スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Julie & Julia

久しぶりに時間があったので(というか、どうにか時間を捻出して机の上にしばらく置いたままになっていた) DVD を観ました。今回観たのは Julie & Julia。

アメリカのテレビ・シェフの先駆けだったジュリア・チャイルドが料理を習い始めて、後にアメリカでフランス料理の本を出版するまでの物語と、彼女の料理本に納められている全レシピを1年かけて実際に調理したジュリー・パウエルという女性が調理の記録を The Julie/Julia Project としてブログで綴ったのをきっかけに、本を出版する機会を得るまでの物語が描かれています。


    


ジュリア・チャイルドはカリフォルニアの裕福な家庭の生まれ育ちで、スミス・カレッジ出身(1934年)。スミス・カレッジのキャンパスセンターは彼女が晩年に大学に寄付したマサチューセッツ州ケンブリッジの自宅をもとに建てられたので、スミス・カレッジでは毎年11月になると Julia Child Day としてキャンパスセンターでフード・フェスティバルが開催されます。大学生の時は彼女の名前を何度も耳にしていたので、Julie & Julia は公開になったときから観たいと思っていた映画でした。


 campusCenter05.jpg
       スミス・カレッジのキャンパスセンター


ジュリア・チャイルドがフランスの料理学校 Le Cordon Bleu に通い始めのころ、玉葱を手早くスライス出来ないことからシェフを目指す男性のクラスメートに冷ややかな目で見られたのを悔しく思って、家のキッチンで玉葱のスライスをとことん練習する姿を見て「負けず嫌いなところが、やっぱりスミス出身だなぁ・・・」と思いながら笑ってしまいました。

他にはとても良き理解者で彼女を常に思いやっているご主人のポール・チャイルドがとても印象に残る映画でした。我が家も今月に結婚8周年目を迎えたところですが、私たちもジュリアとポールのようにいつまでも仲の良い夫婦でいたいと思いました。

今日も応援おねがいしま~す 人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

こんな日もある

私のラボでは今年は1月4日が仕事始めでした。2010年の最初の週はそんなにやることもないだろうと高を括っていたら大間違いで、2日目から本格的な実験開始。

実は1月7日の午後6時にケンブリッジで Atul Gawande医師の新著の出版を記念してのサイン会があったので、1ヶ月前からこのサイン会へ行く予定をしていました。ずいぶん前にこのブログでも紹介した通り Atul Gawande医師は Brigham and Women's Hospital で働く外科医で、医師としての自らの体験を綴った "Complications" と "Better" という本を出版しています。読みやすい文体で淡々と体験を通して自身が感じたことを語った前著を読んでから、どんな人なのだろう?と興味があったので、このサイン会はとても楽しみでした。

関連ブログ・エントリー:
Complications -ボストン関連の一冊-


 


木曜日も2日目から始まった実験が続いていたので、実験を予定の時間に終了させるために早朝から出勤して実験の準備も早々に済ませてお昼休みの直後から実験の続きを開始するつもりでした。しかーし!お昼休み直前になって実験に必要な培地が予定通りに配達されないことが発覚。この培地がないと実験が進められないのと実験を明日に持ち越すことができないため、急きょお昼休みを返上して培地が借りられないか他のラボを当たることに。

なんとか培地を調達して無事に実験を開始したのは予定の30分遅れ。時間の遅れを取り戻そうと必死に実験を進めましたが、実験が終ってラボを後にしたのはやはり予定より30分遅い午後5時半過ぎでしたdiary36.gif

おかげで楽しみにしていたサイン会の会場へ遅れて到着したので、会場は既に満員で中に入ることも出来ないまま帰宅することに。ちょっとへこみましたが、こんな日もあります。


Atul Gawande医師の本:

 





クリック1つでブログの応援おねがいしま~すdiary31.gif 人気ブログランキングへ


パイプオルガンのコンサート -First Night 2010 その7-

Boylston St. をはさんでボストン公立図書館の向かい側にある Old South Church。 ここでも大晦日は夕方近くから数回にわたってFirst Night のイベントとしてパイプオルガンのコンサートが開催されていました。せっかく First Night のバッジを購入したので(この日は午前中に美術館と水族館へ行った段階でバッジの元はすでにとれているにもかかわらず・・・)、ここで開催されたコンサートへもお邪魔しました。

 holiday06.jpg
          雪の日のオールド・サウス教会


この教会は古くから続いている教会で、1875年に現在の建物に引っ越して来るまでは Old South Meeting House がこの教会の建物でした。ここはベンジャミン・フランクリンが洗礼を受けた教会やサミュエル・アダムスが通っていた教会としても有名です。そんな由緒のある教会なのでイタリアン・ゴシックの建物の中は素敵な造りdiary40.gif とても良く手入れされています。


 osc01.jpg
           ステンド・グラスが綺麗な屋内


この教会のオルガン奏者でハーバード大学でも教鞭をとっている Harry Lyn Huff氏はこの日のコンサートで、ヘンデルの「水上の音楽」やチャイコフスキーの「くるみ割り人形」の中から何曲かをメドレーで披露。演奏の合間にはパイプオルガンに関する説明やデモンストレーションも行われて、とても良いコンサートでした。大晦日にパイプオルガンが奏でる素敵な音楽を聴きながら歴史あるボストンの教会で過ごすなんて、とても贅沢なひと時ですよね。


 osc02.jpg
          パイプオルガンは鍵盤とボタンが一杯


パイプオルガンは1921年に制作されてミネソタの St. Paul Municipal Auditorium に納められていたものを、オールド・サウス教会が救済(パイプオルガンは St. Paul Municipal Auditorium の取り壊し時に一緒に取り壊される予定だった)して1985年にこの教会へ納められたものです。オールド・サウス教会へ納められることが決定した際に救済されたパイプオルガンは拡張され、およそ8000のパイプで構成されているんですよ。

コンサートの後で壇上に置かれているオルガンを見学出来るようになっていたので、近くへ行って見てみましたが、鍵盤やボタンが数えきれないほどあって、このオルガンを弾きこなせるようになるまでにどれくらいかかるのだろう?、と思いました。私はピアノも弾けないのでこんなオルガンを弾きこなすなんて、想像もできませんdiary51.gif

オールド・サウス教会では毎週木曜午後6時からジャズ礼拝も開催されています。大晦日のオルガン・コンサートはお薦めですが、大晦日にここを訪れることが出来ない方はジャズ礼拝や、日曜礼拝に参加してみるのも良いかも。


関連ブログ・エントリー:
Old South Meeting House
毎年恒例の氷の彫刻  -First Night 2010 その1-
ボストンの First Night  -First Night 2010 その2-
大晦日に ICA を訪れてみる -First Night 2010 その3-
ボストンの水族館 -First Night 2010 その4-
First Nightにちなんだ氷の彫刻 -First Night 2010 その5-
イベント満載の Hynes Convention Center  -First Night 2010 その6-

1クリックで今日も応援おねがいしますdiary11.gif  人気ブログランキングへ


イベント満載の Hynes Convention Center  -First Night 2010 その6-

2010.01.06 Bostonあれこれ
大晦日はFirst Night のバッジ着用者には教会や美術館などボストン市内の色々な場所が無料開放されていましたが、このFirst Nightのメインのアトラクション会場となっていたのはハインズ・コンベンション・センターです。ボストンのランドマークの1つになっているプルデンシャル・センターに隣接するこのコンベンション・センターでは大晦日の午後1時過ぎから常時15前後のイベントが同時に開催されていて、First Night のバッジ着用者が大集合。

ポイント:First Nightのチケット(=バッジ)は当日はコンベンション・センターの入り口で販売されていたので、前売りでチケットを買わなかった人もちゃんと First Night に参加出来るようになっています。


 
    コンベンション・センターの窓から見たボストンの雪景色


コンベンション・センターで開催されていたイベントは小さな子供から大人まで楽しめるように、地元ミュージシャンのライブや、パペット・ショー、お話の読み聴かせ、地元ダンサーによるダンス、アクロバット・ショーなどいろいろ。それにコンベンション・センターの中では食べ物や飲物も販売されていたので、途中でお腹が空いてもこの中で食事が済ませられるようになっています。小さなお子さん連れの家族には1カ所で大晦日のイベントが楽しめて、軽く食事を済ますこともできるととても便利ですよねdiary43.gif


 fn01.jpg
  以前にこのブログで紹介したMarcus Stantosさんのパフォーマンス

 fn04.jpg
       2010年を迎えるための楽しい帽子作り

 fn05.jpg
     大人も子供も作った帽子でカウントダウンの準備万端


コンベンション・センターでは大晦日の夜11時頃までたくさんのイベントがあって、その後ここから徒歩の距離にあるコープリー・スクエアへ移動してカウントダウンに参加した人も多かったと思います。イベントの中には「アニメ・フェスティバル」なんていうのもあって、日本のアニメが上映されていましたよ。ボストンでもアニメは人気が高いようです。


関連ブログ・エントリー:
毎年恒例の氷の彫刻  -First Night 2010 その1-
ボストンの First Night  -First Night 2010 その2-
大晦日に ICA を訪れてみる -First Night 2010 その3-
ボストンの水族館 -First Night 2010 その4-
First Nightにちなんだ氷の彫刻 -First Night 2010 その5-


1クリックで応援おねがいしま~す♪ 人気ブログランキングへ


First Nightにちなんだ氷の彫刻 -First Night 2010 その5-

2010.01.05 Bostonあれこれ
ボストン市内には大晦日にむけて氷の彫刻があちらこちらに登場することは前回のエントリー(毎年恒例の氷の彫刻)でお伝えしましたが、今回はその続きで大晦日に見かけた氷の彫刻の紹介です。


関連ブログ・エントリー:
毎年恒例の氷の彫刻  -First Night 2010 その1-
ボストンの First Night  -First Night 2010 その2-
大晦日に ICA を訪れてみる -First Night 2010 その3-
ボストンの水族館 -First Night 2010 その4-


First Night 2010 のアトラクションとしてボストン・コモンにはダビデ像(Park Street 駅の近く)、カエルの像(Tadpole Playground の隣)、そしてボストン美術館で開催されている The Secrets of Tomb 10A: Egypt 2000BC 展にちなんだエジプトの像が展示されていました。私が通りがかった大晦日の午後12時過ぎにはダビデ像とエジプトの像はまだ制作に当たっている人たちが最後の仕上げに大忙し。


 ice06.jpg
  ボストン・コモンの Tadpole Playground の横にはカエルの彫刻

 ice07.jpg
  ボストン美術館で開催中の"The Secrets of Tomb 10A"を記念して


また First Night のアトラクションとして・・・というわけではないのですが、新年のデコレーションとして氷の彫刻を屋外に展示しているホテルやレストランなどもあって、こちらも力作が揃っていました。1月頃のボストンは最高気温が氷点下の日が多いので、こういう氷の彫刻が屋外で楽しめるのもやはり寒いこの地域ならでは。氷の彫刻を大晦日前後に飾るというのは、ボストンの寒い冬を少しでも楽しく過ごすためにここで生活する人たちの知恵から生まれたものなのかも知れません。夕方には氷の彫刻もライトアップされて New Year's Eve のムードをさらに盛り上げていました。


 ice05.jpg
    Marriott's Custom House の入り口に登場した彫刻


 ice08.jpg
   夕方になってライトアップされた Copley Sq. のヴィーナス像


 ice09.jpg
        トリニティ教会前に登場した漁師さんの像


ボストンには大晦日と新年には毎年違った氷の彫刻が登場するので、ボストニアンにとっては「今年はどんな彫刻が登場するのかな?」といった感じで楽しいですし、この時期に観光でボストンを訪れた人にとっては写真撮影のスポットとしてお薦め。


今日も応援おねがいしま~す 人気ブログランキングへ



ボストンの水族館 -First Night 2010 その4-

大晦日の午前中に ICA から次は New England Aquariumへ。この日はあまり寒くなかったので、ICA からは海沿いに散歩しながら徒歩で移動しました。

New England Aquarium(ボストンの水族館)へ行ったのは、ここも大晦日は First Night のバッジを着用している人は午前9時から正午まで入館無料だったからです(笑)。2009年の大晦日はせっかく First Night のバッジを購入したので活用しない手はないとばかり、色々なところへ行きましたよ。

関連ブログ・エントリー:
毎年恒例の氷の彫刻  -First Night 2010 その1-
ボストンの First Night  -First Night 2010 その2-
大晦日に ICA を訪れてみる -First Night 2010 その3-


 ice01.jpg
  First Night の一環として水族館の入り口に登場したペンギンの彫刻


この日は First Night のチケット購入者が多く訪れることを見込んで First Night のバッジ着用者は水族館に入館する時もエクスプレス・レーンが利用できるようになっていたため、入館も非常にスムーズ。 First Night のバッジの存在を知らずにこの日に普通に水族館を訪れた人は、入館チケット大人$20.95を払って入館することになります。

ポイント: 大晦日にボストンへ滞在していて、水族館を訪れる予定のあった人は First Night のバッジ($18)を購入した方がお得。


 
           いつも人気のアザラシ

 nea02.jpg
         カメをじっと見つめる子供たち


1969年にオープンしたこのボストンの水族館は毎年100万人以上の人たちが訪れるそうで、Next Stop Wonderland (邦題「ワンダーランド駅で」)という映画の舞台にもなったくらい。ボストンのランドマークの1つとして知られています。さらにこの水族館では毎年秋には無料のレクチャー・シリーズを通して、一般の人たちの海に関する知識や認識を高めることにも貢献しています。


 nea03.jpg
        色々な珊瑚を見ることが出来るタンク


 nea04.jpg nea05.jpg
 水族館1階の中央にあるペンギンの水槽。上から眺めるペンギンの姿。


ボストンに暮らし始めてまだ間もない頃に初めてこの水族館を訪れた時には「えっ、これだけなの!?」というイメージを何故か持ってしまったのですが、今回久しぶりに訪れてみて「じっくりと海の動物たちを観察するには程よいサイズの水族館」だと思いました。


 nea06.jpg
      深さ7メートル、幅12メートルの巨大タンク

 nea07.jpg
巨大タンクの最上部ではスタッフがこのタンクに住む魚の説明をしています


それに水族館で珊瑚を見たり、悠々と泳ぐ魚やカメの姿を見ていると、何とも気持ちが和みますね。水槽に顔を寄せて熱心に海の動物を観察する子供や大人の顔を見ていて、ボストンのような海沿いの都市では水族館って単に「海の動物たちを観察出来る場所」というだけでなく、自分たちが暮らす環境を大切にしようと思う気持ちを育てる大切な役割を果たしている気がします。


 nea08.jpg
        外へ出ると雪が降り始めていました


New England Aquarium
90 East India Row
Boston, MA 02110
Tel: 617-973-5281
New England Aquarium のオフィシャルサイトへはこちらからどうぞ


もっと水族館を楽しもう:
 



人気ブログランキングへ クリックしていってね♪


ボストン関連の情報を知りたい方はこちらへどうぞ! →ボストン生活情報


大晦日に ICA を訪れてみる -First Night 2010 その3-

2006年に開館以来、斬新なデザインの建物やオバマ大統領のポスターを手掛けた Shepard Fairey の作品展を開催したことなどで話題になっている The Institute of Contemporary Art/ Boston (ボストンの現代美術館)へ大晦日に行ってみました。

この日はFirst Night のバッジを着用している人は入館無料となっていましたが、通常は大人$15です。美術品が展示されているギャラリー部分は撮影禁止となっているため、中の様子はここではご紹介出来ませんが(ギャラリーの様子はICAのサイトでご覧ください)、今回はメキシコ人アーティストのDamian Ortega 氏の作品展が開催されていました。 Ortega氏の作品は飲料ボトルや机、椅子などの身近な素材を使用した作品ばかりで、何となく素朴でほっとさせるものがあります。

関連ブログ・エントリー:
毎年恒例の氷の彫刻  -First Night 2010 その1-
ボストンの First Night  -First Night 2010 その2-


 ica01.jpg

 左側の近代的なデザインの建物が the Institute of Contemporary Art


4階のギャラリーには Ortega 氏の作品以外にも色々なアーティストの作品が展示されていましたが、ギャラリー全体としてはほとんど現代美術の知識がない私にとっては馴染めない作品が多いのと、展示されている作品数が少ないので、他のボストンの美術館に比べて入館料$15はちょっと高め。


 ica03.jpg
 屋外のデッキ部分。夏ならここでランチしたり本を読んで過ごせそう。


ギャラリー自体は訪れた人の好みで意見が分かれるところですが、この美術館は現在開発中の Fan Pier というボストンのウォーターフロントにあって、美術館の中にあるカフェからの海の眺めや屋外デッキからの眺めが綺麗なので、夏に訪れると違った楽しみ方ができると思いますよ。


 ica02.jpg

それとこの美術館の1階にある売店には現代美術関連の本のほか楽しいデザインのグッズが売られていて、ちょっと珍しいギフトを探している時には便利です。売店とカフェは入館料を払わなくても利用出来るようになっているので、晴れた日に散歩をかねて出掛けてみるのにはお薦めです。


The Institute of Contemporary Art
100 Northern Avenue
Boston, MA
Tel:617-478-3103

最寄り駅はSilver Line 1 と Silver Line 2 の Court House Station


今日も応援おねがいしま~すdiary21.gif  人気ブログランキングへ

ボストンの First Night  -First Night 2010 その2-

明けましておめでとうございます。皆さんは大晦日と新年をどのように過ごされましたか? 私は大晦日にボストンで開催される First Night に初めて参加してきましたdiary39.gif ボストンで5年以上暮らしているにもかかわらず、まともにこのイベントに参加するのは今回が初めてだったのですね。ちゃんと First Night 2010 のバッジ(button)も予めオンラインで購入して準備万端でしたよ。


  
    First Night 2010 のプログラムとバッジ


First Night は地元のアーティストが音楽やダンス、そしてその他の形態のアートを通してコミュニティ全体が大晦日を祝うという街をあげてのフェスティバルです。ボストンでは1976年から開催されるようになって、その後アメリカの他のエリアでも開催されるようになりました。アメリカの他の都市では不景気のため First Nightが中止になったところもあるようですが、ボストンの First Night は1976年以来中止になることもなく続いています。


 boston31.jpg
      2009年の大晦日のボストンの朝は曇り空


毎年12月に入ると First Night のチケットとなるバッジ (First Night button) がスーパーなどで販売されます。ちなみに今回の入場料はお店で購入すると$18で、オンラインで購入すると$15 (プラス送料$3)だったので、数人分をまとめて購入するならオンラインの方がお得。


明日から数回にわたって First Night で訪れた場所やイベントを紹介して行きますdiary52.gif

関連ブログ・エントリー:
毎年恒例の氷の彫刻  -First Night 2010 その1-
大晦日に ICA を訪れてみる -First Night 2010 その3-
ボストンの水族館 -First Night 2010 その4-


First Night のオフィシャルサイトへはこちらからどうぞ


2010年も宜しくお願いしま~す! 人気ブログランキングへ

ボストン関連の情報を知りたい方はこちらへどうぞ! →ボストン生活情報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。