スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストン美術館の Art of the Americas Wing

ボストン美術館の新館部分、Art of the Americas Wing がオープンしたことは昨日のブログエントリーでお伝えしたので、今日はそこに展示されている美術品の紹介です。

まずは1階のギャラリーに展示されている The Passage of the Delaware (Thomas Sully 作) 。ジョージ・ワシントンが白馬に乗った勇姿を描いた作品で、下の写真でも判るとおり縦およそ4m X 横およそ5m の大きな絵画です。

    

もとはノースキャロライナの州議事堂に飾る作品として描かれたのですが、作品が大きすぎて州議事堂には飾れなかったのだそう。この作品を新館のギャラリーに展示する作業行程は Boston Globe 紙のサイトで公開されているので興味のある方は見てみると面白いですよ。

Boston Globe の記事へはこちらからどうぞ:
MFA Installs 19-century Masterpiece

    mfaAmerica09.jpg

ギャラリーには銅像が所々にさりげなく置かれていて、大きなギャラリーの中心部分がガラーンとした感じにならないように配慮されています。またナイアガラの滝を描いた絵画がひとつの壁にまとめられていたり、絵画と一緒に家具と陶磁器が展示されていたり、インテリアの参考になりそうな工夫がいろいろ。


    mfaAmerica10.jpg
    絵画が生きるように額ぶちだけでなく壁紙から家具、
    陶磁器まで選んであって素敵な空間になっています


     mfaAmerica11.jpg
     ギャラリーの周りを囲む通路にも美術品が


ボストン美術館の入館料は大人$20ですがこの Art of the Americas Wing がオープンしたおかげで、$20 の入館料がますますお得になった感じがします。毎週水曜日の午後4時以降は入館料が無料なので、平日にちょっと散歩する気分でこの美術館へ遊びに行くのも良いですよね。


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

スポンサーサイト

大きくなったボストン美術館

ボストン美術館の新しいギャラリースペース、"Art of the Americas Wing"がついにオープンしたので、サンクスギビング前日に Hubby と一緒に見に行ってきました。

    
      メインエントランスと新館をつなぐギャラリー


ガラスをふんだんに使った新館部分はモダンなデザインでギャラリースペースにもところどころ自然光が入るようになっています。

    mfaAmerica01.jpg
     ブルーで表示されている部分が今回オープンした新館

新館は地下1階と地上3階の建物に53ものギャラリーを収容。地下1階は古代アメリカ、ネイティブ・アメリカンや17世紀、1階部分は18世紀から19世紀初期、2階部分のギャラリーにはジョン・シンガー・サージェントの絵画などが19世紀から20世紀初期の美術品、3階部分のギャラリーにはノーマン・ロックウェルの絵画やジョージア・オキーフの絵画を含むモダン・アートが展示されているので、上の階へと移動するにつれ時代を前進するというレイアウト。

    mfaAmerica08.jpg
 3階のギャラリーに設置されたインタラクティブパネルで遊ぶ子供たち

     mfaAmerica07.jpg
    美術館のメインの建物と新館の間には新しいカフェも登場


私たちが訪れたサンクスギビング前日の水曜日はコミュニティデーとして入館料が無料だったので、夕方近くの時間帯にもかかわらず新館部分は大人から子供まで多くの人で賑わっていました。

次回のエントリーで展示されている作品を少しだけご紹介したいと思います diary43.gif




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ



ブラック・フライデーにお買い物

2010.11.28 アメリカ生活
サンクスギビングの翌日は恒例のブラック・フライデーで、いよいよアメリカではクリスマス商戦の始まり。我が家もいつものごとくレンサム・プレミアム・アウトレットへ買い物に出掛けました。

この日はレンサム・プレミアム・アウトレットのお店のほとんどが特別に午前0時にオープンするので、私たちはサンクスギビング・ディナーの後にでかけて25日の夜9時にアウトレットに到着。なぜ開店3時間前にアウトレットへ来たかというと、開店2時間前にはアウトレットの近くの自動車専用道路までずーっと車が並んで渋滞するので、スムースにアウトレットの駐車場まで入るには開店3時間前を狙うのが無難だから。お店の開店1時間ちょっと前までは駐車場にとめた車の中で待ちました。

    
        開店1時間前にはこんなに人が並んでいます


その後は残りの1時間ほどお目当てのお店の前で並んで待つことに。今年もまだ景気が悪いのでそんなに人は並ばないだろうと思っていたら大間違いで、コーチのお店にはもの凄い数の人たちが並んでいました。開店1時間前にはおよそ100メートルほどの長い列ができてしまったので、地元の警察官が混雑の整理をするくらい。

    outlet01.jpg
            コーチのお店に並ぶ人たち


ブランドものに興味がない我が家はコーチの向かい側のお店に並びながら「コーチは大変だねぇ・・・」と他のお客さんたちとのんびり立ち話 diary37.gif

こういうセールの時にも拘らず、目に留まったデザインの衣類をちゃっかり試着して似合うかどうか確認してからでないと買いません。そうやって選んだ商品は、職場へ着て行かれるトップス4点と大きめのハンドバック1点で $70 diary52.gif そのほか冬用の下着など必要なものだけ購入してあっさりと帰宅しました。

2年前のブラック・フライデーに比べて今年はお客さんが多かった感じがするので、やはり少しは景気が回復してきているのかも知れませんね diary43.gif


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


寒い季節の強い味方

2010.11.26 Bostonあれこれ
ボストンもいよいよ寒さが本格的になってきた(サンクスギビングの朝は体感温度が-4℃だった)ので、私も含めて公共交通機関を利用して通勤する人たちとしてはちょっとでもバス停や駅での待ち時間を減らしたい季節・・・

"There is an app. for that!"


    


サービスが悪いことで有名な MBTA(ボストンの公共交通機関)にしては珍しく、MBTA のサイトにはバスや地下鉄などの到着時刻をリアルタイムで知らせてくれる iPhone や Droid 用のアプリケーションが何種も紹介されています(やれば出来るじゃん)diary40.gif

    apu01.jpg

MBTA 関連のアプリケーションをご覧になりたい方はこちらからどうぞ:
MBTA.com "App Showcase"

私はバスを利用する機会が圧倒的に多いので、MBTA のサイトで見つけた "Catch the Bus" というアプリケーションを使っています。

apu02.jpg

このアプリケーションでは自分が利用するバス停を "My Stops" として設定することができるので、そのバス停にあと何分でバスが来るかを簡単に知ることができます。しかも数分おきにアップデートしてくれるので目的のバスに乗るために家や職場を出るタイミングを計ることができてとても便利。このアプリケーションのおかげで、かなりバス停での待ち時間が減りました。

この冬の通勤はこれでちょっとは楽になるかなぁ?


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ


コミュニティカレッジの底力

部下思いのボスのおかげで火曜日から6連休のサンクスギビング・ホリデーを迎えることになりました。久しぶりにのんびりと家で過ごそうと思っていたのですが、せっかくの平日休みなので母校のバンカーヒル・コミュニティカレッジへ遊びに行くことに。

関連ブログエントリー:
ちょっと早めのサンクスギビング


    

大学のキャンパスに到着したのはお昼ちょっと前だったのですが、キャンパスのどこもかしこも学生でいっぱい。私が通学していた5年ほど前に比べて学生数が激増していたのでびっくりです。

  bhcc02.jpg
  深夜から始まる大学の講義に関するニュースを報じる
  The New York Times の記事


バンカーヒル・コミュニティカレッジは1年ほど前から夜 11:45 から始まる深夜コースを開講して全米のニュースでも取り上げられたりしたのですが、この深夜コースも需要が多いようで徐々にその数が増えているよう。

深夜コースに関する記事をご覧になりたい方はこちらからどうぞ:
"New Meaning of Night Class at 2-Year Colleges"

コミュニティカレッジへ進学する人の数が増加しているのはやはり景気が不安定なため、ファイナンシャル・エイドで大きな借金を抱えてまで4年制の私立大学へ進学することを疑問視する人たちが増えてきているのが理由の1つにあげられると思います。他には社会人の人たちがスキルアップや新しいキャリアへ移行するのを目的としている場合もあるでしょう。

深夜コースに受講者が集まるのは社会人や家族の世話をしなければいけない人たちが、自分たちに都合の良い時間に少しずつでも大学の講義を受講しようというやる気の表れだと思います。日本は「学歴社会」だと言われるけれど、アメリカの「学歴社会」は実にシビアですからね(アメリカの学歴社会についてはそのうちお伝えします)。

学生の需要を察して深夜コースを始めるところが、やはり幅広い年齢層やバックグラウンドの学生を抱えるコミュニティカレッジならではだなぁと、思いました diary43.gif




人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コミュニティ・カレッジについて読んでみる:

  




    

ラボでのスペシャルランチ

トップ2%というとても良い成績でラボが新たに研究助成金を受け取ることになったので、そのお祝いにラボではケータリングでバーベキューを調達しての豪勢なランチをすることになりました diary39.gif

こういうイベントになると普段以上にチームワークの良いラボでは、私も含めてそれぞれが色々な物を持ち寄ります。私は当然(?)のことながらビールの係。やっぱり美味しい BBQ には美味しいビールが欲しいので、BBQ ランチの前日の帰り道に酒屋さんへ寄りました。

     

今回はラボでのランチなので、午後の仕事に影響が出ないように私は大ビンを3本だけ(って3本も!!という声も聞こえてきそうですが・・・)購入。今回チョイスしたのは Bear Republic の Racer 5 IPA、Stone Ruination IPA、そしてウケ狙いの Legacy Hoptimus Prime Double IPA diary40.gif

トランスフォーマーのオプティマス・プライムをもじった Hoptimus Prime というネーミング。トランスフォーマー好きなラボ仲間を思って選んだ1本です。

    op.jpg
 トランスフォーマーのオプティマス・プライム

それでランチの当日ですがメインの BBQ とサイドディッシュの他にラボ仲間が持ち寄ったサラダ、フルーツ、そしてケーキを含むスイーツ3種、飲物は私が持参したビールの他にギネスを含むビール数本が更に追加されての賑やかなテーブルに。

食べ物はメインの BBQ からスタート。スモーキーな BBQ はすご~く美味。スパイシーな BBQ ソースが食欲をそそります。飲物はラボのメンバー全員が一度も飲んだことがなかった Hoptimus Prime Double India Pale Ale をボスのリクエストで先ずは飲むことになりましたが、これが意外にも美味しいビールであることが発覚!ふざけたネーミングとは裏腹にしっかりとした IPA だったのでこれからのラボの集いの定番ビールになりそう。

そんなこんなで美味しい食べ物と飲物を囲んでの楽しいランチとなりました。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ


アメリカ人と日本語

2010.11.19 アメリカ生活
私が日本人だということもあって何かと日本に興味を持ってくれるラボ仲間。ボスをはじめ日本に関する質問や日本語でどういうか・・・など色々と質問してくれます。

この前もボスが自宅の屋根裏で flying squirrel (モモンガ) が見つかったというので、日本語では「モモンガ」と呼ぶのだと教えたところ、ボスはまるで呪文でも唱えるように「モモンガ、モモンガ、モモンガ」と日本語の練習。

そして屋根裏のモモンガに頭を痛めているらしいボスは今日も私がラボで作業を進めているところへやって来て「モモンガ~」と日本語でうなだれていました diary41.gif

ボスがまさかこんなにあっさりと「モモンガ」という言葉を覚えてしまうとは思っていなかったので、使用頻度がことごとく少ない「モモンガ」という言葉を教えてしまった私はちょっと反省しています。

    

それにしてもラボ仲間や Hubby の知っている日本語って不思議である。

例えばラボ仲間が新しく覚えた日本語として報告してくれたのは「うわばき」という言葉。どうやら The Fast and the Furious: Tokyo Drift(邦題:ワイルドスピード3X Tokyo Drift )という映画から習った日本語であるらしい。アメリカの理学博士が大きな声で「うわばき」という日本語を勝ち誇ったように披露してくれるなんて誰が想像できたであろう diary37.gif

こういう使えない日本語を覚えるのは何もラボ仲間に限ったことではなくて、Hubby も何年か前に日本へ行った時にたまたま通りがかったトラックから流れる「わらび~もち」という言葉を覚えてしまって、今でもときどき「わらび~もち」と突然言い出すことがある。

母国語ではない言葉って何かの理由で強く印象に残ってしまった言葉はいつまでも覚えていられるのかも。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ


世界に日本語を広めよう:
    




ちょっと早めのサンクスギビング

ちょっと前にハロウィーンがあったと思ったら、サンクスギビングがすぐそこまで来ています。ラボもサンクスギビングで11月25日~28日まで4連休になるのでその連休前に終らせておきたい実験がいろいろ。

    

ボスと実験のスケジュールについて打ち合わせをしていた時に、連休前にやっておきたい実験を完了させるにはこの週末に実験を開始しなければいけないことが判明。私が週末に出勤して実験を開始すればボスの都合に一番良いタイミングで実験を終えることができるので、「週末に出勤してもいいですよ」と言ってみました。

ボス:「う~ん・・・」

私:「ちょうどラボの近くに用があるから、わざわざ実験だけのために出て来るわけじゃないし。」

ボス:「本当に良いの?無理して出勤しなくてもいいんだよ。」

私:「でも週末に実験を始めるのが一番都合がいいから(ラボに)出てきます。」

ボス:「週末に実験を始めてくれてありがとう。本来ならのんびりするはずの週末にわざわざ出勤してくれるなら、来週の火曜日から連休に入ってくれていいからね。」

ちなみに私が週末に行わなければいけない作業は土曜日に2時間、日曜日に2時間だけ。週末にたったの4時間働くだけで2日も前から連休に入っていいと言ってくれるボス。部下に甘過ぎる diary37.gif

部下思いのボスの下で働くことができて、とてもラッキーです。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ



モモンガっ!

2010.11.13 アメリカ生活
「夜になると家の屋根裏を何かが走り回っているような音がする」と職場のボスが言いはじめてかれこれ数ヶ月。屋根裏にねずみ取りを置いたり、ねずみ駆除業者に来てもらったりして暫くの間は屋根裏も静かになったようでした。

ところが昨日の夜になって再び屋根裏からは物音が。音の元を突き止めるために屋根裏へ上がっていったボス夫人が目撃したのは、何とモモンガ。


    
    Image by Gene Glaser (Sialis)

そうです。木から木へとひら~りと宙をグライドする動物です。

ボス夫人から「屋根裏にいるのはどうやらモモンガ (flying squirrel) という動物らしい」と知らされたボスは「そんな動物が家の屋根裏にいる訳ないじゃん。きっとただのリスだろう・・・」と思って屋根裏へ行ってみたら、やはりそこにいたのは2匹のモモンガだったそう。しかも怖がる様子もなく、じっとボスの方を見つめていたようです diary37.gif

おかげで職場では朝からモモンガ談義に花が咲きました。マサチューセッツ州ではモモンガを殺すのは違法となっているようでモモンガ駆除の業者に来てもらわなければいけないらしく、ボスにとっては手痛い出費。意外にもマサチューセッツには多くのモモンガが生息しているようで、ボスが連絡を取ったモモンガ駆除業者も数週間先まで予約が一杯の状態。

鹿やスカンク、そして野生の七面鳥は見たことがあったけれど、まさかモモンガまで生息しているとは。

    fsqu02.jpg
    Photo by Kieth Klidler (Salis)

インターネットでボスが見つけたつぶらな瞳のモモンガの写真を見て "ah~ diary53.gif" と思わず呟いてしまった私をボスは呆れた様子で見つめるのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ

South End Formaggio -お洒落な食材店-

2010.11.12 食関連のお店
数ヶ月前にお散歩をしている時に偶然見つけた South End Formaggio 。
その時は外からちらりと中を覗いただけでお店に入らなかったのですが、後にラボのボスのおかげでチーズの種類が豊富な食材店だと判明 diary50.gif

「機会があれば行ってみると良いよ」と薦められたので行ってみました。

    

サウスエンドの裏通りっぽいところにある小さなお店なのですが、中に入るとお客さんが何人もいて混んでいます。

     southend08.jpg

スパイス類からオリーブオイル各種、ワインやビールのほかお店の奥のケースには色々な国のチーズがずらりと並んでいて、食べることが大好きな私にはたまらない品揃え diary40.gif

クランベリー・ビーンズという名前の生鮮食品など「これ、どうやって使うんだろう?」と興味をそそられるような食材もいっぱいです。
    southend04.jpg

ここではお店の手作りサンドウィッチも売られているので、次回はお腹が空いた時に行ってサンドウィッチを食べてみますね。


South End Formaggio
268 Shawmut Avenue
Boston, MA 02118
Tel: (617) 350-6996
お店のサイトへはこちらからどうぞ


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


美味しいチーズの本:
  


アメリカ市民権取得を考えてみる

2010.11.09 アメリカ生活
先日のブログエントリー(アメリカ市民権取得計画)でも触れたとおり、アメリカ市民権を取得しようかどうか考え中です。

市民権を取るかどうかをじっくり考えなくてはいけないのは、日本が二重国籍を認めていないから diary41.gif アメリカ人の相手と結婚してアメリカで永住者として暮らしている人で、日本が二重国籍を認めてくれないからアメリカ市民権の取得を躊躇している人も結構いることでしょう。

    

私の場合どうしてアメリカ市民権が欲しいかというと、当然のことながら永住権保持者の身分では何年アメリカで暮らしていても投票権が与えられないから。

そして旅行などから戻って来てアメリカに再入国する時に、別室に行くように指示される場合があるから。別に後ろめたい事がなくても入国審査官から「別室へ行って下さい」と言われると、かなりビクビクものだったりする。しかも一緒に再入国したアメリカ人の夫は別室へついて行かれないので、別室の入り口付近でいつ戻ってくるかも判らない妻を心配してうろたえる事になります(個人の体験談)。

あと数年後にはグリーンカードを更新しなくてはいけないので、更新料を調べてみたら今のところ $370 のよう。ただ私が更新する頃になったら値上がりしている可能性も大 diary51.gif アメリカ市民権取得の申請費用は $675 だから、グリーンカードを2回更新するよりはこちらのほうが安いですね。

ところでどうして日本では二重国籍が認められないのか理由が知りたかったのでインターネットで検索してみましたが、私の検索方法が悪いのかヒットしたのは「日本では二重国籍が認められていないので、日本と他の国の二重国籍になっている人は22歳になったらどちらの国を選択するかを届け出て下さい・・・」云々という内容のサイトばかりで、法務省のサイトでもどうして二重国籍がダメなのかは語られていませんでした。

代わりに在日米国大使館のサイトでは二重国籍を持つ場合の問題点について触れています:

米国政府は二重国籍の存在を認め、アメリカ人が他の国籍を持つ事を認めてはいますが、その事が原因となって問題が生じることがあるので、方針としては二重国籍を支持していません。二重国籍を持つアメリカ人に対してアメリカ国民としての義務を要求する場合に、それがもう一方の国の法律に反するような状況に陥ることもあるからです。

さらに、二重国籍者が海外に在留する場合、米国政府が当該者に対して自国民保護を行うのに支障がでる場合があります。通常、二重国籍者が国籍を持つ一方の国に居る時には、その国の要求が優先します。二重国籍を認めていない国が多い為、二重国籍者が国籍を持つもう一方の国で困難に遭遇した場合、米国政府が自国民として援護出来る範囲は極力狭まります。在日米国大使館のページより

それにしても日本ではどうして二重国籍に関して国としての見解を公表しないのでしょうね?私が知りたいのはどのような理由で二重国籍を認めないという判断に至ったか、という点なんですけど。

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ


秋のお散歩

2010.11.08 Bostonあれこれ
近ごろのボストンは霜が降りたりして寒い日が増えてきました。寒さが厳しくなってくると散歩する機会も減るので、この週末はサウスエンドを散歩。


     

サウスエンドは高級ブティックが立ち並ぶニューベリー・ストリートのような華やかさは欠けるけれど、レンガ造りの街並に美味しいベーカリーやレストラン、そして雑貨店や小さなブティックが点在していて散歩&ウィンドウショッピングにはぴったりのエリアです。

この日は風が冷たかったので散歩を早々に切り上げた後はスターバックスでしばらく本を読んで過ごしました。

    southend06.jpg

散歩したり本を読んだりして一人で過ごす時間って私にとっては、家族や友達と過ごす時間と同じくらい貴重だったりします。一人で行動しているから見つけられる風景とか、一人だからじっくり考えられることってありますからね diary43.gif


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ

The Girl with the Dragon Tattoo -ミレニアム・シリーズ-

読書の秋だから・・・という訳ではないのですがラボ仲間が貸してくれた小説を読み始めました。

The Girl with the Dragon Tattoo という名の小説で、アメリカでベストセラーになっているのでご存知の方も多いと思います。日本でもミレニアム ドラゴンタトゥーの女というタイトルで翻訳本が出版されているよう。

"It happened every year, was almost a ritual. And this was his eighty-second birthday. When, as usual, the flower was delivered, he took off the wrapping paper and then picked up the telephone to call Detective Superintendent Morell who, when he retired, had moved to Lake Siljan in Dalarna..."
(The Girl with the Dragon Tattoo)

というプロローグでゆっくりと物語が始まって行くのですが、そのうちどんどんと思わぬ方向へとストーリーが展開して行くので、気付けば読むのを止められないくらい面白いdiary50.gif





ヨーロッパでは既に映画化までされているくらい人気の作品で、ハリウッド版もダニエル・クレイグがジャーナリストの Mikael Blomkvist 役で映画化の話が進んでいるようで楽しみ。

こういう読むのが止められないくらい面白い本のことを英語で page-turner というけれど、まさにその表現がぴったりな本です。ただどんどん先へと読み進めたくなる page-turner には1つだけ大きな問題が・・・話の行方が気になって他のことに集中できません diary51.gif

もうすぐ中間試験があるのだけれど大丈夫だろうか。


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ





The Girl with the Dragon Tattoo -ミレニアム・シリーズ-... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。