スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Game of Thrones

アメリカでは人気ケーブル・チャンネルの HBO で2011年の4月から放映されている、George R.R. Martin 原作の長編小説をドラマ化した Game of Thrones (小説の邦題は「七王国の玉座」)。日本でも2013年の1月からスター・チャンネルで放映されるようですね。

gt01.jpg

Game of Thrones のシーズン1は原作本の第1部がドラマ化されたもので、アメリカでは予想以上の大ヒットになりました。おかげでシーズン1がアメリカで放映される前後には原作本を読む人が増えて、ボストンの図書館でもこの本の貸し出しは50人以上待ちの状態だったり、私のように原作本を購入する人も続出したようで本の売り上げも再び伸びたりして話題になりました。

原作がどれほど長編かというと、小さいフォントにも関わらずおよそ800頁!
ハリーポッターが長編だと思ったら大間違いです。設定はロード・オブ・ザ・リングをもっとダークにした大人のためのお伽話とでも言った感じ。George R. R. Martin は表現がゆたかで、森の風景やそれぞれのキャラクターの風貌などを簡単に想像することができます。また小説自体はそれぞれのキャラクターで章が分かれていて話が進んで行くようになっていて、キャラクターの思いや考えに結構な頁が割かれています。もちろんファンタジーものには欠かせないドラゴンも登場しますよ!

ドラマだけでもじゅうぶん面白いですが、個人的には原作本はもっと面白いと思います。日本では字幕や吹き替え版に頼らなくてはいけなくなってしまうので、はたしてヒットするでしょうか。


Winter is coming!:

  
  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ    人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。