スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レコメンデーション・レター

大学の春学期もそろそろ後半に差しかかって来たので、毎週のように私が通う大学からスカラーシップ(奨学金)の募集や新入生オリエンテーションのアシスタント募集などの手紙が届きます。 アメリカ国籍じゃなくても成績が良ければこうやって色々とオファーしてくれるのが、アメリカの大学の良いところ (that's the beauty of American colleges♪) です。


t.jpg


それじゃぁ奨学金に応募しようということで、選考基準と応募方法を参考までに、一緒に見ていきましょう。

選考基準
1.現在も当大学の学生で、当大学において30単位以上を取得した者。
2.2005年の秋学期に当大学に在籍する者。
3.GPA (Grade Point Averageの略で成績平均値のこと) が3.50以上の者。
※私が通う大学では、Aが4.0、A-が3.7、B+が3.30

応募方法
1.指定の応募用紙に必要事項を記入すること。
2.当大学にどのような貢献をしたかや、今後の進路に関する内容が盛り込まれた、300語以内のエッセイを書くこと。
3.応募者は3通のrecommendation letters (推薦状)を提出すること。
-3通のうち2通は当大学の教授からの推薦状であること。
-残りの1通は当大学の関係者または大学外の者で、応募者のことを良く知る者からの推薦状であること。
4.上記の書類を大学の事務所に締切日までに提出すること。

上の例でも分かるように、推薦状は大学生活を送るうえで提出する機会が多いものの一つです。 大学のHonor Society(優等生で組織される協会)、Honors Program(成績優秀者のための特別プログラム)、そして奨学金への応募、また他の大学に編入を希望する時など、たいてい2通から3通の推薦状を要求されます。 推薦状は頼みさえすれば誰でも気軽に書いてくれるというものではないので、日ごろから授業で積極的に発言したり、課題を必ず期日までに提出したり、教授との良い関係を築いておきましょう。そして推薦状を教授に依頼するときには忙しい教授の都合も考えて、十分に時間にゆとりをもって依頼しましょうね。

1クリックでこのブログの応援をお願いしま~すdiary02.gif 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/52-23853632 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。