スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Freedom Trail  -番外編-

Granary Burying Ground から次の目的地へ移動しようとした時に耳にした銃声の主はアメリカが独立を宣言した当時(1700年後半)の衣装を身にまとった人々のパレードでした。

前回のブログ・エントリー:
Freedom Trail -その1-


   ft8.jpg


このパレードは毎年ボストンで独立記念日の日に行われていて、Government Center にある市庁舎 (City Hall) での国旗掲揚から始まって、その後パレードは Tremont Street を通って Granary Burying Ground へ向かいます。


ft7.jpg

ft10.jpg
              当時の兵隊に扮した人たち


フリーダム・トレイルのツアーの途中で私たちはちょうどこのパレードと遭遇したので、Granary Burying Ground 前でしばしパレード見物。



   ft9.jpg


パレードは Granary Burying Ground 前で止まると、墓地に向かって整列します。毎年このパレードがこの墓地を訪れるのは、サミュエル・アダムスをはじめこの墓地で眠る愛国者たちに敬意を払うためなのですね。

独立記念日にちなんだこういったパレードもボストンならではなので、この時期にボストンを訪れた時はお薦めのイベントの一つです。 注:パレードはおよそ9時半~10時の間に Granary Burying Ground へやって来るようです。

次回はフリーダム・トレイルの続きを紹介します。


1クリックで応援おねがいします人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/499-c8372a8b 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。