スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストンのスポーツ・ファン -野球編-

2009.06.12 Bostonあれこれ
ボストンといえばBoston Red Sox(野球)をはじめ、 Boston Celtics(バスケット・ボール) Boston Bruins(アイス・ホッケー)、 New England Patriots(アメリカン・フットボール)、 New England Revolution(サッカー)と、プロのチームがいっぱい。おかげでこの地域で暮らしているスポーツ・ファンは1年を通してスポーツのネタには困りません。


レッドソックスの本拠地、フェンウェイ・パーク

そしてNew York Yankees は Boston Red Sox の宿敵なので、当然のことながら Red Sox nation (地元ではレッドソックスのファンのことをこう呼ぶ)はかなりのアンチ・ヤンキーズ。レッドソックスの試合がフェンウェイで行われる日にヤンキーズ・ファンがヤンキーズのユニフォームや野球帽をかぶって試合会場のフェンウェイ・パークに現れようものなら"Yankees sucks! Yankees sucks!" と周りから大合唱が起るのです(笑)。

ボストンに暮らし始めたばかりの頃は、以前にニューヨークで暮らしたこともあるおかげで「ボストニアンも何もそこまでヤンキーズのことを嫌わなくたって良いのに・・・」と思ったものですが、何年もボストニアンの観点からヤンキーズを見ているうちに、最近ではどうしてボストニアンがあそこまでヤンキーズを嫌うのか何となく理解出来るようになってきました。

ヤンキーズって結局、ニューヨークのメジャーな野球チームなので試合やグッズの販売などからの多額な収入やオーナーが裕福なこともあって、サラリー・キャップ制度ではないメジャー・リーグの中にあって良い選手を獲得するためにお金をどれだけでも使うんですよね。だからレッドソックスが将来性のある選手を獲得してその選手が活躍するようになると次にその選手との契約更新の時期が来た時に、ヤンキーズが多額のお金を積んでレッドソックスが育てた選手を持って行ってしまう・・・というパターンをよく見ます。レッドソックス・ファンにしてみたらお金をふんだんに使って選手を獲得する、ヤンキーズの派手さが気に入らないのでしょう。

私もすっかりボストニアンなので、ヤンキーズは嫌いです(キッパリ)。そして、沢山のお金を使って構成されているヤンキーズ (2009年度の選手の年俸の合計額$201,449,189) がレッドソックス(2009年度の選手の年俸の合計額$121,745,999)に7連敗しているのを見るのは実にいい気分です♪


1クリックでこのブログの応援をおねがいしますdiary02.gif  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/401-91fa0394 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。