スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストンの穴場レストラン

2009.03.28 食関連のお店
アメリカのレストランで食事をしようとすると、チップを心配しなければいけませんよね。我が家は計算がしやすいから、という理由で普通にサービスしてくれたウェイターさんには約20%のチップを支払います。それなので、例えば食事の代金が税金込みで$25だと、そこにチップを$5足して$30になってしまいます。たかが$5、されど$5。おかげで大したお料理でもないのに$30も使って外食するのには、消極的になってしまいます。

実はボストンにはそんな我が家にぴったりな穴場のレストランがあるんですよ diary40.gif ここだとメインディッシュが$5以下なのです! さらにウェイターさんたちが一般的なレストランと同様またはそれ以上にきっちりとしたサービスをしてくれるにも関わらず、チップがいらないんです diary43.gif



今回このレストランへ行った時に食べたメインディッシュがこちら!
               ↓    ↓

bhccRestaurant.jpg


ハドックのソテーです。付け合わせはキュウリのソテーとポテトでした。 Hubby はこのメインディッシュの他にサラダとオニオングラタンスープも注文しました。あとソフトドリンクも注文。あぁ、贅沢なランチだ・・・ これだけ注文して、お代は$17ちょっとでした。


bhcc.jpg


このレストランは何故こんなにお値打ちかというと、バンカーヒルコミュニティカレッジでお料理の勉強をしている学生さんたちが、授業の一環として運営しているレストランだからなのです。焼きたてパンからメインディッシュ、そしてデザートまで全て学生さんたちが調理しているんですね。そしてウェイターとして働いているのも学生さんなのです。

レストランは月曜日から木曜日の午前11時45分から午後1時30分頃までしかオープンしていないのと、メニューが限られている(本日のスープ、サラダ、メイン3種類前後と本日のデザート)のが難点ですが、それが気にならなければ手頃なお値段で美味しいランチを頂くことができます。不思議なことに、ここの学生でもこのレストランの存在を知らない人が多いです。レストランから一歩足を踏み出すと大学のカフェテリアなので、そこでは沢山の学生さんたちがお昼ご飯を食べたりしていますが、カフェテリアの雰囲気とレストランの雰囲気はかなり違います。それにレストランの方が安い(笑)。

レストランではバンカーヒルの教授や生徒が気軽に食事を楽しんでいますが、大学関係者でなくても利用出来るので、私たちが行った時は赤ちゃんを連れたお母さんたちがグループで来ている姿も見かけましたよ。


1クリックで今日も応援おねがいしま~す diary10.gif  人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/347-c01d6d79 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。