スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーマン・ロックウェル美術館

ボストンからマサチューセッツ・ターンパイク (Massachusetts Turnpike) を利用してマサチューセッツ州を西へ向かって移動すると、ニューヨーク州との境界のすぐ近くにストックブリッジという古き良きアメリカの風情を漂わせている小さな町があります。

この町をこよなく愛したのが、アメリカで最も愛されたイラストレーターとして知られるノーマン・ロックウェル。ロックウェルは50代後半から亡くなるまでこの町で過ごしました。そんなロックウェルに縁のあるこの町の中心地から2~3マイル離れた緑豊かな場所に、ノーマン・ロックウェル美術館 (The Norman Rockwell Museum) はあります。

nrm01.jpg


ノーマン・ロックウェル美術館はロックウェル自身が寄贈した原画をはじめ、彼が数々の作品を生み出したスタジオ、そして写真やファンレターなどの関連資料などを多く収蔵。5月から11月上旬までは美術館の敷地内に移築された彼のスタジオも公開されています。スタジオの中は彼が旅先で入手した品や彼が収集した美術本、そして絵筆やイーゼルなど、彼がスタジオとして使用していた時と同じ状態で保存されています。


nrm03.jpg
(写真:眺めの良い丘の上に移築されたロックウェルのスタジオ。)


ストックブリッジの辺りは自然に囲まれていて、小さな町が点在する環境の良い地域です。ロックウェルの世界を堪能するために機会があればドライブで一度は足を運んでみてください。


The Norman Rockwell Museum
9 Glendale Road, Route 183
Stockbridge, MA 01262
413-298-4100

休館日 - サンクスギビング、クリスマスと元旦

美術館のオフィシャルサイトはこちらから



応援よろしくお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ



ノーマン・ロックウェル関連の本



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/236-76917c8e 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。