スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北と南の文化の違い

スミスカレッジに編入してから気付いたことが一つ。

このカレッジの教授たちの多くは、学生たちがファーストネームで呼ぶのを全く気にしていないようです。新学期の最初のクラスではどのクラスでも教授が簡単な自己紹介などを行いますが、その時に"I am John London (仮名). Just call me John." と言います。編入当初はそんなこと言われても、なんとなく教授をファーストネームでは呼びにくいので Professor ○○ と呼んでいました。

さすがに何セメスターも続くと私もこの習慣に慣れて、今ではすっかり教授をファーストネームで呼んでいます。これはうちのカレッジ特有の習慣だと思っていたら、どうやらアメリカ北部の大学には多いらしい。特に大学院レベルになると教授と学生の差がますます縮むらしく、お互いにファーストネームで呼び合う傾向にあります。

rain

ただしアメリカ南部では教授同士であっても Professor ○○と呼び合うのが普通となっているので、北部の大学教授が南部の大学へ出かけていった時に、南部の大学教授をファーストネームで呼ぶと「常識のない人」と思われてしまうのだとか (おぉ怖っ)。

こんなところにも北部と南部の違いがあるのですね diary43.gif


1クリックで当ブログの応援おねがいしますdiary17.gif 人気ブログランキングへ


南部について知ってみよう
    


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/222-2ede6a5d 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。