スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クローバーフィールド

アメリカでは今年の1月18日に公開されたクローバーフィールドballoon_23.gif が日本でもやっと4月に公開になるんですねぇ。

アメリカでは公開前からYouTubeなどで熱狂的なファンが、この映画のストーリーやら登場人物のキャラクター構成やら怪獣のイメージに関して色々な説を共有したりしていて、随分と盛り上がっていました。しかもクローバーフィールドには映画の公式ウェブサイトの他に、隠れた関連ウェブサイト(http://www.slusho.jp 監督本人が公開間近になって関連ウェブサイトであることを認めた)もあったりして、そのウェブサイトから得たヒントをもとに主人公の会社は日本の会社であるらしいとか、怪獣は海から来たらしいとか、ファンは勝手に想像を膨らませて楽しんでたっけ。

監督によると、日本を訪れた時に子供と一緒に立ち寄ったおもちゃ屋さんで、色々なゴジラの商品が今でも売られているのを見て、アメリカにもゴジラのような国を代表する怪獣キャラクターがあったらいいのに・・・と思ったのがきっかけのようです。ちなみにクローバーフィールドの怪獣はゴジラとは全く似ていませんballoon_62.gif ゴジラと違って、おもちゃ屋さんでクローバーフィールドの怪獣が売られることはないでしょう(だって怖いんだもの)。


loews.jpg
(写真:グリーンラインのBoylston 駅から徒歩1分の場所にある映画館。)

作品のあらすじですが、主人公の Rob Hawkins が長年の親友 Beth のアパートで一緒に朝を迎えるところからはじまります。そして場面はかわって Rob の送別会の日。Rob が日本にある会社でエグゼクティブとして働くことになったので、彼の友人たちが集まってマンハッタンのアパートで Rob のために送別会を開催。みんなと一緒に飲んだり食べたりしながら送別会を過ごす Rob と彼の友人たち。そんな彼らが大きな雄叫びを耳にする・・・

cheese.jpg
(写真:ニューヨークのクローバーフィールドの撮影現場では、作品名は "Cheese" となっていたようです。http://1-18-08.blogspot.com)

この作品はブレアウィッチ・プロジェクトのようにハンドカメラの映像が主体となっているので、見ている途中で乗り物酔いのような症状を起こしやすいです。私も途中からちょっと気分が悪くなりました。乗り物酔いをしやすい人は食事の直後にこの映画を見るのは控えた方がいいかも。 でも怪獣映画だから映画館の大きなスクリーンで観るのがオススメですballoon_98.gif


http://1-18-08.blogspot.com はクローバーフィールドねたが満載のブログです(注:英語のブログ)。撮影現場の様子や、DVDのパッケージデザインまで見ることが出来るので、要チェック!


1クリックで当ブログの応援おねがいしま~すdiary35.gif  人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/173-5f6757ff 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。