スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Smith College と読書

先週の日曜日からプロ・フットボールのシーズンが始まったため、今週は生活のリズムが狂ったまま。金曜日の夕方に「おぉ、やっと週末だ!」と思いつつ家に辿り着くと、家では大学から送られて来た同窓誌が待っていました。


写真:スミス・カレッジの同窓誌、Smith Alumnae Quarterly

スミス・カレッジの同窓誌は年に4回発刊されていて、今回送られて来たのは秋の号。今回の号ではスミスの卒業生が出版した本や、スミスの卒業生が中心人物として登場する本の紹介があったのは、やっぱり読書の秋だからでしょうか。

smith06.jpg
写真:スミス・カレッジのキャンパス

同窓誌の中で紹介されていた本は "Julie & Julia" や "Commencement" など。Julie & Julia は今年の夏にアメリカで公開となった同タイトルの映画の原作本。タイトルの一部になっている Julia Child (ジュリア・チャイルド)はスミス・カレッジの卒業生で、アメリカ初のセレブリティ・シェフとして長年アメリカ人の間で愛された人として知られています。

Commencement はスミス・カレッジの卒業生コートニー・サリバンのデビュー作で、スミス・カレッジが舞台になっているので、実際にこの大学へ行った人は違った楽しみ方が出来そうな本。早速、図書館で借りて読んでみようとチェックしてみましたが、ボストン私立図書館では100人以上の人がこの本の予約をしていることが判りましたdiary36.gif

いずれにしてもこの秋と冬は「スミス・カレッジ」をテーマに色々なジャンルの本を読んでみたいと思います。


1クリックで今日も応援おねがいしますdiary21.gif  人気ブログランキングへ



"Smith College" をキーワードに選んだ本いろいろ

  

  

 
人気ブログランキングへ diary25.gif クリックしていってね!




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/420-7009e4f0 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。