スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sophia Smith Collection -アメリカ女性史の資料館-

2008.03.30 Nohoエリア
スミス・カレッジのキャンパスの一画にひっそりとたたずむレンガ造りの建物の中には、Sophia Smith Collection という女性史資料館があります。

この資料館は意外と知られていませんが、実はアメリカ最古/最大の女性史資料館で、アメリカ全土どころか世界中から研究者などが訪れます。


smithArchive01.jpg
(写真:スミス・カレッジ設立初期には体育館だった建物。ここは初めて女子バスケットボールの試合が行われた体育館としても有名。今では Sophia Smith Collection として資料館になっている。)


ここに収容されている資料はスミスの卒業生でフェミニストとして活躍しているグロリア・スタイナム(Gloria Steinem) から女性運動に関する写真、はたまたマーティン・ルーサー・キング牧師(Martin Luther King Jr)の手紙まで女性史に関連するものがいろいろあります。

女性史の中には女性と政治とか、女性と雇用などテーマは様々ですが、最近では女性と科学を題材とした研究がなぜだか盛んなようです。


smithArchive02.jpg
(写真:Sophia Smith Collection の入り口。)


スミスカレッジのクラスの中には、生徒がこの資料館を活用できるようなレポート課題を設定するクラスも少なくありません。私も今学期受講しているクラスのレポート課題でこの資料館を利用することになったので、今学期は何度か足を運んでプライマリー・ソースとにらめっこです。

基本的には平日しかこの資料館は開いていませんが、女性史に興味のある方は一度足を運んでみると面白いかもしれません。


資料館の開館時間:
月・火・木・金曜日:午前 10時~午後5時
水曜日: 午後1時~午後9時

Sophia Smith Collectionオフィシャルサイトへ


1クリックで今日も応援おねがいしま~すdiary19.gif  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/186-ddc8868d 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。