FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ市民権取得計画

2010.10.17 アメリカ生活
アメリカで暮らし始めて5年以上になるので、この頃ラボの仲間や友達に「いつになったら市民権を取るの?」と訊かれます。さらに、態度が大きいからか知らない人にはアメリカ人だと思われていることもしばしば。

確かに永住権ではいつまで経っても参政権は与えられないし、政府の仕事によっては市民権がなければ応募できないものがあるし、(我が家には関係ないけれど)相続する額が大きい場合は市民権のない相続人は税金でかなりの額を持っていかれるらしい。


    


それにずーっとアメリカで暮らしているとアメリカの政治の動向が生活に直接影響を与えることの方が多いので、さっさと市民権を取得して選挙の時に一票を投じれるようになれたら良いな・・・とは前々から感じています。

デメリットとしては日本が二重国籍を許さないので、日本国籍を失うということでしょう。うーむ・・・

もう少しアメリカ市民権の取得方法について調べてみようと思いたったので U.S. Citizenship and Immigration Service をチェック。

結婚相手がアメリカ人の場合、永住権取得から3年経てば市民権の申請ができるようです(それ以外の永住者は永住権取得から5年経てば市民権の申請が可能)。市民権の申請条件を満たしていれば、あとは必要書類を揃えて、申請費用を払って、面接とアメリカ史やアメリカの政治に関する試験にパスすればアメリカ市民になれます。

では気になる申請費用ですが・・・ $675 !

   citizen.jpg

市民権の申請料が $595、バイオメトリックスのための指紋採取が $80 で合計 $675 diary44.gif 安いのだか高いのだか、微妙な金額です。

結構な額なのですぐに市民権の申請手続きを始める予定はないけれど、いつでも申請手続きを開始できるように試験の準備だけはしておこうっと。


人気ブログランキングへ   にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://elleus.blog3.fc2.com/tb.php/547-84d32a1d 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。