スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューポートの豪邸 -The Breakers-

2009.12.13 アメリカ旅行
ついこの前まで比較的穏やかな気温が続いていたかと思ったら、ここへ来てニューイングランドは急に寒くなってきました。このところ毎日のように氷点下の気温が続いていますdiary41.gif

でも週末はお天気がよかったのでそんな寒さにもめげずに Hubby と一緒にロードアイランドのニューポートへ日帰り旅行に出掛けました。ニューポートは海沿いの街で、とても大きな豪邸が何軒も建っていることで有名な場所。今は冬なので比較的人も少なめでしたが、夏になると観光地として非常に混むようです。


 breakers07.jpg
 Rhode IslandのNewportまではBostonから車でおよそ1時間30分


以前からニューポートの豪邸見学に行ってみたかったのですがなかなか行く機会がなくて、ニューポートへは今回が初めて。オフ・シーズンのため一般公開されている豪邸も数軒だけです。でも今の季節にここを訪れたかったのには訳があります。実はこのホリデー・シーズンの間だけ豪邸の中にとても綺麗なクリスマスの飾り付けがされているのです。

ニューポートに到着して、まずはここにある豪邸の中で一番有名な The Breakers へ行ってみました。

   
        The Breakers の玄関

   breakers01.jpg
 玄関のわきに置かれたライオンの置物にもクリスマスの飾り付け


この豪邸は鉄道で財を築いた Cornelius Vanderbilt の孫として生まれた Cornelius Vanderbilt II の夏の別荘として1895年に建てられたもので、玄関を入ると大きならせん階段がある豪華なホールがあります。ホリデー・シーズンの今はこのホールに大きなクリスマスツリーがいくつも飾られているうえ、いたるところにポインセチアや生花を使ったとても綺麗な飾り付けがされています。残念ながら豪邸の中は撮影が禁止されているのでここでは中の様子を写真で紹介出来ませんが、中の豪華さは「豪邸」というよりは「宮殿」といったイメージです。

中のイメージをご覧になりたい方はこちらからオフィシャル・サイトへどうぞ。


 breakers02.jpg
   海沿いの庭から眺めた The Breakers


ニューポートにある豪邸の中でも一番大きいと言われる The Breakers は70もの部屋で構成されています。そしてこの建物が完成した頃にはまだ新しかった電気やセントラル・ヒーティングのシステムも完備していて、ダイニング・ルームにある2つの大きなシャンデリアにも電気が使われていました。ただし当時の電気のシステムは不安定だったので、電気が使えなかった時のためにシャンデリアはガスを使うこともできるようになっているんですよ。


 breakers03.jpg
 かなり離れた場所から撮影してやっと建物全体を写すことができました


この豪邸は外も中も当時のVanderbilt家の富を象徴するつくりになっていて、家全体が美術館のようです。当時Vanderbilt家の長であったCornelius Vanderbilt IIのバスタブは1枚の大理石から出来ているので、毎回入浴前に熱湯で4回バスタブを暖めてからでないと入浴するのに使えなかったそう。そんなエピソードからもこの夏の別荘の所有者がどれほど裕福だったかを知ることができます。



 breakers05.jpg
          細かな装飾が施された外壁

breakers04.jpg
          庭の向こう側に広がる海


ここまでの豪邸は日本で見ることは難しいでしょうから、建物に興味のある方や当時の裕福なアメリカ人の暮らしぶりに興味のある方にはお勧めです。

The Breakers
44 Ochre Point Avenue
Newport, RI


今日も応援おねがいしま~すdiary21.gif  人気ブログランキングへ


Newport Mansions に関する本

 


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/470-82175f83 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。