スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金のケトル

ボストンの地下鉄、T のグリーン・ラインのガバメント・センター駅からすぐの場所にスターバックスがあります。スタバ自体はボストンでも珍しくないのですが、スタバの入り口を見上げると大きなケトル! 

しかも芸の細かいことにさりげなく、ケトルの口から湯気まで出してる diary50.gif 堂々とした風格をたたえるケトルはスタバの新しいマスコットかと思ったら、違いました。



(写真:寒い季節はケトルの口から出ている湯気に注目!!)

ケトルは当時あった紅茶会社の看板として1873年に製造されたもので、このケトルがもともと備わっていたビルの解体にあたって何度か引っ越しを繰り返したあと、いまのロケーションに落ち着いたようです。

1875年の元旦にこのケトルの容量を当てるコンテストが開催されて、何と13,000人の人たちがコンテストに参加。実際に計測した結果は、227ガロン2クォーツ1パイントと3ジル (約860リットル) 。ピッタリ賞の該当者はいなかったのですが、ちょっとの差でピッタリ賞を逃した参加者8名には紅茶が贈られたそうです (やっぱりボストンだから紅茶よね diary52.gif


ボストニアンの中には「あ、じゃぁ大きなケトルのあるスタバね」という感じで待ち合わせ場所の目印に使っているかも。

1クリックでこのブログの応援おねがいしま~すdiary35.gif  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/219-2de60e73 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。