スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Old South Meeting House

ボストン・コモンからも徒歩の距離にあるダウンタウン・クロッシングのエリアに建っている Old South Meeting House (オールド・サウス集会場)。ピューリタンが集う場所として1669年に木造の集会場がここに建てられたのですが、次第に集まる人の数が増えて収容しきれなくなったので、1729年に現在のレンガ造りの建物に立て替えられました。今年で築280年ですdiary40.gif

  
  ダウンタウン・クロッシングに建つ Old South Meeting House

ここはボストン紅茶事件の発祥の地として有名で、イギリスが紅茶に課税することに不満を募らせていたボストンの住人およそ5000人がこの集会場に集ってイギリスの課税行為にどう対処するかを話あった場所です。でもここは紅茶事件の発祥の地という以外にもアメリカ史にとっては重要な場所で、例えばアメリカ建国に貢献した Benjamin Franklin やアフリカン・アメリカンの最初の詩人と言われる Phillis Wheatley が洗礼を受けた場所でもあるのです。


 omh02.jpg
  紅茶事件の直前には5000人もの人々が集まったと言われる集会場内部

 omh03.jpg


Benjamin Franklin の生家は Milk Street 沿いでこの教会の向かい側にあったので、彼の家族は毎週この集会場で行われていた教会の集まりに参加していました。Phillis Wheatley は7歳の時にアフリカで誘拐されて奴隷船に乗ってボストンへと連れて来られた後、Wheatley 家が奴隷として彼女を購入。彼女の類い稀な聡明さに気付いた Wheatley 家の人々によって勉強をする機会を与えられた彼女は英語とラテン語の読み書きを習得して後に詩人として有名になった人です。


  omh01.jpg
  この集会場の中に展示されているPhillis Wheatley の像


この集会場は国定歴史建造物に指定されていて博物館として一般に公開されていますが、今でも一年を通して人々が集まり意見を交換する場所としても使われています。毎年12月にはボストン紅茶事件を再現するイベントが行われるので、このシーズンにボストンを訪れる機会があったら参加してみるのも良いかもしれませんdiary43.gif

Old South Meeting House
310 Washington Street
Boston, MA 02108
オフィシャルサイトはこちらから

Thanksgiving(11月の第4木曜日)、 Christmas Eve、 Christmas(12月24と25日)、 New Year's Day(1月1日)以外は毎日開館。

1クリックで今日も応援おねがいします diary28.gif  人気ブログランキングへ

ボストン関連の情報を知りたい方はこちらへどうぞ! →ボストン生活情報


 


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/467-a934c66c 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。