スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Holiday Season とチップ

2010.12.08 アメリカ生活
10月下旬からはハロウィン→サンクスギビング→クリスマス→新年と大きな行事が続くので、アメリカで生活しているとこの季節は本当にあっという間に時間が過ぎていきます diary51.gif

我が家は日曜の新聞だけ定期購読しているのですが、この前の日曜日は新聞と一緒に白い封筒が配達されてきました。毎年ホリーデーシーズンになると新聞と一緒に配達されるこの封筒。

アメリカでは新聞を配達してくれる人やアパートメントのドアマンなど、日頃お世話になっている人たちにホリデーシーズンにチップを渡す習慣があります。だからこの季節になると新聞と一緒に新聞を配達してくれている人の宛先が書かれた封筒が届けられるんですよね。さりげなくチップを請求されているわけです diary37.gif

    shinbun.jpg

おかげで街のクリスマスのイルミネーションもさることながら、こうやって新聞と一緒に白い封筒が同封されてくるとホリーデーシーズンだなぁ・・・と思うのです。

ちなみにドアマンが居るアパートに住んでいる人たちはそれぞれのドアマンにもチップを渡すみたいですが、CNN によるとドアマンに渡すチップの相場は $25 - $100。

大学時代に社会学の教授がニューヨークのマンハッタンでアパートのドアマンをしている人たちの年収が平均で $50.000 だと聞いてびっくりしたことがあるけれど、ホリデーシーズンのチップだけで一世帯から $25 - $100 (特にマンハッタンでは $75 - $150)ももらえるのなら、その平均年収も不思議じゃないのかも知れません。しかもチップなので税金はかからないし・・・

当然のことながらマンハッタンの高級アパートのドアマンは学歴がなくてもそれなりの収入が得られる仕事なので、人脈がないとその職には就けないそうです。


CNN のサイトにはホリデーシーズンのチップのガイドラインが掲載されているので、興味のある方は下のリンクからどうぞ:
Ultimate Holiday Tipping Guide

Examiner.com に掲載されている "Manhattan Holiday Tipping Guide" ではマンハッタンの相場を知ることができて面白いですよ:
Manhattan Holiday Tipping Guide


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。