スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Harvard Museum of Natural History -ハーバード自然博物館-

ハーバード自然博物館は、Botanical Museum (植物学博物館)、Museum of Comparative Zoology (比較動物学博物館)、Mineralogical and Geological Museum (鉱物学・地質学博物館)の3つの博物館から構成されていて、さらには Peabody Museum of Archaeology and Ethnology (ピーボディ考古学・民族学博物館)の建物とつながっています。

hmnh.jpg
(写真:ハーバード自然博物館の入り口。春になるとこの建物の前に広がる芝生でバレーボールを楽しむハーバードの学生を見かけることもある。)


hmnh2.jpg
(写真:グラス・フラワーの展示室。ここに展示されている植物標本はガラスで出来ているとは思えないほど精巧。)


この自然博物館のお薦めは、ガラスで精巧に作られた植物標本(Glass Flowers)です。

1887年~1936年の半世紀の間にLeopold と その息子、Rudolph Blaschka の手によって作られたガラスの植物標本 (補強用に使用されたワイヤー以外は全てガラス)は、驚くほど細かい部分まで正確に作られています。

その他、この自然博物館には魚類、鳥類、哺乳類の剥製や、鉱物が所狭しと陳列されているので、なかなか見ごたえがありますよ。

gflower.jpg
(写真:グラス・フラワーのブーケ。)

ハーバード自然博物館は、元旦、サンクス・ギビング、クリスマス・イブとクリスマス以外は、毎日午前9時から午後5時まで開館しています。 入場料は大人 $7.50、子供(3から18才)$5。 毎週日曜日の午前9時~正午までは入場無料。9月~5月までは、日曜以外に毎週水曜日の午後3時~午後5時も入場無料。 月に何回か、午後6時から無料のレクチャーも開催されているので、ボストンに長期滞在の方はそちらも要チェックです。

gflower1.jpg
(写真:グラス・フラワーの製作工程。)

Harvard Museum of Natural History
26 Oxford Street, Cambridge MA 02138
(617) 495-3045

サイトはこちら

最寄り駅はレッド・ラインのHarvard Square(ハーバード・スクエア)駅。


1クリックでこのブログの応援をお願いしま~すdiary18.gif
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/47-75ff5eb2 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。