スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポーツファンは男性ばかりじゃない

2009.09.30 お店紹介
先日のブログ・エントリーで、友人と一緒にファニュィル・ホールへ行ってウィンドウ・ショッピングを楽しんだとお知らせしましたが、そのファニュィル・ホールで気になるお店を見つけました。

ショッピングを続ける友達を待ちながら外でのんびりと写真を撮ったりして過ごしていた時に、ふとそのお店のショー・ウィンドウを見てみるとニューイングランドの人たちにはお馴染みのロゴが・・・



ショー・ウィンドウにはレッドソックスやセルティックス、そしてパトリオッツのロゴを使った T シャツやスウェットなどのカジュアル・ウェアが並んでいたのです!・・・と、これだけなら別に他のスポーツ店などと同じなのですが、何とこのお店は女性服専門。

関連ブログ・エントリー:
週末のショッピング
フットボールのシーズン
ボストンのスポーツ・ファン -野球編-
Gillette Stadium -ニューイングランドのフットボール・ファンが集う場所-

中をのぞいてみると、レッドソックスのロゴをあしらったチョーカーや、昔のパトリオッツのロゴをあしらったヴィンテージっぽいデザインのジャケット、小さなセルティックスのロゴが胸の部分にあるスウェットの上下セットなど、他のスポーツ店では見たことがないような良いデザインの商品で一杯diary02.gif


lucy01.jpg

「他のスポーツ店や、フェンウェイやジレット・スタジアムにあるファンのお店にはどうしてもうちょっとお洒落なデザインのカジュアル・ウェアがないんだろう?」と以前から思っていたので、女性スポーツ・ファン向けのこんなお店があることが判って良かったです。スポーツ観戦が好きなのは男性だけじゃないですからね。

次回は hubby と一緒に来て、ここで何か買ってもらおうっと!

lucy02.jpg

Lucy's League
Fanuil Hall Marketplace
North Market Building 1st Floor
Tel: 617-248-3986

1クリックでこのブログの応援おねがいしますdiary16.gif  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

週末のショッピング

秋の良い天気にのせられて、友人と一緒にボストンの観光メッカとして知られる Faneuil Hall Marketplace でショッピング。普段の私はショッピングをほとんどしないのですが、今回は友人が買いたいものがあるというのでそれに付き合って私もじっくりウィンドウ・ショッピングを楽しみました。


写真:雑貨店で見つけたパジャマ姿の Curious George のぬいぐるみ。クマのぬいぐるみを抱えているところが可愛らしい。

faneuil02.jpg
写真:犬を飼っている人のための、ホテルとリゾート・ガイド。愛犬家には便利なアイテムですね。

faneuil05.jpg
写真:M&M's チョコレートのデザインのイヤホン (Ear buds)。色も M&M's と同様にグリーンやイエローのものもあってカラフル。

週末だからなのか天気が良いからなのだか判りませんが、地元の人たちや観光の人たちでとても混み合っていたファニュィル・ホール一帯。たまにはこうやって多くの人たちに混ざってショッピングを楽しむのも良いですね diary43.gif


faneuil04.jpg


ファニュィル・ホールではときどきイベントも開催されているようで、ボストンで暮らす人たちもそんなイベントに合わせてこのエリアに遊びにくると楽しいかもしれません。2009年10月には Fall Fun Festival (10月17日と18日)や Howl-o-ween Pet Parade (10月31日)が開催されます。

今回はウィンドウ・ショッピングの途中で気になるお店を見つけました。そのお店の紹介は次回しますね。

1クリックでブログの応援おねがいしまーすdiary18.gif  人気ブログランキングへ


甘党のイベント

2009.09.27 イベント


ディスカウント情報が手に入るサイト、BuyWithMeをチェックしていて海沿いのマリオット・ホテル ロング・ワーフでデザートのイベントが開催されるのを発見。デザート diary40.gif という言葉につられて、このイベントに行ってきました。

showcase02_20090927090506.jpg
きれいなデコレーションのカップケーキ

The New England Dessert Showcase はこのエリアのデザートのお店やレストラン、カフェなどが出展していて、参加者は色々なデザートをサンプリングできるというイベントで、会場には綺麗なデコレーションのカップケーキ、チョコレート・フォンデュ、パイなどのデザートが一杯!最初は色々とサンプリングしていましたが、やはりアメリカのケーキやチョコレートは甘いので途中からすっかり食欲がなくなってしまいました diary51.gif


showcase04_20090927090531.jpg
会場は甘党の人たちがいっぱい

デザートのイベントだったので参加者は女性ばかりだろうと思っていたら、意外にも男性も沢山見かけました。単にアメリカ人は甘いものが好きなのかも知れません。

showcase03.jpg
生花をあしらったカップケーキ

このような食関連のイベントに参加するのは初めてだったので楽しかったです。


1クリックでこのブログの応援をおねがいします diary09.gif 人気ブログランキングへ



仕事と勉強の両立

2009.09.23 アメリカ生活
現在の職場は福利厚生のひとつとして、大学のクラスを受講する場合にその受講料の殆どを職場が負担してくれるようになっています(但し負担してくれるのは1学期に1クラス)。数年後には大学院へ行きたいと考えている私にとっては好都合なシステムなので、この秋から理系のクラスを受講するようになりました。





午後5時からのクラスで週に2回あるので、クラスがある日は4時頃にはラボを出てクラスへ直行。面白い教授なので授業も楽しいのですが、それでもクラスの途中で必ずと言っていいほど眠たくなってしまいます。そして週末も「勉強しなくちゃ」と思いつつ、しっかりと睡眠が取れるのは週末だけなので、結局週末の勉強時間も意外に短く終ってしまいます。

クラスを受講し始めて第3週目に入ってひしひしと感じるのは「仕事と勉強の両立は難しい」ということ。アフター5に英会話を習うとか、ギター教室に通うとかいうのと違って、大学の授業は宿題もあればテストもあるので、自分のペースで気ままに進めるという訳には行かないですからね。

でも諦めずにこれから今の生活のリズムに合った勉強の仕方を身につけていこうと思います。


1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary32.gif  人気ブログランキングへ


Blackout

2009.09.22 アメリカ生活
日曜日の夜に夕食を済ませてのんびり hubby と一緒にDVDを見ていると、突然部屋の明かりがぱーっと明るくなりました。おやっ!?と思いつつ天井の明かりに目をやった次の瞬間、「ぼっ・・・」という音ともに今度は部屋が真っ暗に。

暗闇の中を手探りで窓まで歩いていって外を見てみると、我が家の近所一帯が停電(blackout)になっています。仕方がないのでこういう時のために以前から家にあるランプとヘッドランプを使って、真っ暗な家の中で過ごすことになりました。学生の時にもキャンパス内で停電が時々あったりしたので、ヘッドランプはそんな時にも宿題をしたり勉強が進められるように購入したものです(笑)。

lamp.jpg lamp02.jpg
写真:家にあるランプとヘッドランプ。停電の時に便利。



写真:停電で外も真っ暗。

今回は停電のあいだ家の中でじっとしていても何もすることがないので、hubby と一緒にランプを持って外も散歩。一帯が停電だったので、外に出てみると普段は良く見えない星空が綺麗でしたよ。


応援よろしくお願いしま~すdiary30.gif 人気ブログランキングへ

ボストンの週末

2009.09.21 アメリカ生活
週末は車で出掛けることが多いので行く機会が少ないコモン(ボストンの中心にある公園)ですが、先日ビーコン・ヒルを散歩した時にコモンにもちょっとだけ立ち寄りました。コモンは街の中心にあるので、周りはビルで囲まれています。

関連ブログエントリー:
ビーコン・ヒルでお散歩

この公園の近くには Emerson College や Suffolk University があるので、卒業シーズンになると公園の一画で卒業式が行われている光景を見ることもできます。


写真:コモンから眺めるジョンハンコック・タワー

boston24.jpg
写真:コモンでピクニックを楽しむボストニアンたち

boston25.jpg
写真:馬に乗った警官ものんびりパトロール

ボストンは冬が長いせいか、暖かくて天気の良い日は外に出て日光を楽しもうとする人たちが多いよう。週末はもちろんのこと、大学でも教授の「今日は天気が良いから外で授業をしよう!」という一言で屋外授業になったり、私が働くラボでも天気が良くて暖かい日はだいたい屋外でランチタイムを過ごすようになっています。

ニューベリー・ストリートでショッピングを楽しんで週末を過ごすのも良いですが(ちなみに私はショッピングが嫌いです)、のんびりと芝生の上で友達やパートナーとピクニックを楽しむのも良いですよね。

1クリックでこのブログの応援をおねがいしますdiary02.gif  人気ブログランキングへ

Smith College と読書

先週の日曜日からプロ・フットボールのシーズンが始まったため、今週は生活のリズムが狂ったまま。金曜日の夕方に「おぉ、やっと週末だ!」と思いつつ家に辿り着くと、家では大学から送られて来た同窓誌が待っていました。


写真:スミス・カレッジの同窓誌、Smith Alumnae Quarterly

スミス・カレッジの同窓誌は年に4回発刊されていて、今回送られて来たのは秋の号。今回の号ではスミスの卒業生が出版した本や、スミスの卒業生が中心人物として登場する本の紹介があったのは、やっぱり読書の秋だからでしょうか。

smith06.jpg
写真:スミス・カレッジのキャンパス

同窓誌の中で紹介されていた本は "Julie & Julia" や "Commencement" など。Julie & Julia は今年の夏にアメリカで公開となった同タイトルの映画の原作本。タイトルの一部になっている Julia Child (ジュリア・チャイルド)はスミス・カレッジの卒業生で、アメリカ初のセレブリティ・シェフとして長年アメリカ人の間で愛された人として知られています。

Commencement はスミス・カレッジの卒業生コートニー・サリバンのデビュー作で、スミス・カレッジが舞台になっているので、実際にこの大学へ行った人は違った楽しみ方が出来そうな本。早速、図書館で借りて読んでみようとチェックしてみましたが、ボストン私立図書館では100人以上の人がこの本の予約をしていることが判りましたdiary36.gif

いずれにしてもこの秋と冬は「スミス・カレッジ」をテーマに色々なジャンルの本を読んでみたいと思います。


1クリックで今日も応援おねがいしますdiary21.gif  人気ブログランキングへ



"Smith College" をキーワードに選んだ本いろいろ

  

  

 
人気ブログランキングへ diary25.gif クリックしていってね!




近ごろの悩み

2009.09.18 アメリカ生活
9月に入ってから、どんどん日が短くなってきました。それにも関わらず、アメリカではデーライト・セービングが続いているので朝6時ちょっと前に起きると外はまだ暗いまま。おかげで毎朝、ものすご~く朝早くに起きているような気になります。

以前にもこのブログでふれたように、私は通勤ラッシュを避けるために朝早くに出勤するようにしています。特に9月になって学校のがまた再び始まったので、通勤通学ラッシュに出勤しようものなら利用しているバスはぎゅーぎゅー詰め、さらに朝からテンションの高い中高生のおかげで、職場に着く前に疲れてしまうことに。


写真:出勤途中に夜が明けていく

そんな訳で最近は私が家を出て職場へと向かうのは、まだうっすらと空が明るくなり始めた頃。さらに今月からは私も仕事の後で大学の授業を受講しているので、週に何回かは授業を終えて外に出ると既に暗くなりはじめています。家を出る頃も空が暗くて、家に付く頃にもとっぷり日が暮れていると、秋の晴天を楽しむ機会はゼロ・・・ 日が短くなりつつある近ごろの悩みでした。

1クリックで今日も応援おねがいしま~す diary08.gif  人気ブログランキングへ



Beacon Hill でお散歩

ザーザーとよく雨が降った土曜日にかわって、日曜日は良い天気 diary45.gif せっかくなので、久しぶりにビーコン・ヒルを散歩してみました。



ビーコン・ヒルといえば、ボストンの中心地にある高級住宅地。著名な住人として、General Electric社の元CEOとして知られるジャック・ウェルチ、マサチューセッツ州上院議員のジョン・ケリー、パトリオッツのトム・ブレイディなどが名を連ねています。このエリアはビーコン・ヒル (Hill) というだけあって、坂道だらけなのが特徴。

beacon02.jpg

さらに石畳やレンガ造りの家が立ち並んでいるので、どことなくヨーロッパの風情を漂わせています。この住宅地は周りを交通量の多い道路で囲まれているにも関わらず、1ブロック入ってしまえば住宅地の中はとても静か。

beacon04.jpg
写真:ボストンのガイドブックに必ずと言っていいほど登場する Acorn St.

有名な Acorn Street の写真も撮ったりして、楽しい散歩となりました。

1クリックで今日も応援おねがいしますdiary35.gif  人気ブログランキングへ


「ビーコン・ヒル」をキーワードに選んでみた本
  



フットボールのシーズン

フットボール・ファンが待ちに待っていた日がいよいよ今年もやってきました。NFL のシーズンが9月10日(木)に開幕したのです。木曜日の夜はボストンでもあちこちのスポーツ・バーで開幕試合を観戦するお客さんで一杯。この日の試合はピッツバーグ・スティーラーズ対テネシー・タイタンズ。意外にもスーパー・ボウル・チャンピオンのスティーラーズを相手に、タイタンズがオーバータイムまで持ち込むという良い試合でした。



写真:パトリオッツのトレーニング・キャンプでの一コマ。ランディ・モス選手に話しかけるトム・ブレイディ。

私が働くラボのスタッフもフットボール・ファンが多いので、木曜日は今シーズンの予想をすることに。直属のボスは、木曜の夕方までに皆が予想したものを金曜日にはチャートにしてラボのあちらこちらの壁に貼っていく始末 diary41.gif これから暫くは全米のあちらこちらで、私が働くラボと同じようにフットボールの話で盛り上がる職場が多いことでしょう。

football.jpg
写真:ラボの壁に貼られたNFLの今シーズンの予想チャート


パトリオッツの今シーズン第1回目の試合は月曜日。どんな試合展開になるかとても楽しみです。


1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary32.gif  人気ブログランキングへ

気になる英語7

2009.09.10 英語学習
最近ではアメリカでも atheist (無神論者) の増加が顕著なようですが、我が家は夫婦揃ってクリスチャン。特に hubby はぐーたらな私とは異なり、聖書の色々な句をスラスラと言えるくらい。それなので我が家は時々ボストン大学のキャンパスの近くへ行くことがあると、ボストン大学のチャペルへ立ち寄って二人でお祈りをすることがあります。ボストン大学の神学部といえば、キング牧師が博士号を取ったことで有名なだけあってチャペルもとても綺麗です。



写真:ボストン大学のチャペルのステンドグラス


さて、アメリカではクリスチャンだけでなく、一般的にも知られている略語に" WWJD" というのがあります。これは "What would Jesus do?" (キリストならどうする/したか?) という文句の頭文字をとったもの。ニュースの見出し(例:WWJD on health care )として登場したり、テレビドラマや映画の中でも登場することがあるくらい。クリスチャンの人たちが色々な場面に遭遇した時に、キリストの教えに従った行動を取ることが出来るように注意を促す言葉が一般にも広まった結果なのでしょう。

1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary32.gif  人気ブログランキングへ


学生だった頃と社会人になってからの違い

先日、仕事の帰り道にダウンタウンのカフェに寄って座り心地の良いソファで美味しいラテを飲みながら、ふと学生時代のことを思い出しました。まだ大学を卒業してからおよそ半年しか経っていないのに、何だかずっと昔のことのように思えます。

学生の頃は勉強の合間を縫ってするバイトでお小遣い程度の収入があって、そうやって得たお金でダンキン・ドーナッツのコーヒーを買って飲んでいました。しかも大学の近所のダンキンは学生証を提示すると学割があったので、毎回欠かさず学生証を提示してちょっとでも安くコーヒーを飲むのが習慣に。



写真:バックベイと呼ばれるエリア

それがボストンで社会人として暮らすようになってからは、コーヒーが飲みたくなったらスターバックスやスターバックスと同じようなクウォリティのカフェに行くようになってしまいました。まぁ学割が使えないダンキン・ドーナッツのコーヒーの値段が、スタバなどのコーヒーとあまり変わらない値段だというのも原因の一つですが・・・

そして夫婦で学生をしていた時に比べて、外食する機会も増加。高級レストランでは食事をしない我が家ですが、学生時代の頃よりも気軽に外食するようになりました。学生の時は1ヶ月に1回外食が出来るか出来ないか・・・という状況だったので、いつ外食を利用するか慎重に検討したものです。

逆に社会人になっても殆ど変わらないのは、衣類。学生時代もTシャツにジーンズやポロシャツにチノパンツとカジュアルでしたが、ラボへもTシャツ、ポロ、ジーンズ、チノパンツ、コットンシャツなどを着て行きます。実験をするのに上質のスカートやハイヒールは向かないですからね(笑)。

応援よろしくお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ

チャーリー・カードでディスカウント

2009.09.08 Bostonあれこれ
地下鉄のスケジュールを調べるために MBTA (Massachusetts Bay Transportation Authority の略称) のサイトを訪れた時に、サイトのトップページの左下に "Show Your Card and Save" というリンクを見つけました。 "Save" という言葉につられてリンクをクリック。何とリンク先にはボストンの公共交通機関、Tのチケットとしてお馴染みの Charlie Card を見せるとディスカウントが受けられるお店の情報がずらり。

注:Charlie Card はプラスチックで出来ていて、チャージすることで何度でも使えるタイプのカードのこと。Charlie Ticket はチャージすることが出来ない、切符のこと。

charlie.jpg
Charlie Card の表(上段)のデザインは Charlie Ticket とほとんど同じですが、Charlie Card の裏(下段)のデザインには電車やバスの写真が印刷されています。


例えば、Freedom Trail Tour が$2オフだったり、先日このブログで紹介した Boston By Foot のツアーに大人1人分の代金で大人2人が参加出来ます。他にはケンブリッジにある Good Food Cafe で10%オフやボストンに何店舗もお店がある人気のピザ屋、The Upper Crust Pizzeria などのレストランでもディスカウントが受けられます。

関連ブログエントリー:
ボストニアンと一緒に楽しむツアー -Boston By Foot-



ちなみにチャーリー・カードはTの駅の改札口にいる駅員さんに言えば無料でもらえますよ。観光でボストンを訪れる人はもちろんのこと、ボストンで暮らしていて T を頻繁に使う人には便利なディスカウントサービスなので、MBTA のサイトでディスカウントの詳細をチェックしてみて下さい。

ディスカウントの詳細はこちらから→ Charlie Card Discount Book
ディスカウントを利用する場合には、念のため利用するディスカウントの詳細が明記されているページをプリントアウトして持参することをおすすめします。

diary21.gif1クリックでこのブログの応援をおねがいします   人気ブログランキングへ

The Wire

3連休のおかげで久しぶりに週末にのんびりできるので、DVD で テレビ・ドラマとして人気があった The Wire を見てみることにしました。The Wire はメリーランド州のボルチモアを舞台に繰り広げられる刑事ドラマ。以前からラボのスタッフ数名から薦められていたドラマです。刑事ドラマというと Law & Order や CSI シリーズも人気ですが、Law & Order も CSI シリーズも1回分の放送で1つのエピソードが解決するパターンなので、どうしても内容が薄いのが難点。しかも CSI シリーズは毎回のように DNA 鑑定を半日前後で行って犯人を絞り込んで行くという、理系の人たちにとってはどうしても受け入れがたい設定のため、番組の内容に素直に入り込めません(笑)。





以前に人気ドラマの LOST も友達から薦められて見てみたものの、白クマがジャングルを走り回っている姿をみたりするうちに、すっかりばかばかしくなって見るのを止めてしまった我が家は、The Wire を薦められた時も「また人が言うほど面白くなかったらどうしよう・・・」と少々不安でした。

それで、1エピソードを見た感想はというと・・・久しぶりの大ヒットです!! 24 を薦められて見たとき以来のヒット! あー、こんなに面白い作品だと解っていれば、もっと前にチェックしたのに・・・ 1エピソードで事件が解決するということはなく、刑事物の小説のようにじっくりと物語が築き上げられていくのが良い感じです♪ ボルチモアは犯罪率と貧困率が高い地域としてアメリカでは有名な場所。そんなボルチモアがかなりリアルに描かれています(ただ、ボルチモアに住んだことはないので、本当にこのドラマで描かれているくらい荒んだ場所なのかは不明ですが)。

刑事ドラマがお好きな方はお試し下さい。



1クリックで今日も応援おねがいしま~す diary08.gif  人気ブログランキングへ

映画撮影ラッシュ

2009.09.06 Bostonと映画
夏休みを終えて大学生たちが一気に戻って来たので、ボストンは最近になって急に人が多く感じられます。そんな人口が多くなった秋のボストンとその近郊の町ではハリウッド映画の撮影があちらこちらで進行中。

先ずはケンブリッジ出身のスター、ベン・アフレックが The Town (英文関連記事はこちら)という映画の撮影のためにボストンの隣町の Charlestown に出没しているよう。それに伴ってベン・アフレック夫人として知られるジェニファー・ガーナーも子供と一緒にボストンで散歩している姿を地元紙の Boston Globe が報じていました。

現在撮影中の The Town は4人の銀行強盗を中心に展開する物語のようで、ベン・アフレックが監督。彼の前回の監督作、Gone Baby Gone は映画評論家からの評価も高かったサスペンス作品だったので、今度の映画も楽しみです。

 movietours01

そして Worcester と Bridgewater にはトム・クルーズとキャメロン・ディアスがスパイ映画 Knight & Day のロケのために訪れています。この映画の撮影でボストンに滞在している間、トム・クルーズはケイティ・ホームスと一緒に Back Bay のエリアをジョギングしている姿も目撃されています。

Knight & Day の関連リンク:
Tom Cruise Spy Flick (英文記事)
トム・クルーズとキャメロン・ディアスのインタビュー(ビデオ・クリップ)

Kevin James 主演のコメディ作品、The Zookeeper の撮影(関連英文記事はこちら)はボストンの動物園として知られる Franklin Park Zoo で10月まで続きます。こちらは動物園の外からも撮影現場が見えますよ。





ここで紹介したハリウッド・スター出演の映画いろいろ:
    

Labor Day

2009.09.05 アメリカ生活
9月の第一月曜日は Labor Day という祝日のため、今週末はアメリカでは3連休。月曜日が休みとなるとラボも金曜日から連休ムードで、今日は同僚の提案でインターネット・ラジオの Pandora を使って音楽を聞きながら仕事を進めました。



実験を一つこなした後、ラボのノートに実験の詳細を書き込んだり来週行う仕事の計画を立てたりと事務処理をこなしたらあっという間に夕方に。せっかくの3連休だから早く帰ってゆっくりしよう!というボスの提案でボスも私も4時頃にラボを後にしました。

我が家は Labor Day だからと言って何か特別な予定があるわけではありませんが、ボストンのダウンタウンにあるカフェで美味しいコーヒーを飲んだり、公園を散歩したりしてのんびりしたいと思います。

皆さんも良い週末を!

1クリックでブログの応援おねがいしま~すdiary22.gif  人気ブログランキングへ

Boys & Girls Club

2009.09.03 Wish List
今のラボで働き始めてから6ヶ月目に突入したので、毎日のリズムもすっかり出来上がりつつあります。この景気の悪い時にあっさりと就職して、しかも職場の環境にも非常に恵まれたので、ちょっとは社会の役に立とうと久しぶりにボランティアを始めることにしました。

これまでも大学生の時に Boston Cares というボランティア団体を通して単発のボランティア活動に参加したり、Big Sisters Org. を通して小学生の女の子の mentor をしましたが、今回は家の近所にある Boys & Girls Clubs of Boston で子供の宿題を手伝うことになりそうです。

関連ブログエントリー:
Big Brothers Big Sisters
Boston Cares

そんな訳で今日は仕事の後に Boys & Girls Clubs of Boston のオリエンテーションへ。今日のオリエンテーションの参加者は私も含めておよそ10名。学生や社会人とバックグラウンドも様々ですが、ボランティアとして活動する人たちが Boys & Girls Club of Boston だけでおよそ600人いるそうです。


BGC.jpg
Boys & Girls Clubs of Boston のオフィス


しかも Boys & Girls Clubs of Boston は Boys & Girls Club of America の傘下に入っているのですが、アメリカで最初に発足した Boys & Club はボストンの隣町の Charles Town にあるのだそう。さすがにアメリカで一番古い都市の一つといわれるボストン(とその近郊)だけあって、古くから続いているものが多いですね。

Boys & Girls Clubs of Boston でボランティアをしてみようかな・・・という方は、こちらからオフィシャル・サイトへどうぞ

ボストン以外のエリアにお住まいで、地元の Boys & Girls Club でのボランティア活動に興味のある方は、こちらから Boys & Girls Clubs of America のオフィシャル・サイトへどうぞ



1クリックでブログの応援おねがいしまーすdiary18.gif  人気ブログランキングへ


ボランティアの本いろいろ
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。