スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカへ来る前に・・・

2008.01.06 アメリカ生活
年末に手に比較的ひどい火傷を負ってしまったため、地元の病院のER を訪れました。火傷からくる痛みに耐えながら待たされること2時間半。無事にお医者さんに診てもらうことができました。

いつもアメリカの病院に掛かる時には健康保険の有り難みを痛感します。マサチューセッツ州は州法でフルタイムの大学生は強制的に健康保険に加入させられます。私が通う大学から加入させられる健康保険は年に20万円以上もして高いのですが、病気になった時にはこれが決して高いものではないことが良くわかります。例えば、救急車で最寄りの病院に搬送してもらっただけでも、約700ドル。病院でレントゲンを撮ってもらっただけでも約200~300ドル。以前にもブログで触れましたが、簡単な血液検査で数百ドルの請求がきます。アメリカの病院で1日~2日入院した場合、入院費は軽く10000ドル(約100万円)以上。

columbus


旅行者保険に入らないままアメリカに数週間旅行でやって来た日本人が旅の途中で急病になり数日間アメリカの病院に入院したあと、病院からの請求書を見て青ざめたという話や、アメリカの大学へ研究者としてやって来た日本人が大学がオファーした保険加入を断って保険に未加入のままアメリカで生活していたら、ある日突然一緒に赴任していた家族が急病になって大変な思いをした、というような話をたびたび耳にします。

保険だけは病気になってしまってから「保険に入っておけばよかった」と後悔しても遅すぎるので、短期旅行であれ長期滞在であれアメリカへ来る前には健康保険の確保だけはきちんとしておきましょう。

1クリックで今日も応援おねがいしますdiary33.gif  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/162-412b760c 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。