スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの大学からCosta Rica短期留学

今年の5月に約2週間、コスタリカへ短期留学をするので、今日は大学でその留学に関する第1回目のオリエンテーションがありました。私が通う大学には毎年20人前後の生徒を短期留学させてくれる制度があります。昨年の秋に短期留学の奨学金の募集があったので私も応募してみたのですが、運良く選ばれました (^-^)。 応募の際に必要だった書類は、まず応募用紙(生徒名、生徒番号、連絡先などを記入)と成績表、そして教授の推薦状2通とエッセイ(留学したい理由、自己PR)。 

選考委員を務める大学関係者が書類選考で留学を希望する生徒を30人にまでしぼった後、第2次選考の面接で最終的に20人が選ばれるしくみになっていたようです。実はこの面接ですが、面接官を務める教授が私のことを良く知っている教授だったので、私は省略されてしまいました。選ばれた20人の生徒の留学先はスペイン、アイルランド、中国、ガーナ、イタリア、フランス、アルゼンチン、コスタリカなど色々です。

20050217232603.gif

私が行くコスタリカは、ニカラグアとパナマに挟まれた国で、首都はサンホセ。でも、留学目的が生態調査なので滞在するのはサンホセのような都会ではなくて、コスタリカの南部にある熱帯雨林です。南米も熱帯雨林も未経験の私には滞在先がどんな所なのかはっきり言って検討もつきません。

今日のオリエンテーションで分かったのは、毎日1回は必ず雨が降るということ(熱帯雨林だってば)。雨が頻繁に降るので、衣類が乾く暇が無い。電気が無い。毎日長距離を徒歩で移動する。お菓子が食べたくなっても売店も自販機も無い。シャワーは水だけらしい・・・

以下の持ち物リストからも何となくどんな場所なのか想像できます:
1.お金(US$100からUS$200で十分)
2.双眼鏡、コンパス
3.懐中電灯、ヘッド・ランプ
4.虫除け、かゆみ止め、日焼け止め、サングラス、帽子
5.ハイキング用のブーツ、サンダル、ゴム長靴
6.乾きの早いナイロン製の衣類、水着
7.シーツ
8.石鹸、洗濯用洗剤、救急キット、安全ピン
9.ポケット・ナイフ

コスタリカ滞在中はとにかく毎日熱帯雨林の中を歩き回るようなので、近日中にトレーニングを開始することになりそうです (ついでにダイエットして体を軽くしておこうっと)。

関連記事:
コスタリカ旅行記 その1
コスタリカ旅行記 その2

1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ  diary17.gif


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/22-92f4c6a0 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。