スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年 ハロウィーン特集 - Beacon Hill 編 その2 -

2009.11.04 イベント
昨日のエントリーでビーコンヒルのハロウィーンの様子をお届けしましたが、今日もその続きです。

関連ブログ・エントリー:
2009年 ハロウィーン特集 - Beacon Hill 編 その1 -
2009年 ハロウィーン特集 -Faneuil Hall 編-
Boston By Foot のビーコンヒル・ツアーに参加してみる
Beacon Hill でお散歩


普段は閑静な高級住宅街といった趣があるビーコンヒルですが、ハロウィーンの夜はこのエリア一帯がちょっとしたお祭りムード。いつもならピッタリと扉が閉ざされていて家の中の様子を知ることが殆どできませんが、ハロウィーンの夜は家の扉を開け放って入り口で家主さんたちがお菓子と一緒に待ち構えているので、このエリアに暮らしている人たちを見ることができます。


  beaconhw07.jpg
 骸骨のライトやレッドソックスのロゴがカービングされた jack-o'-lantern
 (かぼちゃのランプ)


 beaconhw03.jpg beaconhw08.jpg
   お菓子が用意してあるお家は、入り口で家主さんがお菓子と一緒に待っています

    beaconhw06.jpg
     優しい笑顔と素敵なコスチュームが印象的だったご夫婦。


しかも家の飾りだけでなく、お菓子をくばる家主さんたちの中にはコスチュームを着た人たちも多くて、ビーコンヒル一帯がアトラクションと化していました。そしてハロウィーンの日のビーコンヒルを何度も訪れている人たち中には、大人だけのグループでもしっかり仮装を楽しんでいた人たちが多くて、こんな状態だと知っていたら私も仮装して来るんだった・・・と反省。


 beaconhw10.jpg
 Recession 2008-2009 R.I.P (不景気 2008-2009 安らかに眠れ) と書かれた墓石のデザインの幕や中庭にある木に吊るされたおばけなどライティングにも気を使っています。

 beaconhw.jpg
 中庭には魔女に扮した家主さんがお出迎え

 beaconhw11.jpg
 こちらは死神に扮した男性

ハロウィーンの夜にビーコンヒルを歩いていて感じたのは、飾り付けが楽しかったり、家の人たちがムードを盛り上げるようなコスチュームで出迎えてくれる家には人垣ができているということ。特に大きな中庭があるお家は上の3つの写真でも判る通りとても凝った飾り付けがされていたので、中庭に入って飾りを見る人たちで行列が出来ていました。しかも中庭の入り口では家主さんが帰って行く人たちに「ハッピー・ハロウィーン!見に来てくれてありがとう!」と声を掛けていたのには感心しました。見学で訪れた人たちに中庭を開放しているなんて、太っ腹!

ビーコンヒルには著名な人たちも多いのですが、ハロウィーンの日にはこのビーコンヒルの住人でマサチューセッツ州上院議員のジョン・ケリー氏もご夫人と一緒に自宅の入り口で子供たちにお菓子を配っていましたよ。

1クリックでこのブログの応援をおねがいしますdiary29.gif   人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/447-2c765292 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。