スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカデミー賞に見る今年の傾向

2009.02.25 ひとりごと
アカデミー賞ではどの俳優さんや作品が受賞するかというのも気になりますが、女優さんのドレスも気になるところ。特にアメリカのメディアは女優さんがこういったイベントに参加する時の服装には、かなり辛口な批評を繰り広げます。

今年のアカデミー賞に参加した女優さんのドレスに関して言えば、ファッション評論家および一般メディアの間では「淡い色がIN で黒などの強い色がOUT」という意見でほぼ一致していました。

ファッション評論家の間で評価が高かったドレスは、アナ・ハザウェーが着ていたアルマーニのドレス。比較的シンプルなシルエットのドレスですが、クリスタルやスパンコールが使われていて、素材はとっても凝っていました。彼女の肌のトーンを引き立てていて、とても良いドレスballoon_01.gif


dress03.jpg

アナ・ハザウェーと対照的に、ファッション評論家やメディアから「いいかげんに、学習して!」と言われたのはビヨンセ。何故かビヨンセはマーメイド・ドレスを選ぶことが多いのですが、彼女はヒップのあたりがグラマーなのでこの手のドレスを着ると背が低く見えるし、何よりも太って見えます。


dress02.jpg   ursla.jpg
ドレスを着たビヨンセ(左写真)のシルエットはウスラ(右写真)に似ている。
                                  

マーメイドというよりは、このドレスを着た彼女のシルエットはリトル・マーメイドに登場するウスラに近い気が。それに黒に大きなゴールドのパターンのドレスって、今年の傾向を完全に逆走しています。誰か彼女が出掛ける前に止めてあげればよかったのに・・・ balloon_72.gif

   
他に不評だったのはSex and the City のキャリー役で知られる、サラ・ジェシカ・パーカー。淡いミント・グリーンのドレスはディオール・クチュールだったようですが、「デザインがお姫様のドレスのようで、大げさ過ぎる!」という意見が至る所で聞かれました。色の選択は良かったと思うのですが、デザインはもっとシンプルな感じのが上品で洗練された感じになったと思います。


1クリックでこのブログの応援をおねがいしますdiary30.gif 人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/322-9829020f 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。