スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dogfish Head Alehouse  -旅先グルメ-

2010.08.22 アメリカ旅行
以前に「お気に入りの IPA」というブログ・エントリーで触れたとおり、勤務先のラボのスタッフたちのおかげですっかり IPA (India Pale Ale) というタイプのビールが気に入ってしまった私がこの夏のワシントン DC 旅行でどうしても行ってみたかった場所があります。

それは・・・Dogfish Head Alehouse diary53.gif メリーランドに1つ、ヴァージニアに2つのお店がある Dogfish Head の専門店です。


   
          本日の生ビールのリスト


ボストンの酒屋でも Dogfish Head のビールが売られていたり、時々 Dogfish Head 60 minutes IPA の生ビールを置いているレストランはボストンにもありますが、違った種類の Dogfish Head の生ビールが楽しめるお店は残念ながらボストンとその近郊にはありません。

滞在先から一番近い場所にあったヴァージニア州の Fall Church 店へ行きましたが、平日の比較的早い時間帯であったにも拘らずお店の中は既に満席。入り口に掲示されている「本日の生ビール」のリストをチェックしながら席が空くのを待ちました。


    dfh04.jpg
            素朴な雰囲気の店内


店内は混んでいて適度に騒がしいからか、子供を連れのお客さんたちもたくさん。子供をつれて気軽に美味しいビールが楽しめるお店はビール好きにはありがたいですよね。


    dfh03.jpg
 メニューによるとジャンバラヤには 90 Minutes IPA が合うようです


メニューにそれぞれのメインディッシュにはどのビールが合うかちゃんと書かれているところが、さすがビール専門店!気が利いています。Hubby は3種類の魚介類のフライが楽しめる Dogfish Trio を、私はボストンでは滅多に食べることができないジャンバラヤを注文。

Hubby はお酒をほとんど飲まないのでこの日もソフトドリンクを注文していましたが、私は Black "N" Tan という黒ビールと IPA のハーフ&ハーフのビールを注文しました。


    dfh01.jpg
         ハーフ&ハーフの Black 'N' Tan


そもそもビール専門店なのであまりお料理には期待していませんでしたが、ジャンバラヤはほどよいアルデンテで適度にスパイシーでとても美味しかったです。Hubby も注文したお料理パクパク食べていたところを見ると、美味しかったようです。


Dogfish Head Alehouse のサイトへはこちらから


ひとりごと:
お料理の美味しさもさることながら、メリーランドあたりまで南下するといつも感心させられるのがウェイターさんたちのサービスの良さ。若いウェイターさんからベテランのウェイターさんまで親切で気が利くウェイターさんたちが多いのです。ボストンではちゃんとしたレストランでもウェイターさんのサービスがあまり良くないことが多いので、「あー、外食して良かった!」という気になれないことがしばしば。ボストンのウェイターさん、メリーランドのエリアのウェイターさんを見習ってください。


1クリックで応援おねがいしま~すdiary21.gif  人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/510-ac747d55 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。