


house01.jpg
まだまだ寒いというのに手入れの行き届いた芝生


さすが高級住宅地だけあって、この町の住人にはボストン・レッドソックスのDavid Ortiz選手やボストン・セルティックスの選手なども住んでいるようです。

1クリックで当ブログの応援おねがいしま~すdiary33.gif  人気ブログランキングへ


アフター5

2009.04.08 アメリカ生活
今週は月曜日から雨が降ったり曇り空だったりで、ボストンのお天気はイマイチです。それにまだまだ寒いので、コート無しでは出掛けられません。春だから天気が良ければ散歩をしたいのですが、散歩は暫くおあずけ。

でも運動をしないと仕事が終わる時間まで集中力がもたないので、仕事の後にジムへ行くことにしました。夕方6時過ぎに行ったジムは満員状態。皆せっせとジョギングをしたり、筋力トレーニングに励んだりしています。




私も周りの人たちがしっかり運動しているのにつられて、45分ほど運動しました。 おかげで脚が疲れていますが、仕事の後の運動は気持ちいいですね。 もうちょっと気温が暖かくなるまで、暫くの間は仕事の後にジムへ通いたいと思います。

diary19.gif1クリックでこのブログの応援をおねがいします   人気ブログランキングへ


お花見の時にはやっぱりコレ?

2009.04.07 ひとりごと
我が家が利用している酒屋さんはビールの種類が豊富なので、最近は毎回違った種類のビールを買ってみます。

hanami01.jpg
ビールはバラ売りされているものも・・・


今回も「今日は何にしようかなぁ」と、冷蔵庫に並んでいるビールを見ていた時に、こんなビールを発見!
                   ↓    ↓

hanami.jpg


ニューハンプシャー州のビール・メーカー、Smuttynose Brewing が製造している "Hanami Ale" diary40.gif 日本の文化、「お花見」からインスピレーションを得て造られたビールで春限定(3月と4月)なのだそう。サクランボの果汁が使われているので、ちょっと不思議な味がします。

ラベルのデザインも日本をイメージして、富士山らしき山を背景に招き猫と何故かチャイナ服に身を包んだ女の子がお花見を楽しんでいますdiary37.gif アメリカ人がイメージする日本は、これが限界なのかもしれませんね。

マサチューセッツ州は公共の場(公園や歩道など)での飲酒は違法なので、日本のように公園の桜の木の下でお酒を飲んで花見を楽しむことが出来ませんが、今回はHanami Ale でお花見気分を味わってみました。

1クリックで今日も応援おねがいしま~す diary08.gif  人気ブログランキングへ


Peabody Essex Museum で海を楽しむ

この週末はボストンの北に位置する Salem という街にある美術館、Peabody Essex Museum へ行ってきました。ここは2003年にリニューアル・オープンした美術館で、いつもお世話になっている教授からも薦められていたので、一度行ってみたかった美術館です。


美術館の建物に入ると、吹き抜けの広場がある。


セーラムは1692年に魔女裁判があった場所なので今でも魔女の街として知られていて、Salem Witch Museum が有名ですが、今回は Salem Witch Museum へは行きませんでした。

pemMap.jpg
セーラムはボストンの北に位置しています。


この街は1800年代前半まではアメリカで最も重要な港街の一つだったようで、そのため Peabody Essex Museum には精巧に作られた船の模型や、海の風景画、船首像など海に関する美術品がいっぱい diary40.gif


pem06.jpg


海に関する美術品が集まっている展示室は、所々にカウチが置かれていたり、展示されているスケッチブックのそれぞれのページに描かれているスケッチの詳細を見ることができるように、コンピュータが置かれていたりして、来館者への配慮が見られます。


pem05.jpg
立派な船の模型。まわりは海の風景画で溢れている。

pem04.jpg
来館者のために置かれたソファとテーブル。ソファに腰掛けると、向かい側の壁の海の絵が楽しめるセッティング。

pem07.jpg
船のポスターをじっと見つめる可愛い女の子たち。


海に関する美術品に囲まれて気付いたのですが、「海」をテーマにしたコレクションで出来上がった空間は私にとってはとても気持ちいいです。寒い季節や曇り空の日なら、この美術館でいつでも海辺を散歩しているような気分が楽しめます。

Peabody Essex Museum
161 Essex Street
Salem, MA 01970-3783
Phone: 978-745-9500
開館時間:火曜から日曜の午前10時-午後5時(月曜祝日は開館)
サンクスギビング、クリスマス、元旦はお休み。
オフィシャルサイトへはこちらからどうぞ

1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary32.gif  人気ブログランキングへ



使い心地の良い、プランナー

2009.04.05 ひとりごと
仕事を始めたばかりなので勤務先で色々な研修があったり、ボストンで生活するようになってから仕事の後や週末にもイベントやボランティアに参加したりと忙しいので、全ての予定を覚えているのが難しくなってきました(え?歳のせい?)。


planner02.jpg
小さめのノートブック・サイズのプランナー。表紙もしっかりしています。

そこで新しくプランナーを購入したのですが、とても気に入っています diary52.gif Bob's Your Uncle というブランドの物で、アメリカにしては珍しく Made in USA です diary36.gif 以前にはTime Master という便利なプランナーが別の会社から売られていたのですが、どういうわけだかお店で見かけなくなりました。


planner01.jpg


Bob's Your Uncle の8-days-a-week プランナーは、日付が印刷されていないし、見開きで1週間(Monday - Sunday) プラス "Someday..." という欄があるのが気に入っています。それに土曜日と日曜日の欄が平日と同じサイズで設けてあるのも good ! 週末も計画的に勉強したり、イベントに参加したり、平日にできない用事を済ませたりしなければいけない人にとっては、週末の欄は平日の欄と同じくらい大切ですよね。

もう少し使ってみて便利だったら、販売中止にならないうちに予備で何冊か買っておく予定です。
Bob's Your Uncleのオフィシャルサイトへはこちらから


1クリックで今日も応援おねがいしま~すdiary35.gif   人気ブログランキングへ



2日目でクビ!?

皆さん、こんにちは。いつもご愛読ありがとうございます diary43.gif


4月2日は就職して2日目でした。私のボスは朝の7時ちょっと過ぎには出勤していることがわかったので私も2日目は朝早めに出勤したのですが、職場へ到着してすぐに事件が勃発。私のデスクのコンピュータが電源を入れたと同時に「ウーン!」という大きなうなり声をあげたまま、いつまでたってもスタートアップしてくれません。そこへボスがやって来て一言、「買い替えようと思っていた矢先に、elleのコンピュータ壊れちゃったね」。





その後、ボスのコメントを耳にしたラボ仲間は「まだ働きだしたばっかだっていうのに、もうコンピュータを壊すなんて。何やってるんだ!」と言ってからかうし、ボスその2は "elle, you are fired" (elle、クビだ!)と言い出す始末 diary41.gif PCのおかげで2日目にしてクビになるところでした(笑)。

この日は午前中はミーティングが2つ、午後は研究の作業が始まったので、帰宅時間になるころにはクタクタに。夕食ほどほどに9時ちょっと過ぎには就寝。

やっぱり研究室でのお仕事は体力勝負な気がします。

1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary22.gif 
   人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ





初出勤日

4月1日は初出勤日でした。Hubbyに「ラボに行ったら、PIに採用はエイプリル・フールのネタだったって、言われるかもよ」と言われていたのでちょっと心配しつつラボへ行きましたが、やっぱり採用は本当だったようです(笑)。

いきなり初日から実験をするはずもなく、先ずはボスと一緒に人事部へ行って色々な書類を提出したり、身分証明書を発行してもらったりと雑務をこなしました。その後はボスのオフィスでお昼まで打ち合わせ。



ボストンのノース・ステーション付近の景色


午後はラボの細かい説明を受けたり、進行中の実験をシャドウイングしたり、文献をチェックしたりして終ってしまいました。

一日目の感想ですが、新しい職場に温かく迎えられてホッとしました。


charles05.jpg
夕方のチャールス川沿いの景色


明日の準備があるので、今日はこれで失礼します。


diary19.gif1クリックでこのブログの応援をおねがいします  
   人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



海の見える公園で散歩 -Webb Memorial-

数日間の雨空からやっと解放されたので、ボストン近郊の街、WeymouthにあるWebb Memorial State Parkへお散歩に出掛けました。

この公園は海に面しているので、車から降りると汐の香りがします。

webbMemorial01.jpg
公園の中の遊歩道


私たちと同じように散歩に来ている人たちとすれ違うたびに挨拶を交わしながら遊歩道をどんどん進んで行くと、散歩の途中でボストンの街並みが向こう岸に見えてとてもきれい diary52.gif それに木々が多いので鳥がたくさん生息しているらしく、あちらこちらから鳥のさえずりが聞こえてきます。


webbMemorial02.jpg
向こう岸に見えるボストンのスカイライン


公園の所々に海に向かってベンチが置かれていたり、ピクニック用のテーブルも設置されているので、暖かくなったらこの公園でのピクニックも楽しいでしょうね。


weymouth03.jpg

1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary32.gif  人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。