スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にこんなものを買ってみた

2009.01.16 英語学習
大学を卒業してしまったので暫くのんびりしようと思っていましたが、いざ時間が出来ると妙に落ち着かないものですね diary48.gif とくに在学中は授業のある平日の午前と午後は授業に出て、午後はラボに行き、夜は論文や本を読み、週末はペーパーを書き・・・という具合で「1日24時間では足らないよ」とぼやきながらも色々とこなしていました。 それが、卒業と同時に時間だけたっぷりあるという状況に。 学生の忙しさを知っているだけにお正月も明けて1月半ばにもなると、ちゃんと時間を有効に使わなくてはいけないという気持ちがだんだん高まってきました。


barronsGre02.jpg


おかげでこの機会にもうちょっと英語を強化しようということで、昨年の夏ごろに購入した Barron's Essential Words for the GRE でボキャブラリーを増やす事に決定! すぐに大学院に進学するという予定はないのですが、どうせアメリカで就職するのだから GRE に登場するような単語は覚えておいてもムダにはならないでしょう。


barronsGre01.jpg
(写真:絶対不可欠な単語のリスト。)


いざ勉強をしようと本を開けてみると、冒頭にいきなり "300 absolutely essential GRE words" (GRE に絶対不可欠な300単語)というタイトルで単語がずらり。

どんな単語が並んでいるかというと、こんな感じ:

discrete → よくテレビ番組の前に表示される "Viewer discretion is advised." でお馴染みの単語
catalyst, coagulate, distill, saturate, viscous → このあたりの単語は理系の授業でよく登場する
audacious → バラック・オバマ新大統領の著書 "Audacity of Hope" のタイトルにも使われてる

この本では絶対不可欠な300単語を含む、GRE に頻繁に登場する800単語をカバーしています。それぞれの単語は意味とともに、その単語を使った例文も掲載されています。

例:
propensity n. inclination; tendency
 There is a natural propensity to stress the importance of what once is saying by exaggerating it.



この手の本は読むだけでは単語は覚えられないので、久々に単語帳を買ってみました。手のひらにすっぽり収まるサイズの単語帳を使うのはとても久しぶりです。たぶん中学か高校へ通っていたころ以来。しかも良く見てみると、メーカーがコクヨだったりする。まさかアメリカまで来てコクヨの文房具にお世話になるとは思いませんでした diary43.gif


flashCard.jpg
(写真:ひさびさの単語帳。小さくて可愛らしい。)

800単語をマスターするのにどれくらいの時間がかかるのか想像もつきませんが、しばらくは真面目に勉強してみます。

ところで日本では電子単語帳が出回っているようですね。 さすが日本らしい発想!
ただPCじゃないと使えないようなので、マック利用者の私には意味のない商品ですdiary51.gif →こういう問題に直面するともっとPCが嫌いになります・・・


 電子単語帳       このエントリーで紹介した本
    

1クリックで今日も応援おねがいしますdiary35.gif  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/283-db8de651 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。