スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業シーズン到来

アメリカは卒業式のシーズンです。この時期になるとボストン・コモンにも突如卒業式のための白いテントが出没したりして、ボストニアンは 「あぁ、今年も卒業の季節かぁ」 なーんて思ったりするのです。

lawn02.jpg

卒業式といえばどこの大学でもその年のゲスト・スピーカーが気になるところ。ここでちょっとだけ、今年の卒業式の日にちとゲスト・スピーカーのラインアップをご紹介。

5月18日
ボストン大学:ボストン・レッドソックス CEO、 Larry Lucchino (ラリー・ルッチーノ)
        ↑ 去年はノーベル賞を受賞した物理学者、
           Steven Chu (スティーブン・チュウ) で、とても楽しい
           トークだった。

5月19日
ボストン・カレッジ:歴史学者の David McCullough (デイヴィッド・マックロー)

エマソン・カレッジ:MTV社長の Doug Herzog (ダグ・ハーゾッグ)

6月3日
プリンストン大学:医師/人類学者の Paul Farmer (ポール・ファーマー)

6月5日 
ハーバード大学:ハリーポッターの著者、JK Rowling (JK ロウリング)

6月6日
マサチューセッツ工科大学:ノーベル平和賞受賞者、Muhammad Yunus (ムハマド・ユヌス)

6月15日
スタンフォード大学:タレントの Oprah Winfrey (オプラ・ウィンフリィ)


こうやってゲスト・スピーカーを比べてみるとその年のそれぞれの大学のトレンドのようなものが感じられます。ちなみに有名校は卒業式に参加する人たちの人数が半端ではないため、チケットがなければ参加できないようになっています。


2008年のゲスト・スピーカー関連の本



1クリックで今日も応援おねがいしますdiary16.gif  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/218-6277e722 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。