スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何やってんだか・・・

2009.01.24 アメリカ生活
メリルリンチの元最高経営責任者 (CEO) だった John Thain 氏は、メリルリンチがバンク・オブ・アメリカ (BofA) に吸収合併された後、BofA でグローバル・バンキングなどの責任者として働く予定だったのですが、どうやら BofA を退職したクビになったようです。

クビになった理由としては、第四半期にメリルリンチが154億ドルの損益になったことや社員数を削減する傍ら会社の資金を使って、自分のオフィスを新装したことなどが挙っています。 2008年後半に損益が膨れ上がったメリルリンチを救うためにアメリカ政府が資金(つまり国民から徴収した税金)を投入したというのに、個人のオフィスを新装している場合じゃないですよね。

しかも新装に費やしたお金は何と120万ドル(日本円でおよそ1億2000万円)です balloon_78.gif 倫理観が欠落してる気が・・・ どうやったら個人のオフィスの内装に120万ドルもかかるのか不思議だったのでちょっと詳細を調べてみました。

Bloomberg.com によると、この巨額な内装費には以下のような物が含まれています:

オバマ大統領の就任後、ホワイトハウスの内装を手掛けることでも有名なインテリア・デザイナー、Michael Smith 氏にデザイン料として837,000ドル(同デザイナーはホワイトハウスの内装は100,000ドルで請け負っているらしい)

絨毯に87,000ドル

テーブルに68,000ドル

呆れて何も言えません。



写真:バンク・オブ・アメリカを退職することになったセイン氏(Photo by ロイター)。


セイン氏は2008年の暮れにも「私のおかげでメリルリンチが BofA に吸収合併されることで、メリルリンチの株主への損失を食い止めた」という理由で1000万ドルのボーナスも請求していましたが、その時も国民や政治家などの間からはブーイングがあがっていました。

いつになったらセイン氏は自分の金銭感覚と世間の金銭感覚にはグランドキャニオン規模のギャップがあると気付くのでしょう。→ 「一生気付かない」 に一票


diary19.gif1クリックでブログの応援をおねがいします   人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/290-2f60a28d 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。