スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラック・オバマ氏とアメリカの人種問題

2008.03.20 アメリカ生活
既にご存知の方も多いと思いますが、アメリカは白熱した大統領選のまっただ中です。しかも今回の大統領選は民主党の候補者が史上初の黒人候補者(バラック・オバマ氏)または女性候補者(ヒラリー・クリントン氏)になるということで、通常の大統領選以上に注目されています。

ヒラリー氏はキャンペーン開始後、しばしば女性有権者に対して「アメリカ初の女性大統領を選出することが出来るチャンスである」とアピールしてきましたが、対するオバマ氏は今まで表立って「アメリカ初の黒人大統領を選出することが出来るチャンスである」ことをアピールするのを避けてきました。

オバマ氏が「アメリカ初の黒人大統領が誕生するチャンス」を有権者に対してアピールするのを避けて来たのには、アメリカには今でもしっかりと人種問題が存在するからです。1960年前後に盛んだった公民権運動やリンドン・ジョンソン大統領のもとで制定された公民権法を知る人たちから見れば、既に遠い過去のように思われがちな人種問題ですが、現在の就労状況や資産状況などを改めて見てみると、人種格差は今でも根強く存在しています。

capital


例えば政府や大学などが行うリサーチによると、高所得者の黒人が家を購入しようとした場合に、色々な理由をつけて銀行や金融業者から住宅ローンの借り入れを断られる確率は、高所得者の白人と比べた場合に約7~8倍にも上ると言われています。これはもちろん違法行為ですが、アメリカでは取り締まりの強化が行われていないのが実状です(マサチューセッツ州は取り締まり強化に必要な人材が足りないのを理由の一つにあげている)。

そんなアメリカに苛立を感じて、オバマ氏が約20年間通っている教会の牧師であるライト氏が教会での説教中にアメリカの白人社会を非難したために、オバマ氏も実はアメリカの白人社会に対して反感を抱いているのではないか?といった憶測が飛び交うようになってしまいました。

そんな状況を受けてオバマ氏は初めて、3月18日に人種問題に触れたスピーチをアメリカ国民に向けて行うことになったのです。オバマ氏がその殆どを自ら書いたと言われているスピーチ(一部を以下に掲載)ですが、今でも根強く存在する人種問題のありのままの姿を淡々と語っています。


アメリカ上院議員、オバマ氏のスピーチ (一部のみ):
The fact is that the comments that have been made and the issues that have surfaced over the last few weeks reflect the complexities of race in this country that we've never really worked through - a part of our union that we have yet to perfect. And if we walk away now, if we simply retreat into our respective corners, we will never be able to come together and solve challenges like health care, or education, or the need to find good jobs for every American.

Understanding this reality requires a reminder of how we arrived at this point. As William Faulkner once wrote, "The past isn't dead and buried. In fact, it isn't even past." We do not need to recite here the history of racial injustice in this country. But we do need to remind ourselves that so many of the disparities that exist in the African-American community today can be directly traced to inequalities passed on from an earlier generation that suffered under the brutal legacy of slavery and Jim Crow.

Segregated schools were, and are, inferior schools; we still haven't fixed them, fifty years after Brown v. Board of Education, and the inferior education they provided, then and now, helps explain the pervasive achievement gap between today's black and white students.

Legalized discrimination - where blacks were prevented, often through violence, from owning property, or loans were not granted to African-American business owners, or black homeowners could not access FHA mortgages, or blacks were excluded from unions, or the police force, or fire departments - meant that black families could not amass any meaningful wealth to bequeath to future generations. That history helps explain the wealth and income gap between black and white, and the concentrated pockets of poverty that persists in so many of today's urban and rural communities.

A lack of economic opportunity among black men, and the shame and frustration that came from not being able to provide for one's family, contributed to the erosion of black families - a problem that welfare policies for many years may have worsened. And the lack of basic services in so many urban black neighborhoods - parks for kids to play in, police walking the beat, regular garbage pick-up and building code enforcement - all helped create a cycle of violence, blight and neglect that continue to haunt us.

オバマ氏のスピーチ全文を見たい方はこちらをクリック!→A More Perfect Union (テキストを読みながらオバマ氏のスピーチを聴くことができます)




1クリックで当ブログの応援おねがいしますdiary32.gif 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/170-8a19d0eb 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。