スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーニング・コール

2005.02.23 アメリカ生活
先日、まだベッドの中で心地良く眠っていた時に突然、電話の呼び出し音が鳴りだしました。我が家の電話は呼び出し音が大きいので、無視して眠り続けるわけにも行かず、しぶしぶ 「ん、もーっ。誰よこんな朝っぱらから!?」などと思いながら電話に出ると、電話の声の主は「elleさん、いらっしゃいますか?」と言います。 「本人ですけど」 と答えると相手は 「早朝にすみません。出勤される前に連絡が取りたかったものですから。 私、移民局のものです。ご主人にかわって頂けますか?」と続けました。 時計を見ると朝の7時前です。

私は結婚と同時にグリーンカードの申請をしたので、条件付グリーンカードと言って有効期限が2年間だけのグリーンカードでした。それが昨年の上旬に期限切れとなるため、昨年の年明け早々に永住ビザの更新の手続きを取っていたのですが、この早朝の電話が更新手続きの最終段階だったようです。

移民局は私たち夫婦が偽装結婚でないことを確認するために、抜き打ちで電話をしてきたらしく、Hubbyが電話に出て1つ、2つ相手の質問に答えると、電話の相手はHubbyに 「これで、無事に確認が取れましたので新しいグリーンカードがelleさんに付与されます」と言ったそうです。 いや~、まさかこんな電話が移民局から掛かってくるなんて思ってもみませんでした。 しかも早朝。 移民局の人たちも大変ですね。

そして電話の1週間後、写真や必要書類を持って移民局のボストン支局へ来るようにという通知が移民局から届きました。 その通知を読みながら、「あー、長い道のりだったわ・・・(ここまでの所要時間、1年以上)」 と感慨にふけっていたのですが、この通知の最後の行にこう書かれていました。 

「あなたのグリーンカードは6ヶ月から8ヶ月以内に郵送されます。」 → 目が点になる私 

皆さん、永住ビザの更新は気長に待ちましょう

1クリックでこのブログの応援をお願いしま~す! 人気ブログランキングへ  diary17.gif
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/26-b44275be 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。