スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒さも吹っ飛ぶ熱い音楽

ボストンでコロンバス・デーに開催されたイベント、Opening Our Doors 2009 に出掛けた時に、Marcus Santos & Bloco Afro Brazil というバンドのパフォーマンスを見ました。バンド名の一部にもなっている "Brazil" という言葉に誘われて、行ってみて大正解!曲は全てビートの効いたサンバの曲ばかり。

関連ブログ・エントリー:
Opening Our Doors 2009
ボストン美術館、秋のオープンハウス
Project STEP のミニ・リサイタル




バンドはパフォーマンスを開始したばかりの時はステージで大人しく並んで演奏していたのですが、ノリが良いサンバの曲を身体を動かさずに演奏できるはずもなく、気付けばバンドはステージを降りて観客が集う芝の上に移動。

afrobrazil01.jpg
ドラムのリズムで芝の上を行進中のバンド

afrobrazil03.jpg
年配の女性も杖を振りながらノリノリ♪


演奏が始まってから30分も経たないうちに軽快なリズムに誘われて集まって来た観客で芝生の上は大賑わい。子供から年配の人たちまでリズムに合わせて身体を動かしていました。まだ学生だった頃に大学の教授が「ラテンのリズムの良い音楽を聞いていて、じっとしていられるなんて考えられない!」と言っていましたが、本当にそうですよね。こーんな軽快なビートの音楽に包まれながら、身体でリズムをとらずにじっとしていられる訳がありませんdiary52.gif


afrobrazil04.jpg

今回の演奏をリードしていたのはブラジル出身の Marcus Santos さんで、彼はボストンを起点にパーカッショニストとして活躍しているアーティストです。パフォーマンスの後にはマーカスさんのアルバムも販売されたので、しっかり購入しました。これからの寒い季節を乗り切るためには、熱い音楽は必需品ですからねdiary43.gif


Bloco Afro Brazil のパフォーマンスをご覧になりたい方はこちらから

Marcus Santosさんのアルバムは iTuneで試聴 できます
batukaxe.png

Bloco Afro Brazil のサイトへはこちらから
Marcus Santos さんのサイトへはこちらから


1クリックで今日も応援おねがいしますdiary11.gif  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/443-0ffdcb2e 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。